酒で地域と訪日外国人をつなげる「酒蔵ツーリズム」をさらに盛り上げるために

重要な観光コンテンツとしての日本酒、どう「仕組み化」すればいいのか?/ツーリズムEXPOジャパン

2018年11月16日
訪日外国人が日本に来たら体験してみたいことの上位に「日本のお酒を飲むこと」が挙げられています。今後ラグビーワールドカップやオリンピックを控え、ますます訪日外国人が増える中、「酒蔵ツーリズム」が重要な観光コンテンツとして注目されています。「ツーリズムEXPOジャパン」から、酒蔵ツーリズムを巡って交わされたクロストークの抄録をお届けします。

ツーリズムEXPOジャパンで開催されたセミナー「インバウンド4,000万人時代の酒蔵ツーリズムの課題 ~外国人、地域、酒蔵の視点から~」

 世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」が2018年9月20〜23日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

 今回の「ツーリズムEXPOジャパン」には世界136カ国の国と地域から1,441もの企業・団体が趣向を凝らした出展を行い、4日間の来場者数は過去最高となる207,000人を記録しました。

 また訪日インバウンドや地域への集客・送客をテーマにしたセミナーが多数開催されました。どのセミナーもほぼ満席となる盛況ぶりで、業界関係者の関心の高さがうかがえました。

 今回の記事では9月21日に開催されたセミナー「インバウンド4,000万人時代の酒蔵ツーリズムの課題 ~外国人、地域、酒蔵の視点から~」(コーディネーター:ジャスティン ポッツさん/株式会社ポッツ家プロダクションズ代表取締役兼CEO、登壇者:櫻井正道さん/一般社団法人埼玉県物産観光協会 DMO戦略本部本部長、阿部倫典さん/大利根酒造有限会社代表取締役、髙井貴雄さん/姫路市市長公室地方創生室 連携中枢都市推進室 はりま酒文化ツーリズム協議会事務局事務局長、前垣壽宏さん/賀茂泉酒造株式会社取締役副社長、富村朝弥さん/沖縄県酒造組合書記)より、各地域の特色ある酒造を巡る旅についてレポートします。

お酒があるところには人が集まる

「お酒のあるところに人が集まります。お酒はストーリーを実感する素材となります」」(株式会社ポッツ家プロダクションズ代表取締役兼CEO ジャスティン ポッツさん)

 訪日外国人が日本に来たら体験してみたいことの上位に「日本のお酒を飲むこと」が挙げられています。今後ラグビーワールドカップやオリンピックを控え、ますます訪日外国人が増える中、酒蔵ツーリズムが重要な観光コンテンツとして注目されています。

 コーディネーターのジャスティンさんはアメリカのシアトル出身、来日後はメディア・PR・ブランディングなどの業界を経て、現在は食を中心としたプロジェクトデザインの世界で活動されているほか、ご自身も酒匠・利き酒師・酒ナビゲーターとして日本のお酒について深い造詣を持っています。

 「お酒はコミュニティーのつなぎ役、エクスペリエンスのつなぎ役です。お酒のあるところに人が集まります。お酒はストーリーを実感する素材となります」とジャスティンさんは酒造ツーリズムのカギであるお酒について話しました。

 お酒に関する旅といえばワイナリーを巡るワインツアーがあります。ワインツアーはすでに大きな市場となっていますが、まだ伸びるとジャスティンさんは見ています。例えば2017年アメリカの市場レポートではワインの産地への観光客、テイスティングルームでのワインの売上はともに増加しているものの、テイスティングルームへの観光客は減少しています。これについてジャスティンさんは「良いものや本物、特別な体験に対してお金を使う人が増えていると言えます。またワイン×〇〇のような多様性のあるツアーを求め始めています」と説明しました。

お酒だけでなく地域との連携が必要不可欠

「酒蔵を巡る交通手段としてタクシーのモデルコースを作っています」(群馬県・大利根酒造の阿部倫典さん)

「訪日インバウンドが20万人を超える川越市の産業観光館には県内すべての蔵のお酒を試飲できる施設を作りました」(埼玉県物産観光協会の櫻井正道さん)

 次に各地域の代表者より酒蔵を巡る旅について紹介がありました。群馬県・大利根酒造の阿部さんは「酒蔵を巡る交通手段としてタクシーのモデルコースを作っています。その際は横の連携を強化し、酒蔵を巡るときに同じ説明をしないよう工夫しています」と取り組みを紹介。
 一般社団法人埼玉県物産観光協会の櫻井さんは「あまり知られていませんが実は埼玉県はお酒の出荷量が全国4位です。水もきれいで平成の名水百選に県内で4ヶ所認定されています。また訪日インバウンドが20万人を超える川越市の産業観光館には県内すべての蔵のお酒を試飲できる施設を作りました。今後はいかに水の価値を伝えるか、またお酒のイメージがない埼玉をどうアピールしていくか工夫が必要だと思います」と埼玉県のお酒事情をアピールしました。
 はりま酒文化ツーリズム協議会事務局の髙井さんは、播磨地方の人口減少対策の一環としてお酒をテーマにした観光に取り組んでいます。合言葉は「播磨は日本酒のふるさと」。「播磨には麹を使って日本酒を造ったという最古の文献があり、また最高級の酒米である山田錦の最大の産地でもあります。そんな播磨にある22の酒蔵がそれぞれ個性的な酒造りをしています。課題としては酒蔵ひとつひとつが離れているのでどう回るかということ。広いエリアの食べ物と一緒にお酒を楽しむようなものができればと思います」と説明しました。

「広いエリアの食べ物と一緒にお酒を楽しむようなものができれば」(はりま酒文化ツーリズム協議会事務局の髙井貴雄さん)

訪日外国人がお酒を買いやすい仕組みをつくる

 広島・賀茂泉酒造株式会社の前垣さんは「酒の街・西条を酒都としてアピールしたい」と意気込みを語りました。西条は東西1キロの範囲内に歩いて回ることができる酒蔵が7つあるほか、毎年10月には全国1000蔵から1000銘柄ものお酒が集まる酒まつりが開催され、2日間で20〜25万人もの人が全国から訪れるそうです。「外国人対応のため、クレジットカードを使えるレジを導入したり、英語やフランス語に対応できるようにしています。また西条を舞台にした映画も公開されることが決まり、聖地巡りにも期待が持てます」と話しました。
 最後に沖縄県酒造組合の富村さんは「沖縄のお酒といえば泡盛。沖縄には47の酒蔵があり、うち20が離島にあります。我々のコンセプトは時代を越えた地域と酒造所の親和性。各地域の文化が持っているお酒の価値を共感することを目指しています。包括横断的な仕組みをつくり、ツーリズムを通じてコンセプトを継承していければと思います」と述べ、沖縄の文化と酒造所の親和性をアピールするためのツーリズムパンフレットの配布や、各酒造所を回遊できるクーポンブック「酒蔵pass」の販売、沖縄の食とのペアリングイベント「島酒フェスタ」の開催など、お酒に関するさまざまな取り組みを紹介しました。

「「外国人対応のため、クレジットカードを使えるレジを導入したり、英語やフランス語に対応できるようにしています」広島・賀茂泉酒造株式会社の前垣壽宏さん

「我々のコンセプトは時代を越えた地域と酒造所の親和性。包括横断的な仕組みをつくりたい」(沖縄県酒造組合の富村朝弥さん)

 残念ながら時間の都合で予定されていたパネルディスカッション等は割愛されてしまいましたが、今回のセミナーではお酒というツールを起点にして観光客を呼ぶための各地域のさまざまな工夫が見られました。外国人に日本の良いところを知ってもらうきっかけとして日本のお酒が良いつなぎ役となるのではないでしょうか。
(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★連載「ツーリズムEXPOジャパン」

  • 海外富裕層の訪日を促進させるための方法とは?

    インバウンドにおいて重要とされるのが「海外富裕層」です。落とすお金やリピーターの点で、バックパッカーとは雲泥の差があるからです。「ツーリズムEXPOジャパン」でも「ラグジュアリー・トラベル・マーケット・シンポジウム」と題して海外富裕層マーケティングをいかに促進させるかが議論されました。今回は海外富裕層のインバウンドについて交わされたトークライブの採録をお届けします。

  • ICT活用で地域観光の課題を解決する!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はICTを軸に交わされたトークライブの採録をお届けします。地域の観光で徐々に取り入れられている「旅のデジタル化」。その最前線として岐阜県(下呂、高山)の例から考えます。

  • アニメツーリズム〜集客だけでなく地域資源の消費につなげよ!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はクールジャパン・コンテンツのひとつアニメを活用したインバウンドについて。「アニメツーリズム」を地域においてさらにビジネス化するためにはどうすればいいのでしょうか? アニメツーリズム協会のお二方の話から抽出します。

  • 海外旅行者を呼び込むためにはデジタルを徹底活用せよ!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回は10月19日の記事に続き、「せとうちDMO」の成功事例からデスティネーションマーケティングの立案方法についてのクロストークを採録します。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

  • 「せとうちDMO」から考える、地方のインバウンド・マーケティング最前線!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はそのなかから地方へのインバウンド事例「せとうちDMO」から成功への道筋を明らかにしていきます。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

★おすすめ記事

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • ニッポンブランドの食品をもっと世界へ! 商品開発、流通からブランディングまで

    先日終えたばかりの日米貿易交渉の初協議。いまやTPPやEPAといったワードが日常で当たり前のように使われるようになってきました。日本の中小企業は海外進出にこれまであまり積極的ではない傾向にありましたが、その壁を一刻も早く打ち破らなければならない状況にあります。今回の記事では日本の食品を海外にいかに広めるかについて、47CLUBやJETROでの施策や実績をもとにその課題解決法をひもといていきます。

    2019年4月19日

    イベントレポート

  • 「求職者はお客様!」 飲食店の離職率を下げるための面接とは?

    人手不足が深刻です。中でも飲食業界は人材が定着しにくく、また最も採用が難しい業界と言われています。人材が定着するかどうかは、応募してもらう前段階のお店の対応が鍵を握っています。飲食店の求人への応募者は、まず自分が働こうとしているお店のスタッフやウェブでの対応をよく見ているからです。

    2019年4月17日

    イベントレポート

  • 地域金融機関&取引先が全国・世界につながっていく。Big Advanceがさらなる進化!

    「金融サービス革命で地域を幸せに」をコンセプトに、地域金融機関の取引先企業ネットワークとIT企業の技術を融合し、経営に関わる情報をワンストップで提供するクラウドサービス「Big Advance」。横浜信用金庫が昨年4月に導入した「Yokohama Big Advance」から始まり、約1年で全国の9金融機関が参加、共同運営で広域連携へと広がることになりました。

    2019年4月10日

    イベントレポート

  • なぜあなたの情報発信は訪日外国人に刺さらないのか?

    外国人旅行客を呼び込むためには積極的な情報発信が欠かせません。しかし外国人の心をつかむためには、彼らの求めている情報を適切な形で発信する必要があります。それでは外国人はどのような情報を求めているのでしょうか? 訪日外国人向けウェブマガジン「MATCHA」からのレポートです。

    2019年4月5日

    イベントレポート

  • ベテラン訪日客の増加にどう対応する? キーワードは「軽量化」と「ストレスフリー」

    ラグビーワールドカップはこれからの日本のインバウンドを大きく変えるほどのインパクトを持っています。ラグビーの観戦に訪れる40万人はほとんどが欧米豪州からの訪日客だからです。一方、「訪日旅行者の成熟化」や「中国インバウンドの変調」などによりインバウンド消費が減速していることは大きな懸念材料です。ではいかにしてマイナスをプラスに変えればいいのでしょうか? そのヒントを探ります。

    2019年4月3日

    イベントレポート

  • もっと女性のバス運転手を!/第2回女性バス運転手の会レポート

    慢性的な運転手不足の状況にあるバス業界。人材登用にあたっては女性の活躍が不可欠ですが、バス運転手のうち女性の比率は1%台しかありません。そんな中、バス運転手不足問題の解決と、働き方改革に関する女性採用促進を目的とし、現役女性バス運転手とバス運転手に興味のある女性が語り合うイベント「第2回 女性バス運転手の会」が開催されました。

    2019年4月1日

    イベントレポート

  • スポーツイベントは大きなチャンス! 訪日欧米豪人を取り込むための秘訣

    今年から2020年にかけ、ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックという大きなスポーツイベントが開催される日本。訪日観光客の消費を促すためには、これらのビッグイベントをスポーツツーリズムへと昇華させたいところです。ここで意識しておくことはリサーチや分析。コト消費がメインである欧米圏の外国人に対してはこれまでのやり方を変えることで効果は上がります。プロモーションの前に情報源の根っこを押さえることが重要なのです。

    2019年3月29日

    イベントレポート

  • 同じ方法はもう通用しない。 2019年、インバウンドを再定義せよ!

    訪日外国人は2018年に3000万人を超え、一見するとインバウンド産業は順調に伸びているように見えますが、実は様々な課題を抱えています。消費額は足踏み状態であり、一人あたりの旅行消費額はマイナスになっています。訪日外国人が訪れるのは東京や京都、北海道など特定地域に片寄っており、地方への分散には至っていません。2020という目標を前に、インバウンドビジネスは意識のアップデートを迫られています。

    2019年3月27日

    イベントレポート