今年読まれた記事ベスト10!

2018年12月27日
今年も残るところあとわずかになりました。2018年に読まれた人気記事ランキングをご紹介します。

===

★★★1 地元が主役の“強烈”なまちおこし、山形・庄内で進化中!【前編】/2018年9月14日

もしまちづくりを成功させるもう一つの可能性があるとしたら? その問いに対する答えを出したのが、山形県鶴岡市で民間企業としてまちづくりを行っている「ヤマガタデザイン」です。9月には山形県庄内地方の魅力を体現する施設がオープンしました。

★★2 マニュアルを革新する! 会社独自のノウハウを「見える化」で組織は進化する/2018年7月6日

マニュアル=読みづらい手引書というイメージを一掃し、新たなサービスとして提供している会社があります。「2.1」は会社に眠っている独自のノウハウをマニュアルによって可視化〜習慣化させ、業務の効率化や社内コミュニケーションの活性化をサポートしています。

★3 タピオカドリンクをもっと身近に〜郊外から攻めて十代の人気を獲得!/2018年5月25日

今年のヒット商品のひとつがタピオカドリンクです。原宿や代官山では海外資本が続々と専門店を出店しています。そんな中、タピオカドリンクを郊外からじわじわと人気商品にしている日本の中小企業があることをご存知でしょうか。
===

■4 地元が主役の“強烈”なまちおこし、山形・庄内で進化中!【後編】/2018年9月18日

山形県鶴岡市のまちづくり会社「ヤマガタデザイン」。代表取締役の山中大介さんは三井不動産を辞めて、東京から鶴岡に移住して会社をおこしました。「地方創生のモデル」と言われているのには理由があります。

■5 IoTを本気で日本に普及させる! 通信インフラを牽引する異色ベンチャー/2018年7月30日

IoTの時代と騒がれている割には、日本でIoT製品を目にすることはあまりありません。この状況を変える通信インフラサービスで注目されているベンチャー企業があります。
===

□6 中小企業こそ導入したい! 最近話題の「RPA」って何?/2018年8月2日

人を採用せず、今いる社員の労働時間も増やさず、人的リソースに対処する。そのための切り札として期待されているのがRPAです。

□7 おもてなしだけでは対応しきれない「言葉の壁」を、ITサービスでカバーする!/2018年11月9日

訪日外国人客の「言葉の壁」を解消できるような製品・サービスが注目を集めました。ARを使ったナビゲーションアプリなどです。

□8 人口400人の離島が生き残り賭ける「着地型観光」/2018年5月14日

淡路島南東の離島「沼島」。着地型観光は確実に成果を上げつつあります。小さな島の生き残りを賭けた挑戦を追いました。

□9 社長業は突然に。経営破綻をV時回復させた「ひとり親方」の覚悟/2018年10月15日

経営不振に陥り、倒産寸前の会社。その窮状を救ったのは職人たちのリーダーであるひとりの職長でした。

□10 <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)/2017年8月2日

水津陽子さんがひとつの業界にしぼって徹底取材するシリーズ。2017年の記事ですが、読み続けられています。
執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

HANJO ニュース新着記事