アパレル業界を変えるIT戦略! 熊本発ベンチャー、シタテルが描く「服の未来」【Vol.3】

衣服生産のプラットフォーム 〜 シタテルクラウド〜

2019年9月9日
アパレル業界は、メーカー、工場ともにテクノロジー化が遅れており、在庫問題や工場稼働の不均衡、手作業による工数の増加など様々なビジネス上の課題を抱えています。そんななか、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする衣服の小ロット生産サービス「sitateru」が注目を浴びています。優れた技術力を持つ縫製工場の「時間・技術・資源」のデータ管理を行い、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする、衣服の小ロット生産サービスです。「sitateru」を提供しているのは、熊本発ベンチャーのシタテル株式会社。アパレル業界の課題をテクノロジーでどう解決するのか? シタテルCTOの和泉信生さんによる連載、その最終回です。
 アパレル業界は、メーカー、工場ともにテクノロジー化が遅れており、在庫問題や工場稼働の不均衡、手作業による工数の増加など様々なビジネス上の課題を抱えています。昨年『誰がアパレルを"生かす"のか』がベストセラーとなりましたが、まだ業界として解決に至っているとは言えません。
 そんななか、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする衣服の小ロット生産サービス「sitateru」が注目を浴びています。優れた技術力を持つ縫製工場の「時間・技術・資源」のデータ管理を行い、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする、衣服の小ロット生産サービスです。
 「sitateru」を提供しているのは、熊本発ベンチャーのシタテル株式会社。2014年の創業よりテクノロジーの力で業界が抱える課題の解決に取り組み、大きく変化するアパレル業界のニーズに合ったサービスを開発・提供しています。それだけでなく、多くの地方の縫製工場などをネットワークし、発注者につなげることで、地方創生にも寄与しています。
 アパレル業界の課題をテクノロジーでどう解決するのか? アカデミック出身で異色の経歴を持つシタテルCTOの和泉信生さんに語っていただきます(全3回シリーズ/最終回)。

シタテル株式会社 CTO 和泉信生氏

 シタテルは衣服生産のプラットフォームをビジネスとして展開しています。しかし、「衣服生産のプラットフォーム」って、実際のところなんだろう? と思われる方も多いのではないでしょうか。今回はシタテルの展開する「衣服生産プラットフォーム」、そして、その先に提供しようとしている、「衣服生産の“クラウド”プラットフォーム」シタテルクラウドについてお話します。

