なぜあなたの情報発信は訪日外国人に刺さらないのか?

訪日外国人観光客向けウェブマガジン「MATCHA」が教える3つの鉄則/インバウンドマーケットEXPO2019

2019年4月5日
外国人旅行客を呼び込むためには積極的な情報発信が欠かせません。しかし外国人の心をつかむためには、彼らの求めている情報を適切な形で発信する必要があります。それでは外国人はどのような情報を求めているのでしょうか? 訪日外国人向けウェブマガジン「MATCHA」からのレポートです。
 年々増加を続け、2018年には3119万人を記録した訪日外国人。2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えている今、企業にはこれまで以上にインバウンド対応の姿勢が求められています。

 そんな中、インバウンド市場と地方創生を目的とし、訪日外国人の満足度を高めるための商材・サービスが一堂に会する展示会「インバウンドマーケットEXPO2019」が2019年2月19日〜22日の期間、東京ビッグサイトにて開催されました。

 今回のインバウンドマーケットEXPOには102社149ものブースが出展、また4日間で30000人もの人が訪れる大盛況ぶりでした。

 今回の記事では2月22日に開催されたセミナー「訪日メディアが考える外国人への情報発信」(講師:カオさん/株式会社MATCHA インバウンド戦略部 統括マネージャー)より、訪日外国人はどのような情報を求めているのかについてレポートします。

株式会社MATCHAインバウンド戦略部統括マネージャーのカオさん。MATCHAは日本最大級の訪日観光ウェブマガジン「MATCHA」を運営するほか、企業や自治体のインバウンド対策のパートナーとしてコンテンツ制作を行っている

先入観を捨てた情報発信を心がける

 外国人旅行客を呼び込むためには積極的な情報発信が欠かせません。しかし外国人の心をつかむためには、彼らの求めている情報を適切な形で発信する必要があります。それでは外国人はどのような情報を求めているのでしょうか?

 月間538万PVを超えるウェブマガジン「MATCHA」を運営する株式会社MATCHAのカオさんは、まず外国人のニーズをしっかりと把握することが必要だと話し、会場の聴講者に「お米を買うならどの産地のお米を選びますか?」と質問を投げかけました。

 選択肢は日本産ならどこでも、東京産、魚沼産の3つ。当然のように魚沼産を選ぶ人が9割を超えました。次に「トマト缶を買うならどこを選びますか? 選択肢はイタリアならどこでも、プーリア産、ミラノ産の3つです」という質問をすると、イタリアならどこでもと半数以上の人が答えました。

 「実は質が良く、イタリアで一番消費されているのはプーリア産のトマト缶です。魚沼産のお米と同じだと考えてください。皆さんは魚沼産のお米を選んだのに、プーリア産のトマト缶は選びませんでした。なぜでしょうか? プーリア産のトマト缶の良さを知らないからですよね。外国人にとっても同じことです。魚沼産のお米は何が良いのかが伝わっていません」

 お米といえば魚沼産というのはあくまで日本人の先入観であり、この先入観は外国人も持っています。したがって情報発信においても、まず先入観には注意する必要があるとカオさんは強調します。

「情報発信において、まず先入観に注意する必要がある」とカオさんは語る

日本人の当たり前は外国人の当たり前ではない

 カオさんの質問はさらに続きます。「箱根の定番といえば何でしょうか?」という質問に温泉や芦ノ湖といった回答が会場からあがります。

 「実は外国人には同じ質問をすると温泉というキーワードはほとんど出てきません。芦ノ湖を見て満足、ロープウェイに乗ったら満足という人が多いんです。さらに彼らにとって重要なのは大涌谷の黒たまご。特にアジア圏の人には黒たまごを食べることが必須条件で、温泉に入らずに帰る人もたくさんいます」

 これは箱根イコール温泉という日本人にとって「当たり前」のことが、外国人にとっては「当たり前」ではないということがよく理解できる事例だと言えるでしょう。それではこの「当たり前」というフィルターを外すにはどうすればよいのか、カオさんは次のように説明しました。

 「訪日外国人を、海外旅行をする日本人だと考えてみてください。自分が知らない国に行くときに、どんなところに行きたいか、どんな情報を知りたいかをイメージすることが必要です」

インバウンドを成功させるためには、「日本人にとっての当たり前」というフィルターを外すことが重要

情報は伝えたい人に正しく伝える

 これらのことを踏まえ、ウェブマガジンMATCHAではどのような情報発信をしているのでしょうか。
 
 「10言語を展開しているMATCHAには台湾、タイ、香港から多くのアクセスが集まっています。主な読者層は25〜40代、既存の情報のほか自分で新しい日本を調べたい人や、FIT旅行者が主なターゲットです。日本旅行ビギナーだけでなく、リピーターやベテラン向けのニッチで深いコンテンツも充実しているのが特徴です。日本全国47都道府県の情報を網羅し、季節ごとの特集や記事だけでなく、旅行中のハウツーといった情報を多数用意しています」

 カオさんは事例として徳島県の農泊体験の記事を挙げました。この記事を読んで実際に外国人が体験に訪れたり、口コミで広がりを見せるなど非常に反響があったそうです。日本の農村地帯の生活という、ある種の「当たり前」も外国人にとっては知りたい情報になるとカオさんは強調します。もちろんその背景には丁寧な取材や記事制作といった強いこだわりがあることは言うまでもありません。

 最後にカオさんは「国によって文化背景が違うので、外国人とひとくくりにせずそれぞれのニーズを把握すること。日本人の当たり前は外国人の当たり前ではないこと。発信したい情報を伝えたい人に正しく伝えること。この3点が情報発信のポイントになります」とまとめました。

 日本には魅力ある地域が多数ありますが、そのすべてが正しい形で外国人に伝わっているとは言えません。情報を知らないから体験できない、逆に言えば情報を知っていれば日本を楽しめる外国人はもっと増えると言えます。適格な情報発信こそが、訪日外国人を地域に呼び込むトリガーになるのかもしれません。

インバウンド市場と地方創生を目的とし、訪日外国人の満足度を高めるための商材・サービスが一堂に会する展示会「インバウンドマーケットEXPO2019」。4日間で30000人もの来場者が訪れた

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★インバウンドマーケットEXPO2019 特集

  • ベテラン訪日客の増加にどう対応する? キーワードは「軽量化」と「ストレスフリー」

    ラグビーワールドカップはこれからの日本のインバウンドを大きく変えるほどのインパクトを持っています。ラグビーの観戦に訪れる40万人はほとんどが欧米豪州からの訪日客だからです。一方、「訪日旅行者の成熟化」や「中国インバウンドの変調」などによりインバウンド消費が減速していることは大きな懸念材料です。ではいかにしてマイナスをプラスに変えればいいのでしょうか? そのヒントを探ります。

  • スポーツイベントは大きなチャンス! 訪日欧米豪人を取り込むための秘訣

    今年から2020年にかけ、ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックという大きなスポーツイベントが開催される日本。訪日観光客の消費を促すためには、これらのビッグイベントをスポーツツーリズムへと昇華させたいところです。ここで意識しておくことはリサーチや分析。コト消費がメインである欧米圏の外国人に対してはこれまでのやり方を変えることで効果は上がります。プロモーションの前に情報源の根っこを押さえることが重要なのです。

  • 同じ方法はもう通用しない。 2019年、インバウンドを再定義せよ!

    訪日外国人は2018年に3000万人を超え、一見するとインバウンド産業は順調に伸びているように見えますが、実は様々な課題を抱えています。消費額は足踏み状態であり、一人あたりの旅行消費額はマイナスになっています。訪日外国人が訪れるのは東京や京都、北海道など特定地域に片寄っており、地方への分散には至っていません。2020という目標を前に、インバウンドビジネスは意識のアップデートを迫られています。

  • 外国人雇用元年! いま経営者はどう対応すべきなのか?

    外国人労働者の雇用を増やす手段として政府が打ち出した入管法改正は、人材不足解消の一助として経営者には朗報となりました。では、在留外国人を雇用する場合に気をつけなければならないポイントは何でしょうか? 外国人販売スタッフの人材確保において重要となる指標や現在の外国人就労状況などを解説します。

  • 『YOUは何しに日本へ?』プロデューサーが見た、外国人が日本に来る理由とは?

    インバウンドを象徴する現象のひとつに、メディアにおける番組の増加が挙げられます。その先駆けとなったのが『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系列)です。番組開始から6年、密着取材から受ける印象では、訪日客の状況に変化が生まれているようです。それは「“日本二周目”の人たちが増えた」点にあると、番組担当プロデューサーは話します。

  • 進化し続ける多言語サービス! 訪日外国人とのコミュニケーション解決ツール

    インバウンドツーリズム元年と言われたのが2015年。当時約2000万人だった訪日外国人旅行者数はいまや3119万人。訪日客が日本に求めるものの質や内容も変化しています。かつてはWifiなどハード面での不満が数多くありましたが、現在では言語面、コミュニケーションなどソフト面での不満へシフトしています。インバウンド対応で必須の多言語ツール、その最新形サービスを2つ紹介します。

★おすすめ記事

  • 「せとうちDMO」から考える、地方のインバウンド・マーケティング最前線!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はそのなかから地方へのインバウンド事例「せとうちDMO」から成功への道筋を明らかにしていきます。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

  • もうインバウンド集客で悩まない!【第1回】

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

  • <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

    シリーズ「十年で6割超の市場を失った陶磁器産業」。Vol.2ではその復活のシナリオを描きます。輸出やインバウンドという千載一遇の好機を目の前にしながら、傍観する姿が目立つ産地や事業者。そこに踏み出せない理由とその突破口は?

