katoh

加藤陽之

HANJO HANJO 編集長

コンピュータ関連の出版社からキャリアを始め、カルチャー雑誌などの編集長を歴任。これまで数多くの著名人をインタビューしてきた経験を活かし、HANJO HANJOでは中小企業経営者の深く掘り下げた話を引き出し続ける取材の日々。

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

    2018年6月13日

    インタビュー

  • 100年続く老舗建設会社の4代目は元テレビマン。伝統と革新で時代とあゆむ

    日本には数多くの「100年企業」があります。そこには底通する「何か」があります。今回ご紹介する株式会社三木組は、明治30年に福井県に創業、大正12年、横浜に進出し、昨年120周年を迎えた「100年企業」です。5年前に創業家から三木康郎さんが4代目社長として就任、元テレビ局員という新たな視点から会社の変革に乗り出しています。三木社長に話を聞きます。

    2018年6月7日

    インタビュー

  • スマホとWiFiでお客様を招き寄せる! O2Oマーケティングの決定版登場

    スマホでの動画視聴の機会が増えるにつれ、通信量の節約となるフリーWiFiの需要が急激に高まっています。その状況を背景に、フリーWiFiを自動で検索/ログインし、全国35万スポット以上でWiFiにつなげるサービス「タウンWiFi」が今、爆発的に数字を伸ばしています。そのメリットは一般ユーザーだけでなく、飲食店やモール、商店街などの中小企業や小規模事業者の誘客ツールとして大きな効果を発揮します。スマホからお店への流れは小売店のマーケティングのあり方を一変する可能性を秘めています。株式会社タウンWiFi CEOの荻田剛大さんに聞きます。

    2018年6月4日

    インタビュー

  • 100年続く企業を目指せ! 信念の不動産会社の格闘記

    東京オリンピックを前にして、不動産業界は活況を呈していますが、浮き沈みの激しい業界の代表とも言えます。そんな不動産業にあって、安定して好業績を出し続けている会社が横浜にあります。(株)ハウスコーポレーションはビルを多数所有、ストックの構築により不況にも耐えうる経営を実践してきました。ハウスコーポレーション代表取締役の柿内一浩さんに聞きます。

    2018年5月29日

    インタビュー

  • タピオカドリンクをもっと身近に〜郊外から攻めて十代の人気を獲得!

    いま、台湾発のタピオカドリンクがブームです。原宿や代官山では海外資本が続々と専門店を出店しています。そんな中、タピオカドリンクを郊外からじわじわと人気商品にしている日本の中小企業があることをご存知でしょうか。そこにはどんな戦略があったのでしょうか。J・Jの忠岡鴻謹社長に聞きます。

    2018年5月25日

    インタビュー

  • 固定電話をITで生産性向上につなげる〜CTIを低価格で便利に

    中小企業や小規模事業者では、固定電話でのお客様とのやり取りが経営を支えています。ただ、共有化やデータ化などができず、効率が非常に悪いのが問題でした。生産性向上するにはどうすればいいのか? ITを使ってその答えを出したのが、株式会社シンカの「クラウドCTI『おもてなし電話』」です。シンカ代表取締役の江尻高宏さんに聞きます。

    2018年5月24日

    インタビュー

  • 中小企業の経営課題をクラウドで解決!「Yokohama Big Advance」に迫る

    横浜信用金庫によるワンストップで中小企業の経営課題を解決するクラウドサービス「Yokohama Big Advance」(YBA)。その発表会が4月19日に行われました。フィンテック、マッチング、従業員向け福利厚生サービスなどが揃った画期的なサービスに注目が集まっています。HANJO HANJO編集部も早速、横浜の会場に向かいました。

    2018年5月23日

    イベントレポート

  • 「HANJO HANJO」サイト リニューアルのお知らせ

    「HANJO HANJO」サイト リニューアルを、編集部よりご案内させていただきます。

    2018年4月27日

    HANJO ニュース

  • 第2回社歌コンテスト「編集長賞」受賞者インタビュー/K-STYLE HAIR STUDIO

    HANJO HANJOが、中小企業を応援する取り組みの一環として開催している「中小企業 社歌コンテスト」。第2回では第1回を上回る数の企業・団体から社歌動画の応募があったことに加え、昨年より多くの読者の皆様に投票にご参加いただきました。コンテスト期間中には、テレビ局や新聞社をはじめ、継続的にメディア取材を受けるなど、社歌ムーブメントは一過性の流行ではなく、スタンダードになりつつあるように感じています。

    2018年2月8日

    インタビュー

  • PR

    [PR]お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    【記事のポイント】 ▼年賀DMはレスポンス率が高く効率的にPRを行える ▼年賀DMはコストを低額で抑えられる上に手間がかからない ▼郵便局が配布や印刷を行うという安定感と安心感 ▼アナログブームの「今的」なツールである

    2017年11月1日

    おすすめ便利ツール