会話における必要な“非効率”

2019年4月8日
デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

 こんにちは。クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻です。

 桜のきれいな季節になりました。桜前線も順調に北上し、東北や北海道に春を告げることになるでしょう。

 今年は寒い日が続いているので、お花見も風邪をひかないように気を付けないといけませんね。桜を見るといつも和の心を思い出します。桜には、日本人に和の心を思い出させてくれる不思議な魅力があるのかもしれません。

 最近、よく聞く言葉として「デジタルトランスフォーメーション」や「デジタルシフト」があります。アナログからデジタルにシフトしていこう、つまりIT化を進めよう、IT化で業務効率化をしようというものです。

 確かにデジタル化が進んだことで、様々なことが便利になりました。
私も多くのデジタル機器やITツールを活用していますが、その中で利用してめちゃくちゃ効率化されたと感じるITツールは、SNSなどのチャットツールでしょう。チャットツールの登場は人とのコミュニケーションを大幅に効率化しただけでなく、とてつもなくスピーディにしました。ちょっとした要件を気軽に伝えられるのがとてもいいです。
 「今連絡しても大丈夫かな?」と相手の状況をあまり考えずに、ひとまず一方的に連絡できます(笑)。
 ちょっとした隙間時間にコミュニケーションができるようにしたというのも素晴らしい。電車を待っているとき、エレベーターの中、信号を待っているときなど、少しの時間でも人と「会話」できるようになりました。電車の中など、電話では話せない場所でもスムーズにコミュニケーションができます。これは本当に素晴らしい。
おかげさまで様々な要件がスピーディに決められるようになりました。

 この点をみると、デジタル化は人の「会話」をとても便利にしたと感じられます。
 一方で、デジタル化は進めば進むほど、確かに効率化は抜群に進むのですが、ちょっと冷たい世界になると感じていします。チャットツールは、要件を決めたり打合せ日時を確定させたりなど、ライトなコミュニケーションをスピーディに決められとても便利です。しかし、人と人のコミュニケーションとしてとらえるとちょっと味気ないところもあります。

 「最近どうですか?」といった近況伺いや相手の“人となり”が分かるような会話は、要件を決める会話の中で一見なくてもいい会話です。しかし、そうした会話があるからこそ、その人とのつながりがより強くなっていきます。
 これは心理学のザイアンスの定理でも言われていることで、「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」とあります。ビジネスは人と人のつながりで進めていくもので、つながりを深めるためには、会話にある程度の“非効率”が必要です。

 例えば、初めて出会えたことの感謝の気持ちを伝えるとしましょう。
今は、お礼の気持ちをメールで送ることがほとんどじゃないでしょうか?ここで、手書きのお礼状を送ったらどうでしょう?もらったほうとしては、メールよりも圧倒的に感動すると思います。効率さでいうと、手紙はとても非効率です。メールなら5分ほどで送信までできてしまうでしょうが、手書きのお礼状となると、はがきを買い、文面を書き、切手を貼り、ポストに投函する。20分~30分ほどかかり、手紙と比べると4、5倍ほどのコストがかかっています。
 でも、もらったほうはやっぱり手書きのほうが嬉しい。
 こういった、人とのつながりの部分では、すべてデジタル化して効率化のみを追い求めるのではなく、必要な“非効率”があると考えています。
 こういった部分が「和の心」じゃないかと考えています。

 靴のネット通販のザッポスはご存知でしょうか? 『ザッポスの奇跡』というベストセラー本が一昔前に流行りましたが、そちらをご覧になられている方も少なくないことでしょう。ザッポスは靴のオンラインショップを経営しています。ネット通販会社です。
 それなのにこの会社のコールセンターの対応は度肝を抜かれるものです。コールセンターでは、購入した商品の問い合わせやクレームの対応を電話で受け付けるのが通常です。ザッポスのコールセンターは違います。購入した商品とは全く関係のない内容までお客様の相談に乗るというものです。子供の進学の相談でももちろん構いません。何でも相談に乗ってくれるのです。これには驚きました。一人のお客様との電話時間の最長は、なんと7時間を超えたとのこと。お客様のことを徹底的に考えた会話の実現だと感じました。コールセンターを効率化だけで考えてしまうと、一人のオペレーターが1日何件の電話を対応したのかという対応数が重要な指標でしょう。しかし、ザッポスの評価は、顧客満足度なのです。
 ザッポスがコールセンターでやっていること、それは会話を通じ、お客様との関係構築を行っていることに他ありません。

