これからの民泊はどう変わる? 儲かる? 経営目線の疑問に答える!

市場は拡大している? 空き家問題との関連は? 近隣トラブルをどう解決する?/リフォーム産業フェア

2019年9月4日
一般住宅の一部または全部を旅行者に貸す民泊。日本でもインバウンド増加に伴い注目され、認知率も9割を超えるようになりました。また、2018年には民泊新法の施行や旅館業法の改正で民泊参入へのハードルが下がり、今後のビジネスへの展望が議論される場面が増えています。そんな民泊の疑問や将来性について、Airbnbら業界を代表する面々が経営目線で答えます。
 ライフスタイルの変化やストック住宅の充足により、新築住宅を買うよりも気に入った中古住宅をリノベーションして活用する人が増えています。また、増加する空き家問題や地方移住に対する課題解決の一手として、さらには2018年の民泊新法の施行や旅館業法の改正により、リフォームやリノベーションが注目されています。 

 そんな中、住宅設備や建材、営業支援サービスの展示会「リフォーム産業フェア2019in東京」が2019年7月30日〜31日の期間、東京ビッグサイトにて開催されました。会期中はリフォームに関する設備やサービスの情報を求め、10,000人を超える業界関係者が来場。299社が出展するブースには多くの人で賑わいました。

 今回の記事では7月31日に開催されたセミナー「Airbnb(民泊)×リノベーション、住宅のポテンシャルと改修ニーズについて」(講師:森厚雄さん/Airbnb Japan株式会社 ホームシェアリング事業統括本部 本部長、澤畑勝章さん/株式会社エアトリステイ 取締役、鎌田友和さん/株式会社和久環組 代表取締役)より、民泊とリノベーションの実情や将来性についてレポートします。

(左より)株式会社和久環組代表取締役の鎌田友和さん、Airbnb Japan株式会社ホームシェアリング事業統括本部長の澤畑勝章さん、株式会社エアトリステイ取締役の鎌田友和さん

地方創生や空き家問題にアプローチ可能な民泊

 一般住宅の一部または全部を旅行者に貸す民泊。日本でもインバウンド増加に伴い注目され、認知率も9割を超えるようになりました。また、2018年には民泊新法の施行や旅館業法の改正で民泊参入へのハードルが下がり、今後のビジネスへの展望が議論される場面が増えています。

 そんな民泊の疑問や将来性について、Airbnb Japan株式会社の森厚雄さん、株式会社エアトリステイの澤畑勝章さん、株式会社和久環組の鎌田友和さんの3名が解説を行いました。

 まず民泊プラットフォームを展開するAirbnb Japanの澤畑さんは「現在Airbnbのプラットフォームは世界191ヵ国に展開し、創業以来ののべ利用者数は5億人、ホストの収入累計は6兆5000億円にもなります」と話し、日本国内でも市場が右肩上がりで拡大していると付け加えました。

 宿泊事業をサポートするエアトリステイの澤畑さんは民泊について「地方創生や空き家問題にアプローチできればと思います。ただし、民泊は手続きや設備の準備、運用に煩わしい部分が多いので、当社ではそれをワンストップで提供できるサービスを提供いたします」と説明。

 中古住宅の購入とリノベーションを手掛ける和久環組の鎌田さんは「民泊新法では、年間で最大180日間しか民泊営業をすることができません。残りの185日をモデルルームやマンスリーマンションとして使えるようにする工夫が必要です」と話しました。

今後のビジネスへの伸長が期待される民泊。認知率は9割を超えるようになったが、利用経験は低い水準にとどまる。この数字をマイナスにとらえるのではなく、今後の伸びしろと考えたい

民泊に対する不安をなくすサービスが必要

 ところで民泊と聞くと、見ず知らずの人を家に泊めることに不安を感じる人が少なからずいるのではないでしょうか? この不安に対し森さんは「民泊の場合、ホストもゲストも公的な書類の登録が必要です。Airbnbの登録物件は全て合法ですし、お互いの評価が全て公開されるようになっています。このような不安を感じない仕組みを作り、さらに強化し続けることが必要です」と説明しました。

 また澤畑さんは「民泊にはトラブルが全くないというわけではありません。中には騒いだりする人もいますが、Airbnbでは個人が特定されていますし、相互レビューがあるので基本的には行儀の良いゲストが多いのが実情です。もちろん、体制を整備し、本人確認によるセキュリティの強化等は今後も必要になるでしょう」と、民泊に対する不安について解説をしました。

 民泊には多くの不安が付きまといますが、民泊プラットフォームや宿泊事業支援サービスを上手く利用することにより、ある程度の不安は解消できると言えそうです。

民泊でよく問題に上がるのが地域住民とのトラブルだが、SNSの活用で改善している。民泊プラットフォームや宿泊事業支援サービスにより経営者の不安は解消される方向に

実際のところ民泊は儲かるのか?

