マンガ・アニメと現実世界の境界にある「2.5次元文化」をビジネスに応用せよ!

コンテンツツーリズムの最前線、マーケットが広がる可能性は大きい/レジャージャパン2018

2019年2月1日
「2.5次元文化」とは、マンガ・アニメ・ゲームなどの2次元の虚構の世界と、身体性を伴った経験を共有する3次元の現実世界の境界にあるカルチャーのこと。舞台、ミュージカル、コスプレ、コンサートなどさまざまなコンテンツとして提供されていて、国内外を問わず熱狂的な支持を得ています。これらのコンテンツは、アニメの舞台となった街を訪れる「聖地巡礼」といったツーリズムとの相性もよく、海外でも強い人気を博しています。マンガ・アニメ・ゲームーーこれらのコンテンツを2次元だけではなく、2.5次元の世界で活用することが、地域活性やインバウンド誘致の新たなファクターとなりそうです。
 テーマパークやライブ・演劇、レジャースポーツ産業を網羅した専門展「レジャージャパン2018」が2018年12月5~7日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

 「レジャージャパン2018」は、テーマパークやレジャー施設の開発・運営のための設備・サービスの専門展「テーマパークEXPO」、ライブハウス・劇場・ホール向けの設備・サービスの専門展「ライブ&シアターEXPO」、レジャースポーツ・アウトドア向け設備・機器・サービスの専門展「レジャー&アウトドアEXPO」の3つの展示会で構成され、合計150社以上が出展、来場者は3日間で18,902名を記録しました。

 各専門展のテーマに応じたセミナーも多数開催され、第一線で活躍している講師によりレジャー産業における最新トレンドのツボをおさえた講義が行われました。

 今回の記事では12月7日に開催されたセミナー「2.5次元文化の広がりと国内外のファンの動向」(講師:須川亜紀子さん/横浜国立大学 教授)より、拡大する2.5次元文化とコンテンツツーリズムの関係性についてレポートします。

横浜国立大学都市イノベーション研究院教授の須川亜紀子さん。2.5次元文化に関しての論考を「ユリイカ」「美術手帖」などでも発表している。主な著書に『少女と魔法』〔NTT出版〕がある

虚構と現実の境界で生まれる「2.5次元文化現象」

 マンガ・アニメ・ゲームといった2次元のコンテンツは、日本が海外に誇ることのできる文化として挙げられます。「クールジャパン」とも呼ばれるこれらのコンテンツは、アニメの舞台となった街を訪れる「聖地巡礼」といったツーリズムとの相性もよく、海外でも強い人気を博しています。

 「特に最近では2次元の世界から飛び出し、舞台、ミュージカル、コスプレ、コンサートなどさまざまなコンテンツとして提供されており、国内外を問わず熱狂的な支持を得ています」と、横浜国立大学都市イノベーション研究院教授でポピュラー文化研究を専門としている須川亜紀子さんは話します。

 「2.5次元文化とは、マンガ・アニメ・ゲームなどの2次元の虚構の世界と、身体性を伴った経験を共有する3次元の現実世界の曖昧な境界で行われる文化実践です。虚構性が感じられる現実世界での実践、バーチャルな身体性とも言えます」

 須川さんによると最近は、マンガ・アニメ・ゲームを原作とし、キャラクターの再現性が高い作品を上演する「2.5次元舞台」の人気が高く、中には全公演に通う「全通」や全国公演を追いかける「遠征」をする熱狂的なファンも多いそうです。

コンテンツツーリズムとも相性が良い「2.5次元文化」

技術の進歩により、本来は物語の中だけで活躍していたキャラクターが、現実世界でも活躍するようになるのが2.5次元文化の特徴。原作のファンがそのことを楽しむことでさらに加熱していく。そこに2.5次元文化とコンテンツツーリズムを成功させるためのヒントがある

 そんな2.5次元文化の中でも有名な事例と言えば、作品の舞台となった街や地域を訪れる「コンテンツツーリズム」ではないでしょうか。2016年公開の映画『君の名は』に代表されるような、作品の舞台となった街を訪れる「聖地巡礼」のほか、最近では指定の場所を訪れてスマートフォンのカメラをかざすとアニメのキャラクターが現れて写真を撮ることができるAR(拡張現実)コンテンツも盛んに利用されています。

 これらが流行している背景について、須川さんは「まずネット環境の変化が挙げられます。SNSによる双方向のコミュニケーションやVR・AR技術の進歩によって、ファンの持つリアリティ感覚が変容しているんですね。そしてキャラクター中心消費。これは物語のキャラクターが、物語を飛び出してキャラクターとして独立し、例えばパチンコや脱出ゲームのようなさまざまなコンテンツに使われています。ファンは作品そのものよりもキャラクターを追いかけているイメージです。そしてこれらのコンテンツに気軽に参加できる文化ができあがっていることも大きな理由の一つと言えます」と説明。

 さまざまな技術の進歩により、本来は物語の中だけで活躍していたキャラクターが、現実世界でも活躍するようになる。そして原作のファンがそのことを楽しむことでさらに加熱していく。ここに2.5次元文化とコンテンツツーリズムを成功させるためのヒントがありそうです。

世界へと拡大する「2.5次元舞台」、観光プロモーションも有効

 最近では海外でも人気の高い「2.5次元舞台」。公演数は年々増加しており、2017年には171作が公演されたそうです。特に女性ファンが多い2.5次元舞台の楽しみ方は、前述のとおり「全通」や「遠征」だけではないと須川さんは話します。

 「SNSでキャストや他のファンと情報交換をしたり、2次元と3次元の人間関係の差を楽しむ、プロシューマーとしての創造と消費を楽しむファンが増えています。中でもトップオタクと言われるファンは、グッズの購入金額イコール「推し」(自分の好きなキャラクター)への愛であるとし、集めたグッズを積み上げた「祭壇」の写真をSNSにアップしています。グッズは1公演あたり最低1万円分購入するのが特徴です」

 また2.5次元舞台そのものも、日本国内だけでなくワールドツアーが組まれたり、ツアーのない国でもライブビューイングが上映されるなど、世界規模で拡大しているそうです。須川さんはこのことに対し「海外公演が行われても、本場である日本で見たいというインバウンドは多いので、彼らに対して観光プロモーションをすることも有効だと思います」と話しました。

 最後に須川さんは「オタク市場は拡大傾向にあります。特に20〜50代の有職者女性が強力なファン層になります。ワールドツアーやインバウンドもマーケットとしては大きいので、これらをうまく取り込むことが大事なのではないでしょうか」と締めくくりました。

 日本が世界に誇るコンテンツであり、海外でも広く受け入れられているマンガ・アニメ・ゲーム。これらのコンテンツを2次元の世界で楽しむだけではなく、2.5次元の世界で活用することが、地域活性やインバウンド誘致の新たなファクターとなりそうです。

2018年12月5~7日の期間、東京ビッグサイトで開催された「レジャージャパン2018」。テーマパークやライブ・演劇、レジャースポーツ産業を網羅し、来場者は3日間で18,902名を記録した

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★レジャージャパン2018 特集

  • 地域活性の切り札になるか? 自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」人気上昇の秘密

    「フォレストアドベンチャー」をご存知でしょうか? 元々はヨーロッパ発の「自然共生型アウトドアパーク」を指す名称ですが、その特徴は森を森のまま活用できる商業施設という点にあります。大規模な開発が不要なので、遊休森林や夏季のスキー場を有効利用するのに最適です。日本でも2006年に自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」が山梨県富士山麓にオープンし、現在までに30ヶ所を超えるパークがオープンしています。日本にはまだまだ自然豊かな場所が数多く残っています。自然共生型アウトドアパークを地域活性につなげるにはどんな道筋が考えられるのでしょうか?

  • 地方で戦うための集客戦略とは? 工場テーマパーク「おやつタウン」の狙いを探る!

    地域活性化の手法のひとつとして「工場テーマパーク」が注目を集めています。特に食品製造業は消費者に近い存在であることから、工場を体験型のアミューズメント施設化するだけでなく、製品購入につながるブランディング効果も期待できるのが大きな特長です。今夏開業予定であるおやつカンパニーの「おやつタウン」から、工場テーマパークの集客戦略を探ります。

  • 増え続けるムスリム訪日客、キーワードは「食事」と「お祈り」!

    日本を訪れるムスリム(イスラム教徒)の観光客が増えています。東南アジアや中東に多く住むムスリムは世界人口の1/4にも及び、日本を訪れるムスリムが増えるということは大きなマーケットのチャンスがあると言えます。日本におけるハラル(イスラム)ビジネスの先駆者である佐久間朋宏さんの話からビジネスへの具体的対応を抽出します。

  • SNS時代だからこそ「食」を地域活性化の起爆剤に!

    オンラインビジネスが活発となり、リアルにおけるレジャー産業が転換期にある中、「食」をフックにした誘客が注目を集めています。バーチャルでは得ることのできない「抜きん出た感動消費体験」が食にはあるからです。食を地域活性化へとつなげるにはどのような視点が必要なのでしょうか? 横濱カレーミュージアムを成功させたテーマパークプロデューサーの池澤守さんのセミナーからひもときます。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • ニッポンブランドの食品をもっと世界へ! 商品開発、流通からブランディングまで

    先日終えたばかりの日米貿易交渉の初協議。いまやTPPやEPAといったワードが日常で当たり前のように使われるようになってきました。日本の中小企業は海外進出にこれまであまり積極的ではない傾向にありましたが、その壁を一刻も早く打ち破らなければならない状況にあります。今回の記事では日本の食品を海外にいかに広めるかについて、47CLUBやJETROでの施策や実績をもとにその課題解決法をひもといていきます。

    2019年4月19日

    イベントレポート

  • 「求職者はお客様!」 飲食店の離職率を下げるための面接とは?

    人手不足が深刻です。中でも飲食業界は人材が定着しにくく、また最も採用が難しい業界と言われています。人材が定着するかどうかは、応募してもらう前段階のお店の対応が鍵を握っています。飲食店の求人への応募者は、まず自分が働こうとしているお店のスタッフやウェブでの対応をよく見ているからです。

    2019年4月17日

    イベントレポート

  • 地域金融機関&取引先が全国・世界につながっていく。Big Advanceがさらなる進化!

    「金融サービス革命で地域を幸せに」をコンセプトに、地域金融機関の取引先企業ネットワークとIT企業の技術を融合し、経営に関わる情報をワンストップで提供するクラウドサービス「Big Advance」。横浜信用金庫が昨年4月に導入した「Yokohama Big Advance」から始まり、約1年で全国の9金融機関が参加、共同運営で広域連携へと広がることになりました。

    2019年4月10日

    イベントレポート

  • なぜあなたの情報発信は訪日外国人に刺さらないのか?

    外国人旅行客を呼び込むためには積極的な情報発信が欠かせません。しかし外国人の心をつかむためには、彼らの求めている情報を適切な形で発信する必要があります。それでは外国人はどのような情報を求めているのでしょうか? 訪日外国人向けウェブマガジン「MATCHA」からのレポートです。

    2019年4月5日

    イベントレポート

  • ベテラン訪日客の増加にどう対応する? キーワードは「軽量化」と「ストレスフリー」

    ラグビーワールドカップはこれからの日本のインバウンドを大きく変えるほどのインパクトを持っています。ラグビーの観戦に訪れる40万人はほとんどが欧米豪州からの訪日客だからです。一方、「訪日旅行者の成熟化」や「中国インバウンドの変調」などによりインバウンド消費が減速していることは大きな懸念材料です。ではいかにしてマイナスをプラスに変えればいいのでしょうか? そのヒントを探ります。

    2019年4月3日

    イベントレポート

  • もっと女性のバス運転手を!/第2回女性バス運転手の会レポート

    慢性的な運転手不足の状況にあるバス業界。人材登用にあたっては女性の活躍が不可欠ですが、バス運転手のうち女性の比率は1%台しかありません。そんな中、バス運転手不足問題の解決と、働き方改革に関する女性採用促進を目的とし、現役女性バス運転手とバス運転手に興味のある女性が語り合うイベント「第2回 女性バス運転手の会」が開催されました。

    2019年4月1日

    イベントレポート

  • スポーツイベントは大きなチャンス! 訪日欧米豪人を取り込むための秘訣

    今年から2020年にかけ、ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックという大きなスポーツイベントが開催される日本。訪日観光客の消費を促すためには、これらのビッグイベントをスポーツツーリズムへと昇華させたいところです。ここで意識しておくことはリサーチや分析。コト消費がメインである欧米圏の外国人に対してはこれまでのやり方を変えることで効果は上がります。プロモーションの前に情報源の根っこを押さえることが重要なのです。

    2019年3月29日

    イベントレポート

  • 同じ方法はもう通用しない。 2019年、インバウンドを再定義せよ!

    訪日外国人は2018年に3000万人を超え、一見するとインバウンド産業は順調に伸びているように見えますが、実は様々な課題を抱えています。消費額は足踏み状態であり、一人あたりの旅行消費額はマイナスになっています。訪日外国人が訪れるのは東京や京都、北海道など特定地域に片寄っており、地方への分散には至っていません。2020という目標を前に、インバウンドビジネスは意識のアップデートを迫られています。

    2019年3月27日

    イベントレポート