着地型ツアーのダークホース? 「観光タクシー」の可能性

2018年10月11日
インバウンドを加速させるために、着地型旅行や個人旅行をより活性化することが求められています。しかし旅先における二次交通の不在がそれを阻んでいます。二次交通の代表であるタクシーがサービス業としての役割を果たせるなら? 観光需要を掘り起こす道筋を高速バスマーケティング研究所代表の成定竜一さんが探ります。

「うどんタクシー」は、香川名物の讃岐うどんに詳しい知識を持つ乗務員が、有名店のほか、ガイドブックに載っていない隠れた名店などを案内する観光タクシー。今年7月には全国のタクシー事業者によって構成される「日本ご当地タクシー協会」も発足した

 わが国のツーリズム産業において、「従来の(発地型)旅行商品から『着地型商品』へのシフト」が言われ始めてからもう20年ほどが経過する。バスツアーの分野でも「着地型ツアー」が隆盛すると言われ続けてきた。その間の、様々な取組みに敬意を表する一方、残念ながら、着地型ツアーを上手に活用した個人旅行が一般的になったとは言いづらい。ハードルは二つある。

 一つ目は、着地型活用を含めた「個人旅行の流通網」が確立しないこと。既存旅行会社の支店カウンターが発地型のパッケージツアー中心の取扱いから脱却できない、という点は仕方ないとして、それに取って代わると考えられてきたウェブ予約が、宿泊や交通の単品予約の枠を超えられていない。ダイナミック・パッケージ(DP)を提供するサイトで着地型ツアーをオプションとして選択できるようになったり、着地型ツアーや現地アトラクションに特化した予約サイトが成長したりと個別の動きはみられるものの、日本人の旅行のあり方を変えたと呼べるには程遠い。

 交通機関のダイヤや宿泊施設のスペックなど詳細な情報を調べ、予約や決済を行うという「手配」の各ステップについてはウェブ上で完結するようになったが、それ以前の「旅程を作成する」ステップが、一般の旅行者が自ら行うにはまだハードルが高いのだろう、というのが筆者の考えだ。いや、そもそも「どういう旅行をしたい」と想起するステップ、かもしれない。やがてはAIが担う機能かもしれないが、「旅行者一人ひとりの興味関心に沿ったオリジナルの旅程」をストレスなく作成するソリューションが求められているはずだ。

 着地型ツアーがブレイクしないもう一つの理由が、商材が揃わないことだ。こちらも、特定の観光協会やDMOの努力により成功事例も見られるが、未だ個別の成功にとどまっている。特定のデスティネーションでしか提供されないのであれば、一般の旅行者が「現地でツアーに参加できるはずだ。調べてみよう」という習慣は生まれないだろう。

 着地型ツアーが全国の多数の地域に広がらない最大の原因は、「儲からないこと」だろう。そもそも、より「分化」し「深化」する旅行者の興味関心に対応するため画一的ではないツアーを提供する、というのが着地型の考え方だから、従来の発地型ツアーに比べて収益性が劣ることは仕方ない。

「ウェブマーケティングなど流通のあり方の変化によって、遠来の客も地元客も、また海外からの客も1台のバスに混乗させることで乗車率が高まって収益性低下を回避できるはずだ」という論理は、前述の通り流通網の変化が遅れており成立しない。着地型が主流となれない第一の理由と第二の理由は、お互いに「ニワトリと卵の関係」に陥ってしまっている。

 このうち、「第二の理由」、着地型ツアー商品の品ぞろえ充実に向け、興味深い取り組みが2件、発表された。いずれも「観光タクシー」に関係するものだ。

 一つ目は、本年7月に発足した「日本ご当地タクシー協会」である。香川県で「うどんタクシー」を運行してきたコトバスタクシーら全国のタクシー事業者によって構成される。「うどんタクシー」は、その名の通り、地元名物の讃岐うどんに詳しい知識を持つ乗務員が、有名店のほか、ガイドブックに載っていない隠れた名店などを案内する観光タクシーである。同協会には、同様にアップルパイ(弘前市)、カステラ(長崎市)など地元の名物料理を名乗る観光タクシーがラインナップされている。当面は名物料理がフィーチャーされているが、趣旨からいえば、今後、必ずしも料理にこだわるものではないだろう。

 二つ目が、高速バス事業の急成長で知られるWILLERが提供を開始した「ツーリストタクシー」事業だ。コースづくりの段階からWILLERが関与することで、従来の、地元の名所を総花的に回るだけの観光タクシーとは異なる商品を提供する点や、同社のウェブ予約エンジンを活用することで、観光タクシーではまだ導入事例が少ないウェブ予約を実現した点などが特徴だ。

 FITを対象に外国語でのウェブ予約も開始したほか、今後、タブレットなどを用い多言語での車内ガイドを実現する専用アプリも参画事業者に対して提供するという。ウェブ予約段階で決済まで済ませるので、運賃収受に関して外国語でのやり取りが不要となる点は、事業者や乗務員の「気持ち」を楽にするだろう。

 前者は、もともと観光タクシー事業で実績があり自ら一定の企画力を持つタクシー事業者が、彼ら自身のブランド化を進める取組みである。一方で後者は、これまで観光タクシー事業に取り組んでこなかった事業者に新たなチャレンジを促す動きである。後者のサイトで前者の商品の予約が可能であるなど、お互いに連携する部分はあるようだ。

 あわせて、観光タクシー事業のFIT対応という観点では、定期観光バスや着地型バスツアー向けに開発された「多言語自動ガイドシステム」も、タクシー向けの商品がリリースされている。GPSによって把握した走行位置に応じて多言語で観光案内を行うフュートレック社の「U・feel」は、本来はイヤホン型レシーバーのチャンネルを合わせることによって言語を選択し案内を聞くことができるシステムで、1台のバスに乗る多数の乗客がそれぞれの言語で観光案内を受けることが想定されている。一方、イヤホン型レシーバーではなくカーステレオの外部入力端子と接続することで車内スピーカーから音声案内が流れる廉価版があり、これは1台に1グループしか乗車せず1言語での案内で済む観光タクシー事業にぴったりだ。

 観光タクシー事業は、あらかじめコース設定や乗務員のトレーニングなどは必要であるものの、観光タクシーとして予約が入っていない日は通常のタクシーとして車両と乗務員を活用できることから、バスツアーを設定するのに比べると小さいリスクで着地型にチャレンジできるという利点がある。

 さらに、全国ほとんどのタクシー事業者は、これまで、タクシー乗り場で客待ちする、または迎車の電話予約を待つという「待ちのビジネス」が中心であった。自ら商品を企画しそれを流通に乗せていく、という商売の経験が少ない事業者がほとんどだ。人口減少によりタクシー需要の先細りが予測される中、「自分たちの街をご案内するのは、俺たちに任せてくれ」というタクシー事業者らの新たな挑戦が、着地型ツアーの品ぞろえ強化につながることを期待している。

★関連リンク

★成定竜一の連載コラム

  • 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    我が国のツーリズム産業は、変化すべき方向性を理解しているように見えて、その変化はなかなか進まない。本当に「旅行者一人ひとりが、自身の興味関心に基づく内容のオーダーメイド旅行を、ストレスなく予約し、ストレスなく実行できる」環境が実現するためには、商品(往復の交通、現地での観光や宿泊)サイドと、流通(「行ってみたい」と感じる→旅程作成→予約完了まで)サイドの両方が、バランスを取りながら変化し続けなければならない。構造的な変化を求められているのだ。

  • どうする?事業承継! 貸切バス業界の今すぐ取り組むべき課題

    中小企業の事業承継は日本全体の大きな課題です。バス業界も同様ですが、これまで事業承継はほとんど問題となってきませんでした。しかし、今後は一気に急増することが予測されます。その解決の一助となるのが、貸切バス事業者を対象にした「事業承継支援プログラム」です。

  • どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~

    高速バスを運行するバス事業者は、地元で幅広く生活関連産業を展開する「地元の名士」が多い。地元の中小企業経営者にとっては雲の上の存在になってしまっていて、その声を拾い上げることさえできていない。一方、デスティネーション側には、バスは、七福神が乗ってくる「宝船」のように、海の向こうから宝物を乗せてやってくる有難い存在だという誤った認識がいまだに残っている。

執筆者: 成定竜一 - 高速バスマーケティング研究所株式会社代表
高級都市ホテルチェーンを退社後、06年に楽天バスサービス株式会社に入社。楽天トラベル「高速バス予約」サービスの事業責任者を経て、同社取締役に就任する。11年に退職すると、高速バスマーケティング研究所を設立。国土交通省「バス事業のあり方検討会」委員(10年度)、「国内観光の振興・国際観光の拡大に向けた高速バス・LCC等の利用促進協議会」(15年度~)などを歴任する。

コラム新着記事

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

    2019年4月8日

    コラム

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム

  • ドラマ『家売るオンナの逆襲』 シンプルな見せ方で同時代的なテーマを描く快作。

    水曜夜10時から放送されている『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)は、不動産会社を舞台に「私に売れない家はありません」と豪語する女性を主人公としたドラマだ。何より面白いのが、毎話のエピソードにとても同時代的なテーマが込められていること。脚本の大石静は恋愛ドラマの名手として知られるが、今回の作風の根底にあるのは、あらゆる人間の生き方を肯定しようとするダイバーシティ(多様性)だ。

    2019年3月6日

    コラム

  • 経営者が走る理由

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「走ること」。昨日の東京マラソンに参加、あるいは観戦した方なら、そこに大きな物語があることに気がついたはず。経営者にとって「走ること」とは何か? 意外な心象風景が見えてきます。

    2019年3月4日

    コラム

  • 貸切バス業界は「安全の可視化」を!

    今年の2月以降、国内で製造される大型高速バス、貸切バスにはすべてEDSS(ドライバー異常時対応システム)が搭載されることになりました。「非常ブレーキ」と言える装置です。相次いだ事故を受け国がガイドラインを制定し、各メーカーが開発を進めたものです。しかし、搭載したものの、乗客でそれを知っている人はあまりいません。貸切バス業界は乗客にEDSSについて積極的に説明することが求められています。

    2019年3月1日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑦『演技と演出のレッスン 魅力的な俳優になるために』

    「芝居がかっている」「演技が上手い」というと、ビジネスでは0点の評価です。というより、日常コミュニケーションの場でも、大概はだめな方です。しかしなお、「ビジネスも俳優じみていこう! 意識的にそういこう!」というのが今回のすすめです。俳優という生産性のまるでなさげな、ビジネスの対極にいるような人の真似をしてみましょう、という話をします。

    2019年2月25日

    コラム

  • 株式会社シンカが行っている社内の有機的組織の実験

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「社内プロジェクト」。HANJO HANJOのメインテーマのひとつである「社内コミュニケーション」にもつながる取り組みは、会社をどう活性化させたのでしょうか?

    2019年2月6日

    コラム