小売業界のIT導入はネットから実店舗へ〜中国AI企業とローソンの事例から見る店舗ビジネスの今後〜

ITによる実店舗ならではの利便性の向上が魅力の再確認につながる/Japan IT Week 2018秋

2018年11月28日
インターネットの登場以降、ECサイトが先行してきた「ユーザーの利便性向上」や「導線分析」。しかし、ハードウェアやAI技術の発達により、実店舗でもECサイトで培ってきたノウハウを導入できるようになっています。ネットショッピングに顧客を奪われ続けてきた小売業界ですが、実店舗ならではの利便性の向上が、その魅力の再確認につながりそうです。今回の記事では、10月25日に開催された「Japan IT Week」のセミナーの中から、「実店舗におけるIT活用」をテーマに中国と日本におけるAI技術の導入事例についてレポートします。

国内最大級のIT展示会「Japan IT Week 2018秋」。2018年10月24〜26日の期間、幕張メッセで開催された

 国内最大級のIT展示会「Japan IT Week 2018秋」が2018年10月24〜26日の期間、幕張メッセで開催されました。

 「Japan IT Week」は年3回開催される複数の展示会を合同開催するイベントで、今回はAI・業務自動化展など10の展示会が開催(AI・業務自動化展、店舗ITソリューション展、IoT/M2M展、通販ソリューション展、ビッグデータ活用展、データセンター展、モバイル活用展、Web&デジタルマーケティングEXPO、情報セキュリティEXPO、クラウド コンピューティングEXPO)。来場者数は3日間で53,212人を記録しました。

 イベント当日は出展企業によるブース展示や相談ブースのほか、様々なテーマでセミナーが開催。会場が満席となるセミナーも多く、注目度の高さが伺えました。

 今回の記事では、10月25日に開催されたセミナーの中から、「実店舗におけるIT活用」をテーマに中国と日本におけるAI技術の導入事例についてレポートします。

「実店舗におけるIT活用」というテーマで、中国と日本におけるAI技術の導入事例についてセミナーが行われた

人工知能や生体認証を活用した小売業の革命

 最初に登壇したオウ・シンライさんは、静岡大学で博士号を取得した後、池田電子工学研究所(文部科学省関連)にてシニアリサーチャー、2006年よりRoland DG Corp部門にてR&D研究開発、2016年よりDeepBlue Technology (Shanghai) Co., Ltd.にて、Chief Strategy Officerを務めています。

 オウさんは自社技術の小売業界での導入事例として「コンビニエンスストア」「自動販売機」「移動店舗」の3パターンを紹介。指紋認識による生体認証(バイオメトリックス)技術や画像処理による顔認識技術、ユーザーの視線分析といった自社の独自技術を紹介するとともに、それらの技術によって小売業界のビジネスモデルがどのように変化していくかを語りました。

 「自動販売機」へのIT導入事例では、販売機が顔認識技術を持つことにより、飲料メーカーが商品を購入しているユーザーの情報を直接集めることができる点を強調。具体的な導入事例として大手飲料メーカーのコカ・コーラとのビジネスを挙げました。
 
 そのほか、店舗に設置したカメラによる顧客の導線分析、自動運転技術と組み合わせた「お客様が求める商品をこちらから届けにいく」移動店舗の構想など、様々な事例を紹介。「人工知能を活用して、リテール業界を再構築したい」と今後について期待を述べました。

DeepBlue Technology (Shanghai) Co., Ltd.のChief Strategy Officerオウ・シンライさん、株式会社ローソンの理事執行役員、オープン・イノベーションセンター長を務める牧野 国嗣さんが登壇

デジタルローソン実現に向けての挑戦

 続いて登壇したのは、大手コンビニエンスストア、株式会社ローソンの理事執行役員であり、オープン・イノベーションセンター長を務める牧野国嗣さん。牧野さんは、ITシステムを導入するユーザーの立場から、実店舗におけるIT活用について話しました。

 ローソンのIT技術導入事例として「ローソンスマホペイ」「フレッシュピック(生鮮食品などをネット経由で注文した後で、店舗で受取ができるシステム)」「プチローソン(セルフレジ機能を導入した設備でオフィスなどに無人店舗を設置)」の3事例を紹介しました。

ローソンスマホペイは、顧客が自分のスマホで商品のバーコード読み取りから支払いまで完了することによって、レジを通らずに買い物ができるようになるシステム。特に朝夕の時間帯にレジに長い行列ができてしまう問題を緩和する効果があると期待されています。すでにレジの行列が特に発生しやすい店舗での実証実験を開始しています。また、店舗側としても店員のレジ対応が緩和されることにより、人件費の削減が見込めるとのことです。
 
 次に、オープン・イノベーションセンターに設置したコンビニ店舗型ラボの紹介がありました。店舗型の実験設備を社内に導入することによって、実際の店舗での実証実験を行うことに比べて事前の確認・承認事項が簡易になり、システムのテストがスピーディーにできるようになります。
 
 先日のCEATECでデモ展示を行い大きな話題となった「RFIDを商品管理に利用した無人コンビニ」のシステムについても紹介がありました。レジの無人化・決済時間の短縮化に加えて、RFIDで店舗内の全商品の在庫や消費期限をリアルタイム管理することにより、「在庫情報を公開することで、来店したのに在庫切れといったお客様に不便な事態を無くす」「消費期限が切れそうな商品にクーポンを発行することで、食品の廃棄ロスを減らす」といった施策が打てることで、サステナブルという点でも効果が期待できそうです。

広い会場は満席。セミナーでは英語での同時通訳も入り、グローバルに注目を集める講演であることが感じられた

 インターネットの登場以降、ECサイトが先行してきた「ユーザーの利便性向上」や「導線分析」。今回の発表では、ハードウェアやAI技術の発達により、実店舗でもECサイトで培ってきたノウハウを導入できるようになってきていることが明らかになりました。ネットショッピングに顧客を奪われ続けてきた小売業界ですが、実店舗ならではの利便性の向上が、その魅力の再確認につながりそうです。
(レポーター/HANJO HANJO編集部)

★関連リンク

★Japan IT Week 特集

★おすすめ記事

  • POS革命から顧客革命へ。「失われた30年」を一気に取り戻せ!

    なぜ外食産業の生産性は上がらないのでしょうか? それはイノベーションが起きていないことが原因です。1970年から85年頃にかけてはPOSレジというイノベーションが起きたことにより、飲食業は大きく成長しました。この「POS革命」以降飲食業の店舗運営には何のイノベーションも起きていません。いま必要なのは、業界のアップデートにあたる「顧客革命」をITやテクノロジーの力で実現することです。

  • 固定電話をITで生産性向上につなげる〜CTIを低価格で便利に

    中小企業や小規模事業者では、固定電話でのお客様とのやり取りが経営を支えています。ただ、共有化やデータ化などができず、効率が非常に悪いのが問題でした。生産性向上するにはどうすればいいのか? ITを使ってその答えを出したのが、株式会社シンカの「クラウドCTI『おもてなし電話』」です。シンカ代表取締役の江尻高宏さんに聞きます。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 2018年度「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社トップスピーチ②~トヨタ部品茨城共販~

    顧客視点から経営を見直し、自己革新を通じて顧客の求める価値を創造し続ける組織の表彰を目的として、1995年に日本生産性本部が創設したのが「日本経営品質賞」です。2018年度の中小企業部門では2社が受賞、2月14日に開催された「顧客価値創造フォーラム」で受賞企業トップによるスピーチが披露されました。トヨタ部品茨城共販株式会社代表取締役の駒月純さんのスピーチ「トヨタ部品茨城共販の経営革新について」の模様をレポートします。

    2019年3月15日

    イベントレポート

  • 訪日外国人が本当に買いたいものは何か?「ソーシャルリスニング」で解決する消費トレンド

    マーケティングの基本はソーシャルメディア分析」の時代です。インバウンドビジネスを成功に導くためにもSNSやブログをどう読み込むかが問われています。その方法のひとつが、ソーシャルメディアやSNSなどを分析し消費者のニーズを知る「ソーシャルリスニング」です。

    2019年3月13日

    イベントレポート

  • 『YOUは何しに日本へ?』プロデューサーが見た、外国人が日本に来る理由とは?

    インバウンドを象徴する現象のひとつに、メディアにおける番組の増加が挙げられます。その先駆けとなったのが『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系列)です。番組開始から6年、密着取材から受ける印象では、訪日客の状況に変化が生まれているようです。それは「“日本二周目”の人たちが増えた」点にあると、番組担当プロデューサーは話します。

    2019年3月11日

    イベントレポート

  • 2018年度「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社トップスピーチ①〜九州タブチ〜

    顧客視点から経営を見直し、自己革新を通じて顧客の求める価値を創造し続ける組織の表彰を目的として、1995年に日本生産性本部が創設したのが「日本経営品質賞」です。2018年度の中小企業部門では2社が受賞、2月14日に開催された「顧客価値創造フォーラム」で受賞企業トップによるスピーチが披露されました。鹿児島県で給水装置の製造を行う株式会社九州タブチ代表取締役社長の鶴ヶ野未央さんのスピーチ「人と組織のスパイラルアップを目指す九州タブチの経営革新活動」の模様をレポートします。

    2019年3月8日

    イベントレポート

  • 混迷の時代を生き残る会社の「社長力」とは?

    「会社に良い悪いはない。社長に良い悪いがある」。そう言い切るのは株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役社長CEOの小宮一慶さん。大学教授として会計や経済の教育に携わる一方で、140冊以上の多岐にわたる著書を発表しています。「世の中には経営という仕事があります。この経営という仕事を知らない社長さんが意外なほど多い。経営の仕事とは『方向付け』『資源の最適配分』『人を動かす』の3つを実行することです」と小宮さんは話します。

    2019年2月18日

    イベントレポート

  • 中小製造業の強い味方! 新製品開発のクラウドファンディング活用術

    「クラウドファンディング」という言葉を耳にすることが多くなりました。新しい製品やサービスやプロジェクトを実現するために、専用のサイトを通じて資金調達をする方法です。一般的には消費者向けの新商品開発がメインですが、BtoBメーカーが高い技術を使ったBtoC向け製品をアピールする場としてクラウドファンディングを使うことは効果があります。中小企業がクラウドファンディングを利用するために知っておくべきことは何なのでしょう? サイバーエージェントグループのクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」から考えます。

    2019年2月14日

    イベントレポート

  • 赤字路線からブランドへと成長した「いすみ鉄道」の発想と戦略

    廃線寸前の赤字路線からブランドに変貌した千葉県房総半島を走る「いすみ鉄道」。現在ではさまざまなメディアで取り上げられ、鉄道ファンのみならず多くの人が訪れる強力な観光コンテンツに成長しました。沿線には目的地になるような場所がないため、外部から人が来ることはほとんどありませんでした。そこで発想の転換をしたことが成功を導きました。

    2019年2月12日

    イベントレポート

  • マンガ・アニメと現実世界の境界にある「2.5次元文化」をビジネスに応用せよ!

    「2.5次元文化」とは、マンガ・アニメ・ゲームなどの2次元の虚構の世界と、身体性を伴った経験を共有する3次元の現実世界の境界にあるカルチャーのこと。舞台、ミュージカル、コスプレ、コンサートなどさまざまなコンテンツとして提供されていて、国内外を問わず熱狂的な支持を得ています。これらのコンテンツは、アニメの舞台となった街を訪れる「聖地巡礼」といったツーリズムとの相性もよく、海外でも強い人気を博しています。マンガ・アニメ・ゲームーーこれらのコンテンツを2次元だけではなく、2.5次元の世界で活用することが、地域活性やインバウンド誘致の新たなファクターとなりそうです。

    2019年2月1日

    イベントレポート