IT業務効率化 

  • ~健康経営が生む新ビジネス:1~“チャットで健康相談”にニーズ

    【記事のポイント】 ▼健康と病気の間のグレーゾーンを対象に“チャットで健康相談” ▼ストレスチェック代行サービスを切り口に健康経営をPR ▼ストレスチェック開始1年、結果の活用サポートにビジネスチャンス

    2017年2月16日

    インタビュー

  • VRによる未来のコミュニケーションとは?

    10月5日から7日にかけて、米国カリフォルニア州サンノゼで「オキュラス・コネクト3」というイベントが開催されました。

    2016年12月12日

    沼倉正吾

  • ゲームだけじゃない。 様々なジャンルに広がるVR

    「VR(バーチャルリアリティ)」と呼ばれる新しい市場が注目を集めています。ほんの数年前まではVRを体験するための機器は非常に高価でした。そのため研究機関や大手の企業でしか導入が出来ませんでしたが、今では個人でも購入可能な価格になったことが大きな要因です。2016年、ゴールドマンサックス・グローバル・インベストメント・リサーチは、2025年のAR/VR全体の市場予測を1100億ドル(11兆円)、ソフトウェアは450億ドル(4兆5000億円)と発表しました。

    2016年10月27日

  • ■ニュース深堀り!■高付加価値を実現、IoTの養蜂革命!

    IoT(モノのインターネット化)。パソコンやスマホといったデバイスのみならず、様々な製品をインターネットにつなげ、あらゆる場面で”便利さ”を増していく動きが加速している。夏の暑い日、外出先にいながらも、スマホからインターネット経由でエアコンのスイッチを入れておく――そんな生活を実現しているのもIoTの技術だ。この先進技術の導入による改革の動きが、一次産業の現場でも起きている。8月開催の「はちみつフェスタ2016」では、養蜂家のためのIoT&AIデバイス「Bee Sensing」が出展され、多くの来場者から注目を集めている。

    2016年10月17日

    ニュース深堀り!

  • ■ニュース深堀り!■集客に成功するSNSの正しい使い方

    企業PRにLINEやTwitter、FacebookなどのSNSが積極的に利用され始めている。16年8月16日にICT総研が発表した「2016年度 SNS利用動向に関する調査」でも、SNS利用者数は17年には7000万人を超える見通し。テレビや雑誌が苦境にある中で、企業によるプロモーションの場はリアルからウェブへと拡散し続けているが、その中においてもSNSがトレンドとして注目度を高めている。

    2016年9月2日

    ニュース深堀り!

  • 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    リオ五輪での日本の躍進ぶりはめざましかった。選手団及び委員会の大健闘を讃えたい。長寿・健康、真面目・勤勉、信頼・清潔、ユニークなサブカル、それにスポーツまで加わると日本文化に対するブランドイメージが向上する。自国の文化に対するイメージとプレゼンスの向上はビジネスにも影響を与えないわけがないので朗報である。

    2016年8月31日

    コラム

  • ■ニュース深堀り!■中国人向け電子マネーの囲い込み力!

    スマホ連動の電子マネー決済に対応したところ、訪日中国人観光客が殺到した――ITベンチャーのユニヴァ・ペイキャストが16月6月に発表したのは、東京・御徒町の老舗ディスカウントストア「多慶屋」での出来事。前年12月に「Alipay店頭決済」を先行導入すると、この月の免税手続件数の約半数を同決済が占めた。

    2016年8月25日

    ニュース深堀り!

  • 「ものづくり中小企業」の真のつよみ

    ITによる構想とデザイン、制御ーーいわば「無人工場」のような究極の姿に対し、よく持ち出されるのは、「町工場では依然職人芸が生きている」という描写である。職人の長年の経験、勘とコツ、「身体で覚えた」動作や感覚で、複雑精密な形状を作り上げてしまう、「手づくり」のすごさ、そこにこそ中小企業の神髄があるといった言説や描写はしばしば映像メディアの世界などにも登場し、感動を誘う。けれどもそうした描写は半ばミスリーディングであるとも感じる。

    2016年8月25日

    コラム

  • 【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは

    【記事のポイント】 ▼設計の洗練や人材育成には、VRのシミュレーターが有効 ▼ハードルの低さで狙い目なのが、VR空間への映像のパノラマ表示

    2016年8月23日

    インタビュー

  • 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

    【記事のポイント】 ▼VRが生み出す伝承時間の短縮を、新たなクリエイティブに活用 ▼伝承やOJTにおける感覚的な要素を、仮想現実で補完する

    2016年8月22日

    インタビュー

  • 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

    ビジネスにおけるジンクス「苦労の知らない三代目が会社をつぶす」。だが一方で、改革を進め会社を成長させる三代目社長がいる。「三代目」を名乗るダンス&ボーカルグループがヒットチャートを席巻するいま、時代が三代目の活躍を求めているのかもしれない。新連載「三代目社長のHANJO記」では、新たな発想やマネージメントで歴史をつなぐ中小企業経営者の姿を伝える。第1話は「株式会社由紀精密」大坪正人社長のHANJO記である。

    2016年8月17日

    三代目社長のHANJO記

  • 【HJ HJ EYE:4】中小企業の未来を変えるフィンテック

     HANJO HANJO編集部が中小企業のビジネスに関わるキーパーソンに、中小企業の現在を問う「HJ HJ EYE」。今回は、クラウド経費精算サービス「Staple」など、フィンテック関連のスマホサービスを手掛けるクラウドキャスト代表取締役・星川高志さんに、フィンテックの現代的な意義や中小企業との関係を尋ねた。

    2016年8月16日

    HJ HJ EYE

  • 【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

    【記事のポイント】 ▼安価なサービスの登場で、導入の垣根が下がる ▼現地を見ないままでの成約達成など、手間とコストが大きく削減 ▼大手と対抗できるプレゼンの武器として使える

    2016年7月21日

    インタビュー

  • 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

    【記事のポイント】 ▼事前の施工シミュレーションで工期短縮、安全性を向上 ▼導入コストに見合うコストパフォーマンス ▼高い成績評価点の獲得で、今後の入札を有利に

    2016年7月20日

    インタビュー

  • 【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

    【記事のポイント】 ▼VR普及のスタートラインは16年の秋頃 ▼熟練者の動きを共有することで、教習コストを削減する ▼視聴端末はスマホ、ソフト価格も2、3年で大幅に値下がる

    2016年7月19日

    インタビュー