斜めから見る〜今月の一冊 ⑩『マリア・シャラポワ自伝』

本当に「コートではひとりきり」です

2019年10月15日
ビジネスでは他人とつながったほうが良い結果が出る──この指針はあらゆるケースで全面適用に近づいているようにみえます。しかし本当にそうなのでしょうか? それでグローバルなサバイバル競争を勝ち残れるのでしょうか? ひとりきりになったときに、普段からどうすればよいのかーー今回おすすめしたいのは、個人の競争戦略の教本として読み応えだっぷりな『マリア・シャラポワ自伝』です。

 ビジネスでもそれ以外の各方面でも、他人とつながったほうが、いろいろ共有したほうが良い結果が出る──という指針は、実際にその通りであるようにみえる事案も多いことから、あらゆるケースで全面適用に近づいているようにさえみえます。もうこの成功手法については、後戻りできない気すらしています。おそらく、そうなのでしょう。一般の人がうろうろしているようなレベルでは。

 いや、そうなのか。一方では皆がみな、グローバルなサバイバル競争に曝されているとも言うじゃないですか。勝ち残れるのか。というわけで、今回のおすすめしたいのは『マリア・シャラポワ自伝』です。本書は、薬物使用疑惑で地位を失いかけた彼女の弁明のための出版といった事情がちらつくにせよ、そんなことは措いて、個人の競争戦略の教本として読み応えだっぷりなのです。そう、テニスについてルールや勢力図を知らなくてもぜんぜん読めます。本書の軸は、事をなすにあたっての精神の組立て方にあります。
──本が苦手なひと(どんどん増えてると思う)、特に男のひとにおすすめです。髭面の男の話ではなく、シャラポワの話だから。そういうことは大事。──

 さて、端的に結論を言うなら個人の競争戦略の教本として読み応えだっぷりな「そんなことは言われなくてもわかってる」そうでしょう。その上で、勝ち残ろうとするなら何をする? 「ひとりきりになった場面でどうすればよいのか」「ひとりきりになったとき勝ち残るために、普段からどうすればよいのか」この本では、シャラポワ6歳の時、父子2人、ロシア語しか話せずほぼコネもなく、フロリダにやってくるところから4大大会優勝、五輪で銀メダルをとるまで延々してきたこと、考えてきたことが語られます。

 時にロシア的なメンタリティが、時にいかにもアメリカ的で移民的な手法が、彼女のキャリア形成を裏打ちします。状況が悪く先が見えなかろうと、兎にも角にもやり続ける、一度失敗したからといっても同じ事をもう一度トライできる、そういう鈍感さ。そして、現役を退くまではライバルとは仲良くしない。決定的な場面ではひとりだから。

 と同時に、ひとりきりになったときに勝つために、広いつながりをもっていなければならないことも教えてくれます。成長し続けるために、つながる相手は更新する。永らく連れ添った親だろうと切ってしまう。

 親といえば、私個人は、子供にゴルフやテニスをさせるのに、どうして親がああまでつきっきりになっているのか理解できていなかった──結果を出しておろうとも小馬鹿にしていた──のですが、本書を読んで、そういうテニス・ペアレンツにも2種類があって、勝つために必要なペアレンツもあるのだ、ということがわかりました。

 あ、そうです。“コートでひとりきり”といえば、特にある年代以上の方は、何か思いだしませんか。『エースをねらえ』とくにアニメの方ではなくコミックの方を、せっかくですから、読み比べてほしいのです。シャラポワと岡ひろみでは、30年ほど年に開きがあります。しかも、片やフィクション、片や実話(自伝なので脚色はあるにせよファクトはファクト)。テニスの技術・戦術・トレンドも一変しています。それでも読めるのです。なぜなら『エースをねらえ』も精神の成長が物語の軸で、テニスのルールや技術をほぼ知らなくでも十二分に読めるので。

 そして驚くべきは、シャラポワも岡ひろみも「勝つためのしくみがまったく同じ」ということです。『エース』のほうは漫画なのでもちろん都合のよい出来事が次々起こるという点でかなり違うのですが、『シャラポワ』の方だって、凡百からみれば、(ほんとうは才能の賜物なのに)都合よく、良い出会いが次々起こります。「コートでひとりきり」になったとき、どうやってそれに耐え抜くか、そのために普段から何をすべきか。そして、現代の文脈での「つながる」などない時代のことなのに、『エース』もつながりはなくてはならないものです。両者が違うのは・・・ロシア人(半分アメリカ人)と日本人の違いか。シャラポワのコーチはロシア人やアメリカ人ですが、岡ひろみの後期のコーチはお坊さんです。その差も読んでおもしろいところです。

 話がずれてしまいました。何にせよ、この2冊は、団体スポーツの素晴らしさに焦点が当たっているこの秋に、勝つための、ひとりきりとつながりのバランスについてよく教えてくれる本としておすすめです。

●今月の一冊+α

『マリア・シャラポワ自伝』
 マリア シャラポワ/文藝春秋
『エースをねらえ』(全10巻・全巻セット)
 山本鈴美香/ホーム社漫画文庫

★長沖竜二の連載

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑦『演技と演出のレッスン 魅力的な俳優になるために』

    「芝居がかっている」「演技が上手い」というと、ビジネスでは0点の評価です。というより、日常コミュニケーションの場でも、大概はだめな方です。しかしなお、「ビジネスも俳優じみていこう! 意識的にそういこう!」というのが今回のすすめです。俳優という生産性のまるでなさげな、ビジネスの対極にいるような人の真似をしてみましょう、という話をします。

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑤『大本営参謀の情報戦記』

    今年は戦争、特に太平洋戦争の際の日本軍(の失敗)についての本が、ビジネスとの絡みでよく読まれました。そのなかでも定番とも言えるポジションを得ているのが、今月の一冊『大本営参謀の情報戦記』です。文庫本の帯では田端信太郎さんも絶賛されています。70年前の戦史をいま、どうビジネスに活かせばいいのでしょうか? 長沖竜二さんが斜めから読み解きます。

執筆者: 長沖竜二 - スモールビジネス調査員
『現代用語の基礎知識』編集長、『小さな組織の未来学』編集長などを経て、現在、公共施設業界のコンベンション運営、中小事業者やまちづくりについてのメディア取材・編集などを行っている

コラム新着記事

  • こんにちは。クラウドサービス「カイクラ」の江尻です

    株式会社シンカ代表取締役社長の江尻高宏さんによる連載。今回は看板サービスであるクラウドCTIの名称変更という大発表です。使い慣れたサービス名を、江尻さんは今なぜ変えるのでしょうか? その決断に至る心のあやを語ってくれました。

    2019年11月18日

    コラム

  • 特撮ドラマ『仮面ライダーゼロワン』 AIは人類にとって敵なのか味方なのか?

    「AIは人類にとって敵なのか味方なのか?」と気になる人に是非オススメしたいのが日曜朝9時から放送されている『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)だ。主人公はAI企業の2代目社長! アンドロイドが社会に普及した世界を舞台に、暴走したアンドロイドを止めるため、仮面ライダーゼロワンに変身して戦う物語だ。

    2019年11月8日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.6 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。第6回は前回に引き続き人材採用についてです。2人目以降は順調に採用できるはず・・・と思いきや、まったくうまくいかなかった創業初期の人材採用を振り返ります。

    2019年10月28日

    コラム

  • 映画『記憶にございません!』ある日突然、自分が総理大臣をやることになったら?

    国民的映画監督の三谷幸喜が今回映画の題材に選んだのは総理大臣。しかも記憶を失った総理大臣! 着想のきっかけは「ごくごく普通の人間が、突然総理大臣になったらどうなる?」だったといいます。主人公を演じる中井貴一の悪戦苦闘は、若い頃の理想を見失ってしまったビジネスパーソンへのメッセージにもなっています。

    2019年9月30日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する④

    地方創生戦略の重点項目の一つ、デジタル活用共生社会「society5.0」。しかし、地方に行けば、情報リテラシーの格差が見られます。スマートフォンやSNSの普及により新たな人とのつながりやバーチャル・コミュニティが形成される一方、リアルな地域のつながりは希薄化、地域コミュニティ力は減退しています。今回は地域SNSを使い、新たな地域のつながり、コミュニティの活性に挑む、若き起業家の挑戦に着目、地域におけるデジタル活用の手法を追いました。

    2019年9月24日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.5 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。第5回は会社を興した後、初めて社員を採用した時の気持ちが揺れ動いた日々を振り返ります。

    2019年9月19日

    コラム

  • アパレル業界を変えるIT戦略! 熊本発ベンチャー、シタテルが描く「服の未来」【Vol.3】

    アパレル業界は、メーカー、工場ともにテクノロジー化が遅れており、在庫問題や工場稼働の不均衡、手作業による工数の増加など様々なビジネス上の課題を抱えています。そんななか、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする衣服の小ロット生産サービス「sitateru」が注目を浴びています。優れた技術力を持つ縫製工場の「時間・技術・資源」のデータ管理を行い、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする、衣服の小ロット生産サービスです。「sitateru」を提供しているのは、熊本発ベンチャーのシタテル株式会社。アパレル業界の課題をテクノロジーでどう解決するのか? シタテルCTOの和泉信生さんによる連載、その最終回です。

    2019年9月9日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する③

    今、地域に足りないものは何か? カギを握るのは連携協働、事業を推進するプレイヤーの存在です。連携というと、かつては官民や産学、産学官が一般的でしたが、その実態は名ばかり。真の連携、共創のパートナーシップはどうあるべきか。水津陽子さんのシリーズ第3回は、行政、市民、企業の三者が連携、地域のストックを活用し、老化した都市を再生した先駆的取り組みに迫ります。

    2019年9月2日

    コラム