電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

2018年9月27日
自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

 こんにちは。クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻です。

 スマートフォンの普及のおかげで、LINEやFacebookメッセンジャーなどのSNSが浸透し、とてもコミュニケーションがとりやすくなりました。ちょっとしたときでも、ダイレクトに相手へ伝えられるのが便利ですね。時間と場所を気にしなくなったというのがとてもありがたいです。

 私が小学校や中学校の時は、携帯電話なんて便利なものがなかったので、連絡するとなると固定電話のみでした。いわゆる、家デンと呼ばれるものです(もう死語ですね)。クラスに好きな子がいれば、ドキドキしながらその子の家に電話をして、お父さんが電話に出ると、びっくりしてすぐに電話を切ったりしたものです。今の若い子たちはこのような経験はないのでしょうね。また、友達との待ち合わせも結構大変で、何かの理由で遅れると、それを伝える手段がない。相手が来るまで待たないといけないのですが、それが5分遅れるのか、1時間遅れるのかもわからない。だから、喫茶店で時間をつぶして待つこともできない。そんな時に便利だったのが、駅にある黒板。「先に行っている」「喫茶店で待っている」などと書いて伝えることもありましたが、もう黒板なんて全く見なくなりましたね。ポケベルなんてものもありましたが、若い人は言葉も知らないでしょうね。郷愁に浸るのはこのくらいにしておきましょう。

 この自分の気持ちを“伝える”という手段ですが、現在は様々なコミュニケーション手段があります。「電話」や「SNS(LINEやFacebook、Twitter、インスタグラムなど)」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「メール」や「チャット」。昔からある「手紙」もそうですし、直接会って話す「訪問」。それぞれ特徴があって、うまく使い分けられたらコミュニケーションの達人です。

 それぞれの特徴を挙げてみましょう。

離れた場所にいても確実に気持ちを伝えられる「電話」

 ・気持ちを誤解なく、確実に伝えやすい
 ・離れた場所にいる人とタイムリーに話せる
 ・声で感情が伝えられ、相手の感情も分かる
 ・電話を掛けるとき、相手の都合が分からない
 ・1対1のダイレクトな対話
 ・何往復もする対話など、会話のキャッチボールがやりやすい
 ・電車内や公衆の場など、会話を控えるべき場所がある

ライトなコミュニケーションに最適な「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」と「チャット」

 ・気軽に連絡できる
 ・ちょっとした確認や連絡に最適
 ・何往復もする会話だと、意外に時間がかかり面倒
 ・ファイルのやり取りができる
 ・記録が残る
 ・会話開始時に相手の都合を気にしなくてもいい
 ・ネットさえつながれば、どこでも会話ができる
 ・グループでもやり取りができる
 ・アプリのインストールが必要
 ・相手と合意の上でつながらなければならない
 ・ガラケーでは使えない

携帯番号だけでコミュニケーションができる「SMS(ショートメッセージサービス)」

 ・携帯電話の電話番号さえ分ければ、会話ができる
 ・ガラケーでも大丈夫
 ・文字数が限られている
 ・ちょっとした連絡に最適
 ・記録が残る
 ・会話開始時に相手の都合を気にしなくてもいい
 ・既読率が高い
 ・携帯電話を持っていない人にはつながれない
 ・1対1の対話が基本
 ・コストがかかる

時間を気にせずに伝えられる「メール」

 ・久しぶりの方に挨拶するケースでも利用しやすい
 ・ビジネスで利用しやすい
 ・ファイルが送れる
 ・複数人に一度に送れる
 ・相手に伝わったのかが分からない(メールを見たのかどうか)
 ・記録が残る
 ・最近は大量にメールが送られてくるため、埋もれやすい
 ・既読率が低い
 ・恒例のあいさつ文が面倒

深い気持ちを伝えられる「手紙」

 ・気持ちや思いを伝えやすい
 ・手書きだと特に気持ちが伝わりやすい
 ・郵送代など、コストがかかる
 ・伝わるのにタイムラグがある
 ・相手に伝わったのかが分からない(手紙を読んだのかどうか)

確実に意思疎通ができる「訪問」

 ・相手の感情が見える
 ・ちょっとした雑談で相手との距離がぐっと縮まる
 ・わざわざコストをかけて会いに行かねばならない
 ・まとまった時間を必要とする
 ・グループ間でディスカッションできる

コミュニケーション手段は“目的”と“相手の気持ち”で選ぶ

 上述のように、それぞれメリットとデメリットがあるので、「相手に何を伝えたいのかによって使い分けることが大切」です。

 深い感謝を伝えるのか、謝罪の気持ちを伝えるのか、約束の日時を決めるのか、何かを議論するのか、質問したいのか、記録に残したいのか、今すぐなのか、いつでもいいのか。

 企業間の会話、いわゆるビジネス上のコミュニケーションで注意しないといけない大切なことがあります。それはセキュリティ。重要な事項のやり取りも少なくないため、情報漏洩のリスクを考えなければなりません。プライベートでよく利用しているSNSが便利で楽だからという理由で、重要事項のやり取りを行っている場合、ちょっとしたミスで別のだれかに送ってしまったということがあると、取り返しのつかないことになりかねません。

 コミュニケーション手段がここ最近で急速に変化したことから、「世代間で“熟練度”に差が出ている」のも重要なポイントです。電話中心に育った世代の方もいれば、“家デン”を知らず、SNS中心に育った世代もいます。相手が得意不得意の手段があるということも理解しなければなりません。

 自分はどうしたいのかということも大切ですが、忘れてはいけないのは相手の気持ち。「相手はどのように伝えてほしいのか」も考えるポイントです。特に、クレーム対応やトラブル対応時には、相手がどう感じるのかが重要になります。

 コミュニケーションはうまく使えば相手との距離がぐっと縮まり、よりいい関係になります。伝え方を間違えれば、意図していないことが伝わり、手間が増えるだけでなく、最悪のケースでは関係にヒビが入ることもあります。

 「“私は”チャットが使いやすいのでチャットだけで」というのではなく、上手にコミュニケーション手段を使い分け、いい関係をたくさん築いていただければと思います

 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

★江尻高宏の連載コラム

執筆者: 江尻高宏 - 株式会社シンカ代表取締役社長
関西大学大学院工学研究科修了後、株式会社日本総合研究所に入社。金融系の情報システム開発に従事し、広範囲の開発プロジェクトに参画、チームリーダやプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。営業、マーケティング、商品戦略を中心に、中小IT企業向けのコンサルティングに注力。特にクラウドビジネス分野に強く年間約20本の講演を担当。2014年1月に株式会社シンカを設立。「おもてなし電話」をはじめ、クラウドサービスを中心にITを世界に広めることに注力している。

コラム新着記事

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム

  • ドラマ『家売るオンナの逆襲』 シンプルな見せ方で同時代的なテーマを描く快作。

    水曜夜10時から放送されている『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)は、不動産会社を舞台に「私に売れない家はありません」と豪語する女性を主人公としたドラマだ。何より面白いのが、毎話のエピソードにとても同時代的なテーマが込められていること。脚本の大石静は恋愛ドラマの名手として知られるが、今回の作風の根底にあるのは、あらゆる人間の生き方を肯定しようとするダイバーシティ(多様性)だ。

    2019年3月6日

    コラム

  • 経営者が走る理由

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「走ること」。昨日の東京マラソンに参加、あるいは観戦した方なら、そこに大きな物語があることに気がついたはず。経営者にとって「走ること」とは何か? 意外な心象風景が見えてきます。

    2019年3月4日

    コラム

  • 貸切バス業界は「安全の可視化」を!

    今年の2月以降、国内で製造される大型高速バス、貸切バスにはすべてEDSS(ドライバー異常時対応システム)が搭載されることになりました。「非常ブレーキ」と言える装置です。相次いだ事故を受け国がガイドラインを制定し、各メーカーが開発を進めたものです。しかし、搭載したものの、乗客でそれを知っている人はあまりいません。貸切バス業界は乗客にEDSSについて積極的に説明することが求められています。

    2019年3月1日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑦『演技と演出のレッスン 魅力的な俳優になるために』

    「芝居がかっている」「演技が上手い」というと、ビジネスでは0点の評価です。というより、日常コミュニケーションの場でも、大概はだめな方です。しかしなお、「ビジネスも俳優じみていこう! 意識的にそういこう!」というのが今回のすすめです。俳優という生産性のまるでなさげな、ビジネスの対極にいるような人の真似をしてみましょう、という話をします。

    2019年2月25日

    コラム

  • 株式会社シンカが行っている社内の有機的組織の実験

    クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻さんの連載コラム、今回のテーマは「社内プロジェクト」。HANJO HANJOのメインテーマのひとつである「社内コミュニケーション」にもつながる取り組みは、会社をどう活性化させたのでしょうか?

    2019年2月6日

    コラム

  • TVドラマ『ハケン占い師アタル』 現代において「働くことの意味」を燻り出す問題作!

    木曜夜9時から放送されている『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)は、会社が舞台の連続ドラマだ。毎回、一人ひとりの社員の悩む姿が描かれるが、占いの能力を持ち人の心の奥底を見ることができるアタルと出会うことで変化していく。脚本の遊川和彦は『女王の教室』や『家政婦のミタ』などを手がける人気作家。今回、会社を描くことで何を見せてくれるのか?

    2019年1月31日

    コラム

  • 利益を貯めていたら成長はありません! 配る経営へ!!

    李日生さんの連載コラム、新年の一本めは企業経営の核である「ヒト・モノ・カネ」についての提言です。このところよく耳にするのが「内部留保」。儲けたカネは最大限に有効活用しなければなりません。ではどんな対応が好ましいのでしょうか? 内部留保の「ヒト・モノ・カネ」への適切な配分を李さんは勧めます。

    2019年1月15日

    コラム