どうする? どうなる? 令和時代のキャッシュレス!

電子決済普及のカギは「お得感」と「必然性」/リテールテック JAPAN 2019

2019年5月7日
このところ話題の電子決済。日本のキャッシュレス比率は現在20%ほどで世界的には非常に低い割合です。政府は将来的にキャッシュレスの普及率を40%にまで引き上げるという目標を立てていますが、そもそも現金がない世界というのはありえるのでしょうか? 流通・小売・飲食業にとって差し迫った課題である電子決済の今とこれからを、最前線で取り組む4名によるクロストークで分析します。
 キャッシュレス化や無人店舗システム、データを利用したマーケティングなど、流通・小売・飲食業界の経営やビジネスにおいて、最新技術を使ったIT機器の導入は人手不足解決の一手として必ずチェックしておきたい分野です。 

 これらの業界向けの最新IT機器やシステムを扱う企業235社が一堂に会する展示会「リテールテック JAPAN 2019」が2019年3月5日〜8日の期間、東京ビッグサイトにて開催されました。

 今回のリテールテック JAPANでは、流通・小売・飲食業界向けの決済システムやAI、IoTを活用した店舗などが紹介され、4日間の来場者数は12万7000人を超える盛況ぶりでした。

 今回の記事では3月8日に開催されたセミナー「電子決済−Next ③ 小売・サービスから見た新決済サービスへの期待」(モデレータ:加藤総さん/山本国際コンサルタンツ・パネリスト:上山政道さん/イオンリテール株式会社 電子マネー推進本部長、岩崎純さん/株式会社インフキュリオン カード・ウェーブ編集長、西本裕紀さん/Japan Taxi株式会社 マーケティング部 事業開発グループ ビジネスプロデューサー)より、電子決済の現状と将来についてレポートします。

(上左より)株式会社インフキュリオン カード・ウェーブ編集長の岩崎純さん、イオンリテール株式会社 電子マネー推進本部長の上山政道さん(下左より)Japan Taxi株式会社 マーケティング部 事業開発グループ ビジネスプロデューサーの西本裕紀さん、山本国際コンサルタンツの加藤総さん

現金のない世界ははたして来るのか?

 このところ話題の電子決済ですが、日本のキャッシュレス比率は現在20%ほど。世界的には非常に低い割合です。政府は将来的にキャッシュレスの普及率を40%にまで引き上げるという目標を立てていますが、そもそも現金がない世界というのは訪れるのでしょうか?

 山本国際コンサルタンツの加藤さんは「これまで電子決済が使えなかった業界でも導入されるようになってきていますが、おそらく現金が完全になくなるということはないでしょう。ただし現金がなくても生活できる社会は2030年には来るかもしれません」と話します。

 電子決済といえば2018年に登場したPayPayを皮切りに、QR・バーコード決済が盛り上がっています。このことについて、従来のクレジットカードや非接触ICカードのように専用の端末を必要としないため、消費者にとっては決済の選択肢が増えるが、決済の多様化は小売業にとって負担になると加藤さんは見ているそうです。

 電子決済のメリットについてイオンリテール株式会社の上山さんは、自社で提供している電子マネーWAONを例に挙げました。「レジのサービス改善やスピーディー化のために電子マネーのニーズは高まっています。待たせないサービスの提供をできるのがメリットだといえます」と話し、「IC化してもスピードが上がらなければ導入の意味はありません」と強調しました。

日本のキャッシュレス比率は現在20%ほど。政府は将来的にキャッシュレスの普及率を40%にまで引き上げる目標を立てているが、そのカギを握るのは何なのか?

電子決済の普及に必要なのは「お得感」と「必然性」

 増え始めているQRコード決済について、株式会社インフキュリオンの岩崎さんは「今後流行するかと聞かれれば、そうでもないだろうと思っています。スマホ操作など決済までの手数が多くて面倒なんですね。メリットはあるが万能ではない。AlipayやWeChatPayのようにはならないと見ています」とQRコード決済の課題を示しました。

 また電子決済が普及するために必要なものとして、お得感と必然性を挙げた岩崎さん。「特に重要なのが必然性です。必然性とは、例えば時間を節約できるといったことで、これは強力な動機になります。JR東日本のSuicaが普及したのは切符を買うという面倒を省略できる利便性のおかげなのです」と解説しました。

 配車アプリや決済を提供するJapan Taxi株式会社の西本さんは、タクシー業界へのキャッシュレス化を推進していて「新しいサービスを導入することに抵抗のあるケースが多いですね。交通系は手数料が低いのですが、それでも手数料に対する嫌悪感を持っています」との現状認識を示し、「キャッシュレス導入によって、いかに人の手間を少なくできるかを伝える必要があります」と続けました。

電子決済が普及するために必要なものとはお得感と必然性。JR東日本のSuicaが普及したのは切符を買うという面倒を省略できる利便性によるものだという

キャッシュレス化への期待

 続いてのパネリストセッションでも議論が伯仲しました。まずモデレータの加藤さんが「小売サービス事業者目線でのキャッシュレス化の目的や意義」について質問すると、上山さんは「社会の高齢化によってタクシーを利用する人が増えていますが、電子マネーなら釣り銭等のトラブルを減らせます」と話しました。

 岩崎さんは「キャッシュレス化によるコスト削減を期待している人が多いですが、現実的には難しいでしょう。例えばコインパーキングは100%キャッシュレスにすれば、現金回収やセキュリティのコストがなくなりますが、一般小売においてはある程度コストを払いながらメリットを出していく必要があります」と話し、西本さんは「タクシーから現金がなくなれば防犯につながりますし、現金を片付ける手間を別の業務にあてることができます。新しい時間の創出が可能になると思います」と意見を述べました。

 最後に「キャッシュレス化への期待や提言」について加藤さんから質問されると、上山さんは「イオンで買い物をするときにキャッシュレスの方がはるかにお得だと認識してもらうために、さらに魅力的な特典を付加して会員を増やしていきたい」と意気込みを語りました。

 岩崎さんは「国策は掛け声だけでなく、例えば税金を控除するなど具体的なメリットを提示する必要があります」とキャッシュレス推進の提案をし、西本さんは「キャッシュレスを使える裾野を増やすことが必要です。一つの決済方法で複数のサービスが連携すると一気に広まる可能性があるのではないでしょうか」と締めくくりました。

 さまざまなシーンでの利用が可能になり、利便性が高まっているキャッシュレス化ですが、まだまだ普及しているとはいえません。キャッシュレス化普及のためには消費者が使うメリットと、小売業界が導入するメリットが必要です。行政や各企業がそのメリットをどう打ち出していくかが大きなポイントとなりそうです。

流通・小売・飲食業界向けの最新IT機器やシステムを扱う企業が一堂に会する展示会「リテールテック JAPAN 2019」。決済システムやAI、IoTを活用した店舗などが紹介された

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★リテールテック JAPAN

  • 小売・飲食業〜VRやAIが店頭現場の効率化を実現!

    最新技術を使ったIT。人手不足解決の一手として必ず導入したい分野です。「リテールテック JAPAN 2019」では、流通・小売・飲食業界向けの決済システムやAI、IoTを活用した店舗などが紹介されました。今回の記事では、VRやAIを活用したサービスを提供する2社に注目します。

★おすすめ記事

  • 熱海の奇跡! シャッター商店街を人気スポットに変えた戦略

    長らく低迷にあえいできた熱海が復活を遂げ話題となっています。1960年代には年間500万人を超える宿泊客で賑わった一大観光地でしたが、2011年には246万人にまで落ち込みました。しかし、そこからわずか4年、宿泊客数は308万人へ、奇跡とも呼ばれるV字復活を果たしました。その起点の一つとなったシャッター商店街の再生にフォーカス、”熱海の奇跡”を起こした挑戦とその戦略に迫ります。

  • スマホとWiFiでお客様を招き寄せる! O2Oマーケティングの決定版登場

    スマホでの動画視聴の機会が増えるにつれ、通信量の節約となるフリーWiFiの需要が急激に高まっています。その状況を背景に、フリーWiFiを自動で検索/ログインし、全国35万スポット以上でWiFiにつなげるサービス「タウンWiFi」が今、爆発的に数字を伸ばしています。そのメリットは一般ユーザーだけでなく、飲食店やモール、商店街などの中小企業や小規模事業者の誘客ツールとして大きな効果を発揮します。スマホからお店への流れは小売店のマーケティングのあり方を一変する可能性を秘めています。株式会社タウンWiFi CEOの荻田剛大さんに聞きます。

  • 小売業界のIT導入はネットから実店舗へ〜中国AI企業とローソンの事例から見る店舗ビジネスの今後〜

    インターネットの登場以降、ECサイトが先行してきた「ユーザーの利便性向上」や「導線分析」。しかし、ハードウェアやAI技術の発達により、実店舗でもECサイトで培ってきたノウハウを導入できるようになっています。ネットショッピングに顧客を奪われ続けてきた小売業界ですが、実店舗ならではの利便性の向上が、その魅力の再確認につながりそうです。今回の記事では、10月25日に開催された「Japan IT Week」のセミナーの中から、「実店舗におけるIT活用」をテーマに中国と日本におけるAI技術の導入事例についてレポートします。

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 地域企業を活性化させる「未来の社会課題解決」という新たな視点!

