「旅行の民主化」への、二つのミッシングリンク

2019年、 高速バス業界は次なる成長分野「観光客市場」を見逃すな!

2019年1月11日
2019年の国内の旅行消費は「意欲的」と予測されています。年間のべ1億1500万人に利用され、鉄道に次ぐ第二の幹線輸送モードである「高速バス業界」ですが、そのプラスの流れを受け止めて市場を拡大することができるのでしょうか? この業界を長く見つめてきた成定竜一さんが、今年の行方を展望します。

高速バス業界は次なる成長分野「観光客市場」を見逃すな!

 2019年は、わが国に高速バスが誕生してから55年目にあたる。この年に、高速バスやその周辺の産業にどのような変化が求められているか、新年に当たり整理したい。
 高速バスは、年間のべ1億1500万人に利用されている。航空国内線が9000万人台であるので、航空を上回り鉄道に次ぐ第二の幹線輸送モードである。内訳は、あくまで感覚値だが、およそ8割が地方在住者の都市への足(地方出身で都市在住者の帰省需要を含む)である。長野県や静岡県から首都圏、岡山県や徳島県から京阪神、熊本県や大分県から福岡など片道100~250km程度の距離を、20~30分間隔と高頻度で運行する昼行路線が中心を占める。パーク&ライドなど地方在住者に特化したサービスを提供し、安定した需要がある。

 約1割が、首都圏~京阪神、名古屋、仙台という大都市間路線である。路線長が350km(約5時間)を超えるため夜行便が中心で、かつ、ウェブマーケティング活用により2005年頃から急成長した背景も加わり、体力がありコスト重視の若者が中心だ。豪華座席、女性向けサービス、逆に「格安」便など、多様化した商品をウェブ上で比較検討しながら予約する市場である。

 「地方→大都市」市場は安定しているが、中長期的には沿線人口の減少という脅威を抱える。「大都市←→大都市」市場は若年層に限定されることから常に顧客が入れ替わっており(仮に大学4年間のみ夜行高速バスを帰省や就職活動に活用するとするなら、顧客の4分の1が毎年入れ替わる計算)、バスどうしの競合もあってマーケティング負荷が大きい。

 そして、残りの1割ほどが、観光需要だ。「バス=観光」イメージとは裏腹に、観光客の高速バス利用は決して多くない(「バス=観光」イメージは、貸切バスを使うバスツアーや団体旅行から生まれたものだ)。高速バス業界は、「地方→大都市」、「大都市←→大都市」市場をすでに握っているのだから、この「大都市(あるいはその背後にある海外)から全国津々浦々へ」という観光客市場が、次なる成長分野になるであろうことは容易に想像できる。

観光産業は予約サイトによる旅の多様化に対応できているのか?

 一方、旅行業界を中心とした観光(ツーリズム)産業に目を転じると、戦後以来、同産業の成長を支えてきた団体旅行やパッケージツアー中心のあり方が、限界を迎えている。近年、宿泊施設の販売が「紙」ベースの既存旅行会社から「ウェブ」すなわちOTA(Online Travel Agent。予約サイト)中心に変わったことで、旅行者が手にする情報が一気に増加し比較検討が容易になった。それに応じて、宿泊施設は、従来の「金太郎あめ」から脱却し多様化が進みつつある。自家用車やレンタカーによるクルマ旅行については、旅程の作成が比較的容易で、カーナビゲーションの普及も追い風となり、旅行者一人ひとりの興味関心に基づいた、個性的で自由な旅行を楽しめる環境が定着した。

 だが、「非クルマ旅行」については状況が複雑だ。旅行者の旅慣れが進み、またウェブを通して事前に把握できる旅先についての情報量が圧倒的に増加したいま、旅行会社のパッケージツアーは「お仕着せ」と受け取られているだろう。特に、総花的に多数の観光地に立ち寄るようなバスツアーは、旅行者に飽きられてしまっている。2000年以降、たまたま貸切バス分野の規制緩和により貸切バス運賃(チャーター代)が下がったことで「格安」を売りに多くの参加者を集めた旅行会社もあった。だが、相次いだバス事故を受け制度が改正され貸切バス運賃が再び上昇したため、「格安」を売りにしたバスツアーは、設定数、催行率ともに再び低下した。

 むろん、職域(社員)旅行や町内会の旅行といった「社会的旅行」は減少し、教育旅行(修学旅行など)は少子化により市場が縮小している。余暇の過ごし方が多様化しており、旅行に行くことそれ自体は、もう旅の目的とはなりえない。旅行者個人の興味関心に基づき、「分化」し「深化」した旅行を提供しなければ旅に出てもらえなくなりつつある。

 それでも、既存旅行会社は、パッケージツアー販売や団体営業中心から変化できない。「旅行者自身がウェブ上で自由に旅行を組み立てる時代が来る」ともてはやされたダイナミック・パッケージも、一定の規模には到達したが、日本人の旅行スタイルを変えるとまでは、とうてい至っていない。

高速バス業界とツーリズム産業、なぜリンクできないのか?

 個人旅行化の圧力にさらされるツーリズム産業。個人化する観光客こそ次の成長分野とみる高速バス業界。つながりそうでつながらない輪に、ここ数年、筆者はジレンマを感じ続けている。輪がつながらないのは2ヶ所だ。

 一つは、旅行流通のあり方だ。たしかに、鉄道やバスの時刻を調べたり宿泊を手配したりするのはウェブ上で旅行者自身が行えるようになった。だが、どんなに使いやすいウェブサイトやアプリが構築されても、一般の旅行者にとってハードルが高いのが、「旅程の作成」である。ダイナミック・パッケージも、種々の経路検索サービスも、けっきょくは「クローズ質問」だ。どこに行きたい、いつ行きたいと具体的な条件があって初めて、これらのサービスは最適な解を提示してくれる。

 しかし、ごく一般的な旅行者にとって難しいのは、それより手前のフェーズである。たとえば、クルマを運転しない女性が友人と旅行を計画する。女性誌で北海道旅行特集を見て、「富良野や美瑛に行きたい。旭山動物園も行ってみたい。小樽でお寿司も食べたい」と思ったときに、それは1泊で回れる行程なのか、2泊3泊の必要があるのか。その場合、どこで宿泊すれば効率よく回ることができるのか。経路検索サービスを駆使したとして、素晴らしい旅程を簡単に組めるだろうか? 

