2019年、私は必ずこれをやり切ります!

2019年1月9日
「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。年明け1本目では、2019年の抱負を語ってくれました。ベンチャーそして中小企業経営者ならではの思い切りのいい目標設定、まさに猪突猛進あるのみです!

 新年おめでとうございます。クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻です。
本年も本コラムをどうぞよろしくお願いします。

 2019年は激動の幕開けでしたね。
 日経平均株価の下落に始まり、円高が一気に進みました(これを書いている1/4時点)。暗雲立ち込める予感のするスタートとなりました。予兆は昨年から出ていて、あんなに好調だったGAFA株が昨年10月から下落し始め、アジア、そして世界経済に波及し始めました。今年の日本経済は不況になるという予測をしているエコノミストも少なくありません。消費税も10%に増税される見込みから、消費の落ち込みが中小企業に与える影響は少なくないでしょう。それに伴い、中小企業の投資意欲も減衰し、ITをはじめとした設備投資も減少すると予想されます。

 と、ここまで書きましたが、弊社のようなベンチャー企業が自社の業績を外部要因のせいにしてはいけません。もちろん、経済の状況により多少の売上の変動はあるのでしょうが、それくらいはベンチャーらしいガッツと知恵とスピードでカバーしなければなりません。

 2019年も業績急拡大を目指し、全力で頑張りたいと思います。

 私の年末年始というと、経営計画を立てたり、「今年やること100個」を考えたりなど、様々な目標を立てています。経営者は大きく2種類の目標を立てなければいけません。一つは、会社の目標。もう一つは、自分自身の目標。そのどちらも成長させなければなりません。

 今回のコラムでは、自分自身の成長に向けた目標に関して、その中から2つお話ししたいと思っています。

 1つは、大胆にも、昨年よりも20%アップの目標を自身に課しました。今年はこれまでにないくらい自分自身に厳しくいこうと思っています。

 なぜ20%なのか。
 それは、20%アップすると「人は変わった」と気づくようになるからです。こんな話があります。1m(メートル)の棒をもち、それを見せます。いったんその棒を隠し、次に1.1mの棒を見せます。長さが変わったと感じるかを問うと、ほとんどの人は変わらないと答えます。次に、1.2mの棒を見せると、急にみんな長さが変わったと答えるようになります。つまり、20%の差が出ると、人は変わったことに気づくのです。

 この原理を目標に設定しました。変わったと感じられるように、20%アップを目標に設定したのです。まぁ、正直のところ、理由なんてどうでもいいのですが、もっともらしい理由があるほうが後で自分が納得できるかと思った次第です。

 さて、20%アップの目標を設定したものをいくつかお伝えしましょう。

 まずはジョギングの距離です。私は、週に4、5回、朝にジョギングをしています。昨年は、年間で1,057㎞(平均88.1㎞/月)走りました。これの20%アップということで、今年は、約1,270㎞(平均105.7㎞/月)を走破しようと思います。

 続いて読書。月に10冊読んでいたものを、月12冊にします。

 次はコラムなどのアウトプット。月に1本書いていましたが、これの20%アップというと、月1.2回≒1回となり変わりませんので、思い切って月4回(週1回)とします。本コラムに加え、何らかの形であと3本をアウトプットしてまいります。

 これらを達成するには時間を作らねばなりません。
 時間を作るためには、スピードアップと他の時間を削ることです。
スピードアップは、ジョギングのスピードを上げる/読書スピードを上げるというものです。ほかの時間を削るということは、無駄なことを徹底的に排除する、つまりデトックスです。思い切って、やらないことを決めるのです。これまで、惰性のようにやっていたこと、将来のビジョン達成に関係のないものをばっさりと切り捨て、時間を作り出します。

 ところで、なぜ自分により厳しくいこうとしたのかといいますと、冒頭で話した通り、2019年は経済も厳しいものになるかもしれません。そういうときは想像もしていなかったことが起こる可能性もあります。そんな時に、焦らず、落ち着いて知恵を出し行動するためには、自分自身が強くなければなりません。だからこそ、より強い自分になるために、ちょっと厳しめに自分を律するような目標を立てました。これまでの20%アップはなかなか厳しい目標です。今年一年、ちょっと憂鬱です(笑)。

 2つ目の目標に関してお話ししたいと思います。

 大胆な目標設定してみようかと思っています。昨年、ZOZOの前澤さんが月に行くなんて言うとんでもないことを発表されたので、大人だって大胆なことを言ってもいいのだという雰囲気ができたと思っています。私もその波に乗って、いろいろ大胆なことを考えていきたいと思います。

 その中の一つとして、今年の目標に掲げたのが、「TVに出ること」。
これまで、ニュース番組の取材で弊社に来られたことがあり、何度か出演したことがありますが、ほんの一瞬です。今年は、そんな陽炎のような放映時間ではなくって、ちゃんとじっくりと放映されるような番組に出たいと思います。

 さて、いつTVの取材が来てもいいように、美容院に行ってきます(笑)。

 それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

★関連リンク

★江尻高宏の連載コラム

  • どこに“期待”をするべきか?

    コミュニケーションの達人、「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。今回は具体的な方法論から少し話題を変え、対人関係における心の有り様について考えます。テーマは「相手への期待」です。

  • 今どきの新人は電話恐怖症でウツになる!? そして退職!?

    「電話恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか? 電話が鳴ると、緊張して動悸がしたり、ひどいとパニックになったりなど、うまく電話が取れないというものです。この「電話恐怖症」、今どきの新入社員(新人)に増えてきているということをご存知でしょうか?

  • 電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

    自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

執筆者: 江尻高宏 - 株式会社シンカ代表取締役社長
関西大学大学院工学研究科修了後、株式会社日本総合研究所に入社。金融系の情報システム開発に従事し、広範囲の開発プロジェクトに参画、チームリーダやプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。営業、マーケティング、商品戦略を中心に、中小IT企業向けのコンサルティングに注力。特にクラウドビジネス分野に強く年間約20本の講演を担当。2014年1月に株式会社シンカを設立。「おもてなし電話」をはじめ、クラウドサービスを中心にITを世界に広めることに注力している。

コラム新着記事

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

    2019年4月8日

    コラム

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム