ドラマ『家売るオンナの逆襲』 シンプルな見せ方で同時代的なテーマを描く快作。

根底に流れる、あらゆる人間の生き方を肯定しようとするダイバーシティ

2019年3月6日
水曜夜10時から放送されている『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)は、不動産会社を舞台に「私に売れない家はありません」と豪語する女性を主人公としたドラマだ。何より面白いのが、毎話のエピソードにとても同時代的なテーマが込められていること。脚本の大石静は恋愛ドラマの名手として知られるが、今回の作風の根底にあるのは、あらゆる人間の生き方を肯定しようとするダイバーシティ(多様性)だ。

『家売るオンナの逆襲』(©NTV)

 水曜夜10時から放送されている『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)は、テーコー不動産を舞台に、「私に売れない家はありません」と、豪語するサンチーこと、三軒家万智(北川景子)を主人公としたドラマだ。

 物語は不動産会社に新居を求めてやってくる顧客に対して、理想の物件を紹介することで、お客さんの中にある悩みを解決してしまうという、アクロバティックな作りとなっている。
 そのため、お客さんの抱える悩みをサンチーたち不動産会社の社員たちが推理していくというミステリードラマ的な面白さもある。
 
 たとえば第1話では、過激な放送でいつも番組が炎上する人気ユーチューバー・にくまる(加藤諒)が客としてやってくる。にくまるは過激な番組を放送し続けたことで仕事に対してストレスを感じているのだが、彼の無意識下の悩みを感じ取った上で、それを解決するための理想の物件を案内するという感じで物語は進んでいく。

 面白いのはその際に、フリーランスの不動産屋の留守堂謙治(松田翔太)がライバルとして登場するところだ。留守堂はにくまるに、彼が幼少期に過ごした祖母の家を思わせる民家を見せて、今の仕事は辞めて、心穏やかな日々を過ごしてみてはどうか? と案内する。にくまるは心を動かされ一度は引退を決意。しかし、サンチーは逆に周囲から家の中が丸見えの「丸見えハウス」を提案し、引退なんてぬるいことを言うな、あなたの心の中にはユーチューバーとして人に見られたいという消し去ることのできない欲求があるはずだと進言する。にくまるはユーチューバーとしての自分の欲望にあらためて気づいて、丸見えハウスを一億円で購入する。

 つまり客の気持ちを読み解くミステリーであると同時に、家の販売をめぐる対決モノにもなっているのだ。
 そして何より面白いのが、毎話のエピソードにとても同時代的なテーマが込められていること。
 第1話ではユーチューバー。第2話ではインターネットカフェにつどう孤独な人々、第3話では、家族にトランスジェンダーであることを隠している父親の話、第4話では昼夜を問わずバリバリ働いてきた昭和世代の父親と、平成生まれのゆとり世代の娘夫婦とのジェネレーションギャップ。第6話では、二組の夫婦の自由恋愛を入り口にした婚外恋愛。第7話では、子どもがいるため時短勤務となっている女性社員と結婚しているが夫婦別姓でバリバリ働いている女性社員の確執など、現代的なテーマが次から次へと登場する。

 元々、本作は2016年にヒットしたドラマ『家売るオンナ』の続編となっている。最初のシリーズでは、テーコー不動産のやる気のない社員たちが、サンチーの容赦ない働き方に感化されることで成長していく姿を中心に描いていたのだが、こういった物語パターンは、日本テレビ系のドラマが得意とする手法だ。

 サンチーのような感情を表に出さない仕事のできる美女というヒロイン造形は、遊川和彦脚本のドラマ『女王の教室』(日本テレビ)で虐待スレスレの教育を子どもたちにおこなう女教師・阿久津真矢(天海祐希)から始まったものだ。
 こういった女性ヒロインを漫画のキャラクターのように極端に戯画化する手法は視聴者に強烈なインパクトを与え、遊川和彦作品では『家政婦のミタ』や『過保護のカホコ』(それぞれ日本テレビ系)といった作品に引き継がれていく。遊川作品以外でも、中園ミホ脚本の『ハケンの品格』(日本テレビ系)に登場するスーパー派遣社員・大前春子(篠原涼子)や森下佳子脚本の『義母と娘のブルース』(TBS系)の元キャリアウーマンの主婦・宮本亜希子(綾瀬はるか)などにも引き継がれており、今やテレビドラマの必勝パターンとして完全に定着している。

 この『家売るオンナ』シリーズも、マシーンのように振る舞うヒロインが周囲を翻弄していくというパターンを踏襲している。同時に、脚本を担当しているのが大石静だということもあって独自の面白さが現れている。
 不倫ドラマブームの先駆けとなった『セカンドバージン』(NHK)や、昨年話題になった『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)をてがけた大石は、恋愛ドラマの名手として知られるが、作風の根底にあるのは、あらゆる人間の生き方を肯定しようとするダイバーシティ(多様性)だ。
 特にこの『家売るオンナの逆襲』には、それが強く現れている。

 キャラクターや演出はシンプルでわかりやすいのだが、トランスジェンダーや世代間における労働意識のズレ、働き方改革による時短労働など、現代日本が抱える問題を物語の題材として盛り込んでいる。
例えば、第2話ではトランスジェンダーについて、サンチーが説明する場面があるのだが、プライムタイムの連続ドラマで社会的なテーマをわかりやすく見せる手腕には、毎回驚かされる。
 シンプルな見せ方で複雑な現実を描き続けたからこそ、本作は幅広い支持を獲得したのだ。
■ドラマ『家売るオンナの逆襲』
日本テレビ系 毎週水曜夜10:00放送
Hulu(オンライン動画配信サービス)にて、第1話から最新話まで配信中!

★成馬零一の連載コラム

  • TVドラマ『ハケン占い師アタル』 現代において「働くことの意味」を燻り出す問題作!

    木曜夜9時から放送されている『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)は、会社が舞台の連続ドラマだ。毎回、一人ひとりの社員の悩む姿が描かれるが、占いの能力を持ち人の心の奥底を見ることができるアタルと出会うことで変化していく。脚本の遊川和彦は『女王の教室』や『家政婦のミタ』などを手がける人気作家。今回、会社を描くことで何を見せてくれるのか?

  • TVドラマ『dele』 二人の軽妙な会話が作り出す、今までにない“新しい”バディもの

    テレビ朝日系金曜深夜の『dele』はデジタル遺品を題材とした連続ドラマだ。物語の舞台は、依頼人が設定した時間を超えてパソコンやスマホに触らないと通知が行き、デジタル遺品を消去してくれる会社。この会社を経営する車椅子のプログラマー・坂上圭司(山田孝之)と、会社に雇われている何でも屋の真柴佑太郎(菅田将暉)の二人が、デジタル遺品の消去を依頼した故人のことを調べるうちに意外な真相にたどり着くというのが、本作の見所だ。

執筆者: 成馬零一 - ドラマ評論家
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。WEBマガジン「ich」(イッヒ)主催。主な著作に『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の評論家』(河出書房新社)がある。
https://twitter.com/nariyamada
https://note.mu/narima01

コラム新着記事

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

    2019年4月8日

    コラム

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム