斜めから見る〜今月の一冊 ⑤『大本営参謀の情報戦記』

情報の取扱い方、ただし70年前の教え

2018年10月24日
今年は戦争、特に太平洋戦争の際の日本軍(の失敗)についての本が、ビジネスとの絡みでよく読まれました。そのなかでも定番とも言えるポジションを得ているのが、今月の一冊『大本営参謀の情報戦記』です。文庫本の帯では田端信太郎さんも絶賛されています。70年前の戦史をいま、どうビジネスに活かせばいいのでしょうか? 長沖竜二さんが斜めから読み解きます。

 伝え聞きは、伝言ゲームというものがあるくらいで、正確には伝わらないものです。いや、ゲームをするメンバーは味方同士で、一所懸命正確に伝えようとする。なのに正確には伝わらないものです。敵対関係だったら正確に伝える以前に情報を隠したり嘘を言ったりするでしょう。そして伝言がゲームなら失敗しても笑って済ませますが、戦争でこれだったら部隊は全滅です。

 今回は昭和も二時代前のことになろうというのに太平洋戦争の体験記を紹介します。そして、言いたいのは上に記しましたことがほぼ全部です。が、聞いてください。

 表面上、あまりにたやすく情報を請求(≒検索)できて、それに対してあまりに大量のテキストや画像・動画が返されてくる世の中になったので、私たちは浮かれているようなところがあります。

・ネット上にない情報はこの世にないのと同じだ、とか、
・確実な情報と間違った情報を見分ける目を養いましょう、とか、
・やりたいことを決めたら参考になる情報をしっかり調べましょう、とか。
逆に、多くの人に正しく効果的に伝えるにはどうすればいいでしょう、とか、
ちょっと呑気なのです。

 セキュリティといって、大事な情報が漏れないようにすることにも頑張っているようでもありますが、総じて、お金を払って「外部の大きな力」に任せているということであって、主体的に何をしているわけではありません。

 本書は平成1(1989)年に昭和18(1943)年から昭和20(1945)年のことを振り返るかたちで書かれているものですから、著者はもう故人です。そう、この本は伝言ゲームではありません。いま歴史家、評論家、政治家などで戦争当時に責任世代だった人はいませんから、本でも読まない限り、伝言ゲームに浸って話すことになります。いや、本もかなりの割合で伝言ゲームです。そういう点で本書を掘り出してくることには意味がある。

 本書は、一時期、ビジネス研修の教材によく使われたと言います。いや、情報環境が全く異なる(ように思える)70年も前のことなのに、2018年の今読んでも、身につまされるような言葉が次々出てきます。つまり現代においても有効な「情報取扱入門」なのです。

 「日本陸軍なんて“竹槍・突撃・精神主義”のレベルでうろちょろとしてて、コテンパンにやられあたんじゃないか。なんでそんな人らに情報の基礎を学ばなければいけないの? アメリカの最新の情報学を勉強した方がいいんでないの?」、そう思うひとが本書を読み始めたら思うツボです。つまり中途半端な知識・経験・成功体験、こういうのこそころっとヤラれる。この場合は、著者 堀栄三さんに。

 詳しくは読んでいただいてのことなのだけれど、上記、最近の“情報教育”とは違う教訓であるなと思うのはこういうところ。

 「情報とは複雑怪奇、迷いに迷うものである。数字的実証と、目で確かめた真実がない限り確実な情報と称するものはあり得ない。したがって戦場では、情報の判断が感情とか、期待とか、迷いとか、当惑とか、焦りとか、不安で揺れ動くものである。」
=緊迫した状況下では、100%確実な情報などなく、また胆の据わった人でも冷静ではいられない。それを前提に判断し、行動しよう。

「情報とはこのようなものである。常に断片的な細かいものでも丹念に収集し、分類整理して統計を出し、広い川原の砂の中から一粒の砂金を見つけ出すような情報職人の仕事であった。」
=検索しただけで、解決直結の正答が出るとは限らない。そんな簡単な物事しか問題にしないようでは勝ちは望めない。

「情報は常に作戦に先行しなければならない。」
「作戦当事者が誤るのは、知識には優れているが、判断に感情や期待が入るからであった。それゆえに作戦と情報は、百年前から別人がやるように制度が出来ていたのであった。」
=“やりたいこと”の前に“状況分析”があるべきだ。

***

 ああ、折角です。情報の取扱いについての本を紹介しているので、もう一点、本書のかなりの美点を挙げておきましょう。

 世の中全般に自意識が高くなっていて、教訓に耳を傾ける/傾けさせるのが随分難しくなっています。あるいはやたらへり下って不器用にすべてを聞き入れたりするか。著者 堀栄三さんの語り口、書き方は、図らずもヒリヒリした今の時代には合った“教授法”だと思うのです。

 「日本(あなたの先祖)はダメだった。たしかにダメだったけど、いい芽はあったんだ。それが証拠に是々だ。しかし、如何せん遅すぎた。次は気をつけてゆこう」と、こんな風です。

 如何でしょう。保革問わず、老若問わず、怒らず冷静に聞いてもらえそうな物言いでは。


●今月の一冊
『大本営参謀の情報戦記』
堀 栄三/文春文庫

★長沖竜二の連載

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ④『シリコンバレー式頭がよくなる全技術』

    今月の一冊は、シリコンバレーの経営者で、かつてはすごく不健康に太っていたこれまた典型的なアメリカ人で、それを単純で前向きで疑わない方法で克服した、最強の脳をもってスタイルも改善した経営者によるハウツー本です。今どきのアメリカの経営者スタイルがぷんぷん溢れてて、そうなりたい人には、おすすめしたくなる内容です。この一冊を長沖さんが「斜め」から分析します。

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ③ 『自己愛過剰社会』

    現代人の傾向としてあげられるのが「自分のことが大好き、自分を実際以上に素敵にみせる営み、それが成功の近道。しかもそれは気持ちいい」。企業の発するメッセージにも同様の傾向が出てきています。とくにSNSを通じたPR活動において顕著です。さてその流れをどう分析すればよいのでしょうか?

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ② 『戦争にチャンスを与えよ』

    サッカーのフィールド上や土俵上で起こることの行動基準について、一般社会の常識を被せるのがブームとなっています。道徳や精神を世の中で一本化するというのは、“わかりやすく”“便利で”“正しい”とは思いますが、経営という場面でそれが絶対的に正しいアプローチなのかどうかはわかりません。

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ① 『アリ対猪木』

    新参者は負けてはいられません。若いうちに負けが込むと、益々萎えさせられてしまうひどい時代だからです。それで今こそ読んでいただきたいのが、モハメド・アリ、そしてアントニオ猪木についてです。

執筆者: 長沖竜二 - スモールビジネス調査員
『現代用語の基礎知識』編集長、『小さな組織の未来学』編集長などを経て、現在、公共施設業界のコンベンション運営、中小事業者やまちづくりについてのメディア取材・編集などを行っている

コラム新着記事

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

    2019年4月8日

    コラム

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム