かゆい所に手が届く! 販促ツールの最新系を使いこなそう

「ついやってみたくなる」ミニゲーム、オリジナルノベルティグッズをウェブ上でデザイン/インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 秋2019

2019年11月5日
ビジネスチャンスの拡大に、ノベルティやインセンティブなどの販促用ツールや、マーケティングをサポートするサービスは欠かせません。そんなノベルティグッズやマーケティングツールの見本市「第60回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 秋2019」が開催されました。今回の記事では出展ブースの中からユニークな販促サービスについて紹介します。
 ビジネスチャンスの拡大に、ノベルティやインセンティブなどの販促用ツールや、マーケティングをサポートするサービスは欠かせません。そんなノベルティグッズやマーケティングツールの見本市「第60回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 秋2019」が2019年10月16日〜18日の3日間、池袋サンシャインシティ・コンベンションセンター文化会館にて開催されました。

 「ネットを超越する、リアル販促戦術」をテーマに、販促商材やサービスを扱う企業が集結。また、これらのツールや情報を求める多くの来場者で会場は賑わいました。今回の記事では数多くの出展ブースの中から、ユニークな販促サービスについて紹介します。

「ついやってみたくなる」ミニゲームを利用した顧客アンケート

遊びを通じて集客や固定客の確保につなげる販促システム『ツナガリ』(株式会社ZiZi)。ミニゲームの結果によって景品の引換券やクーポンを発行することができる

 はじめに訪れたのは株式会社ZiZiのブースです。こちらでは『販促システム ツナガリ』を紹介していました。

 「『ツナガリ』は遊びを通じて集客や固定客の確保につなげる販促システムです。具体的にはターゲットとなるお客様に合わせた内容のミニゲームを用意します。お客様はアンケートに回答するとミニゲームにチャレンジすることができ、ミニゲームの結果によって景品の引換券やクーポンを発行することができます」(ブース担当者)

 タブレットやディスプレイを使ってプレイできるミニゲームのコンテンツはガチャ風やスロットマシーン風など自由にカスタマイズ可能、また景品が当たる確率やアンケート内容も簡単に変更することができるそうです。アンケート結果はExcelやCSVデータに書き出したり、引換券にプリントしたりすることができるため、ターゲットに合わせた販促活動につながることが期待できます。

 大規模なイベントから店舗の販促イベントまで、さまざまなシーンでの導入実績がある『ツナガリ』。「規模やご予算に合わせて単発プランや月額プラン、セットプランなど柔軟に対応できるプランを数多く用意しています。状況に合わせてお使いいただけると思います」(ブース担当者)

オリジナルノベルティグッズをウェブ上で簡単にデザイン

オリジナル商品のデザインをウェブ上でシミュレーションすることができる『i-DESIGNER』(株式会社テクノア)。PCやスマホから簡単に利用可能

 続いて訪れたのは株式会社テクノアのブースです。こちらではオリジナル商品のデザインをウェブ上でシミュレーションすることができる『i-DESIGNER』を紹介していました。

 「『i-DESIGNER』はウェブ上で簡単にオリジナル商品のデザインをすることができるシミュレーターです。3Dで自由にデザインすることができるので、紙のカタログよりも自由度の高いデザインを実現することが可能です」(ブース担当者)

 シミュレーション可能な商品はスポーツウェアやマグカップといった一般的なものだけでなく、透明素材のタンブラーやシャンパンボトル、ステッキなどのデザインもすることができ、ブースには『i-DESIGNER』を使ってデザインされた商品が数多く展示されていました。

 「ウェブアプリなのでインターネット環境さえあればPCやスマホから簡単に利用することができます。作ったデザインは画像データとして書き出すことができるので、商品発注の時間短縮も期待できます」(ブース担当者)

 販促の定番であるアンケートやノベルティグッズも、最新の技術やサービスを活用することで顧客への訴求力をより高めることが可能になると言えそうです。

ノベルティグッズやマーケティングツールの見本市「第60回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 秋2019」(2019年10月16日〜18日)。「ネットを超越する、リアル販促戦術」をテーマに、販促商材やサービスを扱う企業が集結。ツールや情報を求める多くの来場者で会場は賑わった

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★おすすめ記事

  • 成功するダイレクトマーケティングは「デジタル」と「紙」の併用!

    デジタルだけが時代のすべてではありません。古いと思われている紙メディアが今、見直されています。紙とデジタルを組み合わせたPRや広報が効果を上げています。メディアの枠にとらわれない柔軟なダイレクトマーケティングについて、「CCCマーケティング」の成功事例からひもときます。

  • デジタルサイネージやフィンテックで飲食業の課題を解決!

    生産性をあげるためのITツールは予約サービスやPOSレジだけではありません。いま、様々な場面に即したアプリやデバイスが登場しています。今回紹介するのは、年々数を増やしているデジタルサイネージ、そして人手不足解決に役立つ給与即日支払いサービスです。

  • コミュニケーションロボットの最新形、販促ツールとしてのデジタルギフト

    企業や店舗の集客・販促を支援する最先端のツールや多彩なサービスが一堂に集結する商談展示会「インターナショナル プレミアム・インセンティブショー」。200社が出展したブースの中からIT技術を使った製品・サービスに注目。特にユニークだったロボットとデジタルギフトサービスの2つを紹介します。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 「創造生産性」で次代のビジネスを生み出せ!

    新しいアイデアや技術を持つ中小企業を中心に、新製品開発や販路拡大の支援を目的とした「新価値創造展2019」(19年11月27~29日)。今回のテーマは「生産性向上、SDGs」です。本日の記事では株式会社ローランド・ベルガー グローバル共同代表 日本法人代表取締役社長・長島聡さんのセミナーから、中小企業に求められている「創造生産性」のポイントを探ります。

    2020年1月28日

    イベントレポート

  • ソサエティ5.0時代、エネルギーのデジタル化/スマート化が日本の未来を変える!

    新しいアイデアや技術を持つ中小企業を中心に、新製品開発や販路拡大の支援を目的とした「新価値創造展2019」(19年11月27~29日)。今回のテーマは「生産性向上、SDGs」。本日の記事ではコージェネ財団理事長・柏木孝夫さんのセミナー「IoE(Internet of Energy)とエネルギービジョン」から次代のヒントを探ります。

    2020年1月23日

    イベントレポート

  • 「2020年、日本は世界に開かれた信頼と活力ある社会を目指す必要がある」/日本生産性本部 年頭会見

    1月8日に日本生産性本部の正副会長による年頭会見が開催されました。日本生産性本部発足から65周年の節目を迎える2020年、今年は一体どのような年になるのでしょうか? 会長の茂木友三郎氏と副会長6名により、年頭所感とわが国の重要課題が発表されました。

    2020年1月21日

    イベントレポート

  • 正解を出すのはもう古い! 2020年、ニュータイプの企業となるためには?

    優れた技術や革新的な製品を武器とする中小企業が一堂に会し、販路拡大や企業間の連携、情報収集・交換の支援を目的とした「産業交流展2019」が2019年11月13~15日の期間で開催されました。2019年のテーマは「OPEN the Mind ~ジダイを切り開き、変えるチカラ~」。今回の記事では11月13日に開催されたセミナー「「ニュータイプ」の中小企業になるために~「役に立つ」から「意味がある」へ~」(講師:山口周さん/独立研究者・著作家・パブリックスピーカー)より、新しい時代に求められる企業のあり方についてレポートします。

    2020年1月7日

    産業交流展19

  • 「NIKKEI全国社歌コンテスト」、最優秀賞決定!

    「NIKKEI全国社歌コンテスト」の表彰式が12月13日に開催されました。174社という想定を大きく上回る応募数があったことに加え、驚くような投票数が投じられたことからも、社歌の存在意義を強く感じさせるコンテストになりました。最優秀賞に輝いたのは、富国生命保険相互会社の『フコク GOGO』です。

    2019年12月24日

    イベントレポート

  • カリスマ経営者・松本晃が語る「変化せよ、さもなくば死あるのみ!」

    優れた技術や革新的な製品を武器とする中小企業が一堂に会し、販路拡大や企業間の連携、情報収集・交換の支援を目的とした「産業交流展2019」が2019年11月13~15日の期間で開催されました。2019年のテーマは「OPEN the Mind ~ジダイを切り開き、変えるチカラ~」。今回の記事では11月13日に開催されたセミナー「Change, or Die!変化に対応せよ」(講師:松本晃さん/元 カルビー株式会社 代表取締役会長兼CEO)より、企業が生き残るために必要な条件についてレポートします。

    2019年12月20日

    産業交流展19

  • 中小企業の働き方改革を加速するサービス!/産業交流展2019

    優れた技術や革新的な製品を武器とする中小企業が一堂に会し、販路拡大や企業間の連携、情報収集・交換の支援を目的とした「産業交流展2019」が2019年11月13~15日の期間で開催されました。2019年のテーマは「OPEN the Mind ~ジダイを切り開き、変えるチカラ~」。今回の記事では、近年さまざまなシーンで取り上げられる働き方改革をテーマにした製品・サービスを紹介します。

    2019年12月18日

    産業交流展19

  • 中小企業のIT関連製品は一味違う!/産業交流展2019

    優れた技術や革新的な製品を武器とする中小企業が一堂に会し、販路拡大や企業間の連携、情報収集・交換の支援を目的とした「産業交流展2019」が2019年11月13~15日の期間で開催されました。2019年のテーマは「OPEN the Mind ~ジダイを切り開き、変えるチカラ~」。今回の記事では中小企業ならではの視点でIT技術を活用し、さまざまな課題解決に挑む製品・サービスを紹介します。

    2019年12月16日

    産業交流展19