新着記事

  • 副業・複業・兼業導入、なにが大事? なにから始めればいい?

    「働き方改革」で推奨されているのが副業・複業や兼業です。現状では、80%以上の企業が「副業・兼業を認めていない」となっています。しかし、社員に対して本業だけでなくもうひとつの仕事を認めることで、働き方の多様性を実現している会社があります。2012年から複業を解禁しているサイボウズです。サイボウズの先進事例から副業・複業・兼業の実際をひもときます。

    2018年8月17日

    イベントレポート

  • ダイバーシティ経営の第一歩は「女性の発想」を取り込むこと

    政府が掲げる「働き方改革」の一環として注目を集めている「ダイバーシティ」。新しいビジネスを考えるためには多様性が必要です。そして仕事のやり方をシフトしないと生き残ることが難しい時代とも言えます。ビジネスに新しい風を入れる、そのためにも企業にとってダイバーシティは避けて通れない課題なのです。

    2018年8月15日

    イベントレポート

  • HRテクノロジーを駆使して付加価値につなげる人事部へ!

    「HRテクノロジー」を活用する企業が増えています。HRテクノロジーとはIT技術を使い採用や人材育成、労務管理などの人事業務を行うことができるテクノロジーのこと。テクノロジーというと理系のイメージが強いわけですが、文系の人材でも十分に活用することができるのでしょうか?

    2018年8月13日

    イベントレポート

  • 地方創生、こんなITが欲しかった! 地域経済の好循環をウェブで実現させる会社

    地方創生の切り札と目されるIT。都市部の大企業では、AI、ロボット、IoTが導入され、様々な業務を自動化しつつありますが、地方にはまだその恩恵は行き渡っていません。しかし、3Dプリンタやドローンの登場など、テクノロジーの民主化がその壁を打ち破ろうとしています。それら最新のITをウェブの技術を使って、ローカル・コミュニティーの活性化につなげようとするソフト開発会社があります。東京大学在学中に創業し、今年で11年目を迎えた「株式会社リアルグローブ」です。

    2018年8月10日

    インタビュー

  • 経営者に読んでもらいたい一冊③ 『自己愛過剰社会』

    現代人の傾向としてあげられるのが「自分のことが大好き、自分を実際以上に素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい」。企業の発するメッセージにも同様の傾向が出てきています。とくにSNSを通じたPR活動において顕著です。さてその流れをどう分析すればよいのでしょうか?

    2018年8月9日

    長沖竜二

  • 小売業から観光業へ進出!地元と連携し、新たな観光づくり

    京都丹後エリアでリゾート事業を展開する株式会社にしがきは7月、新感覚の体験型リゾートを謳う「シエナヒルズ」をオープンさせました。ここを拠点として、これまでなかった「地域ぐるみ」の観光開発で地域活性化、地方創生につなげようとするプロジェクトです。こうした試みが日本の新たなリゾートのモデルとなり得るのか注目されます。

    2018年8月7日

    水津陽子

  • 仕事も遊びもどちらも「オン」! 社内クラブ活動が人生を豊かにする

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「第19回サバニ帆漕レース」が、6月23-24日に開催されました。そのサバニ帆漕レースに、会社のクラブチームとして参加しているのがシステム開発の「株式会社アルファ・ウェーブ」です。会社には数多くのクラブがあり、その活動が仕事だけでなく社員の人生そのものにも大きな影響を与えているといいます。

    2018年8月3日

    インタビュー

  • 中小企業こそ導入したい! 最近話題の「RPA」って何?

    中小企業にとって、「人材採用」による人的リソース不足の解消はなかなか解決しない問題です。解決できなければ、現在自社で働いている社員により効率よく多くの業務を担ってもらう他はありません。とはいえ、それぞれの社員が働ける時間には限りがあります。「働き方改革」の流れの中、仕事が増えるからといって労働時間を増やすようなやり方は、時代に逆行しているといえるでしょう。人を採用せず、今いる社員の労働時間も増やさず、人的リソースに対処する。そのための切り札として今期待されているのが、RPA(Robotic Process Automation)です。

    2018年8月2日

    コラム

  • アニメ『中間管理禄トネガワ』 ギャンブラーや黒服も仕事に悩む人間のひとりなのだ

    アニメ『中間管理禄トネガワ』は、消費者金融を主体とする日本最大級のコンツェルン・帝愛グループの最高幹部・利根川幸雄を主人公とするコメディ作品です。帝愛グループの利根川と聞いて、あの漫画を思い出す人も多いのではないでしょうか。そう、利根川とは福本伸行の人気漫画『賭博黙示録カイジ』に登場する悪役の名前なのです。

    2018年7月31日

    コラム

  • IoTを本気で日本に普及させる! 通信インフラを牽引する異色ベンチャー

    「IoTの時代が到来した」。ここ数年来、この言葉を幾度となく耳にしてきました。しかし騒がれているわりには、日本でIoT製品を目にすることはあまりありません。日本のIoTビジネスがなかなか進展しない理由のひとつが、通信インフラが整っていないことにあります。この状況を変える通信サービスで注目されているベンチャー企業があります。昨年、起業した「センスウェイ株式会社」です。

    2018年7月30日

    インタビュー

  • どうする?事業承継! 貸切バス業界の今すぐ取り組むべき課題

    中小企業の事業承継は日本全体の大きな課題です。バス業界も同様ですが、これまで事業承継はほとんど問題となってきませんでした。しかし、今後は一気に急増することが予測されます。その解決の一助となるのが、貸切バス事業者を対象にした「事業承継支援プログラム」です。

    2018年7月26日

    コラム

  • 企業の電話対応が劇的に変わる!? CTIの上手な活用方法【前編】

    会社に入ったばかり、新人の頃は電話を取るのが怖くありませんでしたか? そんな恐怖の電話対応から解放されるサービスがあります。それが 「CTI」です。2回に分けて、CTIのメリットを紹介していきます。

    2018年7月24日

    コラム

  • 健康睡眠が日本の生産性を上げる! 寝具業界を変える高品質適正価格のマットレス

    これまで機能性敷布団やマットレスといえば高額なものが多く、一部の人にしか手の届かない高級品という印象でした。しかし反発性能が高い素材のマットレスの登場によって、その壁が崩されようとしています。そんな活性化する寝具業界にあって、『良い寝具を正しい価格で』をうたい、急速に消費者の支持を集めている企業があります。2011年創業の「ライズTOKYO」です。

    2018年7月23日

    インタビュー

  • デザインとアプリでブランディングを強化する!

    多数の来場者で賑わった『販促・マーケティング総合展』。579社の展示ブースから、特に気にになった2社をピックアップして紹介します。

    2018年7月19日

    イベントレポート

  • 成功するダイレクトマーケティングは「デジタル」と「紙」の併用!

    デジタルだけが時代のすべてではありません。古いと思われている紙メディアが今、見直されています。紙とデジタルを組み合わせたPRや広報が効果を上げています。メディアの枠にとらわれない柔軟なダイレクトマーケティングについて、「CCCマーケティング」の成功事例からひもときます。

    2018年7月17日

    イベントレポート