株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

あの時、あの出会いがなければ、クラウドCTIは生まれなかった

2019年6月14日
株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。
 こんにちは。クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻です。

 私たちが提供しているサービス「おもてなし電話」とは、主にコールセンターで利用されているシステムのCTIを、クラウド型で提供しているものです。

 CTIとは、Computer Telephony Integrationの略で、コンピュータと電話を統合させたサービスという意味です。電話の着信時に発信者の情報(名前や住所、商品の購入履歴など)をパソコン画面に表示させるため、電話の効率化や対応ミスが減ることから、コールセンターでの導入が一気に進みました。

 CTIをクラウド化することにより、パソコンだけでなくiPadやiPhoneでも利用でき、価格もぐっと下げたことで気軽に導入できるようになり、おかげさまで「おもてなし電話」の導入数は1700拠点を越えました。

 このクラウドCTI「おもてなし電話」ですが、多く方に「いつ思いついたのですか?」「何がきっかけですか?」と質問されます。

 今回はそのサービスを思いついた直接的な“きっかけ”ではなく、きっかけにつながることになる“出来事”をお伝えします。

 ちょっとややこしいのですが、どうしてもこの時期に、このことをお伝えしたいと思いまして、この内容にさせてもらいました。

 話は大学卒業後に入社した会社の配属にまでさかのぼります。

 入社した会社はSIerで、第一志望の会社でした。内定をもらった時は飛び上がるほどうれしかったですし、入社前は“一般企業向けの基幹システムを作りたい”という希望で胸を躍らせていたものです。しかし、現実はそう簡単ではなく、配属された部署が希望とは全く違う金融業向けの部署でした。同期入社は120名ほどいましたが、希望通りの部署に配属されなかったのは少なかったと記憶しています。こういうことはさらに続くもので、部署配属後のチーム決定では、希望していた業務チームではなく、何とインフラチームに配属されました。その部署に配属された同期が15名いて、インフラチームに配属されたのはたった1名です。その1名が見事に私ということで、これには大変ショックを受けました。「こんな仕事をやるためにこの会社に入ったのではない!」と、若いながらにして腐りかけていました。今思えば情けなく、恥ずかしいことですが(苦笑)・・・。

 しかし、ここで運命的な出会いがあります。
 それがCTIとの出会いです。

 金融系コールセンターのシステム構築プロジェクトのメンバーに選ばれ、CTI構築の経験ができ、CTIの効果や魅力を知ることができました。システム構築がむちゃくちゃ面白いと感じ、無我夢中で仕事をしていたものです。CTIでビジネスをやろうと思ったのはもっともっと後の出来事ですが、間違いなく、この時にCTIに出会っていなければ、今のサービスを思いつくことはなかったでしょう。

 当時は全く希望していない部署で、希望していないチームへの配属でしたが、そこで出会ったサービスで今では起業し、ビジネスを行っています。面白いですね。しかも、そこで出会った上司や後輩などの仲間にいろいろビジネスのアドバイスや支援をしてもらいました。だからこそ、今の株式会社シンカがあり、今のサービスが世の中でリリースされていることは間違いありません。

 私の前職の船井総合研究所の創業者・船井幸雄は、「天職発想」という言葉を使っていました。「今、自分が所属し、担当している仕事や業務は、まさに自分にとっての天職である。そのように信じて、目の前の仕事を全力で行いなさい」と伝えていました。

 本当にその通りだと思います。

 今まさに新入社員の方は、部署やチームに配属され、数週間がたったところでしょうか。そこでの経験は間違いなく将来の自分に返ってきます。ただし、どのように返ってくるかは、今自分が目の前の仕事にどのような姿勢で取り組んでいるのかで決まります。ぜひ、天職発想で、全力で、楽しんで、仕事に取り組んでもらえたらと思います。

 それがいずれ、起業のきっかけになるかもしれません!

 今回も最後までコラムをご覧いただき、誠にありがとうございました。

★関連リンク

★江尻高宏の連載コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

  • 今どきの新人は電話恐怖症でウツになる!? そして退職!?

    「電話恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか? 電話が鳴ると、緊張して動悸がしたり、ひどいとパニックになったりなど、うまく電話が取れないというものです。この「電話恐怖症」、今どきの新入社員(新人)に増えてきているということをご存知でしょうか?

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

  • 経営者が走る理由

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「走ること」。昨日の東京マラソンに参加、あるいは観戦した方なら、そこに大きな物語があることに気がついたはず。経営者にとって「走ること」とは何か? 意外な心象風景が見えてきます。

  • どこに“期待”をするべきか?

    コミュニケーションの達人、「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。今回は具体的な方法論から少し話題を変え、対人関係における心の有り様について考えます。テーマは「相手への期待」です。

執筆者: 江尻高宏 - 株式会社シンカ代表取締役社長
関西大学大学院工学研究科修了後、株式会社日本総合研究所に入社。金融系の情報システム開発に従事し、広範囲の開発プロジェクトに参画、チームリーダやプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。営業、マーケティング、商品戦略を中心に、中小IT企業向けのコンサルティングに注力。特にクラウドビジネス分野に強く年間約20本の講演を担当。2014年1月に株式会社シンカを設立。「おもてなし電話」をはじめ、クラウドサービスを中心にITを世界に広めることに注力している。

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.3 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。第3回は、起業家が必ず通る道「資金調達」の艱難辛苦(!?)です。

    2019年7月16日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する②

    人口減少等によって増え続ける空き家の問題。内閣府の地方創生戦略では「人口減少を踏まえた既存ストックのマネジメント強化」施策が打ち出されています。水津陽子さんのシリーズ第2回は、この状況下で成果を上げる公的賃貸住宅団地の再生と福祉拠点化にフォーカス、空き家ストックの活用と再生を考えます

    2019年7月8日

    コラム

  • アパレル業界を変えるIT戦略! 熊本発ベンチャー、シタテルが描く「服の未来」【Vol.1】

    アパレル業界は、メーカー、工場ともにテクノロジー化が遅れており、在庫問題や工場稼働の不均衡、手作業による工数の増加など様々なビジネス上の課題を抱えています。そんななか、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする衣服の小ロット生産サービス「sitateru」が注目を浴びています。優れた技術力を持つ縫製工場の「時間・技術・資源」のデータ管理を行い、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする、衣服の小ロット生産サービスです。「sitateru」を提供しているのは、熊本発ベンチャーのシタテル株式会社。アパレル業界の課題をテクノロジーでどう解決するのか? シタテルCTOの和泉信生さんに語っていただきます(全3回シリーズ)。

    2019年6月26日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム