『YOUは何しに日本へ?』プロデューサーが見た、外国人が日本に来る理由とは?

“日本二周目”。日本人顔負けの知識を持つ訪日外国人が増えている/インバウンドマーケットEXPO2019

2019年3月11日
インバウンドを象徴する現象のひとつに、メディアにおける番組の増加が挙げられます。その先駆けとなったのが『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系列)です。番組開始から6年、密着取材から受ける印象では、訪日客の状況に変化が生まれているようです。それは「“日本二周目”の人たちが増えた」点にあると、番組担当プロデューサーは話します。
 年々増加を続け、2018年には3119万人を記録した訪日外国人。2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えている今、企業にはこれまで以上にインバウンド対応の姿勢が求められています。

 そんな中、インバウンド市場と地方創生を目的とし、訪日外国人の満足度を高めるための商材・サービスが一堂に会する展示会「インバウンドマーケットEXPO2019」が2019年2月19日〜22日の期間、東京ビッグサイトにて開催されました。

 今回のインバウンドマーケットEXPOには102社149ものブースが出展、また4日間で30000人もの来場者が訪れる大盛況ぶりでした。

 今回の記事では2月21日に開催されたセミナー「「YOUは何しに日本へ?」制作チームが語る! この数年でニーズが変わった? リアルなインタビューだからこそわかること」(講師:太田勇さん/株式会社テレビ東京 制作局)より、最新の訪日外国人事情についてレポートします。

『YOUは何しに日本へ?』担当プロデューサーの太田勇さん(株式会社テレビ東京 制作局)。「番組開始から6年。『日本二周目』の人たちが増えた印象があります」

番組開始から6年、外国人が日本を訪れる目的は変わったのか?

 日本を訪れる外国人(YOU)に片っ端から来日目的を聞き、面白そうな理由であれば密着して取材するテレビ番組『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系列)。

 その番組プロデューサーである太田勇さんは「番組開始から6年経ちましたが、YOUたちが日本に来る目的は大きく変わっていません」と話します。

 太田さんによると外国人が日本を訪れる目的は大きく分けて4つ。まずはお遍路や祭、忍術といった「日本文化」、2つ目はアイドルやコスプレ、ゲームなどの「クールジャパン」、3つ目はご当地グルメやラーメンなどの「グルメ」、そして温泉や花見などの「旅」が主な理由です。

 「訪日目的そのものは変わっていないのですが、『日本二周目』の人たちが増えたという印象があります」と話す太田さん。例えば6年前は「築地でお寿司を食べたい」と言っていた外国人が、今ではB級グルメを含めさまざまな日本食に興味を示したり、具体的な店の名前を出す人が増えたといいます。

 「以前は単に日本の居酒屋に行ってみたいという人が、「ざうお」(お店のいけすで釣った魚を食べられるのが特徴の居酒屋)に行きたいと言ったり、下北沢の『カレーフェスティバル』に参加したいというYOUや、大阪『美津の』に行きたいなど、具体的な店名が出るようになったり、しゃぶしゃぶ食べ放題をしたい、タコさんウインナーを食べたい、おにぎり専門店を巡りたい、というようなより詳しい日本の食文化が目的になっています。『日本一周目』が昔からあるスシ、テンプラ、スキヤキだとすると、『二周目』はラーメンやお好み焼きなどのB級グルメだったり、具体的な店名を知っている人たちのことです。そういう人たちが増えている実感はあります」

日本人顔負けの日本に対する知識

「最近のYOUは全体的に日本についての知識が深くなっています。中には日本人でも知らないようなことを知っているYOUもいます」(太田さん)

 太田さんによると『日本二周目』は食文化にとどまらないようです。

 「例えば6年前は日本の着物に興味があるというレベルでしたが、今では着物の買い付けや成人式の振袖を研究するために日本を訪れるというYOUもいます」

 その他、俳優志望のYOUが「海外にはない動きを学ぶため能を習いたい」と来たり、「日本語の『本音と建前』という考え方が面白いから学びたい」「日本人は親切と聞いたので、ヒッチハイクをしてそれを確かめたい」「富士山で霊的なものを感じたい」といった日本独自の文化や風習についても知識が深い訪日外国人が増えていると太田さんは話します。

 中でも「石場建てを習って庭に茶室を作りたい」という外国人に太田さんは驚いたと言います。石場建てとは日本の伝統構法で、礎石の上に柱を載せるだけの構法ですが、これは日本人でも知らない人が多いのではないでしょうか?

 「最近のYOUは全体的に日本についての知識が深くなっています。中には日本人でも知らないようなことを知っているYOUもいます」

 さらに最近の訪日外国人は日本文化だけでなく、日本のインフラが充実していることについても詳しくなっていると太田さんは話します。

 「訪日外国人が使うことができるJEP(Japan Expressway Pass)というものがあります。これは7日間2万円で高速道路が乗り放題になるパスです。JRのジャパンレールパスは知っている人も多いと思いますが、JEPを知っている人は少ないのではないでしょうか。このように実は日本人の気づかないところで外国人に対するインフラが整っていて、YOUたちはそれを知って日本に来ているんです」

すでに日本にあるものが外国人には受ける

「YOU目線で拡散されそうなのは日本独自のもの、すでに日本にあるものではないかと思います」(太田さん)

 それでは今後増加する外国人観光客をビジネスに取り込むにはどうしたらよいのでしょうか?

 太田さんは「番組開始当初はいませんでしたが、ここ最近増えているのがYouTuberで、ほぼ毎週のように出くわしています。YouTubeに限らず、SNSで発信できるものというのは拡散しやすい傾向にあります」と話し、「特にYOU目線で拡散されそうなのは日本独自のもの、すでに日本にあるものではないかと思います」と続けました。

 番組では「日本でのYOUの思い出の一枚は?」という、帰国前に日本でのベストショットを見せてもらうコーナーがあります。太田さんはその中でも「高速道路の防音壁(YOUの住む街では車の騒音が問題になっているので)」「ガソリンスタンドの天井から下がる給油ノズルや立体駐車場(狭いスペースを上手に使っているので)」「駅の自動改札のドア(YOUの国の自動改札のドアは鉄がむき出しで痛いが、日本の自動ドアは柔らかいので)」などの写真が印象的だったと話します。

 これらは日本人目線で見るとごく普通のものですが、日本人の他者への思いやりや、狭い空間を有効に使う知恵が活かされているものであり、外国人にとってはその「日本独自のもの」をSNSで拡散したくなるのだそうです。

 最後に太田さんは「実は新しく作ったものよりも、すでにあるもののほうがYOUには響きます。これは皆さんのビジネスのヒントになるのではないでしょうか」と締めくくりました。

 ガイドブックよりも、口コミやSNSの情報をもとに日本を訪れることの多い訪日外国人。彼らの興味関心を惹くには、目新しいものではなく、すでにある日本独自の文化や技術といった発信・拡散されやすいものの方が効果的なのかもしれません。

インバウンド市場と地方創生を目的とし、訪日外国人の満足度を高めるための商材・サービスが一堂に会する展示会「インバウンドマーケットEXPO2019」。4日間で30000人もの来場者が訪れた

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★インバウンドマーケットEXPO2019 特集

  • 外国人雇用元年! いま経営者はどう対応すべきなのか?

    外国人労働者の雇用を増やす手段として政府が打ち出した入管法改正は、人材不足解消の一助として経営者には朗報となりました。では、在留外国人を雇用する場合に気をつけなければならないポイントは何でしょうか? 外国人販売スタッフの人材確保において重要となる指標や現在の外国人就労状況などを解説します。

  • 進化し続ける多言語サービス! 訪日外国人とのコミュニケーション解決ツール

    インバウンドツーリズム元年と言われたのが2015年。当時約2000万人だった訪日外国人旅行者数はいまや3119万人。訪日客が日本に求めるものの質や内容も変化しています。かつてはWifiなどハード面での不満が数多くありましたが、現在では言語面、コミュニケーションなどソフト面での不満へシフトしています。インバウンド対応で必須の多言語ツール、その最新形サービスを2つ紹介します。

★おすすめ記事

  • 「せとうちDMO」から考える、地方のインバウンド・マーケティング最前線!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はそのなかから地方へのインバウンド事例「せとうちDMO」から成功への道筋を明らかにしていきます。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

  • もうインバウンド集客で悩まない!【第2回】

    訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介する新連載。第2回では、兵庫県豊岡市・城崎温泉の動画プロモーションの成功事例から押さえるべきツボをピックアップします。

  • 酒で地域と訪日外国人をつなげる「酒蔵ツーリズム」をさらに盛り上げるために

    訪日外国人が日本に来たら体験してみたいことの上位に「日本のお酒を飲むこと」が挙げられています。今後ラグビーワールドカップやオリンピックを控え、ますます訪日外国人が増える中、「酒蔵ツーリズム」が重要な観光コンテンツとして注目されています。「ツーリズムEXPOジャパン」から、酒蔵ツーリズムを巡って交わされたクロストークの抄録をお届けします。

  • 海外富裕層の訪日を促進させるための方法とは?