    アスタミューゼ株式会社と、SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社は、47都道府県ごとの地域企業に対し、各地方銀行と連携し、技術職・研究職といった専門人材の雇用支援を行うことで事業成長を促進し、地域の活性化を図る事業連携についての合同記者発表会を9月5日に行いました。社会課題解決に挑戦する独自の技術や事業をもつ多くの地域企業を見出し、採用を支援することで地方の人材不足に貢献するというのが、今回の大きな意義です。

    2019年9月11日

    イベントレポート

  • 空きスペースを貸すだけで月80万円! 拡張し続けるシェア経済

    ここ数年で、空間やモノ、移動、スキル、お金など、さまざまなモノやサービスのシェア経済が活発になっています。2030年度には国内での規模が11兆円を超えると言われており、拡大の一途をたどっています。リノベ物件が月80万円の収益を生みだすなど、空きスペースの貸出ビジネスには今後、副業を含めて大きなビジネスチャンスがあります。

    2019年9月6日

    イベントレポート

  • これからの民泊はどう変わる? 儲かる? 経営目線の疑問に答える!

    一般住宅の一部または全部を旅行者に貸す民泊。日本でもインバウンド増加に伴い注目され、認知率も9割を超えるようになりました。また、2018年には民泊新法の施行や旅館業法の改正で民泊参入へのハードルが下がり、今後のビジネスへの展望が議論される場面が増えています。そんな民泊の疑問や将来性について、Airbnbら業界を代表する面々が経営目線で答えます。

    2019年9月4日

    イベントレポート

  • 「自分らしい家を作る」から「街とどう関わるか」。家をめぐる意識の変化を探る

    ライフスタイルや働き方の変化により地方への移住に関心を持つ人が増えています。そんな移住を考えている人と、移住を受け入れたい地域の自治体や工務店を結びつけるスカウト型マッチングサービスが今、注目されています。

    2019年8月30日

    イベントレポート

  • インバウンド、次の一手は「フードダイバーシティ(食の多様性)」

    訪日外国人の増加とともに顕在化しているのが、ハラル(ハラール)やベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリーなど、個人の宗教や主義、アレルギーなどによる食の禁忌の問題です。この食の禁忌を認める「フードダイバーシティ(食の多様性)」には多くのビジネスチャンスが埋もれています。

    2019年8月15日

    イベントレポート

  • ブームのパン、おいしいというだけで売るのは難しい時代に

    今、パンがブームです。高級食パンに行列ができたり、カフェチェーンがパン専門店を出店したりするだけでなく、各地でパンのイベントも開催されたりしています。パンの人気は衰える様子をみせません。見方を変えれば、目も舌も超えた消費者を満足させるためには、パン・ベーカリー事業者は相応の方法や工夫を考える必要があります。

    2019年8月13日

    イベントレポート

  • 「売る」のではなく「伝える」〜AKOMEYA TOKYO〜

    サザビーリーグが展開する「AKOMEYA TOKYO」。お米などの食品や食器など良質の日本の暮らしを消費者に届けるこのブランドは、実店舗とオンラインショップともに人気を得ています。成功をもたらしたポイントは、商品を「売る」のではなく想いを「伝える」ことにありました。

    2019年8月5日

    イベントレポート

  • お店はメディアだ! “エンターテイメント”としての売り場を創造する

    2015年にリニューアルした銀座伊東屋本店。そこで行なった改革は、従来の「商品を買う店舗」から「過ごせる店舗」へと変化させ、自分の場所や心地よい空間の提供を目指すものでした。ネットがものを買う場所になっている現在、店舗はメディア(伝える場所)となることが必要です。リアル店舗はメディアとしていかにお客様を楽しませることができるかがポイントになります。

    2019年8月2日

    イベントレポート