 IT化で様々なものが便利になり、効率化されることは望ましいことです。
 しかし、冷たい世界、生きにくい世界になってはいけません。いろんな人とつながり、様々な人に自分の存在を理解してもらい、深い会話ができる世界が人にとって生きやすいのだと思います。
 そのためにも、人と人のコミュニケーションには、必要な“非効率”があるべきだと感じています。

 今回も最後までコラムをご覧いただき、誠にありがとうございました。

★関連リンク

★江尻高宏の連載コラム

  • 経営者が走る理由

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「走ること」。昨日の東京マラソンに参加、あるいは観戦した方なら、そこに大きな物語があることに気がついたはず。経営者にとって「走ること」とは何か? 意外な心象風景が見えてきます。

  • 株式会社シンカが行っている社内の有機的組織の実験

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「社内プロジェクト」。HANJO HANJOのメインテーマのひとつである「社内コミュニケーション」にもつながる取り組みは、会社をどう活性化させたのでしょうか?

  • 2019年、私は必ずこれをやり切ります!

    「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。年明け1本目では、2019年の抱負を語ってくれました。ベンチャーそして中小企業経営者ならではの思い切りのいい目標設定、まさに猪突猛進あるのみです!

  • どこに“期待”をするべきか?

    コミュニケーションの達人、「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。今回は具体的な方法論から少し話題を変え、対人関係における心の有り様について考えます。テーマは「相手への期待」です。

  • 今どきの新人は電話恐怖症でウツになる!? そして退職!?

    「電話恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか? 電話が鳴ると、緊張して動悸がしたり、ひどいとパニックになったりなど、うまく電話が取れないというものです。この「電話恐怖症」、今どきの新入社員(新人)に増えてきているということをご存知でしょうか?

★おすすめ記事

  • 成功するダイレクトマーケティングは「デジタル」と「紙」の併用!

    デジタルだけが時代のすべてではありません。古いと思われている紙メディアが今、見直されています。紙とデジタルを組み合わせたPRや広報が効果を上げています。メディアの枠にとらわれない柔軟なダイレクトマーケティングについて、「CCCマーケティング」の成功事例からひもときます。

  • 仕事も遊びもどちらも「オン」! 社内クラブ活動が人生を豊かにする

    沖縄・座間味〜那覇の慶良間海峡を渡る「第19回サバニ帆漕レース」が、6月23-24日に開催されました。そのサバニ帆漕レースに、会社のクラブチームとして参加しているのがシステム開発の「株式会社アルファ・ウェーブ」です。会社には数多くのクラブがあり、その活動が仕事だけでなく社員の人生そのものにも大きな影響を与えているといいます。

  • 地域に新しい共創を生み出す! 本業との一体型社会貢献を目指すリノベーション会社

    中小企業や小規模事業者にとって「地域」というのは非常に大切な場所です。そこで人と出会い、そこで仕事が生まれるからです。その最新形の「リビングラボ」という方法で成果をあげているリノベーション会社が横浜市にあります。「株式会社太陽住建」は、「本業との一体型社会貢献」を掲げ、地域社会にしっかりと根付くための施策を次々と打ち出してきました。

執筆者: 江尻高宏 - 株式会社シンカ代表取締役社長
関西大学大学院工学研究科修了後、株式会社日本総合研究所に入社。金融系の情報システム開発に従事し、広範囲の開発プロジェクトに参画、チームリーダやプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。営業、マーケティング、商品戦略を中心に、中小IT企業向けのコンサルティングに注力。特にクラウドビジネス分野に強く年間約20本の講演を担当。2014年1月に株式会社シンカを設立。「おもてなし電話」をはじめ、クラウドサービスを中心にITを世界に広めることに注力している。

コラム新着記事

  • 株式会社シンカができるまで Vol.2 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年6月14日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する ①

    令和を迎えた2019年、地方創生は1期5年の最終年となり、国は2期に向け有識者会議を開催、自治体も次期地方総合戦略の策定に動いています。1期は各年1000億円の地方創生関係交付金を投じるなど、財政支援を地方創生版・三本の矢の一つとして多額の予算が次ぎ込まれましたが、果たしてその大盤振る舞いに見合った成果は出ているのか。水津陽子さんの新シリーズでは、地方創生の1期の現状と課題を分析、2期に向け必要なものは何かを探ります。

    2019年5月31日

    コラム

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム