中小企業の働き方改革を加速するサービス!/産業交流展2019

RPAを使った業務ソリューション、無料・簡単なウェブデータベース構築ツール

2019年12月18日
優れた技術や革新的な製品を武器とする中小企業が一堂に会し、販路拡大や企業間の連携、情報収集・交換の支援を目的とした「産業交流展2019」が2019年11月13~15日の期間で開催されました。2019年のテーマは「OPEN the Mind ~ジダイを切り開き、変えるチカラ~」。今回の記事では、近年さまざまなシーンで取り上げられる働き方改革をテーマにした製品・サービスを紹介します。
 優れた技術や革新的な製品を武器とする中小企業が一堂に会し、販路拡大や企業間の連携、情報収集・交換の支援を目的とした「産業交流展2019」が2019年11月13~15日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

 2019年のテーマである「OPEN the Mind ~ジダイを切り開き、変えるチカラ~」のもと、「情報」「環境」「医療・福祉」「機械・金属」の4分野を中心に748もの企業・団体が集結。中小企業の技術や製品をひと目見ようと、会場は業界関係者で賑わいました。

 今回の記事では近年さまざまなシーンで取り上げられる働き方改革をテーマにした製品・サービスを紹介します。

RPAを活用してシステム間のデータ連携を円滑に

日本ソフト開発株式会社のRPAツールはプログラミング知識が必要なくサーバー環境も不要なので誰でも簡単に使うことができる

 働き方改革というとき、よく出てくるテクノロジーのひとつがRPAです。そんなRPAを使った業務ソリューションを提案しているのが日本ソフト開発株式会社のブースです。

 「RPAツールはロボットにより業務を自動化し、作業時間の削減や入力ミス等によるヒューマンエラーを減らすことが期待できるツールです。当社ではNTTアドバンステクノロジ社の『WinActor』の導入を行っています。プログラミング知識が必要なく、サーバー環境も不要なので、どなたでも簡単に使うことができます」(ブース担当者)

 例えば既存で使用しているソフトウェア間のデータ連携も、『WinActor』を使うことでスムーズに橋渡しすることができるので、ユーザーは複雑な操作を必要とすることなく業務を効率化できるそうです。

 「紙の伝票やFAXといった紙媒体も、AI-OCRを使ってデータをデジタル化することで簡単に取り込むことができます。業務効率化や生産性向上といった課題解決に、RPAが役に立つと思います」(ブース担当者)

無料で使えるウェブデータベース導入で働き方改革を促進

オープンソースを使い無料かつ簡単にウェブデータベースを構築することができるツール『Pleasanter(プリザンター)』(株式会社インプリム)

 次に訪れたのは株式会社インプリムのブースです。こちらのブースではウェブデータベース『Pleasanter(プリザンター)』を紹介していました。

 「プリザンターは無料で使えるウェブデータベースです。顧客データや在庫データなどをMicrosoftのExcel等を使って管理している企業も少なくないですが、データの共有や履歴管理が煩雑になりやすい、複数人数が同時にアクセスできないといった弱点があります。プリザンターはオープンソースを使い、無料かつ簡単にウェブデータベースを構築することができるツールです」(ブース担当者)

 社内におけるデータの管理・共有にウェブデータベースを導入している企業は多くありますが、アカウントごとに月額料金が発生するため中小企業ではなかなか導入できないというケースもあります。『プリザンター』は基本的に無料で使用することができるため、導入のハードルは低いと言えそうです。

 「プリザンターの特長を一つ挙げるとすれば、他社のウェブデータベースに比べて動作が軽快なことです。ウェブデータベースの機能は一通り備えていますので、業務効率化による働き方改革の推進が期待できます。また、必要に応じて有料のサポートもご用意していますので、まずはお気軽にお試しいただければと思います」(ブース担当者)

 働き方改革という言葉が叫ばれるようになって久しいですが、まだまだ改革と呼べるほど成果が出ていないという企業も少なくありません。まずはこれらのツールを導入して、どの程度の効果が期待できるのかを試算してみることが必要だと言えそうです。

優れた技術や革新的な製品を武器とする中小企業が一堂に会し、販路拡大や企業間の連携、情報収集・交換の支援を目的として開催された「産業交流展2019」(2019年11月13~15日、東京ビッグサイト)。今年のテーマは「OPEN the Mind ~ジダイを切り開き、変えるチカラ~」。「情報」「環境」「医療・福祉」「機械・金属」の4分野を中心に748もの企業・団体が集結した

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★産業交流展2019 特集

  • 中小企業のIT関連製品は一味違う!/産業交流展2019

    優れた技術や革新的な製品を武器とする中小企業が一堂に会し、販路拡大や企業間の連携、情報収集・交換の支援を目的とした「産業交流展2019」が2019年11月13~15日の期間で開催されました。2019年のテーマは「OPEN the Mind ~ジダイを切り開き、変えるチカラ~」。今回の記事では中小企業ならではの視点でIT技術を活用し、さまざまな課題解決に挑む製品・サービスを紹介します。

★おすすめ記事

  • 中小企業こそ導入したい! 最近話題の「RPA」って何?

    中小企業にとって、「人材採用」による人的リソース不足の解消はなかなか解決しない問題です。解決できなければ、現在自社で働いている社員により効率よく多くの業務を担ってもらう他はありません。とはいえ、それぞれの社員が働ける時間には限りがあります。「働き方改革」の流れの中、仕事が増えるからといって労働時間を増やすようなやり方は、時代に逆行しているといえるでしょう。人を採用せず、今いる社員の労働時間も増やさず、人的リソースに対処する。そのための切り札として今期待されているのが、RPA(Robotic Process Automation)です。

  • RPAしくじり先生が語る、RPA導入と働き方改革の関係とは?

    各企業がこぞって導入を検討しているRPA。働き方改革を進める一手として注目されています。しかし、一般の社員は経営陣ほど変化を求めておらず、新しいことはやりたくないのでそれほど興味がありません。「気づいたらRPAを使っている状態に持っていくことが重要です」と「RPAしくじり先生」の進藤圭さんは話します。

  • マニュアルを革新する! 会社独自のノウハウを「見える化」で組織は進化する

    マニュアルと聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 電化製品やPC関連、あるいは接客のための読みづらい手引書・・・。しかし、そんなマニュアルのイメージを一掃し、新たなビジネスサービスとして提供している会社があります。「2.1」は会社に眠っている独自のノウハウをマニュアルによって可視化〜習慣化させ、業務の効率化や社内コミュニケーションの活性化をサポートすることで注目を集めています。

  • 働き方改革の第一歩。まずはオフィスの無駄を減らそう!

    企業にとって懸案の「働き方改革」。対応するべき対象が多すぎて頭を抱えていませんか? そんなときはまずオフィスの無駄を減らすことから始めてみてはいかがでしょう。本日の記事ではITやAIの技術を活用しオフィスのさまざまな無駄を削減するサービスを提供する2社に注目します。

  • 業務自動化で効率アップと顧客満足を一挙獲得!

    AI技術・製品や、自動化(RPA)、チャットボットなど、複雑な業務や最適化を自動で実行するソリューションが続々と登場しています。Japan IT Weekの特集の第4回は、出展ブースのなかから、入力作業の自動化ツールやWeb接客ツールに焦点を当てて紹介します。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

産業交流展19新着記事

  • 正解を出すのはもう古い! 2020年、ニュータイプの企業となるためには?

    優れた技術や革新的な製品を武器とする中小企業が一堂に会し、販路拡大や企業間の連携、情報収集・交換の支援を目的とした「産業交流展2019」が2019年11月13~15日の期間で開催されました。2019年のテーマは「OPEN the Mind ~ジダイを切り開き、変えるチカラ~」。今回の記事では11月13日に開催されたセミナー「「ニュータイプ」の中小企業になるために~「役に立つ」から「意味がある」へ~」(講師:山口周さん/独立研究者・著作家・パブリックスピーカー)より、新しい時代に求められる企業のあり方についてレポートします。

    2020年1月7日

    産業交流展19

  • カリスマ経営者・松本晃が語る「変化せよ、さもなくば死あるのみ!」

    優れた技術や革新的な製品を武器とする中小企業が一堂に会し、販路拡大や企業間の連携、情報収集・交換の支援を目的とした「産業交流展2019」が2019年11月13~15日の期間で開催されました。2019年のテーマは「OPEN the Mind ~ジダイを切り開き、変えるチカラ~」。今回の記事では11月13日に開催されたセミナー「Change, or Die!変化に対応せよ」(講師:松本晃さん/元 カルビー株式会社 代表取締役会長兼CEO)より、企業が生き残るために必要な条件についてレポートします。

    2019年12月20日

    産業交流展19

  • 中小企業のIT関連製品は一味違う!/産業交流展2019

    優れた技術や革新的な製品を武器とする中小企業が一堂に会し、販路拡大や企業間の連携、情報収集・交換の支援を目的とした「産業交流展2019」が2019年11月13~15日の期間で開催されました。2019年のテーマは「OPEN the Mind ~ジダイを切り開き、変えるチカラ~」。今回の記事では中小企業ならではの視点でIT技術を活用し、さまざまな課題解決に挑む製品・サービスを紹介します。

    2019年12月16日

    産業交流展19