    インバウンドにおいて重要とされるのが「海外富裕層」です。落とすお金やリピーターの点で、バックパッカーとは雲泥の差があるからです。「ツーリズムEXPOジャパン」でも「ラグジュアリー・トラベル・マーケット・シンポジウム」と題して海外富裕層マーケティングをいかに促進させるかが議論されました。今回は海外富裕層のインバウンドについて交わされたトークライブの採録をお届けします。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 地域企業を活性化させる「未来の社会課題解決」という新たな視点!

    アスタミューゼ株式会社と、SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社は、47都道府県ごとの地域企業に対し、各地方銀行と連携し、技術職・研究職といった専門人材の雇用支援を行うことで事業成長を促進し、地域の活性化を図る事業連携についての合同記者発表会を9月5日に行いました。社会課題解決に挑戦する独自の技術や事業をもつ多くの地域企業を見出し、採用を支援することで地方の人材不足に貢献するというのが、今回の大きな意義です。

    2019年9月11日

    イベントレポート

  • 空きスペースを貸すだけで月80万円! 拡張し続けるシェア経済

    ここ数年で、空間やモノ、移動、スキル、お金など、さまざまなモノやサービスのシェア経済が活発になっています。2030年度には国内での規模が11兆円を超えると言われており、拡大の一途をたどっています。リノベ物件が月80万円の収益を生みだすなど、空きスペースの貸出ビジネスには今後、副業を含めて大きなビジネスチャンスがあります。

    2019年9月6日

    イベントレポート

  • これからの民泊はどう変わる? 儲かる? 経営目線の疑問に答える!

    一般住宅の一部または全部を旅行者に貸す民泊。日本でもインバウンド増加に伴い注目され、認知率も9割を超えるようになりました。また、2018年には民泊新法の施行や旅館業法の改正で民泊参入へのハードルが下がり、今後のビジネスへの展望が議論される場面が増えています。そんな民泊の疑問や将来性について、Airbnbら業界を代表する面々が経営目線で答えます。

    2019年9月4日

    イベントレポート

  • 「自分らしい家を作る」から「街とどう関わるか」。家をめぐる意識の変化を探る

    ライフスタイルや働き方の変化により地方への移住に関心を持つ人が増えています。そんな移住を考えている人と、移住を受け入れたい地域の自治体や工務店を結びつけるスカウト型マッチングサービスが今、注目されています。

    2019年8月30日

    イベントレポート

  • インバウンド、次の一手は「フードダイバーシティ(食の多様性)」

    訪日外国人の増加とともに顕在化しているのが、ハラル(ハラール)やベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリーなど、個人の宗教や主義、アレルギーなどによる食の禁忌の問題です。この食の禁忌を認める「フードダイバーシティ(食の多様性)」には多くのビジネスチャンスが埋もれています。

    2019年8月15日

    イベントレポート

  • ブームのパン、おいしいというだけで売るのは難しい時代に

    今、パンがブームです。高級食パンに行列ができたり、カフェチェーンがパン専門店を出店したりするだけでなく、各地でパンのイベントも開催されたりしています。パンの人気は衰える様子をみせません。見方を変えれば、目も舌も超えた消費者を満足させるためには、パン・ベーカリー事業者は相応の方法や工夫を考える必要があります。

    2019年8月13日

    イベントレポート

  • 「売る」のではなく「伝える」〜AKOMEYA TOKYO〜

    サザビーリーグが展開する「AKOMEYA TOKYO」。お米などの食品や食器など良質の日本の暮らしを消費者に届けるこのブランドは、実店舗とオンラインショップともに人気を得ています。成功をもたらしたポイントは、商品を「売る」のではなく想いを「伝える」ことにありました。

    2019年8月5日

    イベントレポート

  • お店はメディアだ! “エンターテイメント”としての売り場を創造する

    2015年にリニューアルした銀座伊東屋本店。そこで行なった改革は、従来の「商品を買う店舗」から「過ごせる店舗」へと変化させ、自分の場所や心地よい空間の提供を目指すものでした。ネットがものを買う場所になっている現在、店舗はメディア(伝える場所)となることが必要です。リアル店舗はメディアとしていかにお客様を楽しませることができるかがポイントになります。

    2019年8月2日

    イベントレポート