メルカリ流、世界で勝つためのグローバル人材確保術!

認知度のない地域でも採用を成功させる3つのステップ/総務・人事・経理ワールド

2019年7月10日
スマートフォン1台で身の回りの中古品を簡単に売買することができるフリマアプリ『メルカリ』、グローバルな競争に生き残るためにテックカンパニーとしての取り組みを積極的に行っています。その差別化に必要なのが外国人人材。インドや東欧にも足を運び、優秀な学生を採用しています。彼らを会社に定着させるためにどんな方法を行っているのでしょうか?
 2019年4月より順次施行されている働き方改革関連法、IT技術の進歩によるセキュリティ対策、地震や水害などの防災対策、人手不足時代の採用など、企業が対処すべき課題は年々増えています。

 そんな課題解決のための製品やサービスが集結する「総務・人事・経理ワールド」が2019年5月29日〜31日の期間、東京ビッグサイトにて開催されました。

 今回の総務・人事・経理ワールドは、「働き方改革EXPO」「HR EXPO」「福利厚生EXPO」「オフィスサービスEXPO」「オフィス防災EXPO」「オフィスセキュリティEXPO」「省エネ・節電EXPO」の8つの展示会で構成され、800社の企業が出展のために集結しました。また、さまざまな課題に対して深い知見を持つ第一人者によって、さまざまなセミナーが開催され、最新情報を得ようと多くの人が聴講に訪れました。

 今回の記事では5月29日に開催されたセミナー「メルカリが語る! グローバル採用と、その人材が活躍しやすい風土作り」(講師:田井 美可子さん/株式会社メルカリ HR Business Partner)より、メルカリ社におけるグローバル人材採用のポイントについてレポートします。

株式会社メルカリ HR Business Partnerの田井美可子さん。「「グローバルテックカンパニーを目指すには、人への投資が一番重要だとメルカリでは考えています」

メルカリがグローバル採用を行う理由

 スマートフォン1台で身の回りの中古品を簡単に売買することができるフリマアプリ『メルカリ』、昨年最大規模のIPOとして上場したことでも話題を集めました。

 2013年にサービスを開始したメルカリは、その使いやすいインターフェイスや安心安全に取引ができるサービス、そしてSNSよりもユーザーを惹きつける楽しさが受け、順調に売上を伸ばしています。

 そんなメルカリでは、グローバルな競争に生き残るためにテックカンパニーとしての取り組みを積極的に行っており、技術面で他社との差別化を図っています。その差別化に必要なのが外国人人材、特にエンジニアであると田井さんは話します。

 「グローバルテックカンパニーを目指すには、人への投資が一番重要だとメルカリでは考えています。人材の一人ひとりが成長でき、それぞれがパフォーマンスを発揮することこそが、会社の成長につながるからです」

 メルカリがグローバル化にこだわるのは、海外の多様なバックグラウンドや知見を持つ人がメルカリに加わることで、日本国内では得ることのできない世界基準の技術力やマインドセットが手に入るからであると田井さんは説明します。

認知度のない地域でも採用を成功させる3つのステップ

認知度のない地域でも採用を成功させる3つのステップは「認知・採用・定着」。まずは自分から行動して存在を知ってもらうことが必要

 それではメルカリではどのようなグローバル採用を行っているのでしょうか? 現在メルカリの東京オフィスでは、39の国や地域から訪れた社員が働いています。その多くはシステムエンジニアやデザイナー、プロデューサーなどテック系の社員だそうです。

 「現在メルカリのオフィスは日本とアメリカにあります。メルカリアプリを使えるのもこの2ヵ国だけです。つまり、他の国ではメルカリの知名度はほとんどない状態だと言えます。それでも、世界中から優秀な人材を集めたい。そこで認知度のない地域でも採用を成功させる3つのステップを考えました」

 その3つのステップとは「認知・採用・定着」です。認知度のない地域では待っていても優秀な人材は来てくれません。まずは自分から行動して存在を知ってもらうことが必要です。また、国や地域に合わせて柔軟な採用方法を取らなくてはなりません。

 さらに採用前と入社後でイメージが違えば社員はすぐに離れてしまいますから、メルカリで働くとはどういうことかを具体的に説明し、パフォーマンスを発揮する場を整えることが求められます。

 田井さんはインド工科大学(IIT)の学生を採用したときの事例を挙げました。

 「インドでのメルカリの知名度はゼロですから、まずはインド学生向けにハッカソンを開催し認知活動を行いました。そこで優秀な成績を収めた学生を日本に招待し、メルカリで働くとはどういうことかを知ってもらい、最終的に30名の採用に成功しました」

グローバル採用はまず活躍しやすい風土づくりから

海外の優秀な人材を日本に集めても、彼らが働きにくいと感じてしまっては意味がない。メルカリでは日本までの航空券の手配から、東京で生活するために必要な知識、住居探しまで手厚くサポートしている

 メルカリが採用を行っているのはインドだけではありません。近年優秀なエンジニアを輩出している東欧にも着目し、ポーランドのワルシャワで採用を目的とした大規模なハッカソンを行い、認知度を広めていると田井さんは説明します。

 しかし、海外の優秀な人材を日本に集めても、彼らが働きにくいと感じてしまっては意味がありません。そこでメルカリでは移住者向けのリロケーションサポートとして、日本までの航空券の手配から、東京で生活するために必要な知識(ゴミ出しなど)、銀行口座の開設や携帯電話の契約、住居探しまで手厚くサポートしているそうです。

 また、グローバル施策として通訳・翻訳の専任チームを作りコミュニケーション面でサポートしたり、独自カリキュラムによる言語教育を行ったりと、外国人が働きやすい風土作りに努めています。

 最後に田井さんは「今後も人と組織の仕組みやガイドラインを整備したり、多様化に合わせて組織強化に努めたい。最終的には世界基準のメルカリを目指します」と締めくくりました。

 今後日本においても外国人労働者の採用は大きな課題となります。貴重な人材を逃さないためにも、まずは外国人の受け入れ体制を整え、彼らが働きやすい組織風土を作ることが優先すべき事項だと言えそうです。

働き方改革関連法、IT技術の進歩によるセキュリティ対策、地震や水害などの防災対策、人手不足時代の採用・・・企業が対処すべき課題解決のための製品やサービスが集結する「総務・人事・経理ワールド」。2019年5月29日〜31日の期間、東京ビッグサイトにて開催された

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★総務・人事・経理ワールド 特集

  • 働き方改革の第一歩。まずはオフィスの無駄を減らそう!

    企業にとって懸案の「働き方改革」。対応するべき対象が多すぎて頭を抱えていませんか? そんなときはまずオフィスの無駄を減らすことから始めてみてはいかがでしょう。本日の記事ではITやAIの技術を活用しオフィスのさまざまな無駄を削減するサービスを提供する2社に注目します。

★おすすめ記事

  • 【外国人材特集】人と人とのつきあいから始めよう!

    社内の活性化のために外国人材を受け入れてきた(有)武蔵サービス。従業員11名のうち3名がベトナム人だといいます。組合(監理会社)から日本での生活慣習やマナーの指導、日本語研修など手厚いサポートを受け、受け入れ後の環境整備もスムーズに行うことができました。現在、槇田社長は事業拡大のためにさらなる外国人材の受け入れを検討しています。

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

  • 外国人雇用元年! いま経営者はどう対応すべきなのか?

    外国人労働者の雇用を増やす手段として政府が打ち出した入管法改正は、人材不足解消の一助として経営者には朗報となりました。では、在留外国人を雇用する場合に気をつけなければならないポイントは何でしょうか? 外国人販売スタッフの人材確保において重要となる指標や現在の外国人就労状況などを解説します。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • インバウンド、次の一手は「フードダイバーシティ(食の多様性)」

    訪日外国人の増加とともに顕在化しているのが、ハラル(ハラール)やベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリーなど、個人の宗教や主義、アレルギーなどによる食の禁忌の問題です。この食の禁忌を認める「フードダイバーシティ(食の多様性)」には多くのビジネスチャンスが埋もれています。

    2019年8月15日

    イベントレポート

  • ブームのパン、おいしいというだけで売るのは難しい時代に

    今、パンがブームです。高級食パンに行列ができたり、カフェチェーンがパン専門店を出店したりするだけでなく、各地でパンのイベントも開催されたりしています。パンの人気は衰える様子をみせません。見方を変えれば、目も舌も超えた消費者を満足させるためには、パン・ベーカリー事業者は相応の方法や工夫を考える必要があります。

    2019年8月13日

    イベントレポート

  • 「売る」のではなく「伝える」〜AKOMEYA TOKYO〜

    サザビーリーグが展開する「AKOMEYA TOKYO」。お米などの食品や食器など良質の日本の暮らしを消費者に届けるこのブランドは、実店舗とオンラインショップともに人気を得ています。成功をもたらしたポイントは、商品を「売る」のではなく想いを「伝える」ことにありました。

    2019年8月5日

    イベントレポート

  • お店はメディアだ! “エンターテイメント”としての売り場を創造する

    2015年にリニューアルした銀座伊東屋本店。そこで行なった改革は、従来の「商品を買う店舗」から「過ごせる店舗」へと変化させ、自分の場所や心地よい空間の提供を目指すものでした。ネットがものを買う場所になっている現在、店舗はメディア(伝える場所)となることが必要です。リアル店舗はメディアとしていかにお客様を楽しませることができるかがポイントになります。

    2019年8月2日

    イベントレポート

  • ワークライフバランスの第一歩は、自分の成長と人を活かすこと!

    「働き方改革」「ワークライフバランス」という言葉が広まってずいぶんと経ちますが、育休などのあり方についてはまだ十分な対策がなされているとは言えません。佐々木常夫さんは、自閉症の長男と肝臓病とうつ病で43回の入院と3回の自殺未遂を起こした妻の世話をしながら、株式会社東レの取締役に同期トップで就任した経歴の持ち主で、現在は書籍の執筆や講演などにも活躍しています。ハードな仕事をこなしつつも、家族との時間を確保できたワークライフバランスの秘訣とは一体どのようなものだったのでしょうか?

    2019年7月22日

    イベントレポート

  • RPAしくじり先生が語る、RPA導入と働き方改革の関係とは?

    各企業がこぞって導入を検討しているRPA。働き方改革を進める一手として注目されています。しかし、一般の社員は経営陣ほど変化を求めておらず、新しいことはやりたくないのでそれほど興味がありません。「気づいたらRPAを使っている状態に持っていくことが重要です」と「RPAしくじり先生」の進藤圭さんは話します。

    2019年7月12日

    イベントレポート

  • 外国人の「採用」と「定着」は別問題。 長く働いてもらうために今するべきことは?

    2019年4月には入管法が改正され、新たに特定技能が設けられました。在留資格の緩和により、今後も外国人労働者が大幅に増えることが見込まれます。どの企業でも外国人の採用の門戸は広がるはずです。ただし、定着するかは別問題です。

    2019年6月28日

    イベントレポート

  • どうする? どうなる? 令和時代のキャッシュレス!

    このところ話題の電子決済。日本のキャッシュレス比率は現在20%ほどで世界的には非常に低い割合です。政府は将来的にキャッシュレスの普及率を40%にまで引き上げるという目標を立てていますが、そもそも現金がない世界というのはありえるのでしょうか? 流通・小売・飲食業にとって差し迫った課題である電子決済の今とこれからを、最前線で取り組む4名によるクロストークで分析します。

    2019年5月7日

    イベントレポート