「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

2016年7月25日
【記事のポイント】 ▼現代人は“安さ”以上に“時間”を重視する ▼来店動機を広く取るビジネスプラン
シンガポール企業における生産性向上の取り組みを支援しているシンガポール生産性本部では、2組の視察団を日本に派遣、小売業や飲食業におけるベストプラクティスを学ぶツアーを行った。HANJO HANJOでは、日本生産性本部の協力のもと行われた今回のツアーを同行取材、様々な角度で日本の飲食業界・小売業界の現在を伝えていく。

特集第2回は、シンガポール視察団が訪れた「ペッパーフードサービス」に注目。同社の事業拡大についての取り組みから、企業が参考とすべき人材教育と来店動機を多角化することの重要性について考える。

立ち食い向けのテーブル、オープンキッチン、ディスプレイされたワインボトルなどが注目を集めていた

■急激な店舗拡大がもたらしたサービス低下

同社のステーキレストラン「いきなり!ステーキ」では、13年12月の1号店オープン後、翌年には30店舗までの事業拡大を目指した。他の既存店舗の売り上げは順調に伸びており、拡大は決して無謀な試みではないと、社員全体が夢を膨らませていたという。しかし、売り上げが9月に突然伸び悩む。その原因とは一体何なのか? 視察団からの質問に対して、ペッパーフードサービス海外事業本部副本部長の猪熊宙氏は「サービスの低下が原因でした」と答えている。

「厚切りステーキを焼くというのはテクニックが必要になります。お客様に喜んでいただけるような商品を提供できなかったのが原因。私たちはこれを“9月ショック”と呼び、同じことを繰り返さないように努めてきました」

 具体的には本部に研修センターを設立。一定のスキルを身に付けた者をマイスターと呼ぶ制度を設け、レベルの向上に取り組んでいるという。
  • 会場では「ペッパーランチ」の立ち上げから、「いきなり!ステーキ」を軌道に乗せるまでの、一連の事業展開が紹介された
  • 視察団からは9月ショックのほか、「いきなり!ステーキ」の運営についての質問も集まった。その回答によると、現在の原価率は50~60%、スタッフはキッチンが3人、ホールが5人から6人の体制だという

■来店動機を増やすために具体的な戦略を

いきなり!ステーキの9月ショックは、他の飲食店にも十分に起こりえる。サービスの質が低下した、商品単価を上げざるを得なかった、あるいは単純にお店の味に飽きられてしまうこともあるだろう。

 このような客離れが起きたときに、店としては一体何ができるのか。視察団にとっても、それは興味深かったようで、いくつもの質問が猪熊氏へと投げかけられた。実際にいきなり!ステーキが9月ショックに対して起こした行動は大きく2つ。椅子席の追加と肉マイレージカードの導入だ。

 いきなり!ステーキは「俺のイタリアン」をヒントに、高級なステーキをリーズナブルに楽しめる店としてオープンした。そのスタート地点にあるのは、系列店の「ステーキくに」で一番人気のステーキを半額で提供するということ。これは原価率がゆうに70%を超える試みだったという。しかし、滞在1時間、客単価3000円という想定で、徹底的に無駄を省けば勝算は十分に見込めるプランだった。
勝算のひとつが、ステーキに対する来店動機の多岐化だったという。最近ではお年寄りも魚より肉を好む傾向にあり、糖質制限している人にもリーズナブルな肉は注目されている。働き盛りの若い女性も1人でステーキ店を訪れる傾向にあるようだ。その上で、いきなり!ステーキはビジネスの第一線で働く人々が最も欲している“時間”にフォーカス。時間をかけずに、きちんとしたものを、リーズナブルに食べてもらうという業態を取っている。

 椅子席の追加はこうした来店ニーズをさらに多様化させるためのものだった。当初は危ぶまれていた回転率の低下についても、さほどの影響は無かったという。これについては、コストカットを目的に、提供するメニューの数を絞ったことがプラスに働いた。

講義のあとは、「いきなり!ステーキ」と同じメニューも提供している「ペッパーランチ」で、試食を兼ねた昼食会が行われた

 一方の肉マイレージカードは、新規顧客を増やすために同店が行った初の販促活動だった。1号店の成功などもあり、いきなり!ステーキの名前はマスコミを通じて、多くの人に知れ渡っている。そこに、2周年記念としてポイントを3倍とし、名前は知っていても、実際に店舗を訪ねたことが無い人を集めるという戦略だ。

 これらの戦略もあって、いきなり!ステーキの売り上げは回復。今年度も順調な滑り出しを見せているという。新規店舗をオープンした時、何に注意すべきか、また客離れしたときに何ができるのか。飲食ビジネスに関わるもの全員にとって、一つの参考例になるだろう。

●関連リンク

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒトモノコトカネ」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • 外国人雇用元年! いま経営者はどう対応すべきなのか?

    外国人労働者の雇用を増やす手段として政府が打ち出した入管法改正は、人材不足解消の一助として経営者には朗報となりました。では、在留外国人を雇用する場合に気をつけなければならないポイントは何でしょうか? 外国人販売スタッフの人材確保において重要となる指標や現在の外国人就労状況などを解説します。

    2019年3月25日

    イベントレポート

  • 2018年度「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社トップスピーチ②~トヨタ部品茨城共販~

    顧客視点から経営を見直し、自己革新を通じて顧客の求める価値を創造し続ける組織の表彰を目的として、1995年に日本生産性本部が創設したのが「日本経営品質賞」です。2018年度の中小企業部門では2社が受賞、2月14日に開催された「顧客価値創造フォーラム」で受賞企業トップによるスピーチが披露されました。トヨタ部品茨城共販株式会社代表取締役の駒月純さんのスピーチ「トヨタ部品茨城共販の経営革新について」の模様をレポートします。

    2019年3月15日

    イベントレポート

  • 訪日外国人が本当に買いたいものは何か?「ソーシャルリスニング」で解決する消費トレンド

    マーケティングの基本はソーシャルメディア分析」の時代です。インバウンドビジネスを成功に導くためにもSNSやブログをどう読み込むかが問われています。その方法のひとつが、ソーシャルメディアやSNSなどを分析し消費者のニーズを知る「ソーシャルリスニング」です。

    2019年3月13日

    イベントレポート

  • 『YOUは何しに日本へ?』プロデューサーが見た、外国人が日本に来る理由とは?

    インバウンドを象徴する現象のひとつに、メディアにおける番組の増加が挙げられます。その先駆けとなったのが『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系列)です。番組開始から6年、密着取材から受ける印象では、訪日客の状況に変化が生まれているようです。それは「“日本二周目”の人たちが増えた」点にあると、番組担当プロデューサーは話します。

    2019年3月11日

    イベントレポート

  • 2018年度「日本経営品質賞」中小企業部門受賞社トップスピーチ①〜九州タブチ〜

    顧客視点から経営を見直し、自己革新を通じて顧客の求める価値を創造し続ける組織の表彰を目的として、1995年に日本生産性本部が創設したのが「日本経営品質賞」です。2018年度の中小企業部門では2社が受賞、2月14日に開催された「顧客価値創造フォーラム」で受賞企業トップによるスピーチが披露されました。鹿児島県で給水装置の製造を行う株式会社九州タブチ代表取締役社長の鶴ヶ野未央さんのスピーチ「人と組織のスパイラルアップを目指す九州タブチの経営革新活動」の模様をレポートします。

    2019年3月8日

    イベントレポート

  • 混迷の時代を生き残る会社の「社長力」とは?

    「会社に良い悪いはない。社長に良い悪いがある」。そう言い切るのは株式会社小宮コンサルタンツ 代表取締役社長CEOの小宮一慶さん。大学教授として会計や経済の教育に携わる一方で、140冊以上の多岐にわたる著書を発表しています。「世の中には経営という仕事があります。この経営という仕事を知らない社長さんが意外なほど多い。経営の仕事とは『方向付け』『資源の最適配分』『人を動かす』の3つを実行することです」と小宮さんは話します。

    2019年2月18日

    イベントレポート

  • 中小製造業の強い味方! 新製品開発のクラウドファンディング活用術

    「クラウドファンディング」という言葉を耳にすることが多くなりました。新しい製品やサービスやプロジェクトを実現するために、専用のサイトを通じて資金調達をする方法です。一般的には消費者向けの新商品開発がメインですが、BtoBメーカーが高い技術を使ったBtoC向け製品をアピールする場としてクラウドファンディングを使うことは効果があります。中小企業がクラウドファンディングを利用するために知っておくべきことは何なのでしょう? サイバーエージェントグループのクラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」から考えます。

    2019年2月14日

    イベントレポート

  • 赤字路線からブランドへと成長した「いすみ鉄道」の発想と戦略

    廃線寸前の赤字路線からブランドに変貌した千葉県房総半島を走る「いすみ鉄道」。現在ではさまざまなメディアで取り上げられ、鉄道ファンのみならず多くの人が訪れる強力な観光コンテンツに成長しました。沿線には目的地になるような場所がないため、外部から人が来ることはほとんどありませんでした。そこで発想の転換をしたことが成功を導きました。

    2019年2月12日

    イベントレポート