酒で地域と訪日外国人をつなげる「酒蔵ツーリズム」をさらに盛り上げるために

重要な観光コンテンツとしての日本酒、どう「仕組み化」すればいいのか?/ツーリズムEXPOジャパン

2018年11月16日
訪日外国人が日本に来たら体験してみたいことの上位に「日本のお酒を飲むこと」が挙げられています。今後ラグビーワールドカップやオリンピックを控え、ますます訪日外国人が増える中、「酒蔵ツーリズム」が重要な観光コンテンツとして注目されています。「ツーリズムEXPOジャパン」から、酒蔵ツーリズムを巡って交わされたクロストークの抄録をお届けします。

ツーリズムEXPOジャパンで開催されたセミナー「インバウンド4,000万人時代の酒蔵ツーリズムの課題 ~外国人、地域、酒蔵の視点から~」

 世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」が2018年9月20〜23日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

 今回の「ツーリズムEXPOジャパン」には世界136カ国の国と地域から1,441もの企業・団体が趣向を凝らした出展を行い、4日間の来場者数は過去最高となる207,000人を記録しました。

 また訪日インバウンドや地域への集客・送客をテーマにしたセミナーが多数開催されました。どのセミナーもほぼ満席となる盛況ぶりで、業界関係者の関心の高さがうかがえました。

 今回の記事では9月21日に開催されたセミナー「インバウンド4,000万人時代の酒蔵ツーリズムの課題 ~外国人、地域、酒蔵の視点から~」(コーディネーター:ジャスティン ポッツさん/株式会社ポッツ家プロダクションズ代表取締役兼CEO、登壇者:櫻井正道さん/一般社団法人埼玉県物産観光協会 DMO戦略本部本部長、阿部倫典さん/大利根酒造有限会社代表取締役、髙井貴雄さん/姫路市市長公室地方創生室 連携中枢都市推進室 はりま酒文化ツーリズム協議会事務局事務局長、前垣壽宏さん/賀茂泉酒造株式会社取締役副社長、富村朝弥さん/沖縄県酒造組合書記)より、各地域の特色ある酒造を巡る旅についてレポートします。

お酒があるところには人が集まる

「お酒のあるところに人が集まります。お酒はストーリーを実感する素材となります」」(株式会社ポッツ家プロダクションズ代表取締役兼CEO ジャスティン ポッツさん)

 訪日外国人が日本に来たら体験してみたいことの上位に「日本のお酒を飲むこと」が挙げられています。今後ラグビーワールドカップやオリンピックを控え、ますます訪日外国人が増える中、酒蔵ツーリズムが重要な観光コンテンツとして注目されています。

 コーディネーターのジャスティンさんはアメリカのシアトル出身、来日後はメディア・PR・ブランディングなどの業界を経て、現在は食を中心としたプロジェクトデザインの世界で活動されているほか、ご自身も酒匠・利き酒師・酒ナビゲーターとして日本のお酒について深い造詣を持っています。

 「お酒はコミュニティーのつなぎ役、エクスペリエンスのつなぎ役です。お酒のあるところに人が集まります。お酒はストーリーを実感する素材となります」とジャスティンさんは酒造ツーリズムのカギであるお酒について話しました。

 お酒に関する旅といえばワイナリーを巡るワインツアーがあります。ワインツアーはすでに大きな市場となっていますが、まだ伸びるとジャスティンさんは見ています。例えば2017年アメリカの市場レポートではワインの産地への観光客、テイスティングルームでのワインの売上はともに増加しているものの、テイスティングルームへの観光客は減少しています。これについてジャスティンさんは「良いものや本物、特別な体験に対してお金を使う人が増えていると言えます。またワイン×〇〇のような多様性のあるツアーを求め始めています」と説明しました。

お酒だけでなく地域との連携が必要不可欠

「酒蔵を巡る交通手段としてタクシーのモデルコースを作っています」(群馬県・大利根酒造の阿部倫典さん)

「訪日インバウンドが20万人を超える川越市の産業観光館には県内すべての蔵のお酒を試飲できる施設を作りました」(埼玉県物産観光協会の櫻井正道さん)

