【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

2016年12月12日
【記事のポイント】 ▼翻訳サービス活用でインバウンド客を充足させると同時にスタッフ負担を解決 ▼「WeChat Payment」の導入で中国人の口コミを呼ぶ

■ゲームセンターの遊び方に迷う訪日観光客

これまで観光スポットと爆買いに集中していたインバウンド。その活動範囲がFIT(海外個人旅行)やリピーターの増加とともに、街中へと広がりつつある。駅前などによくあるマンガ喫茶や温浴施設などで、訪日観光客の姿を見かけるようになった。

 このような需要を取り込むことは、都市部で店舗経営を行う事業者にとっては大きな課題だろう。ただ、そのためには外国語対応などの準備が必要となり、接客を行うスタッフにも負担がかかる。その対応に工夫をこらしている企業のひとつが、東京を中心にゲームセンターを運営するアドアーズだ。

近年ではゲームセンターを訪れる訪日観光客が増えており、外貨自動両替機を置く店舗も現れた

経営企画部IR・広報グループ係長の秋山実優二氏によると、例えば人気ゲーム機のうち「UFOキャッチャー」のようなものであれば、他人がプレイしている様子を見れば、外国人でも操作方法は理解できるという。しかし、「プリクラ」などは外部との視界が遮断されているため、外国人が操作に悩むケースも多いようだ。

「アジア圏のお客様の中には、お金を入れるところから操作を案内しないと分らないという方もいらっしゃいました。店内は原則禁煙で、撮影も禁止していますが、そういったマナーをお知らせする必要もあります」

 近年では都市部のゲームセンターを訪れる訪日観光客が増えているという。このような店舗について、アドアーズでは英語や中国語を話せるスタッフを配置。お客様対応を行っていたが、それでも解決しないようなシーンもあるようだ。

アニメプラザ秋葉原 レンタルショーケースでは、「WeChat Payment」の導入が中国人集客のきっかけとなった

■音声通訳などのサービス向上で口コミを呼ぶ

 このような状況に対応するため、16年2月からアドアーズが利用しているのが音声通訳代行サービスだ。これは、店舗スタッフがコールセンターに電話をつなげることで、通訳を介した会話ができるというもの。24時間の対応をしているので、外国語が話せるスタッフが不在の時間帯でも、訪日観光客への対応ができるのが魅力だという。

「サービスを導入したことで、外国語に精通していないスタッフにも安心して接客を任せられるようになりました。現場の外国人対応におけるスタッフの負担も軽減しています。外国人のお客様はリピーターも多いので、次回訪日したときに『安心して遊べる』とまた来ていただいたり、『あそこはよかった』と口コミしていただくこともできそうです。実際、友達に紹介されて来たというお客様もいらっしゃいました」
 ちなみに秋葉原や浅草などではアジアから、渋谷では欧米からのバックパッカーが多いというように、訪日観光客の傾向は地域ごとにさまざまだ。それをログから解析して、設置する機器を変えたり、サービス内容に生かすといった取り組みも考えられるという。

 さらに、音声通訳代行サービスの導入に合わせ、アドアーズでは中国で一般的に使われている決済サービス「WeChat Payment」への対応もスタートした。これはオーナーがショーケースのスペースを借りてフィギュアなどを販売する「アニメプラザ秋葉原 レンタルショーケース」での利用が可能だが、中国人に口コミで広がり、今では来店客の8割が中国人観光客を占めるという。

アドアーズ経営企画部IR・広報グループ係長の秋山実優二氏

「『WeChat Payment』は中国本土で広く使われている決済サービスで、中国の方にはより利便性が高まったと思います。爆買いではありませんが、数十万円遣われる方もいますね」

 インバウンドが急増する中で、外国語対応が急務となり、小売店や宿泊施設などに向けた翻訳サービスもさまざまなものが登場している。中には、月額1000円で使えるようなものもあるので、中小でも比較的に導入は容易だ。インバウンドの関心が体験型コンテンツへとシフトする中で、ゲームセンターやカラオケ店などのアミューズメント施設では、今後訪日観光客の増加が予想される。このような施設を持つ事業者では、外国語対応をいち早く進めて、その消費の取り込みを目指したい。
《関口賢/HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • 「アメリカ料理」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?(後編)

    アメリカの食文化を伝えるレストランイベント「TASTE OF AMERICA」(テイスト・オブ・アメリカ/TOA)。アメリカの食文化とは何か? さらにはその背景にある歴史とは何か? にまで広がるユニークな催しです。前編に引き続き、アメリカ大使館農産物貿易事務所(ATO)の青木純夫(Sumio Thomas Aoki)さんにアメリカの食文化や背後にある歴史、そして最新の食やレストランのトレンドについて紹介してもらいます。

    2019年10月10日

    インタビュー

  • 「アメリカ料理」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?(前編)

    アメリカの食文化を伝えるレストランイベント「TASTE OF AMERICA」(テイスト・オブ・アメリカ/TOA)をご存知でしょうか? アメリカ発の料理や食材はたくさん日本に入ってきていますが、そこに「アメリカ」という意識を持つことはあまり多くないかもしれません。TOAはそんな状況に変化を加え、アメリカの食文化とは何か? さらにはその背景にある歴史とは何か? にまで広がるユニークな催しとして2011年に始まりました。

    2019年10月9日

    インタビュー

  • まずは「楽しく遊ぶ」ことから! 市役所のサークルを長く続けるコツ

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「サバニ帆漕レース」。海洋文化や造船・操船技術の保護・継承を目的に、2000年より毎年、大会は開催されてきました。今年は記念すべき第20回という節目の大会。そのサバニ帆漕レースに、那覇市役所の新旧職員たちによるクラブチームとして参加しているのが「NAHA NAVI」です。チームを長く続けられた理由は「よんなー(ゆっくりとした)」とでもいうべき部員同士のコミュニケーションがあったからかもしれません。

    2019年8月26日

    インタビュー

  • キャッシュレス化、チャンスととらえて攻めに転じよう!(後編)

    現金なのか? キャッシュレスなのか?ーー25年までにキャッシュレス決済の比率を4割まで高めることを国が目指すなか、大きな選択を迫られている中小・小規模事業者ですが、キャッシュレス化によって売上げや利益はどう変わっていくのでしょうか? 前編に引き続き、店舗のキャッシュレス決済を支援するサービス「Airペイ」を提供する、株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 ペイメント事業ユニットの塩原一慶さんに話を聞きます。

    2019年8月23日

    インタビュー

  • キャッシュレス化、チャンスととらえて攻めに転じよう!(前編)

    現金を使わない支払いが急速に広がっています。国は25年までにキャッシュレス決済の比率を4割まで高めることを目指していますが、小売店などは決済業者に手数料を払う必要があります。中小・小規模事業者はいま、「現金なのか? キャッシュレスなのか?」という大きな選択を迫られているといっていいでしょう。キャッシュレス化によって売上げや利益はどう変わっていくのか? 店舗のキャッシュレス決済を支援するサービス「Air(エア)ペイ」を提供する、株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 ペイメント事業ユニットの塩原一慶さんに2回に分けて話を聞きます。

    2019年8月21日

    インタビュー

  • 【外国人材特集】同じ人間同士、まず胸襟を開くことから始まります

    ガイジン、という言い方は日本にしかないと聞きます。そうではなく、外国人を区別することなく普通に接する。胸襟を開いて迎えれば、人間同士そう変わりはないものです。

    2019年7月31日

    インタビュー

  • おもてなし規格認証 2019 最高位「紫認証」取得事業所に聞く 4(後編)~パナソニック株式会社 パナソニックセンター東京~

    「おもてなし規格認証」の最高位「紫認証」取得者インタビューの第4回。前編に引き続き、「パナソニックセンター東京」所長の池之内章さんにお話を聞きます。後編では、ダイバーシティやコミュニケーション、共創を中心に話を聞きます。

    2019年7月26日

    おもてなし規格認証2019

  • おもてなし規格認証 2019 最高位「紫認証」取得事業所に聞く 4(前編)~パナソニック株式会社 パナソニックセンター東京~

    「おもてなし規格認証」の最高位である「紫認証」に、2019年の第一弾として5事業所が認定されました。紫認証にいたった施策や取り組みはどのような内容なのでしょうか? そして生産性向上はどのように実現されたのでしょうか? 表彰を受けた紫認証取得者の皆さんにお話をうかがいます。第4回は「パナソニック株式会社 パナソニックセンター東京」(東京都)を紹介します。

    2019年7月24日

    おもてなし規格認証2019