SNS時代だからこそ「食」を地域活性化の起爆剤に!

食の集客は破壊力が大きい/レジャージャパン2018

2018年12月21日
オンラインビジネスが活発となり、リアルにおけるレジャー産業が転換期にある中、「食」をフックにした誘客が注目を集めています。バーチャルでは得ることのできない「抜きん出た感動消費体験」が食にはあるからです。食を地域活性化へとつなげるにはどのような視点が必要なのでしょうか? 横濱カレーミュージアムを成功させたテーマパークプロデューサーの池澤守さんのセミナーからひもときます。
 テーマパークやライブ・演劇、レジャースポーツ産業を網羅した専門展「レジャージャパン2018」が2018年12月5~7日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

 「レジャージャパン2018」は、テーマパークやレジャー施設の開発・運営のため設備・サービスの専門展「テーマパークEXPO」、ライブハウス・劇場・ホール向けの設備・サービスの専門展「ライブ&シアターEXPO」、レジャースポーツ・アウトドア向け設備・機器・サービスの専門展「レジャー&アウトドアEXPO」の3つの展示会で構成され、合計150社以上が出展、来場者は3日間で18,902名を記録しました。

 各専門展のテーマに応じたセミナーも多数開催され、第一線で活躍している講師によりレジャー産業における最新トレンドのツボをおさえた講義が行われました。

 今回の記事では12月6日に開催されたセミナー「“食”のテーマパーク化の最新動向と地域活性化」(講師:池澤守さん/株式会社池澤守企画 代表取締役 テーマパークプロデューサー、全国やきとり連絡協議会 アドバイザー、にぎわい空間研究所 アドバイザー)より、食による地域活性化のヒントについてレポートします。

テーマパークプロデューサーのの池澤守さん。これまでに、「ナムコ・ナンジャタウン」や「横濱カレーミュージアム」「自由が丘スイーツフォレスト」等、話題の施設の企画プロデュースを手がけ成功させてきた

「食」こそリアルな消費体験

 オンラインビジネスが活発となり、リアルにおけるレジャー産業が転換期にある中、「食」を軸にしたビジネスを展開して成功を収めてきたのが講師の池澤守さんです。

 池澤さんは株式会社ナムコ出身。テーマパーク「ナムコ・ナンジャタウン」やフードテーマパーク「横濱カレーミュージアム」「自由が丘スイーツフォレスト」等、話題の施設の企画プロデュースを手がけ成功させた経歴の持ち主です。2015年より現職に就任し、テーマ型エンターテインメント空間の企画やプロデュース、コンサルティングを行っています。

 池澤さんは「これまではリアルな店舗同士の競合だったが、今はもっと強力なバーチャル(フリーミアムモデル、ソーシャル、モバイル)を相手にしなくてはならない厳しい時代です。フリーミアムとは、基本的なサービスを無料で提供し、場合によっては広告収入で支えつつ、特別な機能やカスタマイズされた付加価値サービスを無償で提供するというもの。そのフリーミアムモデルが増えたことにより、有料でしか提供することができないリアルには無料を凌駕する何かが求められます。直接会って、一緒に遊んでコミュニケーションを楽しむというレジャー消費のニーズは、ソーシャルネットワーク上で満たされています。また暇つぶしのキャッシュポイントはモバイルに奪われているため、わざわざ足を運びたくなるような魅力がリアルのレジャーには必要です」と、レジャー産業の現状について解説しました。

 リアルのレジャーに求められるのは、バーチャルでは得ることのできない「抜きん出た感動消費体験」。そのヒントが今回のテーマである「食」にあると池澤さんは強調します。

 池澤さんによると、今の若い人はSNSというバーチャルでつながりつつ、飲み会や女子会、旅行といった「食」を中心にしたリアルでもつながっているとのこと。したがって、食をテーマ化した企画を起こし、話題を創出して集客できれば、地域活性化へとつなげることも可能であると池澤さんは話しました。

フードテーマパークで実証された集客力

食は老若男女、趣味嗜好を問わず集客できるテーマ。一坪当たり年間2000~10000人集客できる食は破壊力が大きい

 それでは「食」には実際にどれくらいの集客力があるのでしょうか?

 池澤さんは自身が手がけてきた「横濱カレーミュージアム」と「ナンジャ餃子スタジアム」を事例として取り上げました。

 横濱カレーミュージアムは横浜・伊勢佐木町に作られた娯楽ビルの上階に、カレーの名店を集結させたフードテーマパークです(2007年閉館)。このスタイルはラスベガスのカジノにヒントを得たと池澤さんは話します。

 「ラスベガスでは、ホテルで集客しカジノにお金を落とさせています。食を使って集客し、娯楽施設で集金をする。それが横濱カレーミュージアムを作ったきっかけになっています」

 横濱カレーミュージアムはテレビや雑誌に取り上げられたことで一気に話題となり、初年度来場者は168万人を記録。また、プロムナード効果によって、地元商店街である伊勢佐木モールへ足を運ぶ人も前年比130%に達しました。これは食が娯楽になるフードエンターテインメント市場の創出と言えるでしょう。

 また「ナンジャ餃子スタジアム」は2000年頃低迷していた「ナムコ・ナンジャタウン」の集客のために作られたフードテーマパーク。日本各地のご当地餃子を集結させたことが大きな話題となり、前年度115万人だったナンジャタウンの来場者はオープン年度には197万人に増加、さらに翌年は230万人にまで増えたそうです。

 「食は老若男女、趣味嗜好を問わず集客できるテーマです。また面積あたりの集客力も高く、一坪当たり年間2000~10000人集客できます。これは大型テーマパークの数十~数百倍。それだけ食の集客は破壊力が大きいと言えます」

SNS時代こそ集客に食を活用すべし!

インスタ映えがトレンドの現在、食のおいしさよりも華やかさやインパクトが重視される

 ただし食のテーマパーク化にもトレンドがあります。2000年頃のフードテーマパークに始まり、B級グルメ、ショッピングセンターのフードコート充実や名店の誘致、食品メーカーのミュージアムやアンテナショップの登場、肉フェス、キャラクターカフェなど、時代の流れとともに食のトレンドは大きく変化しています。

 そして今はのトレンドはご存知の通り「インスタ映え」。普段あまりお金を使わない若者が、「インスタ映え」や「いいね」のためにお金も時間も使う時代です。食のおいしさよりも華やかさやインパクトを重視。どこかに出かけたついでに食の写真を撮るのではなく、「インスタ映え」する食を目的に出かける人が増えています。

 池澤さんはSNSの「いいね」のために必要なものが6つあると説明しました。「まずはインスタ映えメニューが生み出せるか否か、オシャレ・カラフル・大きい・意外などがキーワードになります。2つ目は肉フェスのような仲間とシェアして楽しめるライブな共感。3つ目は自分だけの食が楽しめるパーソナライズ。4つ目は漫画やアニメなどのキャラクター活用。5つ目は一つのジャンルにこだわること。ピーナッツ三昧で有名な木更津の道の駅・うまくたの里やワンカップ酒を集めた恵比寿のバーのような形態ですね。そして最後は熱心なファンに楽しんでもらい拡散してもらうアンバサダーマーケティング。これらがSNS時代の食に求められるものです」
 さらに今後はリアルとバーチャルを融合した「リバーチャル空間」が食の可能性を広げると見ている池澤さんは、最後に「遊びというのは飽きられます。常に驚きに挑戦しないと勝ち残れません。斬新さ、意外性、嬉しい驚きを次々と生み出し、食の力でリアルビジネスの活性化を仕掛けましょう」と締めくくりました。

 現在は食べること以上に「食」そのものが娯楽になっている時代です。時代の流れとともに移り変わる食のトレンドを読み取り、うまく自分のビジネスに取り込むことこそが、集客の可能性を大きく広げる起爆剤となるのではないでしょうか。

2018年12月5~7日の期間、東京ビッグサイトで開催された「レジャージャパン2018」。テーマパークやライブ・演劇、レジャースポーツ産業を網羅し、来場者は3日間で18,902名を記録した

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★おすすめ記事

  • 地元が主役の“強烈”なまちおこし、山形・庄内で進化中!【前編】

    地方創生の必要が叫ばれてもう何年も経ちます。日本各地で様々な取組みが行われてきましたが、なかなか結果を導き出せていません。その要因のひとつは、誰が主体的にまちづくりに関わるのか? ということにあるかもしれません。もしまちづくりを成功させるもう一つの可能性があるとしたら? その問いに対する答えを出したのが、山形県鶴岡市で民間企業としてまちづくりを行っている「ヤマガタデザイン株式会社」です。9月19日には、山形県庄内地方の魅力を体現する施設がオープンします。

  • 人口400人の離島が生き残り賭ける「着地型観光」

    兵庫県南あわじ市の離島「沼島」は淡路島の南東、紀伊水道に浮かぶ周囲約9.53kmの小さな島です。かつては「沼島千軒金の島」と称えられるほど繁栄をみましたが、近年は衰退傾向にあります。そんな中、2007年沼島で始まった交流人口拡大による地域活性化の取り組み。沼島の着地型観光は確実に成果を上げつつあります。小さな島の生き残りを賭けた挑戦を追います。

  • 生牡蠣を世界ブランドに変えるコンサルティング!挑戦こそが企業を再生させる

    欧米に比べて保守性が語られることが多いのが日本企業です。しかし、そんな日本の企業文化に、風穴を開けようとするスタートアップのコンサルティング企業があります。それは「挑戦」と「蓄積」を組み合わせた社名を持つ「TRYFUNDS(トライファンズ)」です。いま手がけるのは上場後わずか2年で債務超過に転落していた牡蠣の生産販売会社の立て直しです。そこには一体どんな挑戦があるのでしょうか。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 消費者の今を知るために。リアルもデータでとらえる「OMO」に移行せよ!

    ECサイトの著しい成長は、オンラインで収集したデータのマーケティング活用を可能にしました。しかし日本での購買活動は90%以上がリアル店舗で行われており、必ずしもオンラインデータだけで生活者行動をつかめるわけではありません。そこで最近マーケティングで注目されているのが「OMO」です。オンラインとオフラインを一体としてデータで捉える考え方です。

    2019年5月22日

    イベントレポート

  • それはもうすぐ! 自動運転がかなえる未来の交通

    話題の自動運転。特に実現化が望まれているのがコミュニティの足となるバスの分野です。深刻な運転手不足により、都市部ですら減便が行われています。そんななか自動運転は人手不足時代の交通インフラを改善する鍵を握っています。

    2019年5月15日

    イベントレポート

  • どうする? どうなる? 令和時代のキャッシュレス!

    このところ話題の電子決済。日本のキャッシュレス比率は現在20%ほどで世界的には非常に低い割合です。政府は将来的にキャッシュレスの普及率を40%にまで引き上げるという目標を立てていますが、そもそも現金がない世界というのはありえるのでしょうか? 流通・小売・飲食業にとって差し迫った課題である電子決済の今とこれからを、最前線で取り組む4名によるクロストークで分析します。

    2019年5月7日

    イベントレポート

  • ニッポンブランドの食品をもっと世界へ! 商品開発、流通からブランディングまで

    先日終えたばかりの日米貿易交渉の初協議。いまやTPPやEPAといったワードが日常で当たり前のように使われるようになってきました。日本の中小企業は海外進出にこれまであまり積極的ではない傾向にありましたが、その壁を一刻も早く打ち破らなければならない状況にあります。今回の記事では日本の食品を海外にいかに広めるかについて、47CLUBやJETROでの施策や実績をもとにその課題解決法をひもといていきます。

    2019年4月19日

    イベントレポート

  • 「求職者はお客様!」 飲食店の離職率を下げるための面接とは?

    人手不足が深刻です。中でも飲食業界は人材が定着しにくく、また最も採用が難しい業界と言われています。人材が定着するかどうかは、応募してもらう前段階のお店の対応が鍵を握っています。飲食店の求人への応募者は、まず自分が働こうとしているお店のスタッフやウェブでの対応をよく見ているからです。

    2019年4月17日

    イベントレポート

  • 地域金融機関&取引先が全国・世界につながっていく。Big Advanceがさらなる進化!

    「金融サービス革命で地域を幸せに」をコンセプトに、地域金融機関の取引先企業ネットワークとIT企業の技術を融合し、経営に関わる情報をワンストップで提供するクラウドサービス「Big Advance」。横浜信用金庫が昨年4月に導入した「Yokohama Big Advance」から始まり、約1年で全国の9金融機関が参加、共同運営で広域連携へと広がることになりました。

    2019年4月10日

    イベントレポート

  • なぜあなたの情報発信は訪日外国人に刺さらないのか?

    外国人旅行客を呼び込むためには積極的な情報発信が欠かせません。しかし外国人の心をつかむためには、彼らの求めている情報を適切な形で発信する必要があります。それでは外国人はどのような情報を求めているのでしょうか? 訪日外国人向けウェブマガジン「MATCHA」からのレポートです。

    2019年4月5日

    イベントレポート

  • ベテラン訪日客の増加にどう対応する? キーワードは「軽量化」と「ストレスフリー」

    ラグビーワールドカップはこれからの日本のインバウンドを大きく変えるほどのインパクトを持っています。ラグビーの観戦に訪れる40万人はほとんどが欧米豪州からの訪日客だからです。一方、「訪日旅行者の成熟化」や「中国インバウンドの変調」などによりインバウンド消費が減速していることは大きな懸念材料です。ではいかにしてマイナスをプラスに変えればいいのでしょうか? そのヒントを探ります。

    2019年4月3日

    イベントレポート