 もう一つの課題が、そのような旅行に向いた旅行素材が不足していることだ。つまり、着地型ツアー、あるいは二次交通としての高速バス。実は、高速バスとバスツアー(従来からの発地型ツアー)とは、見た目が似ているのと裏腹に事業モデルは正反対だ。前者が、出張や帰省など目的があって移動する人向けのサービス(前述のとおり観光客も乗車するが、あくまで目的地が先に決まっていてそこへの足として選択している)であるのに対し、後者は、特段の目的意識がない客に「行ってみよう」と思わせることで集客する。前者は、365日、それも一日に何往復も運行する必要があり固定費が大きいものの、軌道に乗ればさえ安定した需要を見込める。一方で後者は、特定の日だけ催行すればいいが、毎回、集客にリスクを抱える。前者が「農耕モデル」なら、後者は「狩猟モデル」だ。

 そうとらえると、いま求められている着地型ツアーや二次交通は、毎日(少なくとも一定期間、あるいは特定の曜日に)安定して催行、運行する必要があるから固定費はそれなりに大きいにもかかわらず、季節や曜日による需要波動も大きい。同じ内容であれば飽きられるから商品内容を入れ替えたり多様化したりする必要もあり、当たりはずれのリスクを負う。「農耕」の固定費の大きさと、「狩猟」の不安定さの両方を同時に抱えているのだ。

 一つ目の「旅程作成の困難さ」すなわち旅行流通のあり方における課題と、二つ目の「着地型ツアーや二次交通不足」に代表される旅行素材のあり方における課題は、「ニワトリと卵」の関係で、デッドロックの状態にある、というのが筆者の見立てだ。話題の「観光支援型MaaS」も、どちらかといえば後者の問題解消(小さい固定費で安定したサービスを提供する環境づくり)に寄与するだろうが、ネットワーク外部性を発揮しこの国の旅行の姿を変えるまでに至るかどうか、現時点では未知数だ。

高速バス業界が観光に挑戦するタイミングは今!

 高速バスを運行する事業者のほとんどが地域での路線バス事業を本業としており、彼らの使命感は、「地元住民の足の維持」に向いている。しかし、外部から観光客を呼ぶこともまた、今では地元への重要な貢献の一つになりつつある。「自画像」を描き替えろとは言わないが、観光という色を一つ、その自画像に上塗りする必要がある。かたや、旅行会社をはじめとするツーリズム産業は「昭和の旅行スタイル」への郷愁を忘れられず、彼らへのアンチテーゼとして登場したはずの国内OTAも、成し遂げた成長と引き換えに、既存のツーリズム産業への挑戦心を失いかけているように見える。

 誰もが、一人ひとりの興味と関心に基づいて自身で旅程を組み、オーダーメイドの旅行を簡単に楽しむことができる環境。言い換えれば、「旅行の民主化」。実現への道程は長くとも、実現を信じて進むよりほかない。

★関連リンク

★成定竜一の連載

  • 着地型ツアーのダークホース? 「観光タクシー」の可能性

    インバウンドを加速させるために、着地型旅行や個人旅行をより活性化することが求められています。しかし旅先における二次交通の不在がそれを阻んでいます。二次交通の代表であるタクシーがサービス業としての役割を果たせるなら? 観光需要を掘り起こす道筋を高速バスマーケティング研究所代表の成定竜一さんが探ります。

  • どうする?事業承継! 貸切バス業界の今すぐ取り組むべき課題

    中小企業の事業承継は日本全体の大きな課題です。バス業界も同様ですが、これまで事業承継はほとんど問題となってきませんでした。しかし、今後は一気に急増することが予測されます。その解決の一助となるのが、貸切バス事業者を対象にした「事業承継支援プログラム」です。

  • どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~

    高速バスを運行するバス事業者は、地元で幅広く生活関連産業を展開する「地元の名士」が多い。地元の中小企業経営者にとっては雲の上の存在になってしまっていて、その声を拾い上げることさえできていない。一方、デスティネーション側には、バスは、七福神が乗ってくる「宝船」のように、海の向こうから宝物を乗せてやってくる有難い存在だという誤った認識がいまだに残っている。

  • 新たな「フェニックス族」――都市と地方の新たな関係

    高速バスの歴史を考える際のキーワードの一つに「フェニックス族」という言葉がある。鉄道だと大回りで相当時間がかかる宮崎~福岡間で、宮崎交通と西鉄らが、共同運行の高速バスを運行開始したのは1988年だ。次々に増便を繰り返し現在では29往復という人気路線に成長した

執筆者: 成定竜一 - 高速バスマーケティング研究所株式会社代表
高級都市ホテルチェーンを退社後、06年に楽天バスサービス株式会社に入社。楽天トラベル「高速バス予約」サービスの事業責任者を経て、同社取締役に就任する。11年に退職すると、高速バスマーケティング研究所を設立。国土交通省「バス事業のあり方検討会」委員(10年度)、「国内観光の振興・国際観光の拡大に向けた高速バス・LCC等の利用促進協議会」(15年度~)などを歴任する。

コラム新着記事

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

    2019年4月8日

    コラム

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム