株式会社シンカが行っている社内の有機的組織の実験

2019年2月6日
クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「社内プロジェクト」。HANJO HANJOのメインテーマのひとつである「社内コミュニケーション」にもつながる取り組みは、会社をどう活性化させたのでしょうか?

 こんにちは。クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻です。

 今回は、弊社の取り組みの一つをご紹介したいと思います。

 シンカでは、社内の活性化や業務効率化、モチベーションアップ、社内一体化、とがった会社になるために、ユニークな会社になるために、などなど、様々な目的のもとでいろんな取り組みを行っております。
 その中で、今回はシンカで行っている「社内プロジェクト」に関してお話ししたいと思います。

 「社内プロジェクト」とは、仮想の有機的な組織で、3人1チーム、3カ月の限定組織のことです。1つのテーマが決められ、そのテーマ完遂に向けて、チーム一丸となり進めていきます。

 「社内プロジェクト」にはルールがあって、そのルールさえ守れば自由に進めてOK。
そのルールとは下記のようなものです。

 ・チームメンバーは、必ず別の部署のものを集めること
 ・通常業務の15%をプロジェクト活動に充てていい
 ・テーマを決めること
 ・チームのビジョン、ポリシー、チーム名を決めること
 ・期間は3カ月。3カ月で成果を上げること
 ・週に最低1回はチーム内ミーティングすること
 ・チームリーダを決めること
 ・月に1回の全体会議で、活動内容を報告すること
 ・プロジェクト予算を与え、範囲内であれば何に利用してもいい。ちなみに、飲み会に使っているプロジェクトチームもあります(笑)

 実際に行なった「社内プロジェクト」をいくつかご紹介しましょう。

 「コストダウンプロジェクト」
 “1円でもコストダウンを”というキャッチコピーの下、社内の様々なコストダウン案を出してくれました。例えば、毎週のコピー機の枚数を報告する(見える化するだけでも効果絶大!)、毎月コスト削減をテーマにしたキャッチコピーを社内に掲示、お客様へ送っていた請求書を口座振替に変更、外注先の見直し、など。
社内横断的に動くプロジェクトで見直すことで、細かいことも含め、様々なコストカットができました。とても効果が大きかったですね。

 「社内電子化プロジェクト」
 とにかく社内から紙を無くしたいということで、様々なものを電子化しようという試みです。会議で配る資料を電子化するというものから、お客様やパートナー様との契約を電子サインに全面切り替えなど、大胆な提案もこういったプロジェクトから出たのは面白かったです。

 「社内活性化プロジェクト」
 いろんな案が出たプロジェクトでした。集中して作業を行うための「がんばるタイム」の導入。「がんばるタイム」中は、話しかけてもいけないし、電話もとりつがない。
社員をもっと褒めようということで始まった「褒めBOX」。“あなたは褒められて当然”というコピーの下、たくさんの社員間の褒め合いが生まれました。自分の努力は誰かが見てくれているというのがモチベーションになりますね。あとは、全社員のかなり個人的なところまで突っ込んだプロフィール帳の作成、ウェルカムボードの運用など、様々なアイディアが出て、今ではシンカの日常の取り組みにまでなりました。

 他にも「オプション売るぞプロジェクト」や「社内システム化プロジェクト」など、様々な有機的な組織が期間限定で生まれています。

 さて、この「社内プロジェクト」の目的は3つあります。

 一つ目は、部署間の風通しを良くすること。
 別の部署のメンバー同士でチームを組むため、隣の部署が何をしていて、どんなメンバーがいるのかが分かりやすくなります。また、別部署に友達ができるので、今後仕事で一緒になるときに相談しやすくなります。セクショナリズムという言葉が私は嫌いなので、部署間の壁とか、そういったものを無くしたいという思いがありました。

 二つ目は、個人のスキルアップです。
 業務を通じて学ぶことは多いのですが、それだけだとなかなか学べないこともあります。プロジェクトでは、自ら考え、自らマネジメントし、失敗し、改善し、社内へ報告する。そういった、自発的に動くスキル、マネジメントスキル、そしてプレゼンスキルをこのプロジェクトを通じて学んでもらうことが二つ目の目的です。

 最後の三つ目の目的、それはやりたいと思っているけど、緊急度が低いため、後回しにしてしまい、なかなかできないことを、ぐいっと進めるということです。
 どうしても売上アップが最重要命題のため、それに直結することが重要かつ緊急案件になってしまいます。とはいえ、やったほうがいいことって社内にはいっぱいあって、放っておいても誰もやらない。じゃ、社内の仮想チームで片づけちゃおう、っていう発想です。
おかげで、本当にやってよかったと心から思えることがたくさんできました。私の精神的にもとても良かったです。いつかやらないといけないと頭の片隅にずっと残っていたものが片付いていき、すっきりしました。

 実は、これら3つの目的は表向きのもので、裏目的があります。

 それは何かというと、この「社内プロジェクト」を通じて壮大な実験を行うことです。壮大な実験というのはちょっと言いすぎましたが(笑)

 今後、会社内の組織の考え方やあり方は大きく変わってくるでしょう。
 これまでのような、部署ごとの縦割りではなく、スキルを持った人材が目的完遂のために有機的に集まり、組織を形成する。目的達成後はその組織はスピーディに解散、また次の目的を求め人材は動き、新たな組織を形成する。そういった、人のスキル中心に、最適な人材が集まり組織を構成するようになっていくでしょう。
 これは何も社内だけではありません。
 広く社外から必要なスキルを持っている人が集まり、企業を超えた超組織を作るような、そんな時代が来ることでしょう。

 そうなったとき、有機的な組織の行動を最大化するには、最適なマネジメントとは、それぞれの人の評価方法など、混乱しないようにしなければいけません。

 そのためにまずは社内で実験をしてみよう、そう思ったのが、シンカの「社内プロジェクト」という制度です。

 この実験は私にとってたくさんの学びがありました。
 例えば、たとえ3カ月という短い期間でも、プロジェクトの行動指針やポリシーを決めることで、有機的に集まったメンバーの一体感がより強まるということ。一体感が強まれば、チーム成果は間違いなく上がります。

 やはりやってみないと分からないことがありますね。
 言い方を変えれば、とにかくやってみれば何らかの結果と成果が出るということです。

 さて、そろそろ次の社内実験のネタを考えたいと思います。

 今回も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

★関連リンク

★江尻高宏の連載コラム

  • 2019年、私は必ずこれをやり切ります!

    「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。年明け1本目では、2019年の抱負を語ってくれました。ベンチャーそして中小企業経営者ならではの思い切りのいい目標設定、まさに猪突猛進あるのみです!

  • どこに“期待”をするべきか?

    コミュニケーションの達人、「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。今回は具体的な方法論から少し話題を変え、対人関係における心の有り様について考えます。テーマは「相手への期待」です。

  • 今どきの新人は電話恐怖症でウツになる!? そして退職!?

    「電話恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか? 電話が鳴ると、緊張して動悸がしたり、ひどいとパニックになったりなど、うまく電話が取れないというものです。この「電話恐怖症」、今どきの新入社員(新人)に増えてきているということをご存知でしょうか?

