中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

2019年3月18日
「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

3月18日付「日経新聞」の広告より

 「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内(https://www.women-leaders.net)にて今日からはじまります。

 そのタイトルは「中間管理職劇場 〇〇の女」。ドラマチックな言葉が並び、胸に刺さります。「〇〇」に入るのは登場する20社の業種や業態です。例えば「廃棄ごぼうの女」では、青森県でごぼう茶の製造・販売を行う「株式会社Glowth」で活躍する女性管理職が登場、取り組んでいるコミュニティフェアトレードや地域課題の解決を語ります。そのほかには「運ぶ女」(神奈川県「株式会社大松運輸」)、「ランドリーの女」(茨城県「株式会社ユーゴー」)など、タイトルからも彼女たちがいきいきと働く姿が目に浮かんできます。

 「劇場」には、これまでHANJO HANJOが紹介してきた企業も多数登場。東京都・化学工業薬品製造・販売の「株式会社島田商店」、東京都・家賃債務保証事業の「株式会社Casa」、神奈川県・印刷業の「株式会社ガリバー」、東京都・野球用具メーカーの「株式会社ハイゴールド」・・・。取材時の社内の雰囲気の良さはいまでも思い出すことができます。

 求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」が生まれた背景には、人手不足や採用難という厳しい環境があります。HANJO HANJOがこれまでに伝えてきたように、特に中堅・中小企業では人材確保は待ったなしです。求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はまさにその状況への回答と言える取り組みではないでしょうか。

 日本の女性管理職の登用は世界的に見ても低く、その伸長が望まれています。グローバルビジネスという点において、ダイバーシティに取り組まない企業はスタートラインにたてないだけでなく、女性の意見を取り入れないと、商品・サービス開発といった具体的な活動においても利益をもたらさないからです。

 「女性がいきいきと働く」職場は、当然男性にとっても実力を発揮しやすい職場でもあります。それは最終的に「働く男女が輝く会社」につながります。3月8日は、国連が定めた「国際女性デー」でした。それから10日後の今日・3月18日に、「中間管理職劇場 〇〇の女」が登場するのは奇遇ながら一連の流れのようにも見えます。次世代の若い人たちにとって「希望」と感じられるに違いない中堅・中小企業の女性中間管理職の活躍。今回の求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」をまずご覧いただき、HANJO HANJO読者の皆様にもぜひこのムーブメントに参加して欲しいと願っています。

★関連リンク

★おすすめ記事

  • ~社内コミュニケーションの秘訣~社歌はジョニー・B・グッド!

    時代を生き抜く強い中小企業とは何でしょう? 素晴らしい商品やサービスはもちろんですが、そこにいたる会社のなかでの社員同士のコミュニケーションが、本当は一番大切なのかもしれません。仲間と笑い合える中小企業が、今元気です。「小さい」「予算がない」「時間が足りない」といった悪条件を、彼らはどんな発想で乗り越えていったのか? 明るく楽しい会社やリーダーの活動から、解き明かしていきます。第二回は、中小企業の聖地、東京・墨田区の「島田商店」の嶋田淳社長です。第一回で登場したエサキヨシノリさんとの「社歌ライブ」を通して社内がどう変わっていったのか? その秘訣に迫ります。

  • ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

    激流のなかにある日本の中小企業。社長の仕事も様変わりを見せています。けれど社長は社長。重要なのはいかにリスクを負って、状況を変えていくかです。自社の意志でビジネスをおこす。アイディアの自由を守る。その姿勢が世の中を変えていきます。そんな社長の仕事に光を当てつつ、そのユニークな個性に迫ります! 第一回に登場願ったのは、家賃の保証や決済、賃貸保証などを中核事業として展開する「株式会社Casa」の宮地正剛さん。ロングトークをシリーズでお届けします。

  • カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

    カリスマと呼ばれる社長には、影に陽に支える奥様がいます。経営が苦しい時期の相談相手として、社員や取引先とのコミュニケーターとして、表舞台に登場することがなくても、いい会社にはいい社長夫人がいます。そんな素敵な奥様に、話を聞いてみたいと思いませんか? 笑いあり涙あり、思わず身を乗り出したくなるような意外なストーリーを紹介します。連載の第一回はケミカル溶剤の製造や販売を手がける島田商店(東京都墨田区)の代表取締役社長、嶋田淳さんの奥様、嶋田奈生子さんです。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

コラム新着記事

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

    2019年4月8日

    コラム

  • ドラマ『家売るオンナの逆襲』 シンプルな見せ方で同時代的なテーマを描く快作。

    水曜夜10時から放送されている『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)は、不動産会社を舞台に「私に売れない家はありません」と豪語する女性を主人公としたドラマだ。何より面白いのが、毎話のエピソードにとても同時代的なテーマが込められていること。脚本の大石静は恋愛ドラマの名手として知られるが、今回の作風の根底にあるのは、あらゆる人間の生き方を肯定しようとするダイバーシティ(多様性)だ。

    2019年3月6日

    コラム

  • 経営者が走る理由

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「走ること」。昨日の東京マラソンに参加、あるいは観戦した方なら、そこに大きな物語があることに気がついたはず。経営者にとって「走ること」とは何か? 意外な心象風景が見えてきます。

    2019年3月4日

    コラム

  • 貸切バス業界は「安全の可視化」を!

    今年の2月以降、国内で製造される大型高速バス、貸切バスにはすべてEDSS(ドライバー異常時対応システム)が搭載されることになりました。「非常ブレーキ」と言える装置です。相次いだ事故を受け国がガイドラインを制定し、各メーカーが開発を進めたものです。しかし、搭載したものの、乗客でそれを知っている人はあまりいません。貸切バス業界は乗客にEDSSについて積極的に説明することが求められています。

    2019年3月1日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑦『演技と演出のレッスン 魅力的な俳優になるために』

    「芝居がかっている」「演技が上手い」というと、ビジネスでは0点の評価です。というより、日常コミュニケーションの場でも、大概はだめな方です。しかしなお、「ビジネスも俳優じみていこう! 意識的にそういこう!」というのが今回のすすめです。俳優という生産性のまるでなさげな、ビジネスの対極にいるような人の真似をしてみましょう、という話をします。

    2019年2月25日

    コラム

  • 株式会社シンカが行っている社内の有機的組織の実験

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「社内プロジェクト」。HANJO HANJOのメインテーマのひとつである「社内コミュニケーション」にもつながる取り組みは、会社をどう活性化させたのでしょうか?

    2019年2月6日

    コラム

  • TVドラマ『ハケン占い師アタル』 現代において「働くことの意味」を燻り出す問題作!

    木曜夜9時から放送されている『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)は、会社が舞台の連続ドラマだ。毎回、一人ひとりの社員の悩む姿が描かれるが、占いの能力を持ち人の心の奥底を見ることができるアタルと出会うことで変化していく。脚本の遊川和彦は『女王の教室』や『家政婦のミタ』などを手がける人気作家。今回、会社を描くことで何を見せてくれるのか?

    2019年1月31日

    コラム