混迷の時代を生き残る会社の「社長力」とは?

会社に良い悪いはない。社長に良い悪いがある/中小企業 新ものづくり・新サービス展

2019年2月18日
「会社に良い悪いはない。社長に良い悪いがある」。そう言い切るのは株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役社長CEOの小宮一慶さん。大学教授として会計や経済の教育に携わる一方で、140冊以上の多岐にわたる著書を発表しています。「世の中には経営という仕事があります。この経営という仕事を知らない社長さんが意外なほど多い。経営の仕事とは『方向付け』『資源の最適配分』『人を動かす』の3つを実行することです」と小宮さんは話します。
 中小企業がものづくり補助金を活用して開発した新製品・サービス・技術などの成果が集結する「中小企業 新ものづくり・新サービス展」が2018年12月11~13日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

  今回の「中小企業新ものづくり・新サービス展」は、「医療・福祉・生活・サービス・その他」「情報・通信」「繊維・木材・ガラス・土石」「紙・紙加工・印刷」「農林水産・食品・建設・工事」「化学・石油・プラ・ゴム」「鉄鋼・金属製品」「機械器具製造」の8つのゾーンで構成され、総勢733社が出展、来場者は3日間で37000名を超す盛況ぶりでした。

 また中小企業の課題解決に役立つセミナーも多数開催され、事業のヒントを求める聴講者で賑わいました。

 今回の記事では12月13日に開催されたセミナー「今こそ経営の基本を徹底せよ! ~どんな時代もサバイバルする会社の“社長力”~」(講師:小宮一慶さん/株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役会長CEO)より、成功する経営の基本についてレポートします。

世の中には「経営」という仕事がある

株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役社長CEOの小宮一慶さん。小宮さんは1995年に小宮コンサルタンツを設立し、2005年からは大学教授として会計や経済の教育に携わる一方で、140冊以上の多岐にわたる著書を発表している

 「会社に良い悪いはない。社長に良い悪いがある」

 そう言い切るのは株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役社長CEOの小宮一慶さん。小宮さんは1995年に小宮コンサルタンツを設立し、2005年からは大学教授として会計や経済の教育に携わる一方で、140冊以上の多岐にわたる著書を発表しています。

 「世の中には経営という仕事があります。この経営という仕事を知らない社長さんが意外なほど多い。経営の仕事とは『方向付け』『資源の最適配分』『人を動かす』の3つを実行することです」と小宮さんは話します。

 まず方向付けとは、「何をやるか、何をやめるか」を決めること。次に資源の最適配分とは、公私混同をしないこと。つまりオーナー経営者だからといって、会社のお金を好きに使って良いわけではないということです。そして人を動かすとは、部下やお客様の気持ちになることができるか、自分が先頭に立って行動し、問題が起きたときには率先して責任を取ることができるかということです。

 この3つの中でも特に重要なのが方向付けであり、ここで業績の7割が決まると小宮さんは強調します。
 「社長の仕事は管理することだと考えている人が多いですが、管理は部長クラスでもできることです。社長は経営という仕事をしなくてはいけません」

マーケティングとイノベーションの2つだけが会社に利益をもたらす

小宮さんがあげたのがピーター・ドラッカーの「マーケティングとイノベーションの2つだけが会社に利益をもたらす」。経営者はこの両方をやることが求められている

 この方向付けについて、小宮さんはピーター・ドラッカーの「マーケティングとイノベーションの2つだけが会社に利益をもたらす」という言葉を挙げました。マーケティングとは客が求めている商品・サービスを見つけ提供すること、イノベーションとはやり方を根本的に変えることであり、経営者はこの両方をやることが求められているということです。

 そのためには他社との違いを作り出す必要があります。小宮さんは「QPS、すなわちクオリティ、プライス、サービスの3つの組み合わせの中から最適なものをお客様は選びます。ライバルのQPSを分析し、ライバルよりも良い条件のQPSを提供できればシェアを取ることができます。ただし、QPSは専門性がないと分かりません。また素直に、謙虚になってライバルや自社を見つめることができないと正しく把握することはできないでしょう」と説明しました。

 特に「素直に、謙虚に」という部分を小宮さんは強調しました。素直でない人は周りの人の話を聞かないため、人の知恵を活かすことができず、また人が話をしてくれなくなったり、手伝ってくれなくなったりするため、結果的にうまく回らなくなるからです。

