経営者が走る理由

2019年3月4日
クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「走ること」。昨日の東京マラソンに参加、あるいは観戦した方なら、そこに大きな物語があることに気がついたはず。経営者にとって「走ること」とは何か? 意外な心象風景が見えてきます。

 このコラムを書いているのが3月2日で、明日3月3日は東京マラソンです。約38,000人ものランナーが参加するみたいで、かなり大きなイベントですね。ランナーの皆さん、怪我をしないよう、目標達成に向かって楽しみながら走ってくださいね。

 今回はせっかくですので走ることに関して書いてみたいと思います。

 東京マラソンは2007年に始まり、それがランニングブームに火をつけたといわれています。
 皆さんも様々な目標や目的をもってランニングをしていると思います。
 例えば「ホノルルマラソン完走するぞ!」「フルマラソン4時間切るぞ!」という目標設定している人。健康のため、体力をつけるため、はたまたダイエットのためなどの目的を持っている人。いろんな人がいろんな理由で走っていると思います。

 私もランニングをしている一人なのですが、私の周りの経営者でもランニングをしている人が少なくありません。

 なぜ経営者はランニングをするのでしょう?
 なぜ経営者は普段、ただでさえ忙しいのにわざわざ時間を取ってまで走るのでしょう?

 ふとそんな疑問を持ちましたので、私の周りの経営者に走る理由を聞いてみました。

 いろんな面白い理由も返ってきましたが、共通していることもありました。

 やはり、経営者が共通して答えたのが「健康のため」。
 定期的にランニングすることで運動不足を解消し、体力をつけるというもの。
 やはり、経営者は体が資本。トップが病気がちで、すぐ怪我をするようでは、皆をリードできません。いつ、どんなときでも、最高のパフォーマンスを出すためには、いつも健康でなければなりません。いつも元気でパワーみなぎる状態を維持するのは経営者の義務でしょう。

 続いて多かったのが、「誰にも邪魔されない一人の時間」。
 ランニングしている間は一人で黙々と走っているため、贅沢な一人の時間です。誰にも邪魔されない。打ち合わせに急遽呼ばれることもない。突然、報告・連絡・相談がくることもない。電話も出ない。一人の時間と割り切れる時間なのです。
 経営者にはこういった誰にも邪魔されない時間って必要ですよね。

 実は、私がランニングをする一番の理由はこれです。

 ランニング中は誰にも邪魔されない時間なので、私にとって集中できる時間。
 いろんなことを考える時間にしています。事業を拡大するために何をやろう? あのお客様への提案はどういったストーリーで行こう? 社内を活性化させるためのアイディアは? メンバーの評価指標は何がいいか? いい人材を採用するにはどうしたらいいか? 面白い協業先はいないか? 次のプレゼンでうまく伝えるためにはどうしたらいいだろう? 会社をPRするには何がいいだろう? 自分のスキルアップのために今やるべきことは何だろう? 次の会議で何を話そう? などなど。
 ランニングしながらいろんなことを考えています。

 ただ、これには自分ルールを設定していて、1ランニング1テーマまで。「今日はこれを考えながら走ろう」とテーマを一つに絞って走ります。

 ルールその2は、テーマはより具体的に、ランニング後に結論が出るようなものとする。上述したテーマはかなりざっくりしたもので、かつ大きすぎます。もっともっと具体的で、ランニング中に答えや案が出るものにしています。例えば、「事業を拡大させるためのアイディア」というざっくりしたテーマではなく、「不動産業界の〇〇という業界団体さんとの協業を活性化させるためには何をやったらいいのか」など、より具体的なテーマにしています。
 ざっくりしたテーマは、みんなが集まってブレストしたほうが面白いアイディアが効率的に出ると思っているからです。

 ルールその3は、思い浮かんだ案は必ずスマホにメモをすること。音声入力ができるので、走りながらでも簡単に、安全にメモが残せます。せっかく思いついてもメモしないと忘れてしまいます。すぐメモ、どんなことでもメモをすることをルールにしています。

 私がランニングする理由、私にとってのランニングとは、集中して一つのテーマを考え、それの答えを出し切る行動です。

 経営者が走る理由で、面白いものもあったので少しだけご紹介したいと思います。

 「経営者は基本的にMなので、痛みを求めているから」というものもありました(笑)
ちょっと納得できました。

 あと、こういう答えもありました。「経営に比べれば、すべてのことは苦しくない。走ることは肉体的なしんどさだけ。経営の精神的なしんどさに比べれば、たいしたことない。精神的な負荷にいつでも耐えられるよう、普段から肉体的な負荷を与えているのだ」
 「経営者は基本的にM」というのに通じるものを感じました(笑)

 ランニングしている経営者には驚くような強者もいます。

 毎朝ランニングして、その総距離で、西遊記の元になった三蔵法師が歩いた距離(2万km)を走破しようしている経営者。毎朝ですよ! 雨の日も雪の日も!

 これまでのランニングで走った距離のトータルが地球一周を超えた経営者。地球一周は4万㎞ですよ!!毎月100㎞走ったとして、1年で1,200km。そのペースだと、33年超かかってしまう!

 マラソンだけじゃなく、トライアスロンにはまる経営者もいますよね。すごいです。尊敬します。頭が上がりません。今度、機会があれば、トライアスロンをする理由を聞いてみようと思います。きっと、驚くような理由が返ってくることでしょう(笑)

 今回も最後までコラムをご覧いただき、誠にありがとうございました。

★関連リンク

★江尻高宏の連載コラム

  • 株式会社シンカが行っている社内の有機的組織の実験

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「社内プロジェクト」。HANJO HANJOのメインテーマのひとつである「社内コミュニケーション」にもつながる取り組みは、会社をどう活性化させたのでしょうか?

  • 2019年、私は必ずこれをやり切ります!

    「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。年明け1本目では、2019年の抱負を語ってくれました。ベンチャーそして中小企業経営者ならではの思い切りのいい目標設定、まさに猪突猛進あるのみです!

  • どこに“期待”をするべきか?

    コミュニケーションの達人、「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。今回は具体的な方法論から少し話題を変え、対人関係における心の有り様について考えます。テーマは「相手への期待」です。

  • 今どきの新人は電話恐怖症でウツになる!? そして退職!?

    「電話恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか? 電話が鳴ると、緊張して動悸がしたり、ひどいとパニックになったりなど、うまく電話が取れないというものです。この「電話恐怖症」、今どきの新入社員(新人)に増えてきているということをご存知でしょうか?

  • 電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

    自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

執筆者: 江尻高宏 - 株式会社シンカ代表取締役社長
関西大学大学院工学研究科修了後、株式会社日本総合研究所に入社。金融系の情報システム開発に従事し、広範囲の開発プロジェクトに参画、チームリーダやプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。営業、マーケティング、商品戦略を中心に、中小IT企業向けのコンサルティングに注力。特にクラウドビジネス分野に強く年間約20本の講演を担当。2014年1月に株式会社シンカを設立。「おもてなし電話」をはじめ、クラウドサービスを中心にITを世界に広めることに注力している。

コラム新着記事

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

    2019年4月8日

    コラム

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム