【外国人材特集】人と人とのつきあいから始めよう!

瀬戸内の風光明媚な地域で働く勤勉なベトナムの若者〜有限会社武蔵サービス(広島県/土木建設業)〜

2019年6月13日
社内の活性化のために外国人材を受け入れてきた(有)武蔵サービス。従業員11名のうち3名がベトナム人だといいます。組合(監理会社)から日本での生活慣習やマナーの指導、日本語研修など手厚いサポートを受け、受け入れ後の環境整備もスムーズに行うことができました。現在、槇田社長は事業拡大のためにさらなる外国人材の受け入れを検討しています。
===
社名 有限会社武蔵サービス(広島県)
業種 土木建設業
従業員数 11人
受入外国人実習生 3人(いずれもベトナム)
===

勤勉で親日的なベトナムの若者

(有)武蔵サービスで活躍中のベトナム人スタッフ3名。同じ国からの研修生なのでとても仲が良い!

 広島県内で土木建設業を営む、有限会社武蔵サービス。大型プラントなどを中心とした配管全般を扱い、大手企業とも取り引きを持っています。2018年の西日本豪雨では、工場などの復旧に尽力しました。

 「復興作業に追われたことに加え、かねてからスタッフの増員を考えていたのですが、なかなかいい人材とのマッチングができなかったんです」

 そう語るのは代表取締役社長の槇田丈洋さん。同業他社も同じような状況が続いており、マンパワーがほしいときはお互いに人を融通しあったり、外注に頼ることも多かったそうですが、なかなか根本的な解決とはいきません。

 「それなら、どんどん新しいチャレンジをしてみようじゃないかと。社内の活性化にもつながるかと思って、外国人材の受け入れを決めたんです」

先輩社員から丁寧に技術指導を受ける外国人スタッフ

 やってきたのはベトナム人の技能実習生でした。22歳と24歳の男性ふたり。若さに不安もありましたが、日本語は達者でコミュニケーションには事欠きません。実習生はまず、ベトナム側の学校で日本語や日本社会について学んでから来日するのです。言葉がわかることに加えて、明るく親日的でした。彼らはまだ不慣れながらも、会社で用意した寮に入って、日本の暮らしをスタートさせます。

 「それでも、文化や習慣などがだいぶ違うかもしれない。そこは気を使いました。なにか必要なものがないか、してほしいことがあれば遠慮なく言ってほしいと伝えたんですが」

 ふたりのベトナム人から返ってきた答えは、

 「『もっと大きなフライパンがありませんか』と(笑)」

 どうも故郷の料理をつくるには、本格的な調理器具が必要だったようです。要望といえばそのくらいのもので、すぐに日本にも馴染んでいきました。その陰には、組合のバックアップもありました。

 「日本に来てから、改めて日本語の勉強や習慣、マナーについてなど組合のほうで研修があるんです。日本独特のごみの捨て方や、夜間あまり騒がないことなど、生活についてのアドバイスまで行ってくれるので助かりました」

一人前に難しい作業をこなす外国人スタッフ

日本人より日本人らしいかもしれない

 働きぶりはとにかくまじめ。仕事や同僚にも慣れ、社内にも明るさをもたらしてくれたと言います。任せている仕事も日本人スタッフとすべて同じです。外国人だから特に気をつけて指導したことといえば、

 「とにかく安全に気をつけて作業してほしいと。万が一けがをしてしまったら働けなくなってしまうよ、と。うちも貴重な人材をけがさせるわけにはいきません、だから安全面は徹底して注意しました」

 素直な国民性で若いからか、仕事の飲み込みも早く、すぐに会社にとって欠かせない戦力に育っていきます。日本の生活にも順応しました。

 「一緒に食事に行っても、こちらに気を使ったり、礼儀作法がしっかりしていたり。日本人より日本人らしいかもしれませんね」 

 そんな彼らを見て、槇田さんはさらにベトナム人実習生の雇用を決めます。二期生は35歳の男性と、一期生よりやや年上ですが、日本の暮らしでは「先輩」であるふたりが、仕事で必要となる専門的な日本語を教えるなど、今度は研修する側となって新人を支えています。

社内の飲み会の様子。外国人スタッフも日本人スタッフも和気藹々で盛り上がります!

やっぱり、来てもらって良かったと槇田社長は感じています

 「はじめは外国人を入れようという発想もなかったんです。でも組合のサポートを受けて、ベトナムから呼んで。いざ対面してつきあってみれば、相手も普通の人間です。仕事を通じて話したり笑ったり、コミュニケーションを取っていけば、お互いに信頼しあえるものです。やっぱり人間対人間なんですよ。そんな関係こそ、中小企業にとって大事なところじゃないでしょうか」

 槇田さんは今後も外国人の雇用を考えています。ベトナムに限らず、ミャンマー人やモンゴル人なども幅広く検討し、事業拡大の助けになってくれることを期待しています。
(有)武蔵サービスをサポートする監理会社

「外国人実習生を受け入れたいと相談を受けてから実際に働きだすまで、およそ半年でしょうか」と語るのは広島広域事業協同組合の中村さん。ベトナム、中国、ミャンマー側の送り出し機関と連携し、共同食品工業(株)、(有)武蔵サービスをはじめ外国人材の受け入れを考えている広島県内の中小企業との間を取り持っています。 実習生たちが来日してからは、生活習慣の研修を行ない、また警察署での交通安全講習、消防署では防災訓練、さらに行政書士による人権問題の講座も受講してもらうのだとか。研修生を受け入れるほう、研修するほうどちらも働きやすいように配慮しています。 組合の中でも、外国人たちの生活サポートをするために、ミャンマー人、中国人のスタッフを雇用しています。 「なにか困ったことがあれば、職場まで出向いて通訳やフォローをします。特に寄せられるのは工場などの現場での安全管理でしょうか。とにかく無事に働いてほしいのですが、そのために必要な、専門的な日本語や注意事項を教えることが多いですね」 。外国人を雇うことに不安を感じる企業もあります。そんなとき中村さんは、「まず一度、現地を見てみませんか」と声をかけています。 「現地の送り出し機関が運営する学校を視察するのです。実習生の候補たちが、どんな場所でどう学んでいるのか。そこで実際に面接をして、人柄や雰囲気でまず採用を決めてから、日本語の勉強をはじめます。3か月の授業が終わったらビザなどの手続きを行い、日本での研修を経て配属という流れになります」。 それまで半年はかかります。外国人材を検討している企業は、組合に視察の相談をしてみてはどうでしょうか。

取材/執筆:室橋裕和
監修:一般社団法人 国際連携推進協会(PIRA)

注)一般社団法人 国際連携協会の管理する問合わせフォームに移動します

★外国人材特集 関連記事

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

  • 外国人雇用元年! いま経営者はどう対応すべきなのか?

    外国人労働者の雇用を増やす手段として政府が打ち出した入管法改正は、人材不足解消の一助として経営者には朗報となりました。では、在留外国人を雇用する場合に気をつけなければならないポイントは何でしょうか? 外国人販売スタッフの人材確保において重要となる指標や現在の外国人就労状況などを解説します。

  • 教育と人材で「介護」の未来を変える! 前例なきビジネスモデルの革新者 

    超高齢社会を迎える日本。その中で「介護」の重要性は増すばかりですが、そこに携わる人材が不足していることは、皆さんもご存じの通りです。その危機的状況を打破するべく、介護業界の未来を担う人材の育成、引いては業界全体における労働環境の健全化に取り組んでいる会社があります。2008年創業の「株式会社ガネット」が運営する「日本総合福祉アカデミー」は、これまでにはない「分校」というビジネスモデルで急速にその展開数を拡大し、いま注目を集めています。

執筆者: 室橋 裕和 - 監修:一般社団法人 国際連携推進協会(PIRA)
外国人材の受入・監理業務に関して、豊富な経験と業務知識を有する全国約60の管理団体で構成される一般社団法人。さまざまな業種の事業社の外国人材採用に関するご相談はもちろんのこと、外国人材を受入れた後に必要な生活環境整備(通信、送金、住宅、日本語学研修・・・)など様々なサービスを提供しています

インタビュー新着記事

  • 「アメリカ料理」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?(後編)

    アメリカの食文化を伝えるレストランイベント「TASTE OF AMERICA」(テイスト・オブ・アメリカ/TOA)。アメリカの食文化とは何か? さらにはその背景にある歴史とは何か? にまで広がるユニークな催しです。前編に引き続き、アメリカ大使館農産物貿易事務所(ATO)の青木純夫(Sumio Thomas Aoki)さんにアメリカの食文化や背後にある歴史、そして最新の食やレストランのトレンドについて紹介してもらいます。

    2019年10月10日

    インタビュー

  • 「アメリカ料理」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?(前編)

    アメリカの食文化を伝えるレストランイベント「TASTE OF AMERICA」(テイスト・オブ・アメリカ/TOA)をご存知でしょうか? アメリカ発の料理や食材はたくさん日本に入ってきていますが、そこに「アメリカ」という意識を持つことはあまり多くないかもしれません。TOAはそんな状況に変化を加え、アメリカの食文化とは何か? さらにはその背景にある歴史とは何か? にまで広がるユニークな催しとして2011年に始まりました。

    2019年10月9日

    インタビュー

  • まずは「楽しく遊ぶ」ことから! 市役所のサークルを長く続けるコツ

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「サバニ帆漕レース」。海洋文化や造船・操船技術の保護・継承を目的に、2000年より毎年、大会は開催されてきました。今年は記念すべき第20回という節目の大会。そのサバニ帆漕レースに、那覇市役所の新旧職員たちによるクラブチームとして参加しているのが「NAHA NAVI」です。チームを長く続けられた理由は「よんなー(ゆっくりとした)」とでもいうべき部員同士のコミュニケーションがあったからかもしれません。

    2019年8月26日

    インタビュー

  • キャッシュレス化、チャンスととらえて攻めに転じよう!(後編)

    現金なのか? キャッシュレスなのか?ーー25年までにキャッシュレス決済の比率を4割まで高めることを国が目指すなか、大きな選択を迫られている中小・小規模事業者ですが、キャッシュレス化によって売上げや利益はどう変わっていくのでしょうか? 前編に引き続き、店舗のキャッシュレス決済を支援するサービス「Airペイ」を提供する、株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 ペイメント事業ユニットの塩原一慶さんに話を聞きます。

    2019年8月23日

    インタビュー

  • キャッシュレス化、チャンスととらえて攻めに転じよう!(前編)

    現金を使わない支払いが急速に広がっています。国は25年までにキャッシュレス決済の比率を4割まで高めることを目指していますが、小売店などは決済業者に手数料を払う必要があります。中小・小規模事業者はいま、「現金なのか? キャッシュレスなのか?」という大きな選択を迫られているといっていいでしょう。キャッシュレス化によって売上げや利益はどう変わっていくのか? 店舗のキャッシュレス決済を支援するサービス「Air(エア)ペイ」を提供する、株式会社リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 ペイメント事業ユニットの塩原一慶さんに2回に分けて話を聞きます。

    2019年8月21日

    インタビュー

  • 【外国人材特集】同じ人間同士、まず胸襟を開くことから始まります

    ガイジン、という言い方は日本にしかないと聞きます。そうではなく、外国人を区別することなく普通に接する。胸襟を開いて迎えれば、人間同士そう変わりはないものです。

    2019年7月31日

    インタビュー

  • おもてなし規格認証 2019 最高位「紫認証」取得事業所に聞く 4(後編)~パナソニック株式会社 パナソニックセンター東京~

    「おもてなし規格認証」の最高位「紫認証」取得者インタビューの第4回。前編に引き続き、「パナソニックセンター東京」所長の池之内章さんにお話を聞きます。後編では、ダイバーシティやコミュニケーション、共創を中心に話を聞きます。

    2019年7月26日

    おもてなし規格認証2019

  • おもてなし規格認証 2019 最高位「紫認証」取得事業所に聞く 4(前編)~パナソニック株式会社 パナソニックセンター東京~

    「おもてなし規格認証」の最高位である「紫認証」に、2019年の第一弾として5事業所が認定されました。紫認証にいたった施策や取り組みはどのような内容なのでしょうか? そして生産性向上はどのように実現されたのでしょうか? 表彰を受けた紫認証取得者の皆さんにお話をうかがいます。第4回は「パナソニック株式会社 パナソニックセンター東京」(東京都)を紹介します。

    2019年7月24日

    おもてなし規格認証2019