システム導入だけではうまくいかないデジタルマーケティング――その現状と問題点をレポート!

MAやDMPの導入、でもその前に/Japan IT Week 2018秋

2018年11月30日
MA(マーケティングオートメーション)やDMP(インターネット上のデータを管理するためのプラットフォーム)の導入を検討している企業が増えています。今回の記事では、「Japan IT Week」での講演から、業態の異なる三社によるデジタルマーケティングの現状や効果的な活用方法へのアイディアをピックアップします。

国内最大級のIT展示会「Japan IT Week 2018秋」。2018年10月24〜26日の期間、幕張メッセで開催された

 国内最大級のIT展示会「Japan IT Week 2018秋」が2018年10月24〜26日の期間、幕張メッセで開催されました。

 「Japan IT Week」は年3回開催される複数の展示会を合同開催するイベントで、今回はAI・業務自動化展など10の展示会が開催(AI・業務自動化展、店舗ITソリューション展、IoT/M2M展、通販ソリューション展、ビッグデータ活用展、データセンター展、モバイル活用展、Web&デジタルマーケティングEXPO、情報セキュリティEXPO、クラウド コンピューティングEXPO)。来場者数は3日間で53,212人を記録しました。

 イベント当日は出展企業によるブース展示や相談ブースのほか、様々なテーマでセミナーが開催。会場が満席となるセミナーも多く、注目度の高さがうかがえました。

 今回の記事では、10月25日に開催されたセミナーの中から「デジタルマーケティング最新動向」をテーマに、マーケティングオートメーションやデータドリブンマーケティングの最新事情についてレポートします。

売上げを向上させるための営業のデジタル化とは?

 最初に登壇した福田康隆さんは、米国セールスフォース・ドットコムに入社し、日本市場におけるオペレーションを担当後、05年に日本法人に着任。専務執行役員兼シニアバイスプレジデントとして日本市場における成長を牽引してきました。2014年6月よりマルケト日本法人の代表取締役社長に就任。マルケトの日本市場進出を成功に導き、2017年10月よりアジア太平洋日本地域担当プレジデントを務めています。

 福田さんは、「営業の立場からみたマーケティング」をテーマに話を進めました。これまでの業務経験を元に、リード(見込み顧客)の獲得から注文の獲得、失注した顧客への再アプローチまで含めた営業プロセスの全体像の説明を交えながら、SFA(営業支援システム)やMA(マーケティングオートメーション)といったアメリカで始まり世界中に展開していった営業・マーケティングを効率化する仕組みについて紹介しました。

 「経営者が売上げをどうやって向上させるかを見ているのに対して、担当者はどのような施策を打つかという枝葉の議論をしているケースが多い」とデジタルマーケティングの現状を分析し、営業プロセスの全体像をしっかりと設計すること、そのプロセスを効率化・自動化するためにSFAやMAといったシステムを導入するべきだという問題提起に多くの聴衆が頷いていました。

10月25日に開催されたセミナー「デジタルマーケティング最新動向」。マーケティングオートメーションやデータドリブンマーケティングの最新事情が語られた

マーケティングの視野を広げるための“生活者発想”

 続いて登壇した安藤元博さんは、博報堂の執行役員として博報堂DYグループの“生活者データドリブン”マーケティングの中核推進組織を率いています。

 安藤さんからは「データドリブンマーケティングの全体像」として、マーケティングは会社の売上の向上を目指すものなので、自社サービスの顧客から得られるデータだけ分析しても不十分であること、さまざまなデータを集めて組み合わせ使う必要があるという指摘がありました。

 さらに、長期的な売上げ向上を考えるためには、自社サービスと直接競合する類似サービスだけを見ていては不十分であり、ユーザーの日々の生活をイメージする「生活者発想」の重要性を強調しました。「生活者」が日々どのようなことを考えているかを想像することで、自社サービスの潜在的な顧客にリーチできる効果的なマーケティングができるというのです。

Web&デジタルマーケティングEXPOも同時開催。この分野の注目度がうかがえる

あなたの会社はデータを使いこなせているのか?

 最後に登壇した石黒不二代さんは、ネットイヤーグループ株式会社の代表取締役社長兼CEOであり、現在、内閣官房「高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部」本部員、経済産業省「産業構造審議会」の委員も務めています。

 まず冒頭で、「データ活用のために導入されたDMP(データマネジメントプラットフォーム)をうまく活用できていない企業が多い」と、デジタルマーケティング導入企業の多くが抱える本質的な問題点を指摘しました。

 次に例をあげて語ったのは、開発面で工夫をして商品やサービスに組み入れる「グロースハック」を早い段階で行う重要性についてです。ツイッター(登録時に5人フォローさせることで離脱を防げる)、ドロップボックス(友人から紹介されたユーザーの方が継続利用率は高いので、紹介キャンペーンを強化できる)といった実例から読み取れるのは、開発段階からデータ分析を基に効果の大きい施策を見極め実装し、多くのユーザー数を確保した後に初めて細かいニーズに応えるためのデータ活用を行うことであり、PDCAサイクルを継続的に回すことを推奨しました。

 データ活用の事例では、ユーザーの行動履歴を細かく分析する重要性を強調。新作が出たらとりあえず購入するケースが多い顧客にはプッシュ通知をする、ネットショッピングで気になる商品をとりあえずカートに入れる顧客には、カートに入れた商品を繰り返しショッピングのページに表示して購買を促すなど、ユーザーの細かな癖を把握してそれを考慮した施策を打つべきだと語りました。

広いセミナー会場は満席。デジタルマーケティングへの問題意識と取り組みへの真剣なまなざしが印象的だ

 今回のセミナーでは、業態の異なる三社からのテーマ設定をもとに、デジタルマーケティングの現状および効果的な活用方法へのアイディアが提供されました。MAやDMPのシステム導入を検討している企業は、いま一度自社の状況を振り返り、先に手を打つべきことがないか見直してみる必要がありそうです。
(レポーター/HANJO HANJO編集部)

★関連リンク

★Japan IT Week 特集

  • 小売業界のIT導入はネットから実店舗へ〜中国AI企業とローソンの事例から見る店舗ビジネスの今後〜

    インターネットの登場以降、ECサイトが先行してきた「ユーザーの利便性向上」や「導線分析」。しかし、ハードウェアやAI技術の発達により、実店舗でもECサイトで培ってきたノウハウを導入できるようになっています。ネットショッピングに顧客を奪われ続けてきた小売業界ですが、実店舗ならではの利便性の向上が、その魅力の再確認につながりそうです。今回の記事では、10月25日に開催された「Japan IT Week」のセミナーの中から、「実店舗におけるIT活用」をテーマに中国と日本におけるAI技術の導入事例についてレポートします。

★おすすめ記事

  • マニュアルを革新する! 会社独自のノウハウを「見える化」で組織は進化する

    マニュアルと聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか? 電化製品やPC関連、あるいは接客のための読みづらい手引書・・・。しかし、そんなマニュアルのイメージを一掃し、新たなビジネスサービスとして提供している会社があります。「2.1」は会社に眠っている独自のノウハウをマニュアルによって可視化〜習慣化させ、業務の効率化や社内コミュニケーションの活性化をサポートすることで注目を集めています。

  • 中小企業こそ導入したい! 最近話題の「RPA」って何?

    中小企業にとって、「人材採用」による人的リソース不足の解消はなかなか解決しない問題です。解決できなければ、現在自社で働いている社員により効率よく多くの業務を担ってもらう他はありません。とはいえ、それぞれの社員が働ける時間には限りがあります。「働き方改革」の流れの中、仕事が増えるからといって労働時間を増やすようなやり方は、時代に逆行しているといえるでしょう。人を採用せず、今いる社員の労働時間も増やさず、人的リソースに対処する。そのための切り札として今期待されているのが、RPA(Robotic Process Automation)です。

  • HRテクノロジーを駆使して付加価値につなげる人事部へ!

    「HRテクノロジー」を活用する企業が増えています。HRテクノロジーとはIT技術を使い採用や人材育成、労務管理などの人事業務を行うことができるテクノロジーのこと。テクノロジーというと理系のイメージが強いわけですが、文系の人材でも十分に活用することができるのでしょうか?

  • デジタルサイネージやフィンテックで飲食業の課題を解決!

