~自社システムを外販する:1~VRギャラリーを不動産業に転用!

2016年12月15日
【記事のポイント】 ▼売る側は開発コストを収益に転化、買う側は廉価で導入できる ▼取引先へのテスト依頼で一般化を進め、外販の可能性を探る ▼システムの利用現場を見せることが、大きな販促効果を生む

■「外販」でシステムの開発コストを収益に転化

 自社で構築したシステムやノウハウを、他社に販売するというビジネスモデルがある。かつては大手企業がIT部門の機能を子会社として独立させ、利用していた情報システムを販売するものが多かった。しかし、最近では開発コストの低下から、システム開発案件が中小企業にも広がり、それを外販する動きが表れている。

 売る側はシステムの開発コストを収益に転化でき、買う側も身の丈に合ったシステムを廉価で導入できる外販モデル。新規に外販ビジネスを始める場合、どのようにスタートさせるべきなのか? 2016年11月からVR(バーチャルリアリティ)コンテンツを自動作成するクラウドシステム「3D Stylee」の外販を開始した、エフマイナーCEOの森田博和氏に話を伺った。

もともとはギャラリーのアーカイブから始まったという、VRコンテンツを自動作成するクラウドシステム「3D Stylee」

■取引先を巻き込んだトライ&エラーで、外販の可能性を探る

エフマイナーは元々アート業界の企業。2013年に現代アートを展示するギャラリーとしてスタートし、アート作品のオンラインレンタルや販売サービスなどを展開してきた。その中でも、3D Styleeについては、「ギャラリーにおける空間のアーカイブをVRでやると面白そうだ」と思いついた森田氏が独自に研究をはじめたものだという。

 森田氏が3D Styleeの開発を手がけた背景には、これまでの経歴が深く影響している。東京大学大学院で航空宇宙工学を学んだ森田氏は、元経済産業省の官僚。内閣官房宇宙開発戦略本部事務局出向などを経てアメリカでMBAを取得した後、2013年に同省を退職しエフマイナーを創業した。

 なお、外販ビジネスのスタートにあたっては、ギャラリーという業態が「テストのしやすさ」に繋がり、それがメリットになったという。

クライアントには実地でシステムの使い勝手を案内。販促における最大の説得材料となる

「2016年2月に制作をはじめて、夏ぐらいからテスト運用を行っています。仕事で付き合いのある店舗や不動産の方にも試用していただき、最低限どの機能が必要か、適切な価格設定はいくらぐらいかなど、色々な意見をいただくことができました」
 中でも、空間内を歩いて移動するような見せ方の演出については、フィードバックを受けながらも、作りこみにかなりの時間をかけたとのこと。「ローンチにあたり、あの部分ができているというのは大事なステップでした」と、森田氏は当時を振り返る。

 既存の取引先へのテスト依頼は、外販ビジネスを成功に近づける鍵となるだろう。「3D Stylee」がローンチに至る過程で作りこみを行ったように、多様な事業者からフィードバックを受ける時期は、外販ビジネスの始動期において必須となる。その中でも、森田氏がシステム開発の中でこだわったコンセプトが、“普通の人が扱えるサービス”だったという。これがシステムの使い勝手を一般化する上で一役を担ったことは間違いない。

■レクチャーを兼ねて、利用現場を見学させる

「3D Stylee」を導入している業種としては、不動産関係の事業者が多いという。今回の取材にあたり、システムの使い方を不動産業のクライアントにレクチャーする現場に同行することができた。12月上旬、森田氏が訪れたのは東京・板橋区の賃貸マンション。クライアントの担当者によれば「主に来日した外国人が活用する物件なので、ウェブサイトに部屋をVRで紹介して安心感を伝えたい」という。

 現場での説明に要した時間は1時間弱。部屋の内外を専用のカメラで撮影し、その場でシステムにアップロードした。スマートフォンとヘッドマウントディスプレイを使い、クライアントはその場でVRを体感。「思っていたより簡単でした。次からは私だけでも部屋のVR化ができると思います」と話している。

「RICOH THETA」を使った360度撮影をレクチャーする、エフマイナーCEOの森田博和氏

 外販ビジネスにおいて、実地の現場を見せることでクライアントに「これならシステムを使えそうだ」と感じさせる説得力に勝るものはない。手際の良いレクチャーの実践も、外販ビジネス成功の重要な要素といえそうだ。アート業界から生まれた「VRコンテンツ生成システム」の外販ビジネス。ジャンルや規模が異なる企業でも、外販ビジネスをスタートさせるにあたり、同社に倣うべき部分は少なくない。

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • おもてなし規格認証 2019 最高位「紫認証」取得事業所に聞く 1(前編)~株式会社西村屋 西村屋本館~

    「おもてなし規格認証」の最高位である「紫認証」に、2019年の第一弾として5事業所が認定されました。紫認証にいたった施策や取り組みはどのような内容なのでしょうか? そして生産性向上はどのように実現されたのでしょうか? 表彰を受けた紫認証取得者の皆さんにお話をうかがいます。第1回は「株式会社西村屋 西村屋本館」(兵庫県)を紹介します。

    2019年5月27日

    おもてなし規格認証

  • 中小・小規模事業者に新たな可能性!いま注目の「スキルシェア」の必然【後編】

    シェア経済はビジネス領域だけのものではありません。それはローカルコミュニティを活性化させるインフラになる可能性を秘めています。自治体や会社が支えてきた日本の基本的な仕組みが崩壊しつつある今、「シェア」が様々な問題を解決しています。いち早くその潜在能力をシステムとして具現化したのがスキルシェアの「ココナラ」です。

    2019年3月22日

    インタビュー

  • 中小・小規模事業者に新たな可能性!いま注目の「スキルシェア」の必然【前編】

    「シェアリング経済」がようやく一般的になってきた日本。なかでもインターネット上で個人のスキルや知識を売り買いする「スキルシェア」が注目を集めています。その状況を牽引するのが、2012年のサービス開始から累計210万件の取引実績を誇る「ココナラ」です。これまで主にCtoC(個人間利用)として使われてきましたが、このところBtoB(会社やプロ間の利用)で急激に利用者数を増やしています。いまなぜココナラなのでしょうか? 

    2019年3月20日

    インタビュー

  • 地域に新しい共創を生み出す! 本業との一体型社会貢献を目指すリノベーション会社

    中小企業や小規模事業者にとって「地域」というのは非常に大切な場所です。そこで人と出会い、そこで仕事が生まれるからです。その最新形の「リビングラボ」という方法で成果をあげているリノベーション会社が横浜市にあります。「株式会社太陽住建」は、「本業との一体型社会貢献」を掲げ、地域社会にしっかりと根付くための施策を次々と打ち出してきました。

    2019年1月25日

    インタビュー

  • 教育と人材で「介護」の未来を変える! 前例なきビジネスモデルの革新者 

    超高齢社会を迎える日本。その中で「介護」の重要性は増すばかりですが、そこに携わる人材が不足していることは、皆さんもご存じの通りです。その危機的状況を打破するべく、介護業界の未来を担う人材の育成、引いては業界全体における労働環境の健全化に取り組んでいる会社があります。2008年創業の「株式会社ガネット」が運営する「日本総合福祉アカデミー」は、これまでにはない「分校」というビジネスモデルで急速にその展開数を拡大し、いま注目を集めています。

    2018年12月14日

    インタビュー

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

    2018年12月7日

    インタビュー

  • 「自動車整備工場」の二代目女性社長という生き方

    町工場を思い描く時、脳裏に浮かぶ代表的な業種のひとつが自動車整備工場です。どこの地域にもあり、油まみれで働く工員の姿が“勤勉な日本の労働者”をイメージさせるのでしょう。そんな日本の高度経済成長を支えた会社を事業承継し、新たな時代に向けて活力を与えようとする女性社長がいます。横浜の町の一角で昭和39年に創業した「雨宮自動車工業株式会社」代表取締役の小宮里子さんです。

    2018年11月26日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【後編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。後編では代表取締役・杉山智行さんの現在のビジネスに至るストーリーをお送りします。

    2018年11月22日

    インタビュー