~社内コミュニケーションの秘訣~不良を優等社員に変えた教育

2016年10月17日
時代を生き抜く強い中小企業とは何でしょう? すばらしい商品やサービスはもちろんですが、そこにいたる会社のなかでの社員どうしのコミュニケーションが、本当はいちばん大切なのかもしれません。仲間と笑い合える中小企業が、今元気です。「小さい」「予算がない」「時間が足りない」といった悪条件を、彼らはどんな発想で乗り越えていったのか? 明るく楽しい会社やリーダーの活動から、解き明かしていきます。第三回は、F1カーのエンジンパーツなどの表面処理を手掛ける「深中メッキ」の深田稔社長です。かつて社員を3度ヘッドハンティングされるほどの優れた社員教育のノウハウを解き明かします。
◆第三回 深田稔さん(52歳)◆
88年に獨協大学 経済学部 経済学科卒。同年4月に明治製菓株式会社に入社する。90年に退職すると、深中メッキ工業株式会社に入社。

深中メッキ 深田稔社長

■あいさつを納得させる、そこから始まる人間関係

――中小の町工場ではなかなか時間が取れずに、社員教育が進んでいない企業もあるようです。その中でも、深中メッキさんでは特に社員教育に力を入れていますね。

深田 私は零細企業ほど社員教育を重視すべきだと考えています。大きな理由は2つあり、ひとつは社員の離職率が高いことです。私は90年代後半に先代から事業を引き継ぎましたが、当時はまだバブルの名残があったので、求人については売り手市場でした。製造業は3Kの最たるものなので、入社した新入社員がすぐに辞めてしまうことも、当時はそう珍しくありませんでした。

 もし辞めた社員がほかの会社に採用されたとして、その態度が悪かったら、「深中メッキはどんな社員教育をしているんだ」といわれるでしょう。こういう話は、すぐに業界に広がります。メッキの技術うんぬんよりも、まず人として育てることが大事だというのが、私の持論です。

 また、もうひとつの理由としては、小さい会社では社員の間の距離が近いことがあります。大企業であればほかの社員と仲が悪くなっても、異動や転勤で離れられます。ですが、社員が9名しかいない深中メッキでは、ここに勤めている限り、社員どうしの関係は続いていくわけです。

――社員の仲の悪さを放置すると、離職率が高まる原因にもなりますね。社員教育の第一歩として、深田さんはまず何に取り組まれたのでしょうか?

深田 やはりいちばん最初はあいさつからでしたが、日常化させるには苦労しました。当時の深中メッキには元は不良だった社員が多かったのですが、彼らは“人の言うことを聞かない”という習慣が染みついています。「なぜ、あいさつをしなければいけないのか」と言うわけですが、そのときは私も“重要だから”という程度の認識しか持っていませんでした。

 あいさつはなぜ重要なのか? 本やネットで調べてみましたが、なかなか明確な答えはありません。ただ、あいさつの効果とは何かと考えると、された相手が良い気持ちになるわけです。一方で、いちばんされて嫌なことは何かと調べると、これは心理学の本に「無視」であると書かれていました。

 つまり、あいさつとは相手の存在を確認し認める行為で、それがうれしさにつながっているわけです。「だから、あいさつをしようじゃないか」と、社員に話をしたところ、そこでようやく全員があいさつという行為を納得できました。後は自然と社内で、あいさつが広まっていきましたね。続いて電話の受け答えなどを、ひとつひとつ教えていきました。

――あいさつや電話の受け答えというのは、社外に向けたコミュニケーションでもあります。一方で、会社への帰属意識を高め、離職率を下げるには、社内でのコミュニケーションも活性化させる必要がありそうです。

深田 あいさつは社内でのコミュニケーションでも有効です。お互いの存在を意識することにつながるわけですから、相手から見える自分のことを考えるきっかけになります。もし、仲が悪くなりそうなことがあっても、一歩引いて相手との今後の関係性を考えられる。これは、自分本位な考え方をやめて、会社全体のことを考えることにもなります。

■1から10までを教えない人材育成

――会社では同僚間だけでなく、上司と部下の関係性も重要です。社員とコミュニケーションを取る上で、深田さんが何か気をつけていることはありますか?

深田 教育という部分では、1から10までを教えないことを意識していますね。仕事において何かを覚えるという行為の多くは苦痛です。だから、言われたことをこなしていても、それは頭に入ってこないし、自ら勉強しようとは思いません。ですが、仕事を任せることで責任が生まれますから、自ら率先して質問をしますし、作業を覚える速度も向上します。

――マニュアルを組んで、1から10までを教える大企業とは真逆のやり方ですね。もし、何かトラブルが起きたときには、企業側の負担も大きそうです。

深田 もちろん危険な作業や、製品に不良が出そうなときには、見守っていた先輩社員が声をかけます。ただ、失敗を経験することは人を大きく育てますから、長期的な目線で利益を考えれば有効です。

 大企業の求人ではいかに優秀で手がかからない人材を採用するかが基準でしょう。ですが、町工場では我々に興味を持った人を、いかに育てるかから始まります。そうなると、ひとりひとりの個性が強いので、マニュアルでは社員が持っているポテンシャルを、うまく引き出せません。そして、それは単に仕事上だけの話でもないわけです。

 あるとき、社員のひとりが結婚式を挙げるときに、親族代表のあいさつも担当することになりました。その下書きは私が書いて、どう話せばいいかも教えたのですが、当日の彼のスピーチを聞いて、彼の両親が涙を流して喜びました。「あの手に負えなかった子が、こんな立派なあいさつをできるようになるなんて」と。その経験が今の彼の自信につながっています。

 本当のリーダーシップとは、社員の力を引き出すことです。何も考えずに頑張れ、仲良くしろと押しつけることではありません。ときどき「うちの社員は馬鹿ばかりだ」などという社長がいますが、それは自分に人材育成の能力がないのだと公言しているようなものでしょう。

かつては明治製菓で営業を担当していたという深田社長。会社を継いだ時に、社員教育の差を痛感したことが、今の会社経営に繋がった

■社内コミュニケーションのための話題を提供する

――社員教育を離れたところでは、ふだん深田さんは社員とどのようなコミュニケーションを取っているのでしょうか?

深田 社内での話題を提供するということですね。朝礼では時事的な話をよくしています。「某企業のフリースの値段が下がっているけど、デフレとして考えると喜んでばかりはいられないぞ」とか。社員が自分で調べてはいないけれど、気になるような話題がいいですね。

――朝礼というと今日の安全確認やスケジュールの話をしているイメージがありますが、それよりもコミュニケーションを大切にしているんですね。

深田 朝礼で仕事の話をしてもおもしろくありません。安全確認などは常日ごろから取り組んでいれば、「今日も安全に注意しろ」とその一言で十分です。社内でのコミュニケーションを活性化させるには、まず共通の話題を提供することが重要です。仲がこじれているような様子が見えたら、「この間、お前に教えてもらったラーメン屋がおいしかったって話していたぞ」なんて、声をかけることもありますね。

 ただ、今の若者にはメールやLINEなどの文字文化が浸透していますから、言葉以外でのコミュニケーションの機会をつくることも大事です。社員には何かあったら、いわゆる目安箱のような形で私に伝えられる仕組みを用意しています。

精密部品や電子部品、医療機器部品などさまざまな部品のメッキを担当。会社前には日に何度も入出荷のトラックが横付けしていく

――最近の若者はコミュニケーション下手で、話すことが苦手だと言われています。言葉には出せなくても、文書であれば伝えられることも多そうです。

深田 この仕組みは元々、深中メッキの離職率が高かったころに、その理由を聞いたことから始まりました。答えを聞いてみると、どれも些細な理由なんですよね。なぜ、それで会社を辞めようと考えたのか、自分に相談してくれなかったのかと思うのですが、今の人はそれが言えません。

 「先輩に煙草を1本盗まれた」という文句を聞くことがありました。でも、先輩にそれを話すのは怖いから我慢する。それらが積もっただけでも、最近の人は会社を辞めてしまいます。だから、彼らが抱えている問題について、ちゃんと会社は理解していると伝えることが大事です。

 ネガティブワードの使用頻度テストも最近始めました。よく、人の批判ばかりをする人物がいますが、いくら注意をしても、そういう人は否定から入るので受け入れようとしません。そんなときには、角度を変えて話を振ることで、「異なった見方があるかもしれない」と思わせる必要があります。テストはネガティブかどうか、社員の性格を調べるためのものですが、同時に社員自身に性格を認識させることにもつながりました。

 社員を育てるためには、社員を知ることが大切です。社員の力を引き出して、会社が一丸となって仕事に取り組める雰囲気をつくることが、社内コミュニケーションの中でもいちばん重要だと考えています。以前は多かった早期離職も、今ではほとんどなくなりました。むしろ、3回もヘッドハンティングにあっているほどです。取引相手がうちの社員の礼儀正しさを評価したのでしょう。逆に、そのことで深中メッキの教育方針に間違いはなかったと、自信につながりましたね。それは今後、社員を増やして、事業規模を拡大していく上で重要なことだと考えています。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

インタビュー新着記事

  • 地方創生、こんなITが欲しかった! 地域経済の好循環をウェブで実現させる会社

    地方創生の切り札と目されるIT。都市部の大企業では、AI、ロボット、IoTが導入され、様々な業務を自動化しつつありますが、地方にはまだその恩恵は行き渡っていません。しかし、3Dプリンタやドローンの登場など、テクノロジーの民主化がその壁を打ち破ろうとしています。それら最新のITをウェブの技術を使って、ローカル・コミュニティーの活性化につなげようとするソフト開発会社があります。東京大学在学中に創業し、今年で11年目を迎えた「株式会社リアルグローブ」です。

    2018年8月10日

    インタビュー

  • 仕事も遊びもどちらも「オン」! 社内クラブ活動が人生を豊かにする

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「第19回サバニ帆漕レース」が、6月23-24日に開催されました。そのサバニ帆漕レースに、会社のクラブチームとして参加しているのがシステム開発の「株式会社アルファ・ウェーブ」です。会社には数多くのクラブがあり、その活動が仕事だけでなく社員の人生そのものにも大きな影響を与えているといいます。

    2018年8月3日

    インタビュー

  • IoTを本気で日本に普及させる! 通信インフラを牽引する異色ベンチャー

    「IoTの時代が到来した」。ここ数年来、この言葉を幾度となく耳にしてきました。しかし騒がれているわりには、日本でIoT製品を目にすることはあまりありません。日本のIoTビジネスがなかなか進展しない理由のひとつが、通信インフラが整っていないことにあります。この状況を変える通信サービスで注目されているベンチャー企業があります。昨年、起業した「センスウェイ株式会社」です。

    2018年7月30日

    インタビュー

  • 健康睡眠が日本の生産性を上げる! 寝具業界を変える高品質適正価格のマットレス

    これまで機能性敷布団やマットレスといえば高額なものが多く、一部の人にしか手の届かない高級品という印象でした。しかし反発性能が高い素材のマットレスの登場によって、その壁が崩されようとしています。そんな活性化する寝具業界にあって、『良い寝具を正しい価格で』をうたい、急速に消費者の支持を集めている企業があります。2011年創業の「ライズTOKYO」です。

    2018年7月23日

    インタビュー

  • マニュアルを革新する! 会社独自のノウハウを「見える化」で組織は進化する

    マニュアルと聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 電化製品やPC関連、あるいは接客のための読みづらい手引書・・・。しかし、そんなマニュアルのイメージを一掃し、新たなビジネスサービスとして提供している会社があります。「2.1」は会社に眠っている独自のノウハウをマニュアルによって可視化〜習慣化させ、業務の効率化や社内コミュニケーションの活性化をサポートすることで注目を集めています。

    2018年7月6日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中!ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【後編】

    縮小する印刷業界にあって、ダイレクトメールに一点集中することで売上げを伸ばしているのが「株式会社 ガリバー」です。後編では、代表取締役の中島真一さんの半生に焦点をあて、何が現在の会社経営につながったかを探ります。

    2018年6月22日

    インタビュー

  • 得意分野に一点集中! ダイレクトメールで奇跡を起こす印刷会社【前編】

    衰退する産業のひとつとしてよく取り上げられる「印刷業」。しかし、業界全体が厳しいなかでも、活路を見つけ、蓄積したノウハウと資産で、印刷の新たな未来を提示する会社があります。横浜にある「株式会社 ガリバー」です。そこには「一点集中」の戦略がありました。

    2018年6月20日

    インタビュー

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

    2018年6月13日

    インタビュー