外国人の「採用」と「定着」は別問題。 長く働いてもらうために今するべきことは?

外国人採用で押さえるべきポイント/総務・人事・経理ワールド

2019年6月28日
2019年4月には入管法が改正され、新たに特定技能が設けられました。在留資格の緩和により、今後も外国人労働者が大幅に増えることが見込まれます。どの企業でも外国人の採用の門戸は広がるはずです。ただし、定着するかは別問題です。
 2019年4月より順次施行されている働き方改革関連法、IT技術の進歩によるセキュリティ対策、地震や水害などの防災対策、人手不足時代の採用など、企業が対処すべき課題は年々増えています。

 そんな課題解決のための製品やサービスが集結する「総務・人事・経理ワールド」が2019年5月29日〜31日の期間、東京ビッグサイトにて開催されました。

 今回の総務・人事・経理ワールドは、「働き方改革EXPO」「HR EXPO」「福利厚生EXPO」「オフィスサービスEXPO」「オフィス防災EXPO」「オフィスセキュリティEXPO」「省エネ・節電EXPO」の8つの展示会で構成され、800社の企業が出展のために集結しました。また、さまざまな課題に対して深い知見を持つ第一人者によって、さまざまなセミナーが開催され、最新情報を得ようと多くの人が聴講に訪れました。

 今回の記事では5月29日に開催されたセミナー「外国人採用で押さえるべきポイント ~体制整備、キャリア、異文化コミュニケーション~」(講師:久保田 学さん/一般社団法人 留学生支援ネットワーク 事務局長)より、今後の採用戦略において重要となる外国人採用のポイントついてレポートします。

一般社団法人留学生支援ネットワーク事務局長の久保田学さん。「東京オリンピックを見据えて企業が人材確保に乗り出している」と語る

日本における外国人採用の現状

 日本において年々増加している外国人労働者。その数は2018年10月時点で約140万人、日本の労働力人口の50人に1人は外国人という計算になります。その背景にあるのは日本の労働力不足です。

 近年ではシニアや女性の採用を積極的に行っている企業が増えていますが、それでも労働力が足りないため、海外労働者の受け入れが増加していると一般社団法人留学生支援ネットワークの久保田さんは説明します。

 「2019年4月には入管法が改正され、新たに特定技能が設けられました。また、在留資格の緩和により、今後も外国人労働者が大幅に増えることが見込まれます。外国人労働者が増えますから、どの企業でも外国人の採用は可能でしょう。ただし、定着するかは別問題です」

 留学生については、2017年度に約2万2000人が日本の企業に就職しています。就職先については従業員数100人以下の中小企業が半数を占めていますが、この割合は年々減少しており、中小企業が留学生を採用することが難しくなっている傾向にあると言えるでしょう。

 また、就職目的で日本に訪れる外国人数は約3万人(2017年度)。特にIT業界がインドなどから優秀な人材を確保する傾向が強く見られるそうです。

 「最近では飲食や小売、宿泊向けの採用支援活動が多くなってきています。また、観光業も増加傾向にあり、東京オリンピックを見据えて企業が人材確保に乗り出していることが見受けられます」

外国人労働者の定着をどう考えるかがポイント

「外国人は会社には帰属しませんが、人間関係には帰属します。定着させるには日々コミュニケーションをとり、良好な関係を築くことが重要です」(久保田さん)

 それでは外国人の不満を解消し、定着させるためには具体的にどうすればよいのでしょうか? 

 「まずは外国人雇用のための体制を整備します。実は整備すべきことはそれほど多くありません。日本の雇用システムやルールを丁寧に説明することです。雇用契約書や就業規則のほか、始業10分前には出社するといった暗黙ルールも説明する必要があります。また、税金等の天引きについても企業側がしっかりと説明しなくてはなりません」

 また、キャリアについて久保田さんは「体制をいきなり大きく変更するのは難しいですから、現状の微修正から始めるのがよいでしょう。ただし、配属や評価、昇進、異動などについては丁寧に説明しなくてはなりません。また、給与やポジションだけでなく、スキルや知識の成長を気にする外国人も多いので、具体的に明示する必要があります」と説明しました。

 さらに外国人の定着についても久保田さんは言及します。

 「外国人はいずれ母国に帰る可能性がありますから、ずっと日本で働くという認識を改めなくてはなりません。何年働いたら定着と考えるか、あるいは目的や役割に合わせ何年いて欲しいかを明確にするとよいでしょう。また、帰国後の現地法人でのキャリアや、起業した際にパートナーとして関係を保つこともある種の定着と考えるのも一つの方法です。外国人は会社には帰属しませんが、人間関係には帰属します。定着させるには日々コミュニケーションをとり、良好な関係を築くことが重要です」

 最後に久保田さんは「採用に関してだけ言えば、今ならどんな企業でも外国人を採用することができます。ただし、定着するとは限りません。いかに早く定着の仕組みを作れるか、ロールモデルを作れるかがポイントとなるでしょう。外国人についてどう考えるかという時代になっていることを認識してください」と締めくくりました。

 人手不足という課題を抱える企業にとって、外国人の採用は当たり前となる時代になりつつあります。変化を恐れず体制を整え、グローバルな視点でものを見ることこそが、企業が成長していくために必要なものだと言えそうです。

働き方改革関連法、IT技術の進歩によるセキュリティ対策、地震や水害などの防災対策、人手不足時代の採用・・・企業が対処すべき課題解決のための製品やサービスが集結する「総務・人事・経理ワールド」。2019年5月29日〜31日の期間、東京ビッグサイトにて開催された

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★おすすめ記事

  • 【外国人材特集】会社の危機も外国人と一丸で乗り切る!