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • インバウンド、次の一手は「フードダイバーシティ(食の多様性)」

    訪日外国人の増加とともに顕在化しているのが、ハラル(ハラール)やベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリーなど、個人の宗教や主義、アレルギーなどによる食の禁忌の問題です。この食の禁忌を認める「フードダイバーシティ(食の多様性)」には多くのビジネスチャンスが埋もれています。

    2019年8月15日

    イベントレポート

  • ブームのパン、おいしいというだけで売るのは難しい時代に

    今、パンがブームです。高級食パンに行列ができたり、カフェチェーンがパン専門店を出店したりするだけでなく、各地でパンのイベントも開催されたりしています。パンの人気は衰える様子をみせません。見方を変えれば、目も舌も超えた消費者を満足させるためには、パン・ベーカリー事業者は相応の方法や工夫を考える必要があります。

    2019年8月13日

    イベントレポート

  • 「売る」のではなく「伝える」〜AKOMEYA TOKYO〜

    サザビーリーグが展開する「AKOMEYA TOKYO」。お米などの食品や食器など良質の日本の暮らしを消費者に届けるこのブランドは、実店舗とオンラインショップともに人気を得ています。成功をもたらしたポイントは、商品を「売る」のではなく想いを「伝える」ことにありました。

    2019年8月5日

    イベントレポート

  • お店はメディアだ! “エンターテイメント”としての売り場を創造する

    2015年にリニューアルした銀座伊東屋本店。そこで行なった改革は、従来の「商品を買う店舗」から「過ごせる店舗」へと変化させ、自分の場所や心地よい空間の提供を目指すものでした。ネットがものを買う場所になっている現在、店舗はメディア(伝える場所)となることが必要です。リアル店舗はメディアとしていかにお客様を楽しませることができるかがポイントになります。

    2019年8月2日

    イベントレポート

  • ワークライフバランスの第一歩は、自分の成長と人を活かすこと!

    「働き方改革」「ワークライフバランス」という言葉が広まってずいぶんと経ちますが、育休などのあり方についてはまだ十分な対策がなされているとは言えません。佐々木常夫さんは、自閉症の長男と肝臓病とうつ病で43回の入院と3回の自殺未遂を起こした妻の世話をしながら、株式会社東レの取締役に同期トップで就任した経歴の持ち主で、現在は書籍の執筆や講演などにも活躍しています。ハードな仕事をこなしつつも、家族との時間を確保できたワークライフバランスの秘訣とは一体どのようなものだったのでしょうか?

    2019年7月22日

    イベントレポート

  • RPAしくじり先生が語る、RPA導入と働き方改革の関係とは?

    各企業がこぞって導入を検討しているRPA。働き方改革を進める一手として注目されています。しかし、一般の社員は経営陣ほど変化を求めておらず、新しいことはやりたくないのでそれほど興味がありません。「気づいたらRPAを使っている状態に持っていくことが重要です」と「RPAしくじり先生」の進藤圭さんは話します。

    2019年7月12日

    イベントレポート

  • メルカリ流、世界で勝つためのグローバル人材確保術!

    スマートフォン1台で身の回りの中古品を簡単に売買することができるフリマアプリ『メルカリ』、グローバルな競争に生き残るためにテックカンパニーとしての取り組みを積極的に行っています。その差別化に必要なのが外国人人材。インドや東欧にも足を運び、優秀な学生を採用しています。彼らを会社に定着させるためにどんな方法を行っているのでしょうか?

    2019年7月10日

    イベントレポート

  • 外国人の「採用」と「定着」は別問題。 長く働いてもらうために今するべきことは?

    2019年4月には入管法が改正され、新たに特定技能が設けられました。在留資格の緩和により、今後も外国人労働者が大幅に増えることが見込まれます。どの企業でも外国人の採用の門戸は広がるはずです。ただし、定着するかは別問題です。

    2019年6月28日

    イベントレポート