アニメツーリズム〜集客だけでなく地域資源の消費につなげよ!

アニメ聖地を核に、権利者・自治体・地域産業・インフルエンサーを連携させる/ツーリズムEXPOジャパン

2018年10月29日
2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はクールジャパン・コンテンツのひとつアニメを活用したインバウンドについて。「アニメツーリズム」を地域においてさらにビジネス化するためにはどうすればいいのでしょうか? アニメツーリズム協会のお二方の話から抽出します。

一般社団法人アニメツーリズム協会 専務理事 鈴木則道さん。アニメツーリズム協会の役割は「訪日マーケット拡大のためのオールジャパン体制の構築」

 世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」が2018年9月20〜23日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

 今回の「ツーリズムEXPOジャパン」には世界136カ国の国と地域から1,441もの企業・団体が趣向を凝らした出展を行い、4日間の来場者数は過去最高となる207,000人を記録しました。

 また訪日インバウンドや地域への集客・送客をテーマにしたセミナーが多数開催されました。どのセミナーもほぼ満席となる盛況ぶりで、業界関係者の関心の高さがうかがえました。

 今回の記事では9月20日に開催されたセミナー「「アニメ」と「地域」が手を組んでの”インバウンド施策”及び”地域活性化”について」(一般社団法人アニメツーリズム協会 専務理事 鈴木則道さん/同 理事兼事務局長 寺谷圭生(たまき)さん)より、アニメツーリズムの現状と課題についてレポートします。

「アニメ聖地」を訪れたい外国人の増加

 最初に登壇した鈴木さんは、株式会社アスキー・メディアワークス、株式会社KADOKAWAを経て一般社団法人アニメツーリズム協会の専務理事を務めています。アニメツーリズムとはアニメの舞台となった地域を巡る「聖地巡礼」と、日本の文化や食の体験を振興することを目的とした観光スタイルのこと。

 鈴木さんによると2017年の訪日インバウンド2800万人のうち、映画やアニメを目的に訪日した外国人は140万人(4.9%)、またアニメを含む日本のポップカルチャーを目的に訪日した外国人は418万人(14.6%)であり、アニメや漫画に代表される日本の文化に関心を持っている外国人の多さがうかがえます。

 日本のアニメは東南アジアで特に人気が高く、「アニメを起点に日本食や買い物、温泉など自分に合った日本のコンテンツを楽しむインバウンドが増えています」と鈴木さんは話します。インバウンドの関心がモノ消費からコト消費へと移行しつつあると言えそうです。

 次に日本のアニメ産業について鈴木さんから説明がありました。日本のアニメ産業はこの2〜3年で右肩上がりに成長、現在は2兆円規模にまで達しており、そのシェアはテレビや映画、ビデオなどの一次流通よりも、グッズ化・遊興(パチンコなど)・ライブといった二次流通がほとんどを占めているとのことです。また海外シェアについては北米と中国が大半を占めているそうです。

アニメツーリズム協会が推進する、地域でのコラボレーション

アニメツーリズム協会ではアニメの舞台やモデルとなった地域を「日本のアニメ聖地88」として制定、国内外を問わずアニメファンが楽しめるような仕組み作りをしている

 ところでアニメツーリズム協会とはいったいどのような団体なのでしょうか。鈴木さんはアニメツーリズム協会の役割を「訪日マーケット拡大のためのオールジャパン体制の構築」であると話します。

 例えば協会ではアニメの舞台やモデルとなった地域を四国霊場八十八ヶ所巡礼になぞらえ「日本のアニメ聖地88」として制定。ご朱印スタンプを設置するなど、国内外を問わずアニメファンが楽しめるような仕組み作りをしています。「日本アニメのコアファンとクールジャパンファンを訪日旅行者にするため、ジャパンコンテンツを入口として来日をアピールし、また聖地での満足度を向上させることで日本観光のリピーターになっていただくのが狙いです」と鈴木さんは強調しました。

 この「日本のアニメ聖地88」は訪日インバウンドへのメリットだけでなく、アニメの権利元や自治体・地域へのメリットもあると鈴木さんは話します。「毎年100作品もの新作アニメが作られますが、旧作アニメのファンはそのまま残っています。そこで聖地巡礼を意図的に仕掛けることによって、旧作品のロングテール化・ロングライフ化を図り、広義のアニメ市場としてビジネスを拡大することができます。また作品・ツアーを通じて日本の魅力の再発見につなげることや、コンテンツ産業への地域人材取り込みによる人材活用や育成を考えています」

アニメツーリズム成功のカギは、地域・作品・企業の連携

一般社団法人アニメツーリズム協会 理事兼事務局長 寺谷圭生さん。「アニメを起点に日本食や買い物、温泉など自分に合った日本のコンテンツを楽しむインバウンドが増えています」

 続いて登壇した寺谷さんは、KADOKAWAを経てアニメツーリズム協会の理事兼事務局長を務めています。

 寺谷さんは「アニメ聖地では観光客がアニメの登場人物と同じ体験ができ、グッズの販売などで経済効果が大きい」と話したうえで、「ただし成功事例は稀です」と釘を刺しました。アニメ聖地が成功するためには、作品の人気、地域の作品への思い入れ、原作者の地元愛、そして行政のスピード感など複数の要素が重なる必要なのです。

 現状は、アニメ聖地成功の鍵となる地域・作品・企業の分断が大きな課題であると寺谷さんは指摘します。地域はコンテンツビジネスの仕組みへの理解度が低く、一方、聖地を訪れるファンのマナー等が懸念材料としてあること。作品はビジネスとしてペイできるかという不安と、中途半端にやることで地域やファンからのクレームを恐れていること。企業は権利の窓口をどうするか、またファンのニーズ等マーケティング手法に苦心していることが分断の理由です。そこでアニメツーリズム協会がこの三者のハブとなり、これらの課題を解決することを目指しているとのことです。

 最後に寺谷さんは協会の今後のアクションとして、パンフレット・公式サイト・イベントなどの情報発信を行うこと、パンフレットの設置・聖地認定プレートの制作・ご朱印帳の販売といったスポット作りを充実させること、セミナーや勉強会を行い地域企業との取り組みを進めていくことの3点を挙げ、「アニメ目的で日本に来ていただき、神社など日本的なスポットの素晴らしさを再発見していただければ」と締めくくりました。

 外国人にとって魅力的な日本文化となる「クール・ジャパン」戦略推進のためにアニメ産業はその起点となることが期待されます。アニメツーリズムを成功させるためには地域と連消し、リピーターとなる「日本ファン」を生み出すことが重要であると言えそうです。

世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」。世界136カ国の国と地域から1,441もの企業・団体が出展、来場者数は過去最高となる207,000人を記録した

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★連載「ツーリズムEXPOジャパン」

  • 海外旅行者を呼び込むためにはデジタルを徹底活用せよ!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回は10月19日の記事に続き、「せとうちDMO」の成功事例からデスティネーションマーケティングの立案方法についてのクロストークを採録します。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

  • 「せとうちDMO」から考える、地方のインバウンド・マーケティング最前線!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はそのなかから地方へのインバウンド事例「せとうちDMO」から成功への道筋を明らかにしていきます。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

★おすすめ記事

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 海外富裕層の訪日を促進させるための方法とは?

    インバウンドにおいて重要とされるのが「海外富裕層」です。落とすお金やリピーターの点で、バックパッカーとは雲泥の差があるからです。「ツーリズムEXPOジャパン」でも「ラグジュアリー・トラベル・マーケット・シンポジウム」と題して海外富裕層マーケティングをいかに促進させるかが議論されました。今回は海外富裕層のインバウンドについて交わされたトークライブの採録をお届けします。

    2018年11月14日

    イベントレポート

  • ICT活用で地域観光の課題を解決する!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はICTを軸に交わされたトークライブの採録をお届けします。地域の観光で徐々に取り入れられている「旅のデジタル化」。その最前線として岐阜県(下呂、高山)の例から考えます。

    2018年10月31日

    イベントレポート

  • 海外旅行者を呼び込むためにはデジタルを徹底活用せよ!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回は10月19日の記事に続き、「せとうちDMO」の成功事例からデスティネーションマーケティングの立案方法についてのクロストークを採録します。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

    2018年10月22日

    イベントレポート

  • 「せとうちDMO」から考える、地方のインバウンド・マーケティング最前線!

    2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はそのなかから地方へのインバウンド事例「せとうちDMO」から成功への道筋を明らかにしていきます。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

    2018年10月19日

    イベントレポート

  • SNS時代のPR、投稿ネタは「365日、4シーズン、12ヶ月」コンスタントに出し続けよ!

    SNS全盛の今、従来のテレビCMのように不特定多数に情報を流すだけではコアなファンを獲得することが難しい時代であることは明らかです。そこでSNSを上手に活用し、ファン作りへとつなげるために必要なPRのポイントをいくつか紹介します。

    2018年10月3日

    イベントレポート

  • POS革命から顧客革命へ。「失われた30年」を一気に取り戻せ!

    なぜ外食産業の生産性は上がらないのでしょうか? それはイノベーションが起きていないことが原因です。1970年から85年頃にかけてはPOSレジというイノベーションが起きたことにより、飲食業は大きく成長しました。この「POS革命」以降飲食業の店舗運営には何のイノベーションも起きていません。いま必要なのは、業界のアップデートにあたる「顧客革命」をITやテクノロジーの力で実現することです。

    2018年9月20日

    イベントレポート

  • 毛細血管で健康状態をチェック!?/LINEで新卒採用!

    このところよく耳にする「健康経営」。社員の健康管理をきちんと行うことによって、会社の経営の向上につながるという考え方です。株式市場でも「健康経営銘柄」は高いパフォーマンスを示しています。今回のレポートでは、健康経営に向けたサービスや、新卒採用で利用したいLINEの活用法を紹介します。

    2018年8月22日

    イベントレポート

  • 副業・複業・兼業導入、なにが大事? なにから始めればいい?

    「働き方改革」で推奨されているのが副業・複業や兼業です。現状では、80%以上の企業が「副業・兼業を認めていない」となっています。しかし、社員に対して本業だけでなくもうひとつの仕事を認めることで、働き方の多様性を実現している会社があります。2012年から複業を解禁しているサイボウズです。サイボウズの先進事例から副業・複業・兼業の実際をひもときます。

    2018年8月17日

    イベントレポート