電話? SMS? たくさんあるコミュニケーション手段をうまく使い分けていますか?

2018年9月27日
自分の気持ちを“伝える”手段。現在は様々なコミュニケーション・ツールがあります。「電話」や「SNS」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「そして「メール」や「チャット」。アナログの代表である「手紙」も、直接会って話す「訪問」もコミュニケーションという点では同じ領域にあるものです。それぞれ特徴をうまく使い分け、コミュニケーションの達人を目指しましょう!

 こんにちは。クラウドCTI「おもてなし電話」の江尻です。

 スマートフォンの普及のおかげで、LINEやFacebookメッセンジャーなどのSNSが浸透し、とてもコミュニケーションがとりやすくなりました。ちょっとしたときでも、ダイレクトに相手へ伝えられるのが便利ですね。時間と場所を気にしなくなったというのがとてもありがたいです。

 私が小学校や中学校の時は、携帯電話なんて便利なものがなかったので、連絡するとなると固定電話のみでした。いわゆる、家デンと呼ばれるものです(もう死語ですね)。クラスに好きな子がいれば、ドキドキしながらその子の家に電話をして、お父さんが電話に出ると、びっくりしてすぐに電話を切ったりしたものです。今の若い子たちはこのような経験はないのでしょうね。また、友達との待ち合わせも結構大変で、何かの理由で遅れると、それを伝える手段がない。相手が来るまで待たないといけないのですが、それが5分遅れるのか、1時間遅れるのかもわからない。だから、喫茶店で時間をつぶして待つこともできない。そんな時に便利だったのが、駅にある黒板。「先に行っている」「喫茶店で待っている」などと書いて伝えることもありましたが、もう黒板なんて全く見なくなりましたね。ポケベルなんてものもありましたが、若い人は言葉も知らないでしょうね。郷愁に浸るのはこのくらいにしておきましょう。

 この自分の気持ちを“伝える”という手段ですが、現在は様々なコミュニケーション手段があります。「電話」や「SNS(LINEやFacebook、Twitter、インスタグラムなど)」、ケータイ番号だけでやり取りできる「ショートメッセージ(SMS)」、「メール」や「チャット」。昔からある「手紙」もそうですし、直接会って話す「訪問」。それぞれ特徴があって、うまく使い分けられたらコミュニケーションの達人です。

 それぞれの特徴を挙げてみましょう。

離れた場所にいても確実に気持ちを伝えられる「電話」

 ・気持ちを誤解なく、確実に伝えやすい
 ・離れた場所にいる人とタイムリーに話せる
 ・声で感情が伝えられ、相手の感情も分かる
 ・電話を掛けるとき、相手の都合が分からない
 ・1対1のダイレクトな対話
 ・何往復もする対話など、会話のキャッチボールがやりやすい
 ・電車内や公衆の場など、会話を控えるべき場所がある

ライトなコミュニケーションに最適な「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」と「チャット」

 ・気軽に連絡できる
 ・ちょっとした確認や連絡に最適
 ・何往復もする会話だと、意外に時間がかかり面倒
 ・ファイルのやり取りができる
 ・記録が残る
 ・会話開始時に相手の都合を気にしなくてもいい
 ・ネットさえつながれば、どこでも会話ができる
 ・グループでもやり取りができる
 ・アプリのインストールが必要
 ・相手と合意の上でつながらなければならない
 ・ガラケーでは使えない

携帯番号だけでコミュニケーションができる「SMS(ショートメッセージサービス)」

 ・携帯電話の電話番号さえ分ければ、会話ができる
 ・ガラケーでも大丈夫
 ・文字数が限られている
 ・ちょっとした連絡に最適
 ・記録が残る
 ・会話開始時に相手の都合を気にしなくてもいい
 ・既読率が高い
 ・携帯電話を持っていない人にはつながれない
 ・1対1の対話が基本
 ・コストがかかる

時間を気にせずに伝えられる「メール」

 ・久しぶりの方に挨拶するケースでも利用しやすい
 ・ビジネスで利用しやすい
 ・ファイルが送れる
 ・複数人に一度に送れる
 ・相手に伝わったのかが分からない(メールを見たのかどうか)
 ・記録が残る
 ・最近は大量にメールが送られてくるため、埋もれやすい
 ・既読率が低い
 ・恒例のあいさつ文が面倒

深い気持ちを伝えられる「手紙」

 ・気持ちや思いを伝えやすい
 ・手書きだと特に気持ちが伝わりやすい
 ・郵送代など、コストがかかる
 ・伝わるのにタイムラグがある
 ・相手に伝わったのかが分からない(手紙を読んだのかどうか)

確実に意思疎通ができる「訪問」

 ・相手の感情が見える
 ・ちょっとした雑談で相手との距離がぐっと縮まる
 ・わざわざコストをかけて会いに行かねばならない
 ・まとまった時間を必要とする
 ・グループ間でディスカッションできる

コミュニケーション手段は“目的”と“相手の気持ち”で選ぶ

 上述のように、それぞれメリットとデメリットがあるので、「相手に何を伝えたいのかによって使い分けることが大切」です。

 深い感謝を伝えるのか、謝罪の気持ちを伝えるのか、約束の日時を決めるのか、何かを議論するのか、質問したいのか、記録に残したいのか、今すぐなのか、いつでもいいのか。

 企業間の会話、いわゆるビジネス上のコミュニケーションで注意しないといけない大切なことがあります。それはセキュリティ。重要な事項のやり取りも少なくないため、情報漏洩のリスクを考えなければなりません。プライベートでよく利用しているSNSが便利で楽だからという理由で、重要事項のやり取りを行っている場合、ちょっとしたミスで別のだれかに送ってしまったということがあると、取り返しのつかないことになりかねません。

 コミュニケーション手段がここ最近で急速に変化したことから、「世代間で“熟練度”に差が出ている」のも重要なポイントです。電話中心に育った世代の方もいれば、“家デン”を知らず、SNS中心に育った世代もいます。相手が得意不得意の手段があるということも理解しなければなりません。

 自分はどうしたいのかということも大切ですが、忘れてはいけないのは相手の気持ち。「相手はどのように伝えてほしいのか」も考えるポイントです。特に、クレーム対応やトラブル対応時には、相手がどう感じるのかが重要になります。

 コミュニケーションはうまく使えば相手との距離がぐっと縮まり、よりいい関係になります。伝え方を間違えれば、意図していないことが伝わり、手間が増えるだけでなく、最悪のケースでは関係にヒビが入ることもあります。

 「“私は”チャットが使いやすいのでチャットだけで」というのではなく、上手にコミュニケーション手段を使い分け、いい関係をたくさん築いていただければと思います

 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

★江尻高宏の連載コラム

執筆者: 江尻高宏 - 株式会社シンカ代表取締役社長
関西大学大学院工学研究科修了後、株式会社日本総合研究所に入社。金融系の情報システム開発に従事し、広範囲の開発プロジェクトに参画、チームリーダやプロジェクトマネジャーを経験。その後、株式会社船井総合研究所に入社。営業、マーケティング、商品戦略を中心に、中小IT企業向けのコンサルティングに注力。特にクラウドビジネス分野に強く年間約20本の講演を担当。2014年1月に株式会社シンカを設立。「おもてなし電話」をはじめ、クラウドサービスを中心にITを世界に広めることに注力している。

コラム新着記事

  • TVドラマ「きのう何食べた?」 性的マイノリティともし同僚や友達だったら・・・

    近年、性的マイノリティを主人公にした作品が、世界中で作られるようになってきています。テレビ東京の『きのう何食べた?』もまた男性カップルの日常を描いたドラマです。自分がもしも性的マイノリティの同僚や家族、あるいは友人だったら、どういう距離感で接するべきか? を常に考えさせてくれるのが、本作の魅力です。

    2019年5月24日

    コラム

  • 斜めから見る〜今月の一冊 ⑧『昭和ノスタルジー解体ーー「懐かしさ」はどう作られたのか』

    前回の改元や世紀がわりのビジネスチャンスには上手くやれていた「ノスタルジー需要コンテンツ戦争」。改元からひと月も経っていないのに“過去形”で言うのは、負けが確定したからです。「すべての世代が当事者」のノスタルジー市場のなかで、今次どうして負けたのか? 今回紹介するのは、その分析用そして今後の戦略策定用の参考資料としての一冊です。

    2019年5月17日

    コラム

  • 株式会社シンカができるまで Vol.1 〜ベンチャーはこうして世に羽ばたく〜

    株式会社シンカ・江尻高宏さんの連載、今回からはシリーズとして会社創業時から現在にいたる汗と涙の道のりを振り返ります。何が成功を導いてくれたのか? 何が足りなかったのか? どんな出会いがあったのか? どんな発想で切り抜けたのか?・・・ベンチャー企業創業者だからこそ語ることのできるリアルストーリーです。

    2019年5月9日

    コラム

  • NHK大河「いだてん~東京オリムピック噺~」 失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進む

    オリンピックと日本人の関わりを描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)。戦国時代でも幕末でもなく、明治末から昭和にかけての日本を描く、とても画期的な挑戦です。誰かが最初に始めたからこそ道は生まれる。失敗から後続の人々は学び、次の時代へと進んでいきます。オリンピックを通して脚本の宮藤官九郎が描こうとしているのは、引き継ぎの連鎖なのです。

    2019年4月26日

    コラム

  • 「損して得取れ」のすすめ

    スタートアップで成長できている会社、継続できている会社の特徴は何なのでしょうか? これまでに数百の中小企業を見てきた李日生さんが、経験に基づいて検証します。

    2019年4月22日

    コラム

  • 在留外国人300万人時代!先進例に学ぶ、多文化共生のまちづくり(愛知県豊橋市)

    2018年末現在、日本に在留する外国人は273万人、前年比約17万人(6.6%)増で過去最高を記録。6年間で約71万人増加しました。今年4月の改正出入国管理法施行により、今後5年間で最大約35万人が増加すると見込まれていますが、このペースでいけば、2年を待たずに300万人を突破する可能性もあります。今後、多様な国や地域の人々とどう共生していくのか、日本社会のあり方が問われています。水津陽子さんの今回のコラムでは、人口の約5%を占める外国人住民との多文化共生のまちづくりに取り組む先進地にフォーカス。今後あるべき地域と外国人との関わり、多文化との共生について考えます。

    2019年4月15日

    コラム

  • 会話における必要な“非効率”

    デジタルはあらゆるものを効率化しました。しかし、心理学の「ザイアンスの定理」は「相手の人間的な側面が見えると感情が深まる」と述べています。人と人のつながりで進めていくのがビジネスだとするなら、つながりを深めるために、会話にはある程度の“非効率”が必要なのです。

    2019年4月8日

    コラム

  • 中堅・中小企業向け求人広告「中間管理職劇場 〇〇の女」はじまる!

    「女性の管理職が活躍している会社は、働きやすい会社」――HANJO HANJOで様々な中堅・中小企業を取材していて強く感じたことのひとつです。そんな女性管理職にスポットあてることで、新卒・第二新卒に向けた新しいタイプの求人広告が就活サイト・キャリタス就活2020内にて今日からはじまります。

    2019年3月18日

    コラム