 「常に自分で自分が謙虚か省みなくてはいけません。『実るほど頭を垂れる稲穂かな』――これはまさに経営者が心がけておくべき姿勢だと言えます」

強みを活かし、競合との差別化をせよ

「差別化ができるとお客様が来るようになる。そこで得られた儲けはさらなる差別化に投資すること」(小宮さん)

 小宮さんはQPSを上手く組み合わせ成功した事例として、熊本県の株式会社ウェディングボックスを挙げました。

 ウェディングボックスは着物のレンタルを事業とする会社です。もともと呉服の販売をしていたため、着物という強みがありました。しかし競合する会社は多く、着物や着付けだけでは差別化できないと考え、成人式に特製の写真集を作ることで差別化を図ったそうです。

 この事例について小宮さんは「差別化ができるとお客様が来るようになります。そこで得られた儲けはさらなる差別化に投資しなくてはなりません。そこで投資すべきは業界全体が抱えているクレームの解消。これが解消できれば業績は青天井で伸びます」と話しました。

 着物レンタル業界では、成人式の会場で着物の柄が被るという大きなクレームがありました。せっかくの晴れの舞台で他人と同じ柄の着物になってしまうと、一生の傷にもなりかねません。そこでウェディングボックスでは、自社独自の柄の着物を製造・管理することでその問題を解決。その結果、ウェディングボックスの利用者は右肩上がりで増え、業績はさらに伸びたそうです。

 さらにウェディングボックスでは二手三手先を読み、もともと狙っていたウェディング業界への布石として、成人式利用の客に有料の友の会への入会を勧めます。加入者は卒業式の袴が無料になるなどの特典を受けることができ、それが結婚式まで継続するという仕組みです。つまり5年、10年先の潜在顧客の抱き込みをしているというわけです。

 「差別化のヒントは別の業界でもなにか役に立つことはないか、という目線で見ることです。事例に挙げた成人式の写真集は、写真館のスタジオアリスからヒントを得ています。ヒントは眼の前に転がっていますが、見つけられるかどうかは各個人の熱意。そして人の話を素直に聞き入れる姿勢も大事です」と小宮さんは説明し、最後に「やるかやらないかを決めること、そしてQPSを決めること。この2点が社長にとって最も重要な仕事になります」と締めくくりました。

 「経営の基本は原理原則を押さえておくこと。原理原則とは事業の規模に関わらず、どんな会社にも通用するものです」と話した小宮さん。小手先のテクニックに頼るのではなく、経営者にとっての原理原則をきちんと押さえておくことこそが、成功の鍵を握っていると言えそうです。

中小企業がものづくり補助金を活用して開発した新製品・サービス・技術などの成果が集結する「中小企業 新ものづくり・新サービス展」。2018年12月11~13日の期間、東京ビッグサイトで開催された

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★中小企業 新ものづくり・新サービス展 特集

  • 中小製造業の強い味方! 新製品開発のクラウドファンディング活用術

    「クラウドファンディング」という言葉を耳にすることが多くなりました。新しい製品やサービスやプロジェクトを実現するために、専用のサイトを通じて資金調達をする方法です。一般的には消費者向けの新商品開発がメインですが、BtoBメーカーが高い技術を使ったBtoC向け製品をアピールする場としてクラウドファンディングを使うことは効果があります。中小企業がクラウドファンディングを利用するために知っておくべきことは何なのでしょう? サイバーエージェントグループのクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」から考えます。

  • 赤字路線からブランドへと成長した「いすみ鉄道」の発想と戦略

    廃線寸前の赤字路線からブランドに変貌した千葉県房総半島を走る「いすみ鉄道」。現在ではさまざまなメディアで取り上げられ、鉄道ファンのみならず多くの人が訪れる強力な観光コンテンツに成長しました。沿線には目的地になるような場所がないため、外部から人が来ることはほとんどありませんでした。そこで発想の転換をしたことが成功を導きました。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 2018年度「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社トップスピーチ②~トヨタ部品茨城共販~

    顧客視点から経営を見直し、自己革新を通じて顧客の求める価値を創造し続ける組織の表彰を目的として、1995年に日本生産性本部が創設したのが「日本経営品質賞」です。2018年度の中小企業部門では2社が受賞、2月14日に開催された「顧客価値創造フォーラム」で受賞企業トップによるスピーチが披露されました。トヨタ部品茨城共販株式会社代表取締役の駒月純さんのスピーチ「トヨタ部品茨城共販の経営革新について」の模様をレポートします。

    2019年3月15日

    イベントレポート

  • 訪日外国人が本当に買いたいものは何か?「ソーシャルリスニング」で解決する消費トレンド

    マーケティングの基本はソーシャルメディア分析」の時代です。インバウンドビジネスを成功に導くためにもSNSやブログをどう読み込むかが問われています。その方法のひとつが、ソーシャルメディアやSNSなどを分析し消費者のニーズを知る「ソーシャルリスニング」です。

    2019年3月13日

    イベントレポート

  • 『YOUは何しに日本へ?』プロデューサーが見た、外国人が日本に来る理由とは?

    インバウンドを象徴する現象のひとつに、メディアにおける番組の増加が挙げられます。その先駆けとなったのが『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系列)です。番組開始から6年、密着取材から受ける印象では、訪日客の状況に変化が生まれているようです。それは「“日本二周目”の人たちが増えた」点にあると、番組担当プロデューサーは話します。

    2019年3月11日

    イベントレポート

  • 2018年度「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社トップスピーチ①〜九州タブチ〜

    顧客視点から経営を見直し、自己革新を通じて顧客の求める価値を創造し続ける組織の表彰を目的として、1995年に日本生産性本部が創設したのが「日本経営品質賞」です。2018年度の中小企業部門では2社が受賞、2月14日に開催された「顧客価値創造フォーラム」で受賞企業トップによるスピーチが披露されました。鹿児島県で給水装置の製造を行う株式会社九州タブチ代表取締役社長の鶴ヶ野未央さんのスピーチ「人と組織のスパイラルアップを目指す九州タブチの経営革新活動」の模様をレポートします。

    2019年3月8日

    イベントレポート

  • 中小製造業の強い味方! 新製品開発のクラウドファンディング活用術

    「クラウドファンディング」という言葉を耳にすることが多くなりました。新しい製品やサービスやプロジェクトを実現するために、専用のサイトを通じて資金調達をする方法です。一般的には消費者向けの新商品開発がメインですが、BtoBメーカーが高い技術を使ったBtoC向け製品をアピールする場としてクラウドファンディングを使うことは効果があります。中小企業がクラウドファンディングを利用するために知っておくべきことは何なのでしょう? サイバーエージェントグループのクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」から考えます。

    2019年2月14日

    イベントレポート

  • 赤字路線からブランドへと成長した「いすみ鉄道」の発想と戦略

    廃線寸前の赤字路線からブランドに変貌した千葉県房総半島を走る「いすみ鉄道」。現在ではさまざまなメディアで取り上げられ、鉄道ファンのみならず多くの人が訪れる強力な観光コンテンツに成長しました。沿線には目的地になるような場所がないため、外部から人が来ることはほとんどありませんでした。そこで発想の転換をしたことが成功を導きました。

    2019年2月12日

    イベントレポート

  • マンガ・アニメと現実世界の境界にある「2.5次元文化」をビジネスに応用せよ!

    「2.5次元文化」とは、マンガ・アニメ・ゲームなどの2次元の虚構の世界と、身体性を伴った経験を共有する3次元の現実世界の境界にあるカルチャーのこと。舞台、ミュージカル、コスプレ、コンサートなどさまざまなコンテンツとして提供されていて、国内外を問わず熱狂的な支持を得ています。これらのコンテンツは、アニメの舞台となった街を訪れる「聖地巡礼」といったツーリズムとの相性もよく、海外でも強い人気を博しています。マンガ・アニメ・ゲームーーこれらのコンテンツを2次元だけではなく、2.5次元の世界で活用することが、地域活性やインバウンド誘致の新たなファクターとなりそうです。

    2019年2月1日

    イベントレポート

  • 地域活性の切り札になるか? 自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」人気上昇の秘密

    「フォレストアドベンチャー」をご存知でしょうか? 元々はヨーロッパ発の「自然共生型アウトドアパーク」を指す名称ですが、その特徴は森を森のまま活用できる商業施設という点にあります。大規模な開発が不要なので、遊休森林や夏季のスキー場を有効利用するのに最適です。日本でも2006年に自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」が山梨県富士山麓にオープンし、現在までに30ヶ所を超えるパークがオープンしています。日本にはまだまだ自然豊かな場所が数多く残っています。自然共生型アウトドアパークを地域活性につなげるにはどんな道筋が考えられるのでしょうか?

    2019年1月28日

    イベントレポート