古民家改修ビジネスはもう古い? これからは古民家を中心に街全体をホテルに変える!

街全体を使った分散型ホテル事業とは?/リフォーム産業フェア

2019年9月17日
古民家を改修したカフェやホテルを多く見かけるようになりました。しかし「単に古民家を改修しただけのビジネス」はもう珍しくありません。これからはリフォームの仕方や活用方法が重要になります。では次の時代の古民家ビジネスのポイントはどこにあるのでしょうか? 
 ライフスタイルの変化やストック住宅の充足により、新築住宅を買うよりも気に入った中古住宅をリノベーションして活用する人が増えています。また、増加する空き家問題や地方移住に対する課題解決の一手として、さらには2018年の民泊新法の施行や旅館業法の改正により、リフォームやリノベーションが注目されています。 

 そんな中、住宅設備や建材、営業支援サービスの展示会「リフォーム産業フェア2019in東京」が2019年7月30日〜31日の期間、東京ビッグサイトにて開催されました。会期中はリフォームに関する設備やサービスの情報を求め、10,000人を超える業界関係者が来場。299社が出展するブースには多くの人で賑わいました。

 今回の記事では7月31日に開催されたセミナー「歴史的建造物を改修してホテルにするビジネスが成功する理由」(講師:他力野淳さん/バリューマネジメント株式会社 代表取締役)より、古民家ビジネス成功のポイントについてレポートします。

バリューマネジメント株式会社代表取締役の他力野淳さん。「単に古民家を改修しただけのビジネスはもう珍しくない」と指摘する

古民家改修ビジネスはもう珍しくない

 ここ数年、古民家を改修したカフェやホテルを多く見かけるようになりました。古民家の持つ温かみや懐かしさを感じる空気が、若い人を中心に人気となっているようです。

 そんな古民家ビジネスに対し「単に古民家を改修しただけのビジネスはもう珍しくない」と指摘するのは、文化財などの伝統建築物の修復運用を手掛けるバリューマネジメント株式会社の他力野淳さん。「これからは古民家を活用してお金を生み出す仕組みを作らなくてはなりません。そのためにはリフォームの仕方や活用方法が重要になります」と他力野さんは強調します。

 それでは古民家リフォームのポイントはどこにあるのでしょうか? 他力野さんは「古いものを今どきのものに作り変えてしまうのは駄目です。まずは建物が建てられた時代を象徴するような、当時の状態に修復し、保存・活用することが必要です」と話します。

 今どきのものに作り変えることにより、短期的な収益は上がるものの、文化的価値が低下してしまうため長い目で見ると損をすることになります。むしろ、時代を超えて建物が必要とされるよう、保存を前提としたリフォームが必要だと他力野さんは説明します。地域が守ってきた建物の良さを感じさせるものでないと意味がないということでしょう。

「古いものを今どきのものに作り変えず、建物が建てられた時代を象徴する当時の状態に修復し、保存・活用することが必要」(他力野さん)

古民家ホテルが旅の目的地になるように

 他力野さんは法が改正された今こそ古民家ビジネスのチャンスと見ています。「旅館業法、建築基準法、文化財保護法が改正され、古い建物を利用できるようになりました。合法的に国がバックアップする体制ができているということです。ただし、条例が変わっていないことも多いので、各自治体と調整しながら進める必要があるでしょう」

 ところで古民家ビジネスを手掛ける際、ホテルとその他の事業のどちらが良いのでしょうか? 他力野さんは今の観光消費は着地型観光であるため、旅の目的となるような集客力の高いホテルを作ることが必要だと話します。

 「団体旅行が中心だった昭和時代は、観光名所に人が集まり、その周りに宿が作られました。集客をしているのは観光名所であり、宿が集客をする必要はなかったのです。これは観光名所の力が無くなると宿が潰れることを意味しています。成功のポイントは観光名所に頼るのではなく、宿そのものが目的地となることです」

 また、古民家を高級ホテルにするかリーズナブルな宿にするかも悩みどころの一つです。他力野さんは「地域の付加価値を発信することで、情報感度の高い、価値を理解できる顧客層、つまり世界中の良いものを知っている、目の肥えた富裕層に届きます。彼らをターゲットにした高級路線が良いでしょう」と話し、「富裕層がターゲットになれば地域に雇用を生み出すことも可能です」と続けました。

古民家を高級ホテルにするか? リーズナブルな宿にするか? 「目の肥えた富裕層をターゲットにした高級路線が良いでしょう」(他力野さん)

古民家単体ではなく街全体をホテルにする

 さらに他力野さんは、古民家単体を施設として使うのではなく、街全体に広がる分散型ホテルを提供しています。「収益性は面積に比例するので、小さな古民家一軒では収益が期待できません。それよりも古民家を10棟集め、街全体をホテルにすれば、街を守りつつ収益を上げることができます」

 街全体をホテルの変えるのは容易なことではありませんが、他力野さんは「古民家を改修してホテルにしても、ただ単に知らない家に泊まることができるだけです。それよりも官民一体となって街の開発を行い、街をコンテンツ化する方が重要です。この街にはどんな文化的背景があって、行ったらどんなことができるのか。街づくりの観点でニーズを作ってからリフォームをすると上手くいきます」と話します。ニーズさえ生まれれば、リフォーム案件は大量に出てくるそうです。

 最後に他力野さんは「日本の持つ資産、特に地方にある古い建物が価値のある状態で残り続けることが重要です。また、地方には旅の目的となる高級宿泊施設が必要です。分散型ホテルで街並みを保存しつつ収益を上げることが、観光まちづくりにつながるのではないでしょうか」と締めくくりました。

 単に古い建物がもてはやされる時代は終わろうとしています。これからは街全体を視野に入れ、街そのものを商品とする古民家ビジネスの時代へと移りつつあると言えそうです。

住宅設備や建材、営業支援サービスの展示会「リフォーム産業フェア2019in東京」(2019年7月30日〜31日、東京ビッグサイト)。会期中はリフォームに関する設備やサービスの情報を求め、10,000人を超える業界関係者が来場した

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★リフォーム産業フェア 特集

  • 空きスペースを貸すだけで月80万円! 拡張し続けるシェア経済

    ここ数年で、空間やモノ、移動、スキル、お金など、さまざまなモノやサービスのシェア経済が活発になっています。2030年度には国内での規模が11兆円を超えると言われており、拡大の一途をたどっています。リノベ物件が月80万円の収益を生みだすなど、空きスペースの貸出ビジネスには今後、副業を含めて大きなビジネスチャンスがあります。

  • これからの民泊はどう変わる? 儲かる? 経営目線の疑問に答える!

    一般住宅の一部または全部を旅行者に貸す民泊。日本でもインバウンド増加に伴い注目され、認知率も9割を超えるようになりました。また、2018年には民泊新法の施行や旅館業法の改正で民泊参入へのハードルが下がり、今後のビジネスへの展望が議論される場面が増えています。そんな民泊の疑問や将来性について、Airbnbら業界を代表する面々が経営目線で答えます。

  • リフォームビジネス、いま現場に導入したい最新ITツール!

    中古住宅をリノベーションして活用する人が増えています。また、増加する空き家問題や地方移住に対する課題解決の一手として、さらには民泊新法の施行や旅館業法の改正により、リフォームやリノベーションが注目されています。リフォームビジネスにおけるIT利用はどうなっているのでしょう。その最新ツールを紹介します。

★おすすめ記事

  • 『YOUは何しに日本へ?』プロデューサーが見た、外国人が日本に来る理由とは?

    インバウンドを象徴する現象のひとつに、メディアにおける番組の増加が挙げられます。その先駆けとなったのが『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系列)です。番組開始から6年、密着取材から受ける印象では、訪日客の状況に変化が生まれているようです。それは「“日本二周目”の人たちが増えた」点にあると、番組担当プロデューサーは話します。

  • 海外富裕層の訪日を促進させるための方法とは?

    インバウンドにおいて重要とされるのが「海外富裕層」です。落とすお金やリピーターの点で、バックパッカーとは雲泥の差があるからです。「ツーリズムEXPOジャパン」でも「ラグジュアリー・トラベル・マーケット・シンポジウム」と題して海外富裕層マーケティングをいかに促進させるかが議論されました。今回は海外富裕層のインバウンドについて交わされたトークライブの採録をお届けします。

  • もうインバウンド集客で悩まない!【第1回】

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

  • ベテラン訪日客の増加にどう対応する? キーワードは「軽量化」と「ストレスフリー」

    ラグビーワールドカップはこれからの日本のインバウンドを大きく変えるほどのインパクトを持っています。ラグビーの観戦に訪れる40万人はほとんどが欧米豪州からの訪日客だからです。一方、「訪日旅行者の成熟化」や「中国インバウンドの変調」などによりインバウンド消費が減速していることは大きな懸念材料です。ではいかにしてマイナスをプラスに変えればいいのでしょうか? そのヒントを探ります。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事