    生産性をあげるためのITツールは予約サービスやPOSレジだけではありません。いま、様々な場面に即したアプリやデバイスが登場しています。今回紹介するのは、年々数を増やしているデジタルサイネージ、そして人手不足解決に役立つ給与即日支払いサービスです。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • かゆい所に手が届く! 販促ツールの最新系を使いこなそう

    ビジネスチャンスの拡大に、ノベルティやインセンティブなどの販促用ツールや、マーケティングをサポートするサービスは欠かせません。そんなノベルティグッズやマーケティングツールの見本市「第60回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 秋2019」が開催されました。今回の記事では出展ブースの中からユニークな販促サービスについて紹介します。

    2019年11月5日

    イベントレポート

  • 次の食のキーワードは「食習慣リスク」。小売・外食は顧客データ活用の道を探れ!

    今月施行された「食品ロス削減推進法」。食に対する関心は高まる一方ですが、次に注目されそうなのが、食習慣に起因する代謝リスクなどの「食習慣リスク」です。食生活や生活習慣の変化によって、健康に不安を抱えている現代人は少なくありません。しかし行政や公の団体がアピールしても、消費者との接点が少ないため啓蒙にはつながっていません。逆に言えば、消費者に近い立場である小売や外食産業に新たなビジネス開拓のチャンスが訪れているのです。

    2019年10月31日

    イベントレポート

  • なぜ「designshop」は伝統工芸品を売り続けることができるのか?

    ライフスタイルの多様化によって、消費者は新しくて機能的な製品ばかりでなく、伝統工芸品やデザイン性の高い製品にも注目しています。そんな伝統工芸品やデザイン製品を含め、シンプルで長く使えるアイテムを多数取り扱っている「designshop」のオーナー・森博さんが、20年に渡って得た店舗運営の知見や商品開発について語ってくれました。

    2019年10月7日

    イベントレポート

  • 生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る

    国内最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」。これまでに多くの製品やサービスを世の中に生み出してきました。作る側や売り出したい側にとって、Makuakeを活用した製品開発のメリットとは何なのでしょうか?

    2019年10月4日

    イベントレポート

  • 自分の知らないものは売らない〜『パンと日用品の店 わざわざ』急成長の理由〜

    長野県東御市にある『パンと日用品の店 わざわざ』。食と生活をテーマにしたさまざまなものを販売しています。山の上にぽつんと建つこの小さなお店が、実店舗・オンラインストア合わせて、なんと2億円を超える金額を達成しています。ターニングポイントは在庫の持ち方を変えたことでした。

    2019年10月2日

    イベントレポート

  • クラウドファンディングで活性化! 地方発工芸品メーカーの逆転劇

    日本の工芸を語るとき、キープレーヤーとして必ず名前があがるのが「中川政七商店」です。中川政七商店は1716年創業を誇る奈良の老舗企業。日本の工芸をベースにした生活雑貨を企画製造し、全国に50を超える直営店で小売業を展開するほか、地域活性事業や各地の工芸品メーカーに向けたコンサルティング事業も行っています。そのコンサルティングの一環となる販路開拓支援のために開催しているのが合同展示会 「大日本市」です。

    2019年9月26日

    イベントレポート

  • 古民家改修ビジネスはもう古い? これからは古民家を中心に街全体をホテルに変える!

    古民家を改修したカフェやホテルを多く見かけるようになりました。しかし「単に古民家を改修しただけのビジネス」はもう珍しくありません。これからはリフォームの仕方や活用方法が重要になります。では次の時代の古民家ビジネスのポイントはどこにあるのでしょうか? 

    2019年9月17日

    イベントレポート

  • 地域企業を活性化させる「未来の社会課題解決」という新たな視点!

    アスタミューゼ株式会社と、SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社は、47都道府県ごとの地域企業に対し、各地方銀行と連携し、技術職・研究職といった専門人材の雇用支援を行うことで事業成長を促進し、地域の活性化を図る事業連携についての合同記者発表会を9月5日に行いました。社会課題解決に挑戦する独自の技術や事業をもつ多くの地域企業を見出し、採用を支援することで地方の人材不足に貢献するというのが、今回の大きな意義です。

    2019年9月11日

    イベントレポート