 次に各地域の代表者より酒蔵を巡る旅について紹介がありました。群馬県・大利根酒造の阿部さんは「酒蔵を巡る交通手段としてタクシーのモデルコースを作っています。その際は横の連携を強化し、酒蔵を巡るときに同じ説明をしないよう工夫しています」と取り組みを紹介。
 一般社団法人埼玉県物産観光協会の櫻井さんは「あまり知られていませんが実は埼玉県はお酒の出荷量が全国4位です。水もきれいで平成の名水百選に県内で4ヶ所認定されています。また訪日インバウンドが20万人を超える川越市の産業観光館には県内すべての蔵のお酒を試飲できる施設を作りました。今後はいかに水の価値を伝えるか、またお酒のイメージがない埼玉をどうアピールしていくか工夫が必要だと思います」と埼玉県のお酒事情をアピールしました。
 はりま酒文化ツーリズム協議会事務局の髙井さんは、播磨地方の人口減少対策の一環としてお酒をテーマにした観光に取り組んでいます。合言葉は「播磨は日本酒のふるさと」。「播磨には麹を使って日本酒を造ったという最古の文献があり、また最高級の酒米である山田錦の最大の産地でもあります。そんな播磨にある22の酒蔵がそれぞれ個性的な酒造りをしています。課題としては酒蔵ひとつひとつが離れているのでどう回るかということ。広いエリアの食べ物と一緒にお酒を楽しむようなものができればと思います」と説明しました。

「広いエリアの食べ物と一緒にお酒を楽しむようなものができれば」(はりま酒文化ツーリズム協議会事務局の髙井貴雄さん)

訪日外国人がお酒を買いやすい仕組みをつくる

 広島・賀茂泉酒造株式会社の前垣さんは「酒の街・西条を酒都としてアピールしたい」と意気込みを語りました。西条は東西1キロの範囲内に歩いて回ることができる酒蔵が7つあるほか、毎年10月には全国1000蔵から1000銘柄ものお酒が集まる酒まつりが開催され、2日間で20〜25万人もの人が全国から訪れるそうです。「外国人対応のため、クレジットカードを使えるレジを導入したり、英語やフランス語に対応できるようにしています。また西条を舞台にした映画も公開されることが決まり、聖地巡りにも期待が持てます」と話しました。
 最後に沖縄県酒造組合の富村さんは「沖縄のお酒といえば泡盛。沖縄には47の酒蔵があり、うち20が離島にあります。我々のコンセプトは時代を越えた地域と酒造所の親和性。各地域の文化が持っているお酒の価値を共感することを目指しています。包括横断的な仕組みをつくり、ツーリズムを通じてコンセプトを継承していければと思います」と述べ、沖縄の文化と酒造所の親和性をアピールするためのツーリズムパンフレットの配布や、各酒造所を回遊できるクーポンブック「酒蔵pass」の販売、沖縄の食とのペアリングイベント「島酒フェスタ」の開催など、お酒に関するさまざまな取り組みを紹介しました。

「「外国人対応のため、クレジットカードを使えるレジを導入したり、英語やフランス語に対応できるようにしています」広島・賀茂泉酒造株式会社の前垣壽宏さん

「我々のコンセプトは時代を越えた地域と酒造所の親和性。包括横断的な仕組みをつくりたい」(沖縄県酒造組合の富村朝弥さん)

 残念ながら時間の都合で予定されていたパネルディスカッション等は割愛されてしまいましたが、今回のセミナーではお酒というツールを起点にして観光客を呼ぶための各地域のさまざまな工夫が見られました。外国人に日本の良いところを知ってもらうきっかけとして日本のお酒が良いつなぎ役となるのではないでしょうか。
(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★連載「ツーリズムEXPOジャパン」

  • 海外富裕層の訪日を促進させるための方法とは?

    インバウンドにおいて重要とされるのが「海外富裕層」です。落とすお金やリピーターの点で、バックパッカーとは雲泥の差があるからです。「ツーリズムEXPOジャパン」でも「ラグジュアリー・トラベル・マーケット・シンポジウム」と題して海外富裕層マーケティングをいかに促進させるかが議論されました。今回は海外富裕層のインバウンドについて交わされたトークライブの採録をお届けします。

  • ICT活用で地域観光の課題を解決する!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はICTを軸に交わされたトークライブの採録をお届けします。地域の観光で徐々に取り入れられている「旅のデジタル化」。その最前線として岐阜県(下呂、高山)の例から考えます。

  • アニメツーリズム〜集客だけでなく地域資源の消費につなげよ!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はクールジャパン・コンテンツのひとつアニメを活用したインバウンドについて。「アニメツーリズム」を地域においてさらにビジネス化するためにはどうすればいいのでしょうか? アニメツーリズム協会のお二方の話から抽出します。

  • 海外旅行者を呼び込むためにはデジタルを徹底活用せよ!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回は10月19日の記事に続き、「せとうちDMO」の成功事例からデスティネーションマーケティングの立案方法についてのクロストークを採録します。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

  • 「せとうちDMO」から考える、地方のインバウンド・マーケティング最前線!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はそのなかから地方へのインバウンド事例「せとうちDMO」から成功への道筋を明らかにしていきます。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

★おすすめ記事

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 混迷の時代を生き残る会社の「社長力」とは?

    「会社に良い悪いはない。社長に良い悪いがある」。そう言い切るのは株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役社長CEOの小宮一慶さん。大学教授として会計や経済の教育に携わる一方で、140冊以上の多岐にわたる著書を発表しています。「世の中には経営という仕事があります。この経営という仕事を知らない社長さんが意外なほど多い。経営の仕事とは『方向付け』『資源の最適配分』『人を動かす』の3つを実行することです」と小宮さんは話します。

    2019年2月18日

    イベントレポート

  • 中小製造業の強い味方! 新製品開発のクラウドファンディング活用術

    「クラウドファンディング」という言葉を耳にすることが多くなりました。新しい製品やサービスやプロジェクトを実現するために、専用のサイトを通じて資金調達をする方法です。一般的には消費者向けの新商品開発がメインですが、BtoBメーカーが高い技術を使ったBtoC向け製品をアピールする場としてクラウドファンディングを使うことは効果があります。中小企業がクラウドファンディングを利用するために知っておくべきことは何なのでしょう? サイバーエージェントグループのクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」から考えます。

    2019年2月14日

    イベントレポート

  • 赤字路線からブランドへと成長した「いすみ鉄道」の発想と戦略

    廃線寸前の赤字路線からブランドに変貌した千葉県房総半島を走る「いすみ鉄道」。現在ではさまざまなメディアで取り上げられ、鉄道ファンのみならず多くの人が訪れる強力な観光コンテンツに成長しました。沿線には目的地になるような場所がないため、外部から人が来ることはほとんどありませんでした。そこで発想の転換をしたことが成功を導きました。

    2019年2月12日

    イベントレポート

  • マンガ・アニメと現実世界の境界にある「2.5次元文化」をビジネスに応用せよ!

    「2.5次元文化」とは、マンガ・アニメ・ゲームなどの2次元の虚構の世界と、身体性を伴った経験を共有する3次元の現実世界の境界にあるカルチャーのこと。舞台、ミュージカル、コスプレ、コンサートなどさまざまなコンテンツとして提供されていて、国内外を問わず熱狂的な支持を得ています。これらのコンテンツは、アニメの舞台となった街を訪れる「聖地巡礼」といったツーリズムとの相性もよく、海外でも強い人気を博しています。マンガ・アニメ・ゲームーーこれらのコンテンツを2次元だけではなく、2.5次元の世界で活用することが、地域活性やインバウンド誘致の新たなファクターとなりそうです。

    2019年2月1日

    イベントレポート

  • 地域活性の切り札になるか? 自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」人気上昇の秘密

    「フォレストアドベンチャー」をご存知でしょうか? 元々はヨーロッパ発の「自然共生型アウトドアパーク」を指す名称ですが、その特徴は森を森のまま活用できる商業施設という点にあります。大規模な開発が不要なので、遊休森林や夏季のスキー場を有効利用するのに最適です。日本でも2006年に自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」が山梨県富士山麓にオープンし、現在までに30ヶ所を超えるパークがオープンしています。日本にはまだまだ自然豊かな場所が数多く残っています。自然共生型アウトドアパークを地域活性につなげるにはどんな道筋が考えられるのでしょうか?

    2019年1月28日

    イベントレポート

  • 「発足当時に匹敵する覚悟で、生産性運動を再起動する」/日本生産性本部 年頭会見

    1月9日に日本生産性本部の正副会長による年頭会見が開催されました。平成が終わり文字通り新しい時代の幕開けを迎える2019年、会長の茂木友三郎氏からは「発足当時に匹敵する覚悟をもって生産性運動を再起動する」という言葉とともに、5つの柱からなる日本生産性本部の中期運動目標が発表されました。

    2019年1月23日

    イベントレポート

  • 地方で戦うための集客戦略とは? 工場テーマパーク「おやつタウン」の狙いを探る!

    地域活性化の手法のひとつとして「工場テーマパーク」が注目を集めています。特に食品製造業は消費者に近い存在であることから、工場を体験型のアミューズメント施設化するだけでなく、製品購入につながるブランディング効果も期待できるのが大きな特長です。今夏開業予定であるおやつカンパニーの「おやつタウン」から、工場テーマパークの集客戦略を探ります。

    2019年1月21日

    イベントレポート

  • 増え続けるムスリム訪日客、キーワードは「食事」と「お祈り」!

    日本を訪れるムスリム(イスラム教徒)の観光客が増えています。東南アジアや中東に多く住むムスリムは世界人口の1/4にも及び、日本を訪れるムスリムが増えるということは大きなマーケットのチャンスがあると言えます。日本におけるハラル(イスラム)ビジネスの先駆者である佐久間朋宏さんの話からビジネスへの具体的対応を抽出します。

    2019年1月17日

    イベントレポート