「求職者はお客様!」 飲食店の離職率を下げるための面接とは?

人材が定着するかどうかは募集の段階から始まっている/FOODEX JAPAN 2019

2019年4月17日
人手不足が深刻です。中でも飲食業界は人材が定着しにくく、また最も採用が難しい業界と言われています。人材が定着するかどうかは、応募してもらう前段階のお店の対応が鍵を握っています。飲食店の求人への応募者は、まず自分が働こうとしているお店のスタッフやウェブでの対応をよく見ているからです。
 写真に映える料理、インバウンド向けに用意された各地の名産品、さらにはハラルフードまで、いまや飲食は料理を楽しむだけでなく、企業や地域をアピールするコンテンツの一つとして欠かせないものになっています。 

 そんな中、アジア最大級の規模を誇る食品・飲料専門の展示会「FOODEX JAPAN 2019」が2019年3月5日〜8日の期間、幕張メッセにて開催されました。

 4日間の来場者が80000人を超えたFOODEX JAPANでは、世界各国・日本各地の食品や飲料の展示ブースが多数出展されたほか、飲食をテーマにしたセミナーも多数開催されました。

 今回の記事では3月6日に開催されたセミナー「採用難を乗り切るために!~事例で学ぶ効果的な採用手法と従業員教育で定着化へ~」(講師:荒木寿夫さん/クックビズ株式会社 フードカレッジ専任講師)より、従業員の採用が難しいと言われる飲食業界で、採用を効果的に行うためのポイントをレポートします。

クックビズ株式会社 フードカレッジ専任講師の荒木寿夫さん。これまで2000名以上の受講者の研修に携わってきた

求職者は店舗の対応をチェックしている

 人口減少や人件費等の高騰によって、人手不足が深刻です。中でも飲食業界は人材が定着しにくく、また最も採用が難しい業界と言われています。

 そのような状況の中「人材が定着するかどうかは募集の段階から始まっています」と強調するのはクックビズ株式会社の荒木寿夫さんです。クックビズフードカレッジ専任講師として2000名以上の受講者の研修に携わってきた荒木さんは「求人に応募する人は、自分が働こうとしているお店の対応をよく見ています」と話します。

 「まずは自分の店舗で採用活動をしているということをスタッフに周知徹底させることが必要です。また、電話をかけてきた求職者には“笑声”(えごえ)で対応してください。電話でも相手が笑顔かどうかは伝わります。求職者は自分が歓迎されているかすぐに気づきます。このとき電話対応のマニュアルを作っておくとスムーズに対応ができるようになります」

 また、最近ではウェブやメールで求人を行う企業も増えていますが、基本的には迅速な対応をすることが求められます。「求職者は6~7社に応募をしますが、すべての企業に面接を設定しているわけではありません。彼らにとって優先順位が一番高いのは自分が働きたい企業です。しかし、二番・三番はご縁があれば入ってもいいというケースが多いため、いかに速く面接を設定するかがポイントになります」と荒木さんは求職者の心理をもとに説明します。

 なお、面接をドタキャンされる原因のほとんどは「連絡対応が遅い」か「対応が悪い」なのだそうです。ドタキャンされることが多い場合は、対応に問題がなかったか振り返ってみる必要がありそうです。

面接をドタキャンされる原因のほとんどは「連絡対応が遅い」か「対応が悪い」。面接以前にすでに見極められているのだ

面接を受ける応募者はお客様と心得よ!

 無事に面接までこぎつけたとしても、店舗が行う対応はたくさんあります。荒木さんによると、せっかく入社してもすぐに辞めてしまう原因の50%以上が、面接のときに聞いていた内容と仕事内容や待遇が違う「裏切られた感」だそうです。したがって、お互いの認識相違をなくす必要があります。

 「面接時に特に行って欲しいのが店舗案内や見学です。求職者はどんな人が働いているのか、職場の雰囲気はどうなのかという不安を持っています。5分でも良いので職場を案内してください。求職者の不安が払拭され、内定受諾率が高まります」

 また、面接を行う部屋や通路の清掃のほか、身だしなみにも気をつける必要があると荒木さんは話します。飲食業にもかかわらず清潔感が欠けていてはよい印象を与えません。特に爪の長さは現場の人間かどうかに関係なく飲食ではよく見られるので注意が必要です。

 「面接では求職者は上座に座ってもらいます。このときお茶などを出すとポイントが高くなります。最後に数分でもよいので質疑応答を受けることも大切です。その場で不安や疑問を解決しておくことで内定受諾率は高くなります」

 荒木さんは不採用の場合でも必ず連絡を入れることを強調しました。何の連絡もしないと求職者は不安に感じ、面接の対応が悪いという口コミを広められることもあるのだそうです。

 「仮に不採用でも誠実な対応をしていれば、今後もお客様としてお店を使ってくれますし、家族や友人を連れてきてくれることもあります。求職者は未来のお客様だと思って対応してください」

「面接では求職者は上座に座ってもらいます。このときお茶などを出すとポイントが高くなります」(荒木さん)。売り手市場ということを常に念頭に置いておきたい

離職率の低下に必要なのは成長機会

 クックビス株式会社では、人材を定着させるサービスの一環としてスタッフ教育・研修サービスである「フードカレッジ」を提供しています。

 「各企業の社内講習には限界があり、学んだことを現場で活かしきれていないケースが見受けられます。研修は受けて終わりではなく、日々の実践でスキル向上につながるのです。フードカレッジの研修は他の研修と違い、即効性が高いのが特長です」

