「損して得取れ」のすすめ

2019年4月22日
スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

 4月。日本の会社は3月決算が多く、今月から新年度の会社も多いでしょう。今回のコラムでは、私がこれまでに見てきた数百の中小企業のなかで、スタートアップの企業に注目して話を進めたいと思います。スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのか? 私の経験に基づいて検証します。

 まず一番ダメなタイプの経営者からです。2〜3年ももたない会社に共通していることは・・・

 ・業種は何でもいいから社長をやりたい
 ・お金持ちになりたい(「IPOをして億万長者になりたい!」なんて平気で言う人が多い)

 結果を最初から求めているタイプの経営者は、苦しい状況に耐えられなかったり、コツコツと続けるべき細かな仕事をやりたがらないことが多い。これでは数年で会社が倒産一歩手前に向かってしまいます。

 そもそも起業というのは、「世の中にまだないサービスや商品を、誰もやらないから自分でやってみたい」ということから始まるものです。「今の会社組織では自分の思っていることがやれない」といった状況にある時、自分の思いや実現したい夢を叶えるために共感できる仲間を集め、組織を徐々につくっていくのが本来あるべき姿ではないでしょうか。

 強い思いがあれば、少々の困難は乗り越えられるものです。誰もやってくれない仕事も自分がやるしかないので、それが勉強にもなるし努力にもつながっていくのです。

 次に、コラムの題名「損して得取れ」の意味するところです。好調に成長できている会社が続かなくなる原因で意外と多いのが、外注先や従業員に対してきちんと利益を配当していないことです。そういう会社は中長期の視点で見ると、やがて立ち行かなくなってしまいます。

 外注先や従業員はともにサービスや商品をつくるパートナーです。パートナーが動機付けできていない会社の多くは、事業の継続が困難になっていきます。

 外注先に値下げ圧力をかけたり支払いを渋ることで、一時的には利益も上がり資金繰りの状況もよくなるでしょう。経営状況は表面的には活況を呈します。

 しかし優秀な外注先は、値下げ圧力をかけてくる取引先よりも、定価できちんと自分たちのサービスや商品を評価してくれる取引先の仕事を最優先します。ある程度の利幅があるからこそ取引外の業務も進んでやってくれるのです。

 常に値下げ圧力をかけていると、優秀でない外注先か、利幅の薄い中で仕事をせざるえない余裕のない外注先しか残りません。その結果、自社のサービスや商品のクオリティも下がり、トラブルも多くなっていきます。最終的には外注先とお客様を失い、じり貧になってしまうのです。

 商売はチームプレイでステークフォルダー(様々な利害関係者)との関係性が重要です。成長している会社、継続している会社に共通して言えるのは、そのバランスが優れている点にあります。それが、私が長年、スタートアップの企業と関わってきて見えてきたことです。

★関連リンク

★李 日生の連載

  • 利益を貯めていたら成長はありません! 配る経営へ!!

    李日生さんの連載コラム、新年の一本めは企業経営の核である「ヒト・モノ・カネ」についての提言です。このところよく耳にするのが「内部留保」。儲けたカネは最大限に有効活用しなければなりません。ではどんな対応が好ましいのでしょうか? 内部留保の「ヒト・モノ・カネ」への適切な配分を李さんは勧めます。

  • 企業インフラ、管理インフラの重要性。

    システムやAIを会計に導入するべきか否か? 恐れてばかりでは会社は前進できません。積極的に管理インフラの構築をして、会社全体が慣れていくことをお勧めします。それは時間を有効に使うことにつながり、競争力を高めることにもなっていくはずです。システムやAI導入は、社員一人ひとりが付加価値の高い仕事へのシフトに向かう第一歩になる可能性を秘めています。 

  • 経営は、毎日、毎月、コツコツと。

    経営者が現場で陣頭指揮を取り、肌感覚で対応できるのは成長前の初期段階だけです。会社が成長するにつれ、経営者は日々の数字を確認していくことが求められます。

執筆者: 李 日生 - プレジデントタイム株式会社 代表
慶應義塾大学経済学部卒業後、公認会計士試験合格、監査法人トーマツ国際部に入社・配属。国際企業(商社・通信事業会社・運輸会社等)の連結会計やM&Aを担当、中小企業の経営コンサルティングも数百社経験する。現在はプレジデントタイム株式会社、神宮前アカウンティングファーム株式会社、株式会社H HOLINGS、有限会社ルーベ、神宮前会計を主宰。会計・税務・経営・飲食・不動産等、実際の経営者として代表取締役視点で多岐に及ぶ経験を重ねている(「頭でっかちの机上の空論が大っ嫌い」を自認)。近刊に『忙しい社長を救う経理改革の教科書』(幻冬舎)がある。

コラム新着記事

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

    2019年4月8日

    コラム

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム

  • ドラマ『家売るオンナの逆襲』 シンプルな見せ方で同時代的なテーマを描く快作。

    水曜夜10時から放送されている『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)は、不動産会社を舞台に「私に売れない家はありません」と豪語する女性を主人公としたドラマだ。何より面白いのが、毎話のエピソードにとても同時代的なテーマが込められていること。脚本の大石静は恋愛ドラマの名手として知られるが、今回の作風の根底にあるのは、あらゆる人間の生き方を肯定しようとするダイバーシティ(多様性)だ。

    2019年3月6日

    コラム