「せとうちDMO」から考える、地方のインバウンド・マーケティング最前線!

2018年10月19日
2020に向けてさらに加速が期待されるインバウンド。東京や京都だけでなく、地方への集客が観光立国・日本の鍵を握ります。世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」では様々な議論が交わされましたが、今回はそのなかから地方へのインバウンド事例「せとうちDMO」から成功への道筋を明らかにしていきます。(このシリーズは7回にわたって紹介します)

株式会社Intheory 代表取締役 村木智裕さん。DMO設立・運営やインバウンドマーケティング、デジタルマーケティングの支援を行っている

 世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」が2018年9月20〜23日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

 今回の「ツーリズムEXPOジャパン」には世界136カ国の国と地域から1,441もの企業・団体が趣向を凝らした出展を行い、4日間の来場者数は過去最高となる207,000人を記録しました。

 また訪日インバウンドや地域への集客・送客をテーマにしたセミナーが多数開催されました。どのセミナーもほぼ満席となる盛況ぶりで、業界関係者の関心の高さがうかがえました。

 今回の記事では9月20日に開催されたセミナー「せとうちDMOが実践する世界標準のインバウンド・マーケティング」(株式会社Intheory 代表取締役 村木智裕さん/株式会社Chapter White 代表取締役 ホワイト美佳さん)より、インバウンド・マーケティングの実際とDMOの担う役割についてレポートします。

地方のインバウンドを活性化させるDMO

「DMOの運営にはインバウンドマーケティングのセオリーに沿った取り組みが必要です」(村木さん)。「写真とテキスト、あとは面白い切り口さえあれば取材なしでも記事を作ることは十分可能です」(ホワイトさん)

 最初に登壇した村木さんは広島県庁勤務を経て、せとうちDMOを設立。現在は株式会社Intheoryの代表取締役としてDMO設立・運営やインバウンドマーケティング、デジタルマーケティングの支援を行っています。DMO(Destination Management Organization)とは、地域の観光物件や食、文化などに精通し、地域の人や団体と共同しながら観光地域を作る法人のことです。

 村木さんによると、2020年に東京オリンピックを控え、日本に行きたいという外国人旅行者は増えているが、地方がその恩恵を受けることができるか懸案となっています。

 外国人にとって日本は東京や京都の認知度は高いのですが、そもそも地方は訪日外国人の行き先として選択肢に入っていないという現実があります。しかし地方には多くの外国人が訪れて活性化して欲しいという希望もあり、このギャップを埋めるために必要なマーケティングと、地方の事業者が自治体と一緒に観光資源を作るのをマネジメントすることがDMOの役割だと村木さんは言います。「DMOの運営にはインバウンドマーケティングのセオリーに沿った取り組みが必要です」(村木さん)。

 訪日インバウンドを呼び込むには旅行者の購買行動、つまりカスタマージャーニーを踏まえた戦略が必要であると村木さんは話し、訪日インバウンドのカスタマージャーニーマップとして「Dream」「Consider」「Activate」「Travel」「Share」の流れを紹介しました。

成功するマーケティングプラン3つの前提と事例

会場では熱心にメモを取る参加者の姿が目立った

 それでは具体的にどのような戦略を取ればよいのでしょうか。村木さんはマーケティングプランの前提として次の3点を挙げました。まず目標の規模でマーケティングのやり方は大きく変わること、次に潜在顧客をターゲットにすること、最後に購買行動に沿った施策をとることです。

 事例として村木さんは自身が携わっている「せとうちDMO」の施策について紹介しました。まず目標規模によるマーケティングについて、せとうちDMOでは2016年に190万人だった観光客を2020年までに300万人に増やすという目標を立てました。100万人以上増やすというのはとても大きな目標であり、毎年1000人ずつ増やすのとは全く異なる戦略を取る必要があります。まずはここをしっかりと認識することが重要だということです。

 次に潜在顧客のターゲット化。例えばアメリカの人口は約3億人で、顕在化している訪日客はそのうちの120万人です。しかし海外旅行をする人は7000万人います。この7000万人を潜在顧客としてターゲット化するということです。なお村木さんは潜在顧客7000万人のうち、せとうちに関心を持ちそうな顧客が2000万人はいると見ています。