    全国のコンビニエンスストアなどでおなじみのお菓子を製造販売する食品加工メーカーの共同食品工業(株)。将来、海外進出を含めた事業拡大を検討するにあたって、外国人と共に仕事をする環境がどういうものか? を検証するために、外国人技能実習生を受け入れ始めました。以前、工場で発生したボヤで一部の生産ラインが止まった時は、外国人スタッフもいっしょになって苦境を乗り切ってくれました。

  • 【外国人材特集】人と人とのつきあいから始めよう!

    社内の活性化のために外国人材を受け入れてきた(有)武蔵サービス。従業員11名のうち3名がベトナム人だといいます。組合(監理会社)から日本での生活慣習やマナーの指導、日本語研修など手厚いサポートを受け、受け入れ後の環境整備もスムーズに行うことができました。現在、槇田社長は事業拡大のためにさらなる外国人材の受け入れを検討しています。

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

  • 外国人雇用元年! いま経営者はどう対応すべきなのか?

    外国人労働者の雇用を増やす手段として政府が打ち出した入管法改正は、人材不足解消の一助として経営者には朗報となりました。では、在留外国人を雇用する場合に気をつけなければならないポイントは何でしょうか? 外国人販売スタッフの人材確保において重要となる指標や現在の外国人就労状況などを解説します。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 地域企業を活性化させる「未来の社会課題解決」という新たな視点!

    アスタミューゼ株式会社と、SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社は、47都道府県ごとの地域企業に対し、各地方銀行と連携し、技術職・研究職といった専門人材の雇用支援を行うことで事業成長を促進し、地域の活性化を図る事業連携についての合同記者発表会を9月5日に行いました。社会課題解決に挑戦する独自の技術や事業をもつ多くの地域企業を見出し、採用を支援することで地方の人材不足に貢献するというのが、今回の大きな意義です。

    2019年9月11日

    イベントレポート

  • 空きスペースを貸すだけで月80万円! 拡張し続けるシェア経済

    ここ数年で、空間やモノ、移動、スキル、お金など、さまざまなモノやサービスのシェア経済が活発になっています。2030年度には国内での規模が11兆円を超えると言われており、拡大の一途をたどっています。リノベ物件が月80万円の収益を生みだすなど、空きスペースの貸出ビジネスには今後、副業を含めて大きなビジネスチャンスがあります。

    2019年9月6日

    イベントレポート

  • これからの民泊はどう変わる? 儲かる? 経営目線の疑問に答える!

    一般住宅の一部または全部を旅行者に貸す民泊。日本でもインバウンド増加に伴い注目され、認知率も9割を超えるようになりました。また、2018年には民泊新法の施行や旅館業法の改正で民泊参入へのハードルが下がり、今後のビジネスへの展望が議論される場面が増えています。そんな民泊の疑問や将来性について、Airbnbら業界を代表する面々が経営目線で答えます。

    2019年9月4日

    イベントレポート

  • 「自分らしい家を作る」から「街とどう関わるか」。家をめぐる意識の変化を探る

    ライフスタイルや働き方の変化により地方への移住に関心を持つ人が増えています。そんな移住を考えている人と、移住を受け入れたい地域の自治体や工務店を結びつけるスカウト型マッチングサービスが今、注目されています。

    2019年8月30日

    イベントレポート

  • インバウンド、次の一手は「フードダイバーシティ(食の多様性)」

    訪日外国人の増加とともに顕在化しているのが、ハラル(ハラール)やベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリーなど、個人の宗教や主義、アレルギーなどによる食の禁忌の問題です。この食の禁忌を認める「フードダイバーシティ(食の多様性)」には多くのビジネスチャンスが埋もれています。

    2019年8月15日

    イベントレポート

  • ブームのパン、おいしいというだけで売るのは難しい時代に

    今、パンがブームです。高級食パンに行列ができたり、カフェチェーンがパン専門店を出店したりするだけでなく、各地でパンのイベントも開催されたりしています。パンの人気は衰える様子をみせません。見方を変えれば、目も舌も超えた消費者を満足させるためには、パン・ベーカリー事業者は相応の方法や工夫を考える必要があります。

    2019年8月13日

    イベントレポート

  • 「売る」のではなく「伝える」〜AKOMEYA TOKYO〜

    サザビーリーグが展開する「AKOMEYA TOKYO」。お米などの食品や食器など良質の日本の暮らしを消費者に届けるこのブランドは、実店舗とオンラインショップともに人気を得ています。成功をもたらしたポイントは、商品を「売る」のではなく想いを「伝える」ことにありました。

    2019年8月5日

    イベントレポート

  • お店はメディアだ! “エンターテイメント”としての売り場を創造する

    2015年にリニューアルした銀座伊東屋本店。そこで行なった改革は、従来の「商品を買う店舗」から「過ごせる店舗」へと変化させ、自分の場所や心地よい空間の提供を目指すものでした。ネットがものを買う場所になっている現在、店舗はメディア(伝える場所)となることが必要です。リアル店舗はメディアとしていかにお客様を楽しませることができるかがポイントになります。

    2019年8月2日

    イベントレポート