2019年、私は必ずこれをやり切ります!

2019年1月9日
「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。年明け1本目では、2019年の抱負を語ってくれました。ベンチャーそして中小企業経営者ならではの思い切りのいい目標設定、まさに猪突猛進あるのみです!

 新年おめでとうございます。クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻です。
本年も本コラムをどうぞよろしくお願いします。

 2019年は激動の幕開けでしたね。
 日経平均株価の下落に始まり、円高が一気に進みました(これを書いている1/4時点)。暗雲立ち込める予感のするスタートとなりました。予兆は昨年から出ていて、あんなに好調だったGAFA株が昨年10月から下落し始め、アジア、そして世界経済に波及し始めました。今年の日本経済は不況になるという予測をしているエコノミストも少なくありません。消費税も10%に増税される見込みから、消費の落ち込みが中小企業に与える影響は少なくないでしょう。それに伴い、中小企業の投資意欲も減衰し、ITをはじめとした設備投資も減少すると予想されます。

 と、ここまで書きましたが、弊社のようなベンチャー企業が自社の業績を外部要因のせいにしてはいけません。もちろん、経済の状況により多少の売上の変動はあるのでしょうが、それくらいはベンチャーらしいガッツと知恵とスピードでカバーしなければなりません。

 2019年も業績急拡大を目指し、全力で頑張りたいと思います。

 私の年末年始というと、経営計画を立てたり、「今年やること100個」を考えたりなど、様々な目標を立てています。経営者は大きく2種類の目標を立てなければいけません。一つは、会社の目標。もう一つは、自分自身の目標。そのどちらも成長させなければなりません。

 今回のコラムでは、自分自身の成長に向けた目標に関して、その中から2つお話ししたいと思っています。

 1つは、大胆にも、昨年よりも20%アップの目標を自身に課しました。今年はこれまでにないくらい自分自身に厳しくいこうと思っています。

 なぜ20%なのか。
 それは、20%アップすると「人は変わった」と気づくようになるからです。こんな話があります。1m(メートル)の棒をもち、それを見せます。いったんその棒を隠し、次に1.1mの棒を見せます。長さが変わったと感じるかを問うと、ほとんどの人は変わらないと答えます。次に、1.2mの棒を見せると、急にみんな長さが変わったと答えるようになります。つまり、20%の差が出ると、人は変わったことに気づくのです。

 この原理を目標に設定しました。変わったと感じられるように、20%アップを目標に設定したのです。まぁ、正直のところ、理由なんてどうでもいいのですが、もっともらしい理由があるほうが後で自分が納得できるかと思った次第です。

 さて、20%アップの目標を設定したものをいくつかお伝えしましょう。

 まずはジョギングの距離です。私は、週に4、5回、朝にジョギングをしています。昨年は、年間で1,057㎞(平均88.1㎞/月)走りました。これの20%アップということで、今年は、約1,270㎞(平均105.7㎞/月)を走破しようと思います。

 続いて読書。月に10冊読んでいたものを、月12冊にします。

 次はコラムなどのアウトプット。月に1本書いていましたが、これの20%アップというと、月1.2回≒1回となり変わりませんので、思い切って月4回(週1回)とします。本コラムに加え、何らかの形であと3本をアウトプットしてまいります。

 これらを達成するには時間を作らねばなりません。
 時間を作るためには、スピードアップと他の時間を削ることです。
スピードアップは、ジョギングのスピードを上げる/読書スピードを上げるというものです。ほかの時間を削るということは、無駄なことを徹底的に排除する、つまりデトックスです。思い切って、やらないことを決めるのです。これまで、惰性のようにやっていたこと、将来のビジョン達成に関係のないものをばっさりと切り捨て、時間を作り出します。

 ところで、なぜ自分により厳しくいこうとしたのかといいますと、冒頭で話した通り、2019年は経済も厳しいものになるかもしれません。そういうときは想像もしていなかったことが起こる可能性もあります。そんな時に、焦らず、落ち着いて知恵を出し行動するためには、自分自身が強くなければなりません。だからこそ、より強い自分になるために、ちょっと厳しめに自分を律するような目標を立てました。これまでの20%アップはなかなか厳しい目標です。今年一年、ちょっと憂鬱です(笑)。

 2つ目の目標に関してお話ししたいと思います。

 大胆な目標設定してみようかと思っています。昨年、ZOZOの前澤さんが月に行くなんて言うとんでもないことを発表されたので、大人だって大胆なことを言ってもいいのだという雰囲気ができたと思っています。私もその波に乗って、いろいろ大胆なことを考えていきたいと思います。

 その中の一つとして、今年の目標に掲げたのが、「TVに出ること」。
これまで、ニュース番組の取材で弊社に来られたことがあり、何度か出演したことがありますが、ほんの一瞬です。今年は、そんな陽炎のような放映時間ではなくって、ちゃんとじっくりと放映されるような番組に出たいと思います。

 さて、いつTVの取材が来てもいいように、美容院に行ってきます(笑)。

 それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

★関連リンク

★江尻高宏の連載コラム

  • どこに“期待”をするべきか?

    コミュニケーションの達人、「おもてなし電話」の江尻高宏さんの連載コラム。今回は具体的な方法論から少し話題を変え、対人関係における心の有り様について考えます。テーマは「相手への期待」です。

  • 今どきの新人は電話恐怖症でウツになる!? そして退職!?

    「電話恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか? 電話が鳴ると、緊張して動悸がしたり、ひどいとパニックになったりなど、うまく電話が取れないというものです。この「電話恐怖症」、今どきの新入社員(新人)に増えてきているということをご存知でしょうか?

  • 電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

    自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

執筆者: 江尻高宏 - 株式会社シンカ代表取締役社長
関西大学大学院工学研究科修了後、株式会社日本総合研究所に入社。金融系の情報システム開発に従事し、広範囲の開発プロジェクトに参画、チームリーダやプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。営業、マーケティング、商品戦略を中心に、中小IT企業向けのコンサルティングに注力。特にクラウドビジネス分野に強く年間約20本の講演を担当。2014年1月に株式会社シンカを設立。「おもてなし電話」をはじめ、クラウドサービスを中心にITを世界に広めることに注力している。

コラム新着記事

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム

  • ドラマ『家売るオンナの逆襲』 シンプルな見せ方で同時代的なテーマを描く快作。

    水曜夜10時から放送されている『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)は、不動産会社を舞台に「私に売れない家はありません」と豪語する女性を主人公としたドラマだ。何より面白いのが、毎話のエピソードにとても同時代的なテーマが込められていること。脚本の大石静は恋愛ドラマの名手として知られるが、今回の作風の根底にあるのは、あらゆる人間の生き方を肯定しようとするダイバーシティ(多様性)だ。

    2019年3月6日

    コラム

  • 経営者が走る理由

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「走ること」。昨日の東京マラソンに参加、あるいは観戦した方なら、そこに大きな物語があることに気がついたはず。経営者にとって「走ること」とは何か? 意外な心象風景が見えてきます。

    2019年3月4日

    コラム

  • 貸切バス業界は「安全の可視化」を!

    今年の2月以降、国内で製造される大型高速バス、貸切バスにはすべてEDSS(ドライバー異常時対応システム)が搭載されることになりました。「非常ブレーキ」と言える装置です。相次いだ事故を受け国がガイドラインを制定し、各メーカーが開発を進めたものです。しかし、搭載したものの、乗客でそれを知っている人はあまりいません。貸切バス業界は乗客にEDSSについて積極的に説明することが求められています。

    2019年3月1日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑦『演技と演出のレッスン 魅力的な俳優になるために』

    「芝居がかっている」「演技が上手い」というと、ビジネスでは0点の評価です。というより、日常コミュニケーションの場でも、大概はだめな方です。しかしなお、「ビジネスも俳優じみていこう! 意識的にそういこう!」というのが今回のすすめです。俳優という生産性のまるでなさげな、ビジネスの対極にいるような人の真似をしてみましょう、という話をします。

    2019年2月25日

    コラム

  • 株式会社シンカが行っている社内の有機的組織の実験

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「社内プロジェクト」。HANJO HANJOのメインテーマのひとつである「社内コミュニケーション」にもつながる取り組みは、会社をどう活性化させたのでしょうか?

    2019年2月6日

    コラム

  • TVドラマ『ハケン占い師アタル』 現代において「働くことの意味」を燻り出す問題作!

    木曜夜9時から放送されている『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)は、会社が舞台の連続ドラマだ。毎回、一人ひとりの社員の悩む姿が描かれるが、占いの能力を持ち人の心の奥底を見ることができるアタルと出会うことで変化していく。脚本の遊川和彦は『女王の教室』や『家政婦のミタ』などを手がける人気作家。今回、会社を描くことで何を見せてくれるのか?

    2019年1月31日

    コラム

  • 利益を貯めていたら成長はありません! 配る経営へ!!

    李日生さんの連載コラム、新年の一本めは企業経営の核である「ヒト・モノ・カネ」についての提言です。このところよく耳にするのが「内部留保」。儲けたカネは最大限に有効活用しなければなりません。ではどんな対応が好ましいのでしょうか? 内部留保の「ヒト・モノ・カネ」への適切な配分を李さんは勧めます。

    2019年1月15日

    コラム