増え続けるムスリム訪日客、キーワードは「食事」と「お祈り」!

慣習を理解することで可能性が広がる大マーケット/レジャージャパン2018

2019年1月17日
日本を訪れるムスリム(イスラム教徒)の観光客が増えています。東南アジアや中東に多く住むムスリムは世界人口の1/4にも及び、日本を訪れるムスリムが増えるということは大きなマーケットのチャンスがあると言えます。日本におけるハラル(イスラム)ビジネスの先駆者である佐久間朋宏さんの話からビジネスへの具体的対応を抽出します。

一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 代表理事の佐久間朋宏さん。ハラル(イスラム)ビジネスに関して年間100本以上の講演や企業研修を行っている。ハラルビジネスの推進や企業のサポートのスペシャリストとして活躍している

 テーマパークやライブ・演劇、レジャースポーツ産業を網羅した専門展「レジャージャパン2018」が2018年12月5~7日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

 「レジャージャパン2018」は、テーマパークやレジャー施設の開発・運営のための設備・サービスの専門展「テーマパークEXPO」、ライブハウス・劇場・ホール向けの設備・サービスの専門展「ライブ&シアターEXPO」、レジャースポーツ・アウトドア向け設備・機器・サービスの専門展「レジャー&アウトドアEXPO」の3つの展示会で構成され、合計150社以上が出展、来場者は3日間で18,902名を記録しました。

 各専門展のテーマに応じたセミナーも多数開催され、第一線で活躍している講師によりレジャー産業における最新トレンドのツボをおさえた講義が行われました。

 今回の記事では12月6日に開催されたセミナー「イスラム教徒の理解とインバウンドの基礎 ―食べ物・お祈りから学ぶー」(講師:佐久間朋宏さん/一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 代表理事、サポート:野本康仁さん/株式会社丹青社 企画開発センター2部 部長)より、増え続けるムスリム訪日客への対応の中でも特に大切なポイントについてレポートします。

ムスリム訪日客がもたらす大きなマーケット

 日本を訪れるムスリム(イスラム教徒)の観光客が増えています。東南アジアや中東に多く住むムスリムは世界人口の1/4にも及び、日本を訪れるムスリムが増えるということは大きなマーケットのチャンスがあると言えるでしょう。

 今回のセミナー講師である佐久間さんは一般社団法人 ハラル・ジャパンの代表理事。ハラル(イスラム)ビジネスに関して年間100本以上の講演や企業研修を行っており、ハラルビジネスの推進や企業のサポートのスペシャリストとして活躍しています。

 「イスラム教徒は世界中にいます。特にマレーシア、インドネシア、シンガポールからは通年でムスリム訪日客が来るため、大きなマーケットとなることが期待できます」。佐久間さんはまず、ムスリムをビジネスに取り込むためには彼らの慣習についての理解が重要であることを力説しました。

 例えば、ムスリムは比較的親日的であり、日本の健康や長寿に強い関心を持っていること。他の宗教に比べるとお祈りが1日5回と多く、その理由としてイスラム教には聖職者がいないので自分でお祈りをする必要があるということ。ラマダン(断食)は富めるものも貧しいものも同じようにお腹が空く、つまり平等であるということを示すと同時に、普段の暴飲暴食を浄化する意味もあることなど、日本人とムスリムはだいぶ異なる慣習を持っていることがわかります。

 これらの慣習を理解することがムスリム対応の第一歩だと言えるでしょう。

「ムスリム訪日客にとって重要なのは、買い物をすることよりも日本で食べることができる食事やお祈りスペースの有無です」(佐久間さん)

ムスリムにとって大切なのは「食事」と「お祈り」

 ムスリムの慣習が持つ意味を理解し、きちんと対応することが日本には求められていますが、その中でも「食事とお祈り」には特に気をつける必要があると佐久間さんは強調します。

 ムスリムの食事といえば「ハラル(ハラール)」という言葉をよく耳にしますが、「ハラル」とは食べ物(ハラルフード)のことだけでなく、イスラム教徒にとって良いこと(合法なこと)を指しているそうです。

 「ムスリム訪日客にとって重要なのは、買い物をすることよりも日本で食べることができる食事やお祈りスペースの有無です。例えば提供する食事がハラルかそうでないかは、ムスリム本人たちが判断することなので、まずはムスリムへの対応をいろいろとやってみることが大切です」(佐久間さん)

 特に日本を訪れるムスリムは比較的寛容な人が多いので、あまり難しく考えず、英語・ピクトグラム(絵文字)・写真の3つを使うだけでも、食事をすることができるムスリムは増えるだろうと佐久間さんは話します。

日本に求められている「お祈りスペース」とは?

セミナーのサポートを務めたのは施設の空間づくりを手がける丹青社の野本康仁さん。丹青社はインバウンド対応のユニット型礼拝室「WANOMA(和の間)」を開発

 ムスリムにとって食事とともに重要なのが「お祈り」。日本ではお祈りをするための部屋(お祈りスペース/プレイヤールーム)が用意されていることが少なく、用意されていたとしても施設の空きスペースやバックヤードのようなシンプルすぎる部屋に、必要最低限の設備しかないケースがまだまだ多いと佐久間さんは説明します。

 「お祈りスペースが男女共同だったり、お清めのための洗い場(ウドゥ)が用意されていないなど、ムスリムへの配慮が足りていないケースが多いのが現状です。例えばクアラルンプールではトイレのように男女別々のお祈りスペースが用意されています。ムスリムの女性はお祈りしている姿を見られるのを嫌うこともあるので注意が必要です」

 それではムスリムの求める正しいお祈りスペースとは一体どのようなものなのでしょうか。施設の空間づくりを手がける株式会社丹青社の野本さんは、「ムスリムと日本の文化には共通する部分がたくさんあります。例えば日本人は部屋に入るときは靴を脱ぎますし、神社でお祈りをする前には手を洗って体を清めますよね。これはムスリムも同じです。また植物や自然を取り入れたデザインや言葉の音を好むところもよく似ています」と話しました。

 また野本さんは丹青社の作ったユニットタイプのお祈りスペースである「WANOMA(和の間)」を紹介し、「和のデザインや畳、木の材質などもムスリムの人は日本らしいと受け入れてくれます。ムスリムにとってお祈りは大切なもの。日本はムスリムの国ではありませんが、おもてなしの一つとしてお祈りスペースを整備することで、ムスリムが日本に立ち寄りたくなるきっかけにつながるはずです」とお祈りスペースへの配慮を強調しました。

 最後に佐久間さんは「大学や企業でもお祈りスペースを設置するとことが増えています。きちんとした部屋を作るのは無理でも、例えばパーティションで区切った簡易なスペースを用意するなど、その場にあったお祈りスペースを用意することが大事です。2020年のドバイ万博の次は2025年の大阪万博。そのときにムスリム訪日客を取り込むチャンスを逃さないようにしましょう」と締めくくりました。

 日本国内でも空港や大型の商業施設で見かけることの増えたお祈りスペース。ハラルフードだけでなく、お祈りを含めたムスリムの慣習にしっかりと目を向け、ムスリムが訪れたくなるような日本にしていくことが、彼らを取り込むための重要な鍵になると言えそうです。

2018年12月5~7日の期間、東京ビッグサイトで開催された「レジャージャパン2018」。テーマパークやライブ・演劇、レジャースポーツ産業を網羅し、来場者は3日間で18,902名を記録した

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★レジャージャパン2018 特集

  • SNS時代だからこそ「食」を地域活性化の起爆剤に!

    オンラインビジネスが活発となり、リアルにおけるレジャー産業が転換期にある中、「食」をフックにした誘客が注目を集めています。バーチャルでは得ることのできない「抜きん出た感動消費体験」が食にはあるからです。食を地域活性化へとつなげるにはどのような視点が必要なのでしょうか? 横濱カレーミュージアムを成功させたテーマパークプロデューサーの池澤守さんのセミナーからひもときます。

★おすすめ記事

  • ■ニュース深堀り!■お土産やサニタリーに広がるハラル対応

    ハラル対応の動きが中央から地方へ、食品からさまざまな商品・サービスへと展開するなかで、今後新たな商機が増えると予想される。そこに中小企業にとってのチャンスはあるのか? あるとすればまず何から始めればいいのか? 「やまだ屋」や「廣榮堂」などのハラル認証取得のサポートを手がけ、認証団体の選定・手続きなどのコンサルティングを行なうハラル・ジャパン理事の佐久間朋宏さんに話を伺った。

  • 次に来るのはバスのシェアリング、目指すは旅行業の民主化

    今、ビジネスを大きく成功させるために必要なのは、パイを奪い合うことではなく、新たなパイを生み出す「新業態」の開発です。では、どうすれば成功する新業態を生み出すことができるのでしょうか? 急速に広がるシェアリングビジネスに登場したのが、貸切バスの手配を手がける「ワンダートランスポートテクノロジーズ株式会社」です。代表取締役の西木戸秀和氏に話を聞きます。

  • もうインバウンド集客で悩まない! 【第1回】

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • インバウンド、次の一手は「フードダイバーシティ(食の多様性)」

    訪日外国人の増加とともに顕在化しているのが、ハラル(ハラール)やベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリーなど、個人の宗教や主義、アレルギーなどによる食の禁忌の問題です。この食の禁忌を認める「フードダイバーシティ(食の多様性)」には多くのビジネスチャンスが埋もれています。

    2019年8月15日

    イベントレポート

  • ブームのパン、おいしいというだけで売るのは難しい時代に

    今、パンがブームです。高級食パンに行列ができたり、カフェチェーンがパン専門店を出店したりするだけでなく、各地でパンのイベントも開催されたりしています。パンの人気は衰える様子をみせません。見方を変えれば、目も舌も超えた消費者を満足させるためには、パン・ベーカリー事業者は相応の方法や工夫を考える必要があります。

    2019年8月13日

    イベントレポート

  • 「売る」のではなく「伝える」〜AKOMEYA TOKYO〜

    サザビーリーグが展開する「AKOMEYA TOKYO」。お米などの食品や食器など良質の日本の暮らしを消費者に届けるこのブランドは、実店舗とオンラインショップともに人気を得ています。成功をもたらしたポイントは、商品を「売る」のではなく想いを「伝える」ことにありました。

    2019年8月5日

    イベントレポート

  • お店はメディアだ! “エンターテイメント”としての売り場を創造する

    2015年にリニューアルした銀座伊東屋本店。そこで行なった改革は、従来の「商品を買う店舗」から「過ごせる店舗」へと変化させ、自分の場所や心地よい空間の提供を目指すものでした。ネットがものを買う場所になっている現在、店舗はメディア(伝える場所)となることが必要です。リアル店舗はメディアとしていかにお客様を楽しませることができるかがポイントになります。

    2019年8月2日

    イベントレポート

  • ワークライフバランスの第一歩は、自分の成長と人を活かすこと!

    「働き方改革」「ワークライフバランス」という言葉が広まってずいぶんと経ちますが、育休などのあり方についてはまだ十分な対策がなされているとは言えません。佐々木常夫さんは、自閉症の長男と肝臓病とうつ病で43回の入院と3回の自殺未遂を起こした妻の世話をしながら、株式会社東レの取締役に同期トップで就任した経歴の持ち主で、現在は書籍の執筆や講演などにも活躍しています。ハードな仕事をこなしつつも、家族との時間を確保できたワークライフバランスの秘訣とは一体どのようなものだったのでしょうか?

    2019年7月22日

    イベントレポート

  • RPAしくじり先生が語る、RPA導入と働き方改革の関係とは?

    各企業がこぞって導入を検討しているRPA。働き方改革を進める一手として注目されています。しかし、一般の社員は経営陣ほど変化を求めておらず、新しいことはやりたくないのでそれほど興味がありません。「気づいたらRPAを使っている状態に持っていくことが重要です」と「RPAしくじり先生」の進藤圭さんは話します。

    2019年7月12日

    イベントレポート

  • メルカリ流、世界で勝つためのグローバル人材確保術!

    スマートフォン1台で身の回りの中古品を簡単に売買することができるフリマアプリ『メルカリ』、グローバルな競争に生き残るためにテックカンパニーとしての取り組みを積極的に行っています。その差別化に必要なのが外国人人材。インドや東欧にも足を運び、優秀な学生を採用しています。彼らを会社に定着させるためにどんな方法を行っているのでしょうか?

    2019年7月10日

    イベントレポート

  • 外国人の「採用」と「定着」は別問題。 長く働いてもらうために今するべきことは?

    2019年4月には入管法が改正され、新たに特定技能が設けられました。在留資格の緩和により、今後も外国人労働者が大幅に増えることが見込まれます。どの企業でも外国人の採用の門戸は広がるはずです。ただし、定着するかは別問題です。

    2019年6月28日

    イベントレポート