イベントレポート

  • 「地域の逸品」その頂点に輝いたのは?「こんなのあるんだ!大賞(商品部門)2019」レポート

    全国の地方新聞社が各地の名品を厳選・販売するお取り寄せサイト「47CLUB(よんななクラブ)」による「こんなのあるんだ!大賞2019」が発表されました。都道府県ごとに「こんなのあるんだ!」と思わせる商品とショップを発掘、特に世の中に知ってもらいたいと思わせるストーリー性のある商品とショップのナンバーワンを決めるアワードです。果たして大賞を獲得したのは?

    2019年12月4日

    イベントレポート

  • ブランディングから地域活性化まで。「デザイン思考」で企業の力を引き出せ!

    ビジネスチャンスの拡大に、ノベルティやインセンティブなどの販促用ツールや、マーケティングをサポートするサービスは欠かせません。そんなノベルティグッズやマーケティングツールの見本市「第60回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 秋2019」が開催されました。今回の記事では、ビジネスを活性化させる「デザイン思考」などについて論じたセミナーを紹介します。

    2019年11月20日

    イベントレポート

  • かゆい所に手が届く! 販促ツールの最新系を使いこなそう

    ビジネスチャンスの拡大に、ノベルティやインセンティブなどの販促用ツールや、マーケティングをサポートするサービスは欠かせません。そんなノベルティグッズやマーケティングツールの見本市「第60回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 秋2019」が開催されました。今回の記事では出展ブースの中からユニークな販促サービスについて紹介します。

    2019年11月5日

    イベントレポート

  • 次の食のキーワードは「食習慣リスク」。小売・外食は顧客データ活用の道を探れ!

    今月施行された「食品ロス削減推進法」。食に対する関心は高まる一方ですが、次に注目されそうなのが、食習慣に起因する代謝リスクなどの「食習慣リスク」です。食生活や生活習慣の変化によって、健康に不安を抱えている現代人は少なくありません。しかし行政や公の団体がアピールしても、消費者との接点が少ないため啓蒙にはつながっていません。逆に言えば、消費者に近い立場である小売や外食産業に新たなビジネス開拓のチャンスが訪れているのです。

    2019年10月31日

    イベントレポート

  • なぜ「designshop」は伝統工芸品を売り続けることができるのか?

    ライフスタイルの多様化によって、消費者は新しくて機能的な製品ばかりでなく、伝統工芸品やデザイン性の高い製品にも注目しています。そんな伝統工芸品やデザイン製品を含め、シンプルで長く使えるアイテムを多数取り扱っている「designshop」のオーナー・森博さんが、20年に渡って得た店舗運営の知見や商品開発について語ってくれました。

    2019年10月7日

    イベントレポート

  • 生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る

    国内最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」。これまでに多くの製品やサービスを世の中に生み出してきました。作る側や売り出したい側にとって、Makuakeを活用した製品開発のメリットとは何なのでしょうか?

    2019年10月4日

    イベントレポート

  • 自分の知らないものは売らない〜『パンと日用品の店 わざわざ』急成長の理由〜

    長野県東御市にある『パンと日用品の店 わざわざ』。食と生活をテーマにしたさまざまなものを販売しています。山の上にぽつんと建つこの小さなお店が、実店舗・オンラインストア合わせて、なんと2億円を超える金額を達成しています。ターニングポイントは在庫の持ち方を変えたことでした。

    2019年10月2日

    イベントレポート

  • クラウドファンディングで活性化! 地方発工芸品メーカーの逆転劇

    日本の工芸を語るとき、キープレーヤーとして必ず名前があがるのが「中川政七商店」です。中川政七商店は1716年創業を誇る奈良の老舗企業。日本の工芸をベースにした生活雑貨を企画製造し、全国に50を超える直営店で小売業を展開するほか、地域活性事業や各地の工芸品メーカーに向けたコンサルティング事業も行っています。そのコンサルティングの一環となる販路開拓支援のために開催しているのが合同展示会 「大日本市」です。

    2019年9月26日

    イベントレポート

  • 古民家改修ビジネスはもう古い? これからは古民家を中心に街全体をホテルに変える!

    古民家を改修したカフェやホテルを多く見かけるようになりました。しかし「単に古民家を改修しただけのビジネス」はもう珍しくありません。これからはリフォームの仕方や活用方法が重要になります。では次の時代の古民家ビジネスのポイントはどこにあるのでしょうか? 

    2019年9月17日

    イベントレポート

  • 地域企業を活性化させる「未来の社会課題解決」という新たな視点!

    アスタミューゼ株式会社と、SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社は、47都道府県ごとの地域企業に対し、各地方銀行と連携し、技術職・研究職といった専門人材の雇用支援を行うことで事業成長を促進し、地域の活性化を図る事業連携についての合同記者発表会を9月5日に行いました。社会課題解決に挑戦する独自の技術や事業をもつ多くの地域企業を見出し、採用を支援することで地方の人材不足に貢献するというのが、今回の大きな意義です。

    2019年9月11日

    イベントレポート

  • 空きスペースを貸すだけで月80万円! 拡張し続けるシェア経済

    ここ数年で、空間やモノ、移動、スキル、お金など、さまざまなモノやサービスのシェア経済が活発になっています。2030年度には国内での規模が11兆円を超えると言われており、拡大の一途をたどっています。リノベ物件が月80万円の収益を生みだすなど、空きスペースの貸出ビジネスには今後、副業を含めて大きなビジネスチャンスがあります。

    2019年9月6日

    イベントレポート

  • これからの民泊はどう変わる? 儲かる? 経営目線の疑問に答える!

    一般住宅の一部または全部を旅行者に貸す民泊。日本でもインバウンド増加に伴い注目され、認知率も9割を超えるようになりました。また、2018年には民泊新法の施行や旅館業法の改正で民泊参入へのハードルが下がり、今後のビジネスへの展望が議論される場面が増えています。そんな民泊の疑問や将来性について、Airbnbら業界を代表する面々が経営目線で答えます。

    2019年9月4日

    イベントレポート