  • 電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

    自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

執筆者: 江尻高宏 - 株式会社シンカ代表取締役社長
関西大学大学院工学研究科修了後、株式会社日本総合研究所に入社。金融系の情報システム開発に従事し、広範囲の開発プロジェクトに参画、チームリーダやプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。営業、マーケティング、商品戦略を中心に、中小IT企業向けのコンサルティングに注力。特にクラウドビジネス分野に強く年間約20本の講演を担当。2014年1月に株式会社シンカを設立。「おもてなし電話」をはじめ、クラウドサービスを中心にITを世界に広めることに注力している。

コラム新着記事

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑩『マリア・シャラポワ自伝』

    ビジネスでは他人とつながったほうが良い結果が出る──この指針はあらゆるケースで全面適用に近づいているようにみえます。しかし本当にそうなのでしょうか? それでグローバルなサバイバル競争を勝ち残れるのでしょうか? ひとりきりになったときに、普段からどうすればよいのかーー今回おすすめしたいのは、個人の競争戦略の教本として読み応えだっぷりな『マリア・シャラポワ自伝』です。

    2019年10月15日

    コラム

  • 映画『記憶にございません!』ある日突然、自分が総理大臣をやることになったら?

    国民的映画監督の三谷幸喜が今回映画の題材に選んだのは総理大臣。しかも記憶を失った総理大臣! 着想のきっかけは「ごくごく普通の人間が、突然総理大臣になったらどうなる?」だったといいます。主人公を演じる中井貴一の悪戦苦闘は、若い頃の理想を見失ってしまったビジネスパーソンへのメッセージにもなっています。

    2019年9月30日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する④

    地方創生戦略の重点項目の一つ、デジタル活用共生社会「society5.0」。しかし、地方に行けば、情報リテラシーの格差が見られます。スマートフォンやSNSの普及により新たな人とのつながりやバーチャル・コミュニティが形成される一方、リアルな地域のつながりは希薄化、地域コミュニティ力は減退しています。今回は地域SNSを使い、新たな地域のつながり、コミュニティの活性に挑む、若き起業家の挑戦に着目、地域におけるデジタル活用の手法を追いました。

    2019年9月24日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.5 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。第5回は会社を興した後、初めて社員を採用した時の気持ちが揺れ動いた日々を振り返ります。

    2019年9月19日

    コラム

  • アパレル業界を変えるIT戦略! 熊本発ベンチャー、シタテルが描く「服の未来」【Vol.3】

    アパレル業界は、メーカー、工場ともにテクノロジー化が遅れており、在庫問題や工場稼働の不均衡、手作業による工数の増加など様々なビジネス上の課題を抱えています。そんななか、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする衣服の小ロット生産サービス「sitateru」が注目を浴びています。優れた技術力を持つ縫製工場の「時間・技術・資源」のデータ管理を行い、服を作りたい人と縫製工場を橋渡しする、衣服の小ロット生産サービスです。「sitateru」を提供しているのは、熊本発ベンチャーのシタテル株式会社。アパレル業界の課題をテクノロジーでどう解決するのか? シタテルCTOの和泉信生さんによる連載、その最終回です。

    2019年9月9日

    コラム

  • <シリーズ>「地方創生」2期へ! 1期を検証する③

    今、地域に足りないものは何か? カギを握るのは連携協働、事業を推進するプレイヤーの存在です。連携というと、かつては官民や産学、産学官が一般的でしたが、その実態は名ばかり。真の連携、共創のパートナーシップはどうあるべきか。水津陽子さんのシリーズ第3回は、行政、市民、企業の三者が連携、地域のストックを活用し、老化した都市を再生した先駆的取り組みに迫ります。

    2019年9月2日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.4 ~ベンチャーはこうして世に羽ばたく~

    株式会社シンカ・江尻高宏さんのコラム、シリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。第4回は起業と仲間の関係――「起業は一人でするべきか? それとも仲間と始めるべきか?」について考えます。

    2019年8月19日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑨『自然はそんなにヤワじゃない—誤解だらけの生態系』

    参院選が圧倒的勝負でもなかったことから、各陣営が都合のいい解釈で、勝利宣言や、健闘し宣言を続けています。どちらが勝とうが、惨事になっているはずだった。なのに比較的平静な選挙後。何だったのでしょう。今回は選挙後だから読んでおきたい本を何冊かピックアップします。

    2019年8月9日

    コラム