POS革命から顧客革命へ。「失われた30年」を一気に取り戻せ!

「トレタ」が目指す飲食店の常連革命/外食ビジネスウィーク

2018年9月20日
なぜ外食産業の生産性は上がらないのでしょうか? それはイノベーションが起きていないことが原因です。1970年から85年頃にかけてはPOSレジというイノベーションが起きたことにより、飲食業は大きく成長しました。この「POS革命」以降飲食業の店舗運営には何のイノベーションも起きていません。いま必要なのは、業界のアップデートにあたる「顧客革命」をITやテクノロジーの力で実現することです。
 外食産業向けの飲食料品・設備・サービスが一堂に集結する商談展示会「外食ビジネスウィーク」が2018年8月28〜30日の期間、東京ビッグサイトで開催されました。

 今回の「外食ビジネスウィーク」では7つの専門展が開催され、飲食店経営者や開業予定者、バイヤーなどの業界関係者が多数来場。トレンド発信や需要想起の場として大きな期待が寄せられていることがうかがえる盛況ぶりでした。

 また利益拡大や集客力アップなどのノウハウやスキルが満載のセミナーも多数開催され、課題解決のヒントを求めて多数の聴講者が訪れました。

 今回の記事では8月29日に開催されたセミナー「「トレタ」が目指す飲食店の常連革命
テクノロジーを活用した新しい集客のあり方とは?」(中村仁さん/株式会社トレタ代表取締役)より、飲食店の常連客を増やすための方法についてレポートします。

株式会社トレタ代表取締役 中村仁さん。立ち飲みブームのきっかけとなった「西麻布 壌」、とんかつ「豚組」など繁盛店を経営。2013年には株式会社トレタを設立、iPad用の予約台帳アプリ「トレタ」をリリースしている

なぜ外食産業の生産性は上がらないのか?

 中村さんはパナソニック、広告代理店勤務を経て2000年に飲食店を開業し、立ち飲みブームのきっかけとなった「西麻布 壌」、とんかつ「豚組」、豚しゃぶ「豚組しゃぶ庵」など繁盛店を経営。特に「豚組」はツイッターを活用した集客の先駆けとして2010年の外食アワードを受賞しました。また2013年には株式会社トレタを設立、現在は同社の代表取締役としてiPad用の予約台帳アプリ「トレタ」をリリースしているほか、飲食店向けのセミナー講師なども勤めています。

 まず中村さんは「外食産業というのは非常に大きな雇用を生んでいるが、実際のところほとんど儲かっていない業界である」と、現在の外食産業が抱えている生産性の低さについてデータを用いて説明しました。

 なぜ外食産業の生産性は上がらないのでしょうか。中村さんによるとイノベーションが起きていないことが原因だということです。外食産業が非常に元気だった時代、1970年から85年頃にかけてはPOSレジの発明というイノベーションが起きたことにより、飲食業が一つの産業として大きく成長しました。現在も大企業と呼ばれるファミリーレストランや居酒屋などのチェーン店が続々と出てきたのもこの時期にあたります。

 この時期を「POS革命」と呼んでいますが、これ以降飲食業の店舗運営という観点で見ると何のイノベーションも起きていないと中村さんは指摘しています。たしかにインターネットやスマートフォンが登場し世の中のスピードはどんどん上がっているにもかかわらず、飲食店の現場ではFAXによる発注や紙の台帳による予約管理など80年代と変わっていないところが多々あります。これでは世の中の流れに太刀打ちできないので大量の人材を投入し、結果として長時間労働・ブラック化せざるを得ないと中村さんは見ています。

 そこで中村さんはPOS革命のあとの「失われた30年」を一気に取り戻すような、業界のアップデートにあたる「顧客革命」をITやテクノロジーの力を使ってやろうとしているのです。

POS革命のあとの「失われた30年」を一気に取り戻す「顧客革命」。ITやテクノロジーの力で業界をアップデートすることがいま、求められている

リピーターを増やすために〜「商品の時代」から「関係性の時代」へ〜

 中村さんの言う「顧客革命」とは顧客との関係性を重視する「関係性の時代」を作ることです。

 これまでのPOSの時代は要するに「商品の時代」であり、メニューや空間、接客などの商品を差別化することで伸びてきた時代であると中村さんは話します。つまり消費者のニーズや行動、例えば「外食したい」が「肉が食べたい」になり、さらに「○○産A5ランクの和牛が食べたい」と、どんどん細分化されることにより、飲食店の業態もニッチ化が進んでいききました。

 この「商品の時代」においては業態開発が一番重要であり、いかに斬新なものを提供するかというある種のクリエイティビティが、飲食業界での成功条件の一つとなっていました。しかしニッチ化を進め続けた結果、すでにこれ以上細分化できないというところまで来ています。またこういった商品につられてくるのは基本的に新しもの好きの新規顧客がメインであり、一度商品を消費したからといって次回も来てくれる保証はなく、常に新規顧客を集めるための業態開発を進めなくてはなりません。

 しかし「関係性の時代」ではこれまでの業態開発に対して、顧客体験を開発することに重点を置いています。例えば近年よく耳にするフェアトレード。フェアトレードそのものは顧客にとって付加価値をもたらすものではありませんが、フェアトレードを評価する顧客が増えれば、それはお店の持つ価値観やストーリーに共感する顧客が増えているということです。味やサービスといった商品よりも、お店と顧客とのつながりや関係性を重視する。これが「関係性の時代」だと中村さんは説明します。

 「したがって集客に関しての考え方も変わります。これまでの集客は新規集客と同義の認識でしたが、これからの集客はリピーター作りになります。またお店に来てもらう、これこそが本当の集客という考え方に変わっていくはずです」

お客様が再来店する確率は、来店3回目までにほぼ決まってしまう。いかに早い段階でお店側が顧客の存在を認識し、精度の高い接客対応を実現できるかがポイントとなる

ツールの導入で顧客革命を加速せよ!

 ところでリピーターというのはどのように生まれるのでしょうか。中村さんによると再来店する確率は、来店3回目までにほぼ決まってしまうそうです。したがって、いかに早い段階でお店側が顧客の存在を認識し、精度の高い接客対応を実現できるかがポイントとなります。しかしながら現場では来店2〜3回目の顧客を認識するのは難しいというのが現状です。

 そこでリピーターをきちんと獲得するために、中村さんは自社の製品であるiPadアプリ「トレタ」の導入を提案しています。「トレタ」は予約台帳アプリですが、予約管理だけでなく顧客管理もできるのが大きな特徴です。

「ずっと来ていただくお客様になってもらうために今日何ができるか? という姿勢でお客様との関係性を作っていく必要があります」(中村さん)

 中村さんは「トレタ」を導入することによって、大きく3つのステップで収益が改善すると説明します。まずはアナログ作業のコスト削減、そして機会損失の低減、最後に顧客データによる売上アップの3ステップです。

 これまでの紙ベースで管理していた予約台帳や売上情報をデータベース化することにより、そこに費やしていた時間やコストを削減することができます。またウェブ予約機能を備えているので営業時間外の予約が入っても取りこぼすことがありません。そして顧客情報をデータベース化しておくことにより、「その顧客が前回いつ来店し、今回は何回目なのか」「どんなアレルギーがあるか」などの情報を蓄積・参照することが可能となります。これにより個々の顧客に合わせたきめ細かいサービス、例えば「前回と同じでお願いします」という顧客からの要望にも簡単に応えることができるというわけです。

 「これまでの接客は今日満足してくれればリピートしてくれるはずだから、今日の接客だけをがんばろうという姿勢でした。しかしこれからは、ずっと来ていただくお客様になってもらうために今日何ができるか? という姿勢でお客様との関係性を作っていく必要があります。お店づくりに関しても業態をパッケージで作って終わりではなく、お客様との関係性を含めてお店というのは育っていくという考え方を持たないといけないということになります」

 繁盛する飲食店の条件が商品から顧客体験へとシフトしている今、顧客情報をきちんと管理することは今後避けることができない流れです。「トレタ」のようなITツールを取り入れることは、大きな差別化につながると言えそうです。

8月28〜30日の期間、東京ビッグサイトで開催された「外食ビジネスウィーク」。外食産業向けの飲食料品・設備・サービスが一堂に集結した

(レポーター/HANJO HANJO編集部 川口裕樹)

★おすすめ記事

  • 横浜港を彩るレストランクルーズ船! ロイヤルウイングの独自戦略

    山下埠頭や新港地区の開発、IRの誘致などウォーターフロントエリアが活況を見せている横浜港。その横浜港の顔ともいえる存在が、レストランクルーズ船の「ロイヤルウイング」です。ベイブリッジをくぐり、東京湾、横浜港を周遊する観光クルーズ、そしてレストランでの美味しい料理。「もの」から「こと」へのトレンドのなか、体験型消費を象徴する記念日やウェディングなどの「ハレの日」向けのサービスも大人気です。

執筆者: HANJOHANJO編集部 - HANJOHANJO編集者
日本の中小企業の皆さんにとってビジネスのヒントになる「ヒト・モノ・カネ・情報」を探し出し、日々オリジナルな視点で記事を取材、編集してお届けします。中小企業の魅力をあますところなく伝えます。

イベントレポート新着記事

  • かゆい所に手が届く! 販促ツールの最新系を使いこなそう

    ビジネスチャンスの拡大に、ノベルティやインセンティブなどの販促用ツールや、マーケティングをサポートするサービスは欠かせません。そんなノベルティグッズやマーケティングツールの見本市「第60回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー 秋2019」が開催されました。今回の記事では出展ブースの中からユニークな販促サービスについて紹介します。

    2019年11月5日

    イベントレポート

  • 次の食のキーワードは「食習慣リスク」。小売・外食は顧客データ活用の道を探れ!

    今月施行された「食品ロス削減推進法」。食に対する関心は高まる一方ですが、次に注目されそうなのが、食習慣に起因する代謝リスクなどの「食習慣リスク」です。食生活や生活習慣の変化によって、健康に不安を抱えている現代人は少なくありません。しかし行政や公の団体がアピールしても、消費者との接点が少ないため啓蒙にはつながっていません。逆に言えば、消費者に近い立場である小売や外食産業に新たなビジネス開拓のチャンスが訪れているのです。

    2019年10月31日

    イベントレポート

  • なぜ「designshop」は伝統工芸品を売り続けることができるのか?

    ライフスタイルの多様化によって、消費者は新しくて機能的な製品ばかりでなく、伝統工芸品やデザイン性の高い製品にも注目しています。そんな伝統工芸品やデザイン製品を含め、シンプルで長く使えるアイテムを多数取り扱っている「designshop」のオーナー・森博さんが、20年に渡って得た店舗運営の知見や商品開発について語ってくれました。

    2019年10月7日

    イベントレポート

  • 生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る

    国内最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」。これまでに多くの製品やサービスを世の中に生み出してきました。作る側や売り出したい側にとって、Makuakeを活用した製品開発のメリットとは何なのでしょうか?

    2019年10月4日

    イベントレポート

  • 自分の知らないものは売らない〜『パンと日用品の店 わざわざ』急成長の理由〜

    長野県東御市にある『パンと日用品の店 わざわざ』。食と生活をテーマにしたさまざまなものを販売しています。山の上にぽつんと建つこの小さなお店が、実店舗・オンラインストア合わせて、なんと2億円を超える金額を達成しています。ターニングポイントは在庫の持ち方を変えたことでした。

    2019年10月2日

    イベントレポート

  • クラウドファンディングで活性化! 地方発工芸品メーカーの逆転劇

    日本の工芸を語るとき、キープレーヤーとして必ず名前があがるのが「中川政七商店」です。中川政七商店は1716年創業を誇る奈良の老舗企業。日本の工芸をベースにした生活雑貨を企画製造し、全国に50を超える直営店で小売業を展開するほか、地域活性事業や各地の工芸品メーカーに向けたコンサルティング事業も行っています。そのコンサルティングの一環となる販路開拓支援のために開催しているのが合同展示会 「大日本市」です。

    2019年9月26日

    イベントレポート

  • 古民家改修ビジネスはもう古い? これからは古民家を中心に街全体をホテルに変える!

    古民家を改修したカフェやホテルを多く見かけるようになりました。しかし「単に古民家を改修しただけのビジネス」はもう珍しくありません。これからはリフォームの仕方や活用方法が重要になります。では次の時代の古民家ビジネスのポイントはどこにあるのでしょうか? 

    2019年9月17日

    イベントレポート

  • 地域企業を活性化させる「未来の社会課題解決」という新たな視点!

    アスタミューゼ株式会社と、SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社は、47都道府県ごとの地域企業に対し、各地方銀行と連携し、技術職・研究職といった専門人材の雇用支援を行うことで事業成長を促進し、地域の活性化を図る事業連携についての合同記者発表会を9月5日に行いました。社会課題解決に挑戦する独自の技術や事業をもつ多くの地域企業を見出し、採用を支援することで地方の人材不足に貢献するというのが、今回の大きな意義です。

    2019年9月11日

    イベントレポート