 最後に購買行動に沿った施策、マーケティングプランについて。旅行者は動画やSNS、旅行の口コミサイトや予約サイトといったオンラインと、新聞や雑誌などのオフラインを行き来しながら旅の計画を立てます。したがってどの媒体にどの戦略を載せるかがマーケティング成功のカギを握っているのです。

 成果を出すためには先程のカスタマージャーニーマップの「Travel」にたどり着く必要がありますが、実際にはその前の段階(「Dream」「Consider」「Activate」)の各数字を上げておかないと達成することはできません。なぜならカスタマージャーニーマップは先に進めば進むほど人数が減っていくからです。「Travel」の段階で100万人を呼びたいのであれば、「Travel」の前段階ではその何倍もの人に認知してもらう必要があるということです。

PRは広告費をかけずに編集でアピールする

インバウンドに特化したマーケティング会社Chapter Whiteの代表を務めるホワイト美佳さん。「PRは広告費をかけずに編集でアピールすることが必要です」

続いて登壇したホワイトさんはアメリカの政府観光局ブランドUSAや、マンダリンオリエンタルホテルグループのマーケティング・PRを経て、現在はインバウンドに特化したマーケティング会社Chapter Whiteの代表を務めています。

 ホワイトさんはまず「PR(Public Relations)は広告費をかけずに編集でアピールすることが必要です」と話します。そのためには各国のエージェンシーと連携して、現地の人々に読まれる媒体を選ぶことが必要だということです。「ただし媒体に価値ある情報を書いてもらうためには、活発にリレーションを取ることが必要です」とホワイトさんは続けました。

 このことについて村木さんも「日本は広告による情報発信に依存しています。広告はあくまでも広告であり、特に欧米の消費者は広告と分かると読まない。また予算規模が情報発信量に制限をかけているのでPRをうまく使うことが必要です。日本の広告とPRの比率は9:1ですが、理想は5:5にすることです」と話しています。

 ホワイトさんは「写真とテキスト、あとは面白い切り口さえあれば取材なしでも記事を作ることは十分可能です。そのためにも常に新しい画像を用意・ストックしておく必要があります。PRを確実に行う上で、写真を集めるということは想像以上に重要なことです」と話しました。

 今後も増加が見込まれる訪日インバウンド。地方の企業や自治体は、DMOと連携してマーケティング戦略を取ることで、実現できることがたくさんあるのではないでしょうか。

世界最大級の旅の展示会「ツーリズムEXPOジャパン」。世界136カ国の国と地域から1,441もの企業・団体が出展、来場者数は過去最高となる207,000人を記録した

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★関連リンク

★おすすめ記事

  • もうインバウンド集客で悩まない!

    インバウンドが増え続けています。全国の地方自治体やDMOなどの関係機関は、幅広い地域からの訪日外国人客を誘致するためにウェブサイトの外国語対応や、集客のためのプロモーションなど、情報発信に追われているはず。新連載では、訪日外国人に対して情報発信をしたいが、有効な手段が分からないというインバウンドマーケティング担当者のために、「今だからこそ実施すべき、動画広告のゼロから100まで」を、分かりやすくハウツーでご紹介していきします。

  • 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

    様々な場面で地域間の格差が拡大しています。自治体の規模や財政もさることながら、地域の活性・不活性に直結する地域間競争を勝ち抜く力の差、その基礎となる意識や意欲の面でも差は目に見えるかたちで表れてきています。今回はこの地域観光行政の格差について考えます。

  • ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    地域の観光事業を取りまとめるDMO。彼らの運用や設立に役立てるために、観光庁は観光協会などを対象にアンケート調査「国内外の観光地域づくり体制に関する調査業務の報告書」を実施。その結果を16年7月に発表した。そこで、最も大きな課題として挙げられていたのが「予算」の不足だ。

  • 小売業から観光業へ進出!地元と連携し、新たな観光づくり

    京都丹後エリアでリゾート事業を展開する株式会社にしがきは7月、新感覚の体験型リゾートを謳う「シエナヒルズ」をオープンさせました。ここを拠点として、これまでなかった「地域ぐるみ」の観光開発で地域活性化、地方創生につなげようとするプロジェクトです。こうした試みが日本の新たなリゾートのモデルとなり得るのか注目されます。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 地域企業を活性化させる「未来の社会課題解決」という新たな視点!

    アスタミューゼ株式会社と、SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社は、47都道府県ごとの地域企業に対し、各地方銀行と連携し、技術職・研究職といった専門人材の雇用支援を行うことで事業成長を促進し、地域の活性化を図る事業連携についての合同記者発表会を9月5日に行いました。社会課題解決に挑戦する独自の技術や事業をもつ多くの地域企業を見出し、採用を支援することで地方の人材不足に貢献するというのが、今回の大きな意義です。

    2019年9月11日

    イベントレポート

  • 空きスペースを貸すだけで月80万円! 拡張し続けるシェア経済

    ここ数年で、空間やモノ、移動、スキル、お金など、さまざまなモノやサービスのシェア経済が活発になっています。2030年度には国内での規模が11兆円を超えると言われており、拡大の一途をたどっています。リノベ物件が月80万円の収益を生みだすなど、空きスペースの貸出ビジネスには今後、副業を含めて大きなビジネスチャンスがあります。

    2019年9月6日

    イベントレポート

  • これからの民泊はどう変わる? 儲かる? 経営目線の疑問に答える!

    一般住宅の一部または全部を旅行者に貸す民泊。日本でもインバウンド増加に伴い注目され、認知率も9割を超えるようになりました。また、2018年には民泊新法の施行や旅館業法の改正で民泊参入へのハードルが下がり、今後のビジネスへの展望が議論される場面が増えています。そんな民泊の疑問や将来性について、Airbnbら業界を代表する面々が経営目線で答えます。

    2019年9月4日

    イベントレポート

  • 「自分らしい家を作る」から「街とどう関わるか」。家をめぐる意識の変化を探る

    ライフスタイルや働き方の変化により地方への移住に関心を持つ人が増えています。そんな移住を考えている人と、移住を受け入れたい地域の自治体や工務店を結びつけるスカウト型マッチングサービスが今、注目されています。

    2019年8月30日

    イベントレポート

  • インバウンド、次の一手は「フードダイバーシティ(食の多様性)」

    訪日外国人の増加とともに顕在化しているのが、ハラル(ハラール)やベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリーなど、個人の宗教や主義、アレルギーなどによる食の禁忌の問題です。この食の禁忌を認める「フードダイバーシティ(食の多様性)」には多くのビジネスチャンスが埋もれています。

    2019年8月15日

    イベントレポート

  • ブームのパン、おいしいというだけで売るのは難しい時代に

    今、パンがブームです。高級食パンに行列ができたり、カフェチェーンがパン専門店を出店したりするだけでなく、各地でパンのイベントも開催されたりしています。パンの人気は衰える様子をみせません。見方を変えれば、目も舌も超えた消費者を満足させるためには、パン・ベーカリー事業者は相応の方法や工夫を考える必要があります。

    2019年8月13日

    イベントレポート

  • 「売る」のではなく「伝える」〜AKOMEYA TOKYO〜

    サザビーリーグが展開する「AKOMEYA TOKYO」。お米などの食品や食器など良質の日本の暮らしを消費者に届けるこのブランドは、実店舗とオンラインショップともに人気を得ています。成功をもたらしたポイントは、商品を「売る」のではなく想いを「伝える」ことにありました。

    2019年8月5日

    イベントレポート

  • お店はメディアだ! “エンターテイメント”としての売り場を創造する

    2015年にリニューアルした銀座伊東屋本店。そこで行なった改革は、従来の「商品を買う店舗」から「過ごせる店舗」へと変化させ、自分の場所や心地よい空間の提供を目指すものでした。ネットがものを買う場所になっている現在、店舗はメディア(伝える場所)となることが必要です。リアル店舗はメディアとしていかにお客様を楽しませることができるかがポイントになります。

    2019年8月2日

    イベントレポート