 一般的な研修会社が行う研修はパッケージ化されたものが多いのですが、フードカレッジでは各企業の業務内容に合わせてカリキュラムを組むのだそうです。社内のやり方と研修の内容が一致しなければ意味がないと荒木さんは話します。

 実際にフードカレッジの研修を受けた企業では、それまで年間5名だった退職者が1名(それもやむを得ない事情が理由で)に減ったそうです。従業員が自分の成長を感じることが離職率を下げるポイントだと言えそうです。

 人手不足が問題となっている飲食業界ですが、求職者に対して誠意をもって向き合っているか、従業員に学びや成長の機会を与えているかなど、企業が見直すべき課題はたくさんあるはずです。この課題を解決することこそが、飲食業界の人材確保に必要なのかもしれません。

2019年3月5日〜8日の期間、幕張メッセにて開催された、アジア最大級の規模を誇る食品・飲料専門の展示会「FOODEX JAPAN 2019」

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★おすすめ記事

  • 今どきの新人は電話恐怖症でウツになる!? そして退職!?

    「電話恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか? 電話が鳴ると、緊張して動悸がしたり、ひどいとパニックになったりなど、うまく電話が取れないというものです。この「電話恐怖症」、今どきの新入社員(新人)に増えてきているということをご存知でしょうか?

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

  • デジタルサイネージやフィンテックで飲食業の課題を解決!

    生産性をあげるためのITツールは予約サービスやPOSレジだけではありません。いま、様々な場面に即したアプリやデバイスが登場しています。今回紹介するのは、年々数を増やしているデジタルサイネージ、そして人手不足解決に役立つ給与即日支払いサービスです。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 消費者の今を知るために。リアルもデータでとらえる「OMO」に移行せよ!

    ECサイトの著しい成長は、オンラインで収集したデータのマーケティング活用を可能にしました。しかし日本での購買活動は90%以上がリアル店舗で行われており、必ずしもオンラインデータだけで生活者行動をつかめるわけではありません。そこで最近マーケティングで注目されているのが「OMO」です。オンラインとオフラインを一体としてデータで捉える考え方です。

    2019年5月22日

    イベントレポート

  • それはもうすぐ! 自動運転がかなえる未来の交通

    話題の自動運転。特に実現化が望まれているのがコミュニティの足となるバスの分野です。深刻な運転手不足により、都市部ですら減便が行われています。そんななか自動運転は人手不足時代の交通インフラを改善する鍵を握っています。

    2019年5月15日

    イベントレポート

  • どうする? どうなる? 令和時代のキャッシュレス!

    このところ話題の電子決済。日本のキャッシュレス比率は現在20%ほどで世界的には非常に低い割合です。政府は将来的にキャッシュレスの普及率を40%にまで引き上げるという目標を立てていますが、そもそも現金がない世界というのはありえるのでしょうか? 流通・小売・飲食業にとって差し迫った課題である電子決済の今とこれからを、最前線で取り組む4名によるクロストークで分析します。

    2019年5月7日

    イベントレポート

  • ニッポンブランドの食品をもっと世界へ! 商品開発、流通からブランディングまで

    先日終えたばかりの日米貿易交渉の初協議。いまやTPPやEPAといったワードが日常で当たり前のように使われるようになってきました。日本の中小企業は海外進出にこれまであまり積極的ではない傾向にありましたが、その壁を一刻も早く打ち破らなければならない状況にあります。今回の記事では日本の食品を海外にいかに広めるかについて、47CLUBやJETROでの施策や実績をもとにその課題解決法をひもといていきます。

    2019年4月19日

    イベントレポート

  • 地域金融機関&取引先が全国・世界につながっていく。Big Advanceがさらなる進化!

    「金融サービス革命で地域を幸せに」をコンセプトに、地域金融機関の取引先企業ネットワークとIT企業の技術を融合し、経営に関わる情報をワンストップで提供するクラウドサービス「Big Advance」。横浜信用金庫が昨年4月に導入した「Yokohama Big Advance」から始まり、約1年で全国の9金融機関が参加、共同運営で広域連携へと広がることになりました。

    2019年4月10日

    イベントレポート

  • なぜあなたの情報発信は訪日外国人に刺さらないのか?

    外国人旅行客を呼び込むためには積極的な情報発信が欠かせません。しかし外国人の心をつかむためには、彼らの求めている情報を適切な形で発信する必要があります。それでは外国人はどのような情報を求めているのでしょうか? 訪日外国人向けウェブマガジン「MATCHA」からのレポートです。

    2019年4月5日

    イベントレポート

  • ベテラン訪日客の増加にどう対応する? キーワードは「軽量化」と「ストレスフリー」

    ラグビーワールドカップはこれからの日本のインバウンドを大きく変えるほどのインパクトを持っています。ラグビーの観戦に訪れる40万人はほとんどが欧米豪州からの訪日客だからです。一方、「訪日旅行者の成熟化」や「中国インバウンドの変調」などによりインバウンド消費が減速していることは大きな懸念材料です。ではいかにしてマイナスをプラスに変えればいいのでしょうか? そのヒントを探ります。

    2019年4月3日

    イベントレポート

  • もっと女性のバス運転手を!/第2回女性バス運転手の会レポート

    慢性的な運転手不足の状況にあるバス業界。人材登用にあたっては女性の活躍が不可欠ですが、バス運転手のうち女性の比率は1%台しかありません。そんな中、バス運転手不足問題の解決と、働き方改革に関する女性採用促進を目的とし、現役女性バス運転手とバス運転手に興味のある女性が語り合うイベント「第2回 女性バス運転手の会」が開催されました。

    2019年4月1日

    イベントレポート