 市場が拡大していると言われる民泊ですが、今後はどうなるのでしょうか? 森さんは民泊の今後について「インバウンドが増えているので、民泊市場はまだ伸びるでしょう。近年インバウンドは都市部から地方へと流れており、この動きはしばらく続きそうです。また、シドニーやロンドンなどオリンピック開催地では民泊が伸びる傾向にあります。実際にやってみないと分からない部分はありますが、東京オリンピック後も伸びることが期待できます。さらに、2025年に万博開催を予定している大阪や、2030年冬季オリンピック誘致を進めている札幌なども期待できるでしょう」と解説しました。

 また、澤畑さんは「民泊物件は駅や観光地、空港からどれくらい近いかという見せ方が重要になってきます。上手に運用できれば賃貸物件の3~4倍の収支物件にすることも可能です。ただし、これは物件ごとの運営で大きく変わるので注意が必要です。今後は部屋の広さを理由にビジネスホテルに泊まれない海外ファミリー層向けに、3~5人で泊まれるラグジュアリーな物件も良いかもしれません」と民泊の可能性について話しました。

 その他、民泊物件の内装は和風が良いとは限らない、特に欧米系のインバウンドは長期滞在者が多いので、それに合わせた家具を用意すると喜ばれる、改装費は最低2~30万円必要など現場のリアルな話が交わされました。

 インバウンド増加や東京オリンピックを控え、市場が拡大し続けている民泊。今後の地方創生や空き家問題の解消にも有力な一手となりそうです。

住宅設備や建材、営業支援サービスの展示会「リフォーム産業フェア2019in東京」(2019年7月30日〜31日、東京ビッグサイト)。会期中はリフォームに関する設備やサービスの情報を求め、10,000人を超える業界関係者が来場した

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★リフォーム産業フェア 特集

  • リフォームビジネス、いま現場に導入したい最新ITツール!

    中古住宅をリノベーションして活用する人が増えています。また、増加する空き家問題や地方移住に対する課題解決の一手として、さらには民泊新法の施行や旅館業法の改正により、リフォームやリノベーションが注目されています。リフォームビジネスにおけるIT利用はどうなっているのでしょう。その最新ツールを紹介します。

★おすすめ記事

  • ~HJ HJ EYE:5~シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

    HANJO HANJO編集部が中小企業のビジネスに関わるキーパーソンに、中小企業の現在を問う「HJ HJ EYE」。第5回は、次代の経済として注目されている「シェアリングエコノミー」について、株式会社スペースマーケット代表取締役の重松大輔さんに話を聞く。中小企業にとってのシェアリングエコノミーの可能性とは? 「Airbnb(エアビーアンドビー)」の次に来るビジネスとは?

  • なぜあなたの情報発信は訪日外国人に刺さらないのか?

    外国人旅行客を呼び込むためには積極的な情報発信が欠かせません。しかし外国人の心をつかむためには、彼らの求めている情報を適切な形で発信する必要があります。それでは外国人はどのような情報を求めているのでしょうか? 訪日外国人向けウェブマガジン「MATCHA」からのレポートです。

  • 人口400人の離島が生き残り賭ける「着地型観光」

    兵庫県南あわじ市の離島「沼島」は淡路島の南東、紀伊水道に浮かぶ周囲約9.53kmの小さな島です。かつては「沼島千軒金の島」と称えられるほど繁栄をみましたが、近年は衰退傾向にあります。そんな中、2007年沼島で始まった交流人口拡大による地域活性化の取り組み。沼島の着地型観光は確実に成果を上げつつあります。小さな島の生き残りを賭けた挑戦を追います。

  • ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

    激流のなかにある日本の中小企業。社長の仕事も様変わりを見せています。けれど社長は社長。重要なのはいかにリスクを負って、状況を変えていくかです。自社の意志でビジネスをおこす。アイディアの自由を守る。その姿勢が世の中を変えていきます。そんな社長の仕事に光を当てつつ、そのユニークな個性に迫ります! 第一回に登場願ったのは、家賃の保証や決済、賃貸保証などを中核事業として展開する「株式会社Casa」の宮地正剛さん。ロングトークをシリーズでお届けします。

  • 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

    2017年は数字の上ではいざなぎ景気を超える好景気となりました。2018年はどんな年になるのか。今回は、インバウンドをはじめ観光産業において、今年押さえておきたい4つのトレンドをピックアップ。その変化と進化、そして今年起こる新たな波を紹介します

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 地域企業を活性化させる「未来の社会課題解決」という新たな視点!

    アスタミューゼ株式会社と、SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社は、47都道府県ごとの地域企業に対し、各地方銀行と連携し、技術職・研究職といった専門人材の雇用支援を行うことで事業成長を促進し、地域の活性化を図る事業連携についての合同記者発表会を9月5日に行いました。社会課題解決に挑戦する独自の技術や事業をもつ多くの地域企業を見出し、採用を支援することで地方の人材不足に貢献するというのが、今回の大きな意義です。

    2019年9月11日

    イベントレポート

  • 空きスペースを貸すだけで月80万円! 拡張し続けるシェア経済

    ここ数年で、空間やモノ、移動、スキル、お金など、さまざまなモノやサービスのシェア経済が活発になっています。2030年度には国内での規模が11兆円を超えると言われており、拡大の一途をたどっています。リノベ物件が月80万円の収益を生みだすなど、空きスペースの貸出ビジネスには今後、副業を含めて大きなビジネスチャンスがあります。

    2019年9月6日

    イベントレポート

  • 「自分らしい家を作る」から「街とどう関わるか」。家をめぐる意識の変化を探る

    ライフスタイルや働き方の変化により地方への移住に関心を持つ人が増えています。そんな移住を考えている人と、移住を受け入れたい地域の自治体や工務店を結びつけるスカウト型マッチングサービスが今、注目されています。

    2019年8月30日

    イベントレポート

  • インバウンド、次の一手は「フードダイバーシティ(食の多様性)」

    訪日外国人の増加とともに顕在化しているのが、ハラル(ハラール)やベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリーなど、個人の宗教や主義、アレルギーなどによる食の禁忌の問題です。この食の禁忌を認める「フードダイバーシティ(食の多様性)」には多くのビジネスチャンスが埋もれています。

    2019年8月15日

    イベントレポート

  • ブームのパン、おいしいというだけで売るのは難しい時代に

    今、パンがブームです。高級食パンに行列ができたり、カフェチェーンがパン専門店を出店したりするだけでなく、各地でパンのイベントも開催されたりしています。パンの人気は衰える様子をみせません。見方を変えれば、目も舌も超えた消費者を満足させるためには、パン・ベーカリー事業者は相応の方法や工夫を考える必要があります。

    2019年8月13日

    イベントレポート

  • 「売る」のではなく「伝える」〜AKOMEYA TOKYO〜

    サザビーリーグが展開する「AKOMEYA TOKYO」。お米などの食品や食器など良質の日本の暮らしを消費者に届けるこのブランドは、実店舗とオンラインショップともに人気を得ています。成功をもたらしたポイントは、商品を「売る」のではなく想いを「伝える」ことにありました。

    2019年8月5日

    イベントレポート

  • お店はメディアだ! “エンターテイメント”としての売り場を創造する

    2015年にリニューアルした銀座伊東屋本店。そこで行なった改革は、従来の「商品を買う店舗」から「過ごせる店舗」へと変化させ、自分の場所や心地よい空間の提供を目指すものでした。ネットがものを買う場所になっている現在、店舗はメディア(伝える場所)となることが必要です。リアル店舗はメディアとしていかにお客様を楽しませることができるかがポイントになります。

    2019年8月2日

    イベントレポート

  • ワークライフバランスの第一歩は、自分の成長と人を活かすこと!

    「働き方改革」「ワークライフバランス」という言葉が広まってずいぶんと経ちますが、育休などのあり方についてはまだ十分な対策がなされているとは言えません。佐々木常夫さんは、自閉症の長男と肝臓病とうつ病で43回の入院と3回の自殺未遂を起こした妻の世話をしながら、株式会社東レの取締役に同期トップで就任した経歴の持ち主で、現在は書籍の執筆や講演などにも活躍しています。ハードな仕事をこなしつつも、家族との時間を確保できたワークライフバランスの秘訣とは一体どのようなものだったのでしょうか?

    2019年7月22日

    イベントレポート