小売・飲食業〜VRやAIが店頭現場の効率化を実現!

VRを使った店舗オペレーション教育、パン屋専用POSレジ/リテールテック JAPAN 2019

2019年4月24日
最新技術を使ったIT。人手不足解決の一手として必ず導入したい分野です。「リテールテック JAPAN 2019」では、流通・小売・飲食業界向けの決済システムやAI、IoTを活用した店舗などが紹介されました。今回の記事では、VRやAIを活用したサービスを提供する2社に注目します。
 キャッシュレス化や無人店舗システム、データを利用したマーケティングなど、流通・小売・飲食業界の経営やビジネスにおいて、最新技術を使ったIT機器の導入は人手不足解決の一手として必ずチェックしておきたい分野です。 

 これらの業界向けの最新IT機器やシステムを扱う企業235社が一堂に会する展示会「リテールテック JAPAN 2019」が2019年3月5日〜8日の期間、東京ビッグサイトにて開催されました。

 今回のリテールテック JAPANでは、流通・小売・飲食業界向けの決済システムやAI、IoTを活用した店舗などが紹介され、4日間の来場者数は12万7000人を超える盛況ぶりでした。

 今回の記事では数ある特徴的なブースの中から、VRやAIを活用したサービスを提供する2社に注目。IT技術が業界にもたらすメリットについてレポートします。

VRでの人材育成は極めて高い効果を上げる!

株式会社ジョリーグッドのVRを使った教育システム「GuruVR Retailier」。教育を受けるスタッフがVRゴーグルをつけることで店舗オペレーション等を疑似体験できる没入型教育システム

 まず訪れたのは株式会社ジョリーグッドのブース。こちらのブースではVR(仮想現実)を使った教育システム「GuruVR Retailier」を紹介していました。これは教育を受けるスタッフがVRゴーグルをつけることで店舗オペレーション等を疑似体験できる没入型教育システムです。

 VR教育のメリットは現場スタッフの手を止めることなく、一人で学習ができることです。また、隙間時間にバックヤードなどで学習を進めることができるためトレーニング時間を削減できることも特徴的です。さらに、店舗オペレーションだけでなく、災害や犯罪などの不測事態も体験できるのはVRならではと言えるでしょう。

 「GuruVR Retailierは体験学習ツールです。VRは動画に比べ記憶定着率が3倍アップするとも言われており、非常に効果的です。体験によって感情が動くと人は記憶しやすくなるのです。実際に海外では多くの企業がVR教育を導入しており、ケンタッキーフライドチキンやウォルマートでは大きな成果を出しています」(ブース担当者)

パン屋専用のPOSレジは、カメラとAI認識で会計!

株式会社ブレインのパン屋専用のPOSレジ「BakeryScan」。パンを載せたトレイをレジに置くと、レジに設置されたカメラでスキャン、パンの種類と数量が瞬時にレジに入力される

 続いて訪れたのはパンが並べられている株式会社ブレインのブースです。こちらのブースではパン屋専用のPOSレジ「BakeryScan」を紹介していました。

 「BakeryScan」はパンを載せたトレイをレジに置くと、レジに設置されたカメラでスキャンし、パンの種類と数量が瞬時にレジに入力されるというものです。これにより新人スタッフでもパンの種類と価格を覚える必要がなく、即戦力としてレジを担当することができます。

 また、AIが搭載されていることも大きな特徴です。形や色が似ているパンをAIが認識するので、スタッフが正しい情報を入力することで学習が進み、認識精度が上がるとのことです。

 すでにいくつかのパン屋に導入されており、レジ台数を減らしても売上がアップした、短い研修期間でも新人がすぐに戦力になったなどの成果を出しています。

 「BakeryScan導入によってレジ待ちのスピードが30秒ほど短くなるので、回転率が上がって売上アップにつながるケースが多いようです。また、スタッフへの負担が軽減されるので、離職率の低下にもつながっています」(ブース担当者)

 VRやAIなどの新しい技術が一般の企業にも普及し、人手不足解消やコスト削減につながるサービスが登場し始めています。このような新技術をいかにうまく取り入れ、活用することがビジネスを維持拡大するためのポイントとなるのではないでしょうか。

流通・小売・飲食業界向けの最新IT機器やシステムを扱う企業が一堂に会する展示会「リテールテック JAPAN 2019」。決済システムやAI、IoTを活用した店舗などが紹介された

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★おすすめ記事

  • 業務自動化で効率アップと顧客満足を一挙獲得!

    AI技術・製品や、自動化(RPA)、チャットボットなど、複雑な業務や最適化を自動で実行するソリューションが続々と登場しています。Japan IT Weekの特集の第4回は、出展ブースのなかから、入力作業の自動化ツールやWeb接客ツールに焦点を当てて紹介します。

  • 小売業界のIT導入はネットから実店舗へ〜中国AI企業とローソンの事例から見る店舗ビジネスの今後〜

    インターネットの登場以降、ECサイトが先行してきた「ユーザーの利便性向上」や「導線分析」。しかし、ハードウェアやAI技術の発達により、実店舗でもECサイトで培ってきたノウハウを導入できるようになっています。ネットショッピングに顧客を奪われ続けてきた小売業界ですが、実店舗ならではの利便性の向上が、その魅力の再確認につながりそうです。今回の記事では、10月25日に開催された「Japan IT Week」のセミナーの中から、「実店舗におけるIT活用」をテーマに中国と日本におけるAI技術の導入事例についてレポートします。

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

おすすめ便利ツール新着記事