 服を作りたい方の衣服生産を請け負いますという話をすると、ああ、アパレルOEMね! と理解されることが多くあります。現にシタテル社内でもアパレルOEMと何が違うんだろうという疑問を聞くこともあります。OEMと生産プラットフォームの違いのわかりにくさは、ITの世界でレンタルサーバーとクラウドプラットフォームの違いが理解されなかった10年ほど前によく似ています。
 レンタルサーバーもクラウドプラットフォーム*1も、インターネットを通じて利用できるコンピューターのサーバーを貸し出すという”機能”は同じでした。ですが、貸し出し方や料金設定に違いがありました。”機能”は同じでも”方式”が違ったのです。そして、この”方式”の違いによって、クラウドプラットフォームは、ただコンピューターサーバーを貸し出すということにとどまらず、計算リソース、ソフトウェアを構築する環境やソフトウェアを利用する環境を包含して提供できる”プラットフォーム”を実現できる仕組みだったのです。
(*1 ここでは特にAmazon EC2などのコンピューターリソースを提供するサービスを想定しています)
 OEMと衣服生産のプラットフォームの違いも同じ構図で考えられます。衣服生産を請け負うという“機能”は同じですが、それを実現する“方式”が違います。シタテルの提供する衣服生産のプラットフォームは、国内外の縫製工場や加工工場、デザイナー、パタンナーなど、衣服生産に必要なリソースをネットワーク化することで、多種多様な生産の要望に答えられる仕組みです。この方式ではネットワーク効果が利用できるため、関わるプレイヤーが増えるほどできることが拡大していきます。多くのOEM企業が得意なアイテムを定めることで価値を強く提供するのに対して、シタテルは幅広いアイテムを効率よく処理し、高い付加価値を生み出せるようにすることで社会に価値を提供していこうとしています。そして衣服生産を請け負うことにとどまらず、更に広い範囲の機能を提供できるように進化しています。この進化の先に「衣服生産の”クラウド”プラットフォーム」があります。
 「衣服生産の“クラウド”プラットフォーム」の説明の前に、クラウドコンピューティングの世界でよく使われるSaaS/PaaS/IaaSという形態について紹介します。既に知っているという方は次の段落まで読み飛ばしてもらっても大丈夫です。たとえば、グーグル社が提供するG-mail(ジーメール)を使うといつでも自由にメールをやり取りできます。インストールや面倒な設定、アップデートは全てグーグルがやってくれます。このようなサービスの形態をSaaS(Software as a Service - ソフトウェア・アズ・ア・サービス)と呼びます。完成した製品をインターネット上で利用するイメージです。しかし、G-mailのようなものを自分で自由に作りたいとしたらどうでしょうか? そのような目的に対して利用できるサービスの形態がPaaS(Platform as a Service ー プラットフォーム・アズ・ア・サービス)です。G-mailが動作しているのと同じようにパワーや耐久性のあるコンピューターリソースの組み合わせをつかってソフトウェアシステムを作ることができます。最後にPaaSよりも更に細かい単位でコンピューターリソースを制御したいときに使われるのがIaaS(Infrastructure as a Service ー インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)という形態です。
 これまでシタテルが提供してきたサービスはSaaSの形態です。シタテルを使うと自分で工場とつながっていたり十分な知識がなくても自由に衣服生産を行えます。工場の選定やコミュニケーション、生産管理、トラブル対応など全てをシタテルが行います。これは、初めて衣服生産をする方やユニフォームを作りたい企業など、衣服生産の知識が無い方にはベストな形態です。しかし、衣服生産の知識がある方やアパレルブランドにとっては過大な機能も含まれています。もっと最適にシタテルを利用できるようにするために、シタテルの一部機能だけを組み合わせて使えるようにするPaaSの形態での提供を準備しています。例えば、資材の調達などは自社機能を使い、生産管理や工場選定、コミュニケーションなどはシタテルの機能を使うなどが可能なります。さらに、シタテルは縫製工場とスムーズに情報共有やコミュニケーションを行う仕組みを持っています。パタンナーや資材メーカー、物流企業向けの機能開発も行っています。これらを利用することで衣服生産のリソースを効率的に管理できるようになります。これはIaaSの形態です。
 SaaSからPaaS、IaaSとなるにつれて、ユーザー自らが関わることは増えますが利用料金は下がります。しかし、関わることが増えても、それらを効率よく扱えるためのコンピューターソフトウェアも合わせて提供しますので、ある程度簡便に利用できるはずです。シタテルは今後、衣服生産のクラウドプラットフォームとして、ユーザーのニーズに合わせた利用形態が選べるよう SaaS/PaaS/IaaSそれぞれの形態でのサービス展開を進めていきます。

アメリカで行われた展示会 SOURCING AT MAGICでは、(株)ヤギと共同で、アメリカのブランドや小売業者向けに日本国内でのデニム生産をオンラインでオーダーできるサービスをベータローンチ。シタテルが持つ、インターネットで衣服生産を受ける仕組みや工場と連携する仕組みを活用している

 クラウドプラットフォームになるということは、それを利用したサードパーティーと様々な新しい取り組みが実現できるということでもあります。既にいくつかの取り組みが始まっています。SHOWROOMが行った人気配信者16名のデザインしたオリジナルTシャツの企画・制作プロジェクト*2では、シタテルの生産機能を利用することで、衣服の生産を通じて配信者と視聴者がつながることが実現されました。先日、8月11日からアメリカのラスベガスで行われた展示会SOURCING AT MAGIC*3では、シリーズCラウンドの出資企業でもある株式会社ヤギと共同で、アメリカのブランドや小売業者向けに日本国内でのデニム生産(今後アイテムは増える予定です)をオンラインでオーダーできるサービスをベータローンチしました。ここでもシタテルが持つ、インターネットで衣服生産を受ける仕組みや工場と連携する仕組みを活用しています。
 これからもイマジネーションを形にできる衣服生産のプラットフォームとして進化していきます。最後までお読みいただいてありがとうございました。シタテルを活用した新しい取り組みをご一緒できる日を楽しみにしています。
(和泉信生さんの連載は今回で終了です)

★関連リンク

  • アパレル業界を変えるIT戦略! 熊本発ベンチャー、シタテルが描く「服の未来」【Vol.1】

    アパレル業界は、メーカー、工場ともにテクノロジー化が遅れており、在庫問題や工場稼働の不均衡、手作業による工数の増加など様々なビジネス上の課題を抱えています。そんななか、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする衣服の小ロット生産サービス「sitateru」が注目を浴びています。優れた技術力を持つ縫製工場の「時間・技術・資源」のデータ管理を行い、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする、衣服の小ロット生産サービスです。「sitateru」を提供しているのは、熊本発ベンチャーのシタテル株式会社。アパレル業界の課題をテクノロジーでどう解決するのか? シタテルCTOの和泉信生さんに語っていただきます(全3回シリーズ)。

  • アパレル業界を変えるIT戦略! 熊本発ベンチャー、シタテルが描く「服の未来」【Vol.2】

    アパレル業界は、メーカー、工場ともにテクノロジー化が遅れており、在庫問題や工場稼働の不均衡、手作業による工数の増加など様々なビジネス上の課題を抱えています。そんななか、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする衣服の小ロット生産サービス「sitateru」が注目を浴びています。優れた技術力を持つ縫製工場の「時間・技術・資源」のデータ管理を行い、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする、衣服の小ロット生産サービスです。「sitateru」を提供しているのは、熊本発ベンチャーのシタテル株式会社。アパレル業界の課題をテクノロジーでどう解決するのか? シタテルCTOの和泉信生さんに語っていただきます。

★おすすめ記事

  • 中小・小規模事業者に新たな可能性!いま注目の「スキルシェア」の必然【前編】

    「シェアリング経済」がようやく一般的になってきた日本。なかでもインターネット上で個人のスキルや知識を売り買いする「スキルシェア」が注目を集めています。その状況を牽引するのが、2012年のサービス開始から累計210万件の取引実績を誇る「ココナラ」です。これまで主にCtoC(個人間利用)として使われてきましたが、このところBtoB(会社やプロ間の利用)で急激に利用者数を増やしています。いまなぜココナラなのでしょうか? 

  • 起点は顧客! これまでとは違う戦い方で差別化を図る

    どんなに優れたデジタルマーケティングを採用していても、デジタル技術を利用したサービスは模倣が容易です。デジタル分野においては業界の垣根が溶け始めているため、これまでとは違う戦い方が求められています。収益につなげるためには、既存事業をサービス化し、顧客を“サービス顧客”にすることが必要なのです。

  • 地方創生、こんなITが欲しかった! 地域経済の好循環をウェブで実現させる会社

    地方創生の切り札と目されるIT。都市部の大企業では、AI、ロボット、IoTが導入され、様々な業務を自動化しつつありますが、地方にはまだその恩恵は行き渡っていません。しかし、3Dプリンタやドローンの登場など、テクノロジーの民主化がその壁を打ち破ろうとしています。それら最新のITをウェブの技術を使って、ローカル・コミュニティーの活性化につなげようとするソフト開発会社があります。東京大学在学中に創業し、今年で11年目を迎えた「株式会社リアルグローブ」です。

  • 動画でHR業界にパラダイムシフトを起こす! ビデオマッチングの革新性とは?(前編)

    これまで、企業の新卒採用は、就活生がエントリーシートを書き、面接を通過し、内定を取る流れが一般的でした。そんな新卒採用に対し「動画」というまったく新しい方法で、企業と学生をバックアップするHRベンチャーが登場しました。「株式会社ビデオマッチング」です。企業と就活生をつなぐ新サービスをローンチしたビデオマッチングの創業者・満居優さんに前後編2回に分けて話を聞きます。

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

執筆者: 和泉信生 - シタテル株式会社 CTO
2009年に博士(情報工学)を九州工業大学大学院情報工学府にて取得。同年4月から9年間熊本県の崇城大学情報学部助教として教育・研究活動に従事。「市民共働のための雨水グリッドの開発」などの学術研究を行う一方、アプリを企業と共同開発するなどエンジニアリングを実社会に応用するソフトウェア開発者としても活動。2017年4月、シタテル技術アドバイザーに就任。2018年4月、シタテル株式会社入社。主な著書に『Unity4マスターブック―3Dゲームエンジンを使いこなす』(カットシステム)などがある。

コラム新着記事

  • 固定電話はビジネスの領域でもう“終わった”のか?

    株式会社シンカ代表取締役社長の江尻高宏さんによる連載。今回が最終回です。オフィスの固定電話を進化させる顧客接点クラウド「カイクラ」、電話の着信時にかけてきた人の情報がパソコンやタブレット、スマートフォンの画面に表示されるサービスです。なぜいまカイクラなのか? 固定電話に対する人々の意識からその理由をひもときます。

    2020年2月25日

    コラム

  • TVドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』 仕事や人間関係に疲れている人への一服の清涼剤

    テレビ東京の『コタキ兄弟と四苦八苦』は、「レンタルおやじ」として働く無職の中年の兄弟を主人公にした深夜ドラマです。1時間1000円で相手の話を聞く仕事を引き受け、それをきっかけに、様々な人々と関わるようになっていきます。無職のおじさんでなくても、繰り返し観ると新たな発見が多い奥の深い本作、仕事や人間関係に疲れている人なら、一服の清涼剤として楽しめる作品です。

    2020年1月31日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する⑥

    東京圏を除く地方の若者人口は2000年からの15年間で約3割減少。東京一極集中を食い止め、地方へ還流させるには何が必要なのか。求められるのは、都市の規模に関わらず、明確なビジョンを描く力であり、それを実現する実効力のある取り組みです。高知県にある人口わずか1300人の小さな村の挑戦を追います。

    2020年1月30日

    <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する

  • 中堅・中小企業応援サイト「15秒おしごとTV」公開!

    中堅・中小企業企業の魅力を動画で紹介する新しいスタイルのサイト「15秒おしごとTV」 が1月6日に公開されました。その内容を一言でいうと「企業の魅力を15秒に集約する」。その企業にしかない思いや仕事をビジュアル化し、いかに魅力にあふれた集団であるかを表現しています。

    2020年1月9日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑪『食卓一期一会』

    あけましておめでとうございます。2020年が皆様にとって素敵な年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。今年もHANJO HANJOをよろしくお願いいたします。新年最初の記事は長沖竜二さんの書評からです。

    2020年1月3日

    コラム

  • 富裕層経営者は予防が大事!

    会社経営には最大限の労力を惜しまない経営者でも、自分自身のマネージメントは疎かになっていることがよくあります。金融商品、遺産相続、健康管理・・・。自分で対策をとることに限界がある領域については、外部の専門家に相談してあらかじめ予防することで、大切なものを守るべきです。

    2019年12月2日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する⑤

    地方創生の最重要課題である東京一極集中の是正に関し、政府は達成の目標時期を2024年度に先送りする方向で調整しているといいます。地方はどうすれば東京への人口流出を防ぎ、流入する人を増やすことができるのか。今回は新幹線開業を契機に多くの民間投資を呼び込み、変貌するコンパクトシティ富山市を例に今後、地方に求められるまちの魅力、価値とは何かを考えます。

    2019年11月22日

    <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する

  • こんにちは。クラウドサービス「カイクラ」の江尻です

    株式会社シンカ代表取締役社長の江尻高宏さんによる連載。今回は看板サービスであるクラウドCTIの名称変更という大発表です。使い慣れたサービス名を、江尻さんは今なぜ変えるのでしょうか? その決断に至る心のあやを語ってくれました。

    2019年11月18日

    コラム