[PR]「おもてなし規格認証」の最高位 「紫認証」取得事業所に聞く 3(後編)~スーパーホテルLohas 東京駅八重洲中央口~

2018年3月29日
「おもてなし規格認証」の最高位である「紫認証」に6事業所が認定されました。期待を大きく超えるサービスを提供する事業所に対して付与されるのが紫認証です。認定機関による厳正な審査を経て、2月26日の「伸び盛り企業会議2018」(日本経済新聞社主催)で発表、表彰されました。

――紫認証を取得したことで社内の皆さんの意識に変化はありましたか。

東海林 「最高位である紫認証の名に恥じないよう気を引き締めよう」と言っています。ハードルが上がったと言うと変ですが、高い意識を持つホテルとして見られる存在になったと思っています。ハードルの上がった部分を超えていく「感動接客」を創っていかないといけないので、そこはプレッシャーですが、誇りでもあります。奢らずに謙虚にお客様に向かい合うことが一番大事だと思っています。

■お客様の活動をサポートすることが地域の活性につながる

――24名の従業員で325室の部屋を受け持っています。業務効率という点でどのような工夫をしているのですか。

東海林 一人何役もこなす、マルチタスクでやっています。フロントに立つアテンダントスタッフのモチベーションやスキルアップのために導入している育成システム「スター制度」の中にはトレーニングのカリキュラムがあります。その中でマルチタスクを身につけています。

スター制度では、筆記試験と面接による検定試験を半年に1回行い、「ブロンズスター」「シルバースター」「ゴールドスター」「No.2」の4段階で評価します。スキルだけではなく企業理念である「自律型感動人間」として成長しているかも問われますので、「ベテランだから」「スキルがあるから」というだけで、上がっていくものではありません。ウィルとスキルの両方を兼ね備えている必要があります。

スーパーホテルの基本コンセプトは「ビジネスパーソンに元気になっていただく」。八重洲・東京駅エリアで働くビジネスパーソンにぐっすり眠ってもらい、気持ちよく元気に出発してもうら。それがひいては地域活性につながっていく

――おもてなし規格認証では「地域の発展」が大きな目標のひとつです。

東海林 私どもはホテル周辺で月2回のゴミ拾いを続けてきました。あるとき、東京駅周辺エリアを「東京の顔」としてきれいにする「東京駅周辺キラピカ作戦」の方が私たちの活動をご覧になられ、今では半年に一度、東京駅周辺でのゴミ拾いにも参加しています。ホテル業での参加者は私どもだけです。

当ホテルにご宿泊いただいているお客様の多くは八重洲・東京駅エリアでお仕事がある方です。ビジネスパーソンの皆様にぐっすり眠ってもらい、気持ちよく元気に出発していただく。それがひいては地域活性につながると考えています。
●関連リンク

★おもてなし規格認証2018
https://www.service-design.jp

★スーパーホテルLohas 東京駅八重洲中央口 スペシャルサイト
http://www.superhotel.co.jp/s_hotels/yaesu/special/
《HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

おもてなし規格認証新着記事