ブームのパン、おいしいというだけで売るのは難しい時代に

妥協しない消費者の心をどうすればつかめるのか?/P&B Japan

2019年8月13日
今、パンがブームです。高級食パンに行列ができたり、カフェチェーンがパン専門店を出店したりするだけでなく、各地でパンのイベントも開催されたりしています。パンの人気は衰える様子をみせません。見方を変えれば、目も舌も超えた消費者を満足させるためには、パン・ベーカリー事業者は相応の方法や工夫を考える必要があります。
 今、パンがブームです。高級食パンに行列ができたり、カフェチェーンがパン専門店を出店したりするだけでなく、各地でパンのイベントも開催されたりしています。パンの人気は衰える様子をみせません。そんな中、製パン・製菓の素材や設備の展示会「P&B Japan」が2019年7月22日〜24日の期間、東京ビッグサイトにて開催されました。会期中はパン作りに必要な素材や設備の情報を求め、約24,000人の業界関係者が来場。また、パンを中心とした食をテーマに各種セミナーが開催され、最新の知見に触れようと多くの聴講者で賑わいました。

 本日の記事では7月22日に開催されたセミナー「これなら伝わる!「購買者ニーズ」の引き出し方」(講師:中井崇さん/ピュラトスジャパン株式会社 マーケティング部ディレクター)より、消費者の心をつかむために必要な商品の良さを伝えるためのポイントついてレポートします。

ュラトスジャパン株式会社マーケティング部ディレクターの中井崇さん。ピュラトスはパン・洋菓子・チョコレートのプロフェッショナルに原材料を提供している

食の未来はどうなるのか? 世界と日本の意識を調査

 このところ、パンが大きなブームになっています。しかし、どんなパンでも売れるわけではありません。消費者の目も舌も肥え、商品選びに妥協することが少なくなってきています。 では、製パンや製菓において、消費者の心をつかむためには一体何が必要なのでしょうか?

 今回の講師であるピュラトスジャパン株式会社の中井さんは、「今後、食の未来はどうなるか」というテーマで世界各国を対象に行なった調査結果から、消費者が食に対して求めている9つのポイントを紹介しました。

 「消費者が食に対して求めているのは、味、健康、新鮮さ、クラフト(手作りや熟練)、透明性、エシカルなライフスタイル、究極の利便性、次レベルへの経験(味わったことのない食の体験など)、自分のためだけ(カスタマイズの先にあるもの)の9つです。今回はこの中から、味・健康・新鮮さの3つにフォーカスして解説します」

消費者が食に対して求めているのは、味、健康、新鮮さ、クラフト(手作りや熟練)、透明性、エシカルなライフスタイル、究極の利便性、次レベルへの経験(味わったことのない食の体験など)、自分のためだけ(カスタマイズの先にあるもの)の9つ

単においしいというだけで売るのは難しい時代に

 味は食の最も基本となる要素です。中井さんは「味は伝統的な味と新しい味の二つに分けられます。調査の結果、伝統的な味は海外でも日本でも重視されますが、新しい味について、日本人はやや保守的な傾向が見られました」と調査結果を説明。ただし、今の若い人は新しい味をそれほど抵抗なく受け入れる傾向にあるので、今後この調査結果は変わっていくだろうと補足しました。

 味を決める要素の中で重要なのが食感であると中井さんは強調します。特にパンにおいて食感は最も重要であり、食感と香りに集中することがおいしさの欲求を刺激するそうです。つまり、食べる前からおいしさを感じさせることができるということです。

 次に健康について、中井さんは「原材料から取り除くことと、原材料に加えることが健康を感じさせるポイントです」と解説しました。

 つまり、マイナスイメージのあるカロリーや糖分、塩分などを原材料から取り除き、食物繊維やタンパク質、パワー原材料(健康かつおいしい素材、アサイーやグレインなど)を加えることで健康的なイメージを持たせることができるということです。ただし、どちらか一方ではなく、必ずプラスとマイナスのバランスを取る必要があると中井さんは強調します。

 また、どんなに健康的であっても味に妥協しては売れないと中井さんは注意を促します。特にパンや菓子、チョコレートに関しては重要な要素とのことなので、味をキープしつつ健康性を高める必要性がありそうです。

食の基本である味。日本の若い人は新しい味をそれほど抵抗なく受け入れる傾向にあるので、今後この調査結果は変わっていくだろうと中井さんは話した

機能的な価値と感情的な価値の使い分け

 新鮮さのポイントは、いかに品質の良さをアピールできるかがポイントとなります。例えばパンであれば、焼き上がったときの香りやパリパリとした食感は、焼き立てや作り立てに弱い日本人に対して、強いアピールポイントとなると中井さんは話します。

 これまで紹介した味・健康・新鮮さは消費者の心をつかむ重要な要素であることは確かですが、中井さんは最後にもう一つ重要なポイントを付け加えました。

 「消費者への商品アピールで重要なのは、機能的な価値よりも感情的な価値をしっかりと強調することです。例えばケーキを売るときに、生クリームたっぷり、○○産のイチゴ使用、カロリー○%オフのような、商品の機能をアピールしても消費者は自分ごととしてとらえません」

 そこで重要なのが感情的な価値に訴えることであると中井さんは強調します。ケーキの例であれば、「このイチゴは栃木県の○○さんが丹精込めて作ったイチゴです」とストーリー性や透明性を持たせたり、「このケーキをぜひ夜に食べてみてください。クリームたっぷりで明日への活力になります。カロリー○%オフなので夜に食べても安心です」と、あたかも自分のためにこの商品があるように感じさせたりすることが必要なのです。

 パンをはじめとする食の流行には大きなビジネスチャンスが埋もれていますが、流行しているからといって必ず売れるわけではありません。売れるものにはきちんと理由があります。

 消費者が食に対して何を求めているのか、どうすれば購買意欲をかき立てることができるのかをしっかりと理解することが必要だと言えそうです。

製パン・製菓の素材や設備の展示会「P&B Japan」(2019年7月22日〜24日)。会期中はパン作りに必要な素材や設備の情報を求め、約24,000人の業界関係者が来場した

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★おすすめ記事

  • 複合型飲食店が急増! “ミクストラン”は店舗事業の救世主となるか?

    このところ、カフェ×コインランドリー、バー×花屋といった複合型の飲食店が目につくようになりました。人気の秘密は「効率的な時間の使い方ができるから」「好きな空間に長時間いられるから」。限られた時間を有効に使おうとする消費者心理がうかがえます。一方、事業者側には「他店舗との差別化を計りたい」という思惑が浮かんできます。

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

  • 小売業界のIT導入はネットから実店舗へ〜中国AI企業とローソンの事例から見る店舗ビジネスの今後〜

    インターネットの登場以降、ECサイトが先行してきた「ユーザーの利便性向上」や「導線分析」。しかし、ハードウェアやAI技術の発達により、実店舗でもECサイトで培ってきたノウハウを導入できるようになっています。ネットショッピングに顧客を奪われ続けてきた小売業界ですが、実店舗ならではの利便性の向上が、その魅力の再確認につながりそうです。今回の記事では、10月25日に開催された「Japan IT Week」のセミナーの中から、「実店舗におけるIT活用」をテーマに中国と日本におけるAI技術の導入事例についてレポートします。

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事