ICT活用で地域観光の課題を解決する!

AI、データ連携、セルフレジ・・・スマホ対応だけではない「旅のデジタル化」/ツーリズムEXPOジャパン

2018年10月31日
2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はICTを軸に交わされたトークライブの採録をお届けします。地域の観光で徐々に取り入れられている「旅のデジタル化」。その最前線として岐阜県(下呂、高山)の例から考えます。

(写真時計回りに)日本政府観光局企画総室デジタルマーケティング室室長・吉田憲司さん、下呂温泉観光協会会長・瀧康洋さん、トリップアドバイザー代表取締役・牧野友衛さん、トラベルボイス代表取締役社長・鶴本浩司さん、エクスペディアホールディング地方創生推進室室長・谷口紀泰さん

 世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」が2018年9月20〜23日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

 今回の「ツーリズムEXPOジャパン」には世界136カ国の国と地域から1,441もの企業・団体が趣向を凝らした出展を行い、4日間の来場者数は過去 となる207,000人を記録しました。

 また訪日インバウンドや地域への集客・送客をテーマにしたセミナーが多数開催されました。どのセミナーもほぼ満席となる盛況ぶりで、業界関係者の関心の高さがうかがえました。

 今回の記事では9月21日に開催されたセミナー「ICTを活用した観光地域づくりのあるべき姿を考える」(モデレーター:鶴本浩司さん/トラベルボイス株式会社 代表取締役社長、パネリスト:吉田憲司さん/日本政府観光局 企画総室 デジタルマーケティング室 室長、谷口紀泰さん/エクスペディアホールディング株式会社 地方創生推進室 室長 兼 関西・北陸地区本部長、牧野友衛さん/トリップアドバイザー株式会社 代表取締役、瀧 康洋氏/一般社団法人下呂温泉観光協会 会長 )より、岐阜県下呂温泉をモデルに地域デジタル導入とその課題解決についてレポートします。

観光・旅行ビジネスにおいて地域とデジタルの連携は今まで以上に重要になってくる

ICT活用を下呂温泉と飛騨高山の比較から考える

 スマートフォンが普及している今、旅行においてもデジタル要素は欠かせないものとなっています。これまではインターネットを使って旅先の検索や予約などを旅行前に行うのが主流でしたが、今や旅行中のお店探しや地図利用などのいわゆる「タビナカ」でも積極的にインターネット活用が進んでいます。

 これらの「旅のデジタル化」は地域の観光でも徐々に取り入れられています。下呂温泉観光協会の瀧さんは下呂温泉での取り組みについて、30年前から蓄積している宿泊データを元にマーケティングを仕掛けていること、スマートフォンを活用したスタンプラリー展開、AIコンシェルジュの旅館への導入などを実例として挙げました。

 また下呂温泉の現状について、トリップアドバイザー株式会社の牧野さんは岐阜のインバウウドの状況を「データ的にも岐阜県は国内観光地の中で上位に入っています。また岐阜県内では下呂は中国圏、高山は欧米圏からの訪日客が多い傾向にあります」と説明、日本政府観光局の吉田さんも「岐阜県内では特に高山に人が集中している」と話しました。

 これらのことから岐阜県は訪日インバウンドの目的地としては有力であるものの、その多くは高山を訪れており、下呂はまだまだ訪日インバウンドの獲得に余地があることが分かります。

 それでは下呂にインバウンドを呼ぶためにはどうしたら良いのでしょうか? エクスペディアホールディング株式会社の谷口さんは「下呂と高山の予約動向を分析してみると、宿泊数が6倍、連泊数が1.2倍ほど高山の方が多いことが分かります。しかしながら客室単価は下呂は高山の1.5倍です。これを多少下げてでも送客を増やすなどの工夫が必要なのかもしれません」と説明しました。

セミナー「ICTを活用した観光地域づくりのあるべき姿を考える」

下呂に欧米からのインバウンドを増やすには?

 次に瀧さんの「下呂には香港のお客様が多いが、旅前のデータを分析して欧米系のお客様も増やしたい」という課題に対してさまざまな意見が飛び交いました。

 牧野さんは「インバウンド向けにトリップアドバイザーへのオーナー登録を行い、コンテンツ・情報量を増やす」ことを提案。トリップアドバイザーは世界最大の旅行サイトであり、旅行前のプランニングの際にきちんと見てもらえるような工夫が必要だということです。さらに牧野さんは体験チケットの販売の仕組み作りについても提案しました。「アクティビティが流行していますが、オンラインで購入できる仕組みが日本にはまだ少ない。ネットはプランニングの場だけでなく、コミットさせる場としての役割を持たせる必要があります」

 また吉田さんはデータ活用について「デジタル化の意味を正しく考える必要があります。データをデジタルの領域だけでなく、組織全体の資産として扱うということで。そのためには部門を超えたデジタルデータの連携が必要になるでしょう」と話しました。

 下呂をインバウンドの目的地にすることについて谷口さんは「日本の旅行商品は半年先までしか買えないケースが多く、これがマーケティング効率を悪くしていると言えます。オンラインへの在庫を提供し、1年先まで買えるようにすること。また商品も1泊2食などにこだわるとチャンスを逃します。宿で食事するかどうか、そんな先の予定は分かりませんよね。そこで例えば一泊素泊まりの商品を提供し、チェックインの際に食事を付けるかの確認を取るなど柔軟な対応を取れば、予約の際の単価を下げて集客につなげることもできるのではないでしょうか」と具体的な例を挙げました。

地域の観光で徐々に取り入れられている「旅のデジタル化」

観光・旅行ビジネス、これからのデジタル活用は?

 最後に旅行とデジタルの今後についてひと言ずつコメントがありました。瀧さんは「データを見ると、トレンドとされる宿泊と体験の組み合わせはあまり売れないことがわかりました。むしろ下呂の温泉の良さが認知されてきています。今後は温泉に関する旅行商品の開発や、各国ごとの特性を分析していきます」と話しました。

 牧野さんテクノロジーと人手不足について「デジタルでできることの範囲が広がっています。例えば交通シェアリングや自動運転、セルフレジなどを活用すれば人手不足の解決になりますし、利便性がアピールポイントとして魅力になるのではないでしょうか」と技術の将来性について言及。

 一方で吉田さんは「地域の人がどのように情報を発信するか、例えば旅行者とのコミュニケーションにとってテクノロジーがどう影響するか考える必要があります。情報の受け取り方など、テクノロジーの変化によってプラスにもマイナスにも作用すると思います」とテクノロジーの使い方について注意を促しました。

 谷口さんは「今後さらにデジタルやテクノロジーは進化すると思います。具体的にはモバイル、AI、音声、チャットです。例えば音声技術が進化すれば旅行会社や電話対応が不要になりますし、AIやチャット技術が進化すれば24時間お客様対応ができ、しかも待ち時間もなくなります」と旅行業界とテクノロジーの未来について話しました。

 誰もが簡単にインターネットにアクセスして情報を得ることができる時代だからこそ、地域とデジタルの連携は今まで以上に重要になっています。また技術の進歩にあわせ、柔軟なデジタル化・テクノロジーの導入を進め、マーケティングや情報発信に活用することが地域の観光振興を加速させるための打ち手になると言えそうです。

世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」。世界136カ国の国と地域から1,441もの企業・団体が出展、来場者数は過去最高となる207,000人を記録した

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★連載「ツーリズムEXPOジャパン」

  • アニメツーリズム〜集客だけでなく地域資源の消費につなげよ!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はクールジャパン・コンテンツのひとつアニメを活用したインバウンドについて。「アニメツーリズム」を地域においてさらにビジネス化するためにはどうすればいいのでしょうか? アニメツーリズム協会のお二方の話から抽出します。

  • 海外旅行者を呼び込むためにはデジタルを徹底活用せよ!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回は10月19日の記事に続き、「せとうちDMO」の成功事例からデスティネーションマーケティングの立案方法についてのクロストークを採録します。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

  • 「せとうちDMO」から考える、地方のインバウンド・マーケティング最前線!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はそのなかから地方へのインバウンド事例「せとうちDMO」から成功への道筋を明らかにしていきます。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

★おすすめ記事

  • 地元が主役の“強烈”なまちおこし、山形・庄内で進化中!【後編】

    もしまちづくりを成功させるもう一つの可能性があるとしたら? その問いに対する答えを出したのが、山形県鶴岡市で民間企業としてまちづくりを行っている「ヤマガタデザイン株式会社」です。9月19日には、山形県庄内地方の魅力を体現する施設がオープン、そこに至る道筋をたどります。キーとなったのは「完全地域主導」のまちづくりでした。

  • 地方創生、こんなITが欲しかった! 地域経済の好循環をウェブで実現させる会社

    地方創生の切り札と目されるIT。都市部の大企業では、AI、ロボット、IoTが導入され、様々な業務を自動化しつつありますが、地方にはまだその恩恵は行き渡っていません。しかし、3Dプリンタやドローンの登場など、テクノロジーの民主化がその壁を打ち破ろうとしています。それら最新のITをウェブの技術を使って、ローカル・コミュニティーの活性化につなげようとするソフト開発会社があります。東京大学在学中に創業し、今年で11年目を迎えた「株式会社リアルグローブ」です。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 消費者の今を知るために。リアルもデータでとらえる「OMO」に移行せよ!

    ECサイトの著しい成長は、オンラインで収集したデータのマーケティング活用を可能にしました。しかし日本での購買活動は90%以上がリアル店舗で行われており、必ずしもオンラインデータだけで生活者行動をつかめるわけではありません。そこで最近マーケティングで注目されているのが「OMO」です。オンラインとオフラインを一体としてデータで捉える考え方です。

    2019年5月22日

    イベントレポート

  • それはもうすぐ! 自動運転がかなえる未来の交通

    話題の自動運転。特に実現化が望まれているのがコミュニティの足となるバスの分野です。深刻な運転手不足により、都市部ですら減便が行われています。そんななか自動運転は人手不足時代の交通インフラを改善する鍵を握っています。

    2019年5月15日

    イベントレポート

  • どうする? どうなる? 令和時代のキャッシュレス!

    このところ話題の電子決済。日本のキャッシュレス比率は現在20%ほどで世界的には非常に低い割合です。政府は将来的にキャッシュレスの普及率を40%にまで引き上げるという目標を立てていますが、そもそも現金がない世界というのはありえるのでしょうか? 流通・小売・飲食業にとって差し迫った課題である電子決済の今とこれからを、最前線で取り組む4名によるクロストークで分析します。

    2019年5月7日

    イベントレポート

  • ニッポンブランドの食品をもっと世界へ! 商品開発、流通からブランディングまで

    先日終えたばかりの日米貿易交渉の初協議。いまやTPPやEPAといったワードが日常で当たり前のように使われるようになってきました。日本の中小企業は海外進出にこれまであまり積極的ではない傾向にありましたが、その壁を一刻も早く打ち破らなければならない状況にあります。今回の記事では日本の食品を海外にいかに広めるかについて、47CLUBやJETROでの施策や実績をもとにその課題解決法をひもといていきます。

    2019年4月19日

    イベントレポート

  • 「求職者はお客様!」 飲食店の離職率を下げるための面接とは?

    人手不足が深刻です。中でも飲食業界は人材が定着しにくく、また最も採用が難しい業界と言われています。人材が定着するかどうかは、応募してもらう前段階のお店の対応が鍵を握っています。飲食店の求人への応募者は、まず自分が働こうとしているお店のスタッフやウェブでの対応をよく見ているからです。

    2019年4月17日

    イベントレポート

  • 地域金融機関&取引先が全国・世界につながっていく。Big Advanceがさらなる進化!

    「金融サービス革命で地域を幸せに」をコンセプトに、地域金融機関の取引先企業ネットワークとIT企業の技術を融合し、経営に関わる情報をワンストップで提供するクラウドサービス「Big Advance」。横浜信用金庫が昨年4月に導入した「Yokohama Big Advance」から始まり、約1年で全国の9金融機関が参加、共同運営で広域連携へと広がることになりました。

    2019年4月10日

    イベントレポート

  • なぜあなたの情報発信は訪日外国人に刺さらないのか?

    外国人旅行客を呼び込むためには積極的な情報発信が欠かせません。しかし外国人の心をつかむためには、彼らの求めている情報を適切な形で発信する必要があります。それでは外国人はどのような情報を求めているのでしょうか? 訪日外国人向けウェブマガジン「MATCHA」からのレポートです。

    2019年4月5日

    イベントレポート

  • ベテラン訪日客の増加にどう対応する? キーワードは「軽量化」と「ストレスフリー」

    ラグビーワールドカップはこれからの日本のインバウンドを大きく変えるほどのインパクトを持っています。ラグビーの観戦に訪れる40万人はほとんどが欧米豪州からの訪日客だからです。一方、「訪日旅行者の成熟化」や「中国インバウンドの変調」などによりインバウンド消費が減速していることは大きな懸念材料です。ではいかにしてマイナスをプラスに変えればいいのでしょうか? そのヒントを探ります。

    2019年4月3日

    イベントレポート