地元が主役の“強烈”なまちおこし、山形・庄内で進化中!【前編】

ヤマガタデザインはなぜ、地方創生の「新たな潮流」と呼ばれるのか?

2018年9月14日
地方創生の必要が叫ばれてもう何年も経ちます。日本各地で様々な取組みが行われてきましたが、なかなか結果を導き出せていません。その要因のひとつは、誰が主体的にまちづくりに関わるのか? ということにあるかもしれません。もしまちづくりを成功させるもう一つの可能性があるとしたら? その問いに対する答えを出したのが、山形県鶴岡市で民間企業としてまちづくりを行っている「ヤマガタデザイン株式会社」です。9月19日には、山形県庄内地方の魅力を体現する施設がオープンします。

ヤマガタデザイン株式会社 代表取締役 山中大介さん。山形県庄内地方のまちづくりを民間主導で行っている。地方創生においていまもっとも注目すべき人物のひとりだ

地方創生の必要が叫ばれてもう何年も経ちます。日本各地で様々な取組みが行われてきましたが、なかなか結果を導き出せていません。その要因のひとつは、誰が主体的にまちづくりに関わるのか? ということにあるかもしれません。これまでまちづくりを推進してきたのは主に3つのパターンー中央による資本投入、地域の行政主導、そしてNPOーです。でももしまちづくりを成功させるもう一つの可能性があるとしたら? その問いに対する答えを出したのが、山形県鶴岡市で民間企業としてまちづくりを行っている「ヤマガタデザイン株式会社」です。9月19日と11月1日には、山形県庄内地方の魅力を体現する2つの施設がオープン、創業から4年の集大成となるプロジェクトのお披露目を前に、山中大介 代表取締役に話を聞きます。前編では「ショウナイ ホテル スイデンテラス」と「キッズドームソライ」の魅力について、後編ではヤマガタデザインの歩みや思想に焦点をあてます。

庄内平野の水田に浮かぶホテル「ショウナイ ホテル スイデンテラス」

ーーいよいよ今月19日に「スイデンテラス」がグランドオープンですね。

「地元」「ローカル」の格好よさを使ったまちづくりを目指してきました。庄内地方の最大の魅力は一次産業が生み出す原風景にあります。スイデンテラスは、まさに水田の上に必要最低限の建築物をたてるというのがコンセプト。その風景のまま街のひとが集まる場所にしたかった。農地も市街地に滲み出しているし、市街地も農地に滲み出している。市街地でこんな環境を作らせてくれる山形、鶴岡はすごいと思います。

ーースイデンテラスに足を踏み入れた途端、木の香りに包まれます。

143室ある客室はすべて木造です。木造としては、日本最大規模のホテルです。施設の周りには、田園風景と馴染むように修景用の稲を植える予定です。館内は原則として間接照明にしました。水田の自然光を受け入れながら、日中変化していく空間を楽しんでいただけると思います。

今月19日にグランドオープンするホテル「スイデンテラス」。庄内平野の水田に浮かぶ木造建築はプリツカー賞受賞の坂茂さんの設計によるもの。田園風景とのコントラストが美しい

ーー建築界のノーベル賞ともいわれるプリツカー賞受賞の坂茂さんの設計です。ものおじすることはありませんでしたか。

いえ、むしろ、めっちゃくちゃ注文しました(笑)。坂さんが慶應義塾大学環境情報学部の教授をされていたことのご縁もあり、なんとか仕事を受けていただけたのだと考えています。

ーー学生時代の縁とはありがたいものですね。

スイデンテラスの隣にあるサイエンスパークは、慶應義塾大学先端生命科学研究所が核となって生まれた、研究所やベンチャー企業が集まるエリアです。慶應のつながりがあったからこそ僕たちの考えが形にできました。本当に感謝しています。

世界中で設計してきた坂さんが「こんな建物はどこにもないよ」とおっしゃっていました。普通、造成といえば原風景が保たれることはありません。「水田の風景を守ろう!」という皆の思いがなかったらスイデンテラスはできなかったはずです。

ーー共用棟では一方の端からもう一方までが吹き抜け、その先には雄大な山々が見えます。「庄内に来たんだ」という思いがこみ上げてきます。

お客様には庄内の豊かさを感じていただき、それを持って帰っていただきたい。ここでは自然のなかで考える時間があります。そんななかで「自分の人生とはなにか?」といった自分の内面と向かい合うことができます。それはある意味、贅沢な時の過ごし方だと思います。

華美ではない、シンプルな美しさがスイデンテラスの特長。木造ならではの温もりのある館内、客室からは庄内平野の原風景や中庭など、趣のある景色が臨める。共用部にはライブラリーもあり、「オトナもコドモ コドモもオトナ」をテーマに選んだ1000冊の本を自由に読むことができる。レストラン/バーでは地産地消の選ばれた素材による食事が提供される

メインターゲットは地元の皆さん

ーーまちづくりにおいてスイデンテラスやソライにどんな役割を担わせようと考えたのですか。

僕たちのプロジェクトは、地元の大人も子どもも日常生活のなかで使える、サイエンスパークと地域を繋ぐ融合地点をつくりたいというところから始まりました。そして大人の交流施設と子どもの交流施設の二つをつくろうということになったわけです。

スイデンテラスは、お酒を酌み交わしながら地域のひとが外から来るひとを受け入れる場所というのがベースです。機能としてはホテルですが、僕たちがあえて「宿泊滞在複合施設」といっているのは、地元のひとが日常生活のなかで使える、日常生活のなかで自分も使うし、家族も使う、友達を鶴岡に呼びたくなるような施設としたかったからです。

ーー140という客室数だと、インバウンドを大きく視野に入れているのかと思いました。

結果として、あるいはひとつの手段としてインバウンドはあると思います。しかしメインターゲットは地元の皆さんです。地元をおもしろいと思う地元のひとが庄内に知り合いや友人を招く。鶴岡市と酒田市で27万人の市民がいて外部から年間4人を呼べば、交流人口は100万人以上増えます。地元の皆さんに友人や知人をスイデンテラスに泊めたいと思ってもらえれば、それがベースになると考えています。

ーー庄内は「食の都」と呼ばれますが、あまり知られていないような気もします。

地元の皆さんは「食」にプライドを持っています。でも、地元で十分まわっているので外に向けてメッセージを発していないんです。そこでスイデンテラスをハブにして、庄内の食材、料理、料理人の素晴らしさを伝えようと考えています。たとえば「サテライトレストラン」。地元のレストランのシェフにスイデンテラスの厨房を使ってもらいお客様に提供する。ショーケース的に庄内の食を知っていただけるし、「次は実際のお店にも行こうか」ということにもつながります。スイデンテラスでも自前のレストラン/バーを持ちますが、夜のサービスはあくまで単品を出すにとどめ、お客様にはできるだけ域内の飲食店を訪れていただくように考えています。

地域にひらかれた、子どものための施設「キッズドームソライ」

11月1日オープン予定の全天候型の遊戯施設「キッズドームソライ」。延べ床面積2000㎡の屋内の遊び場と約1haの屋外のプレイパークで構成されている。子どもの創造性を爆発させる遊びの空間。こちらも坂茂さんの設計

ーー「キッズドームソライ」は建物も空間も自由でわくわく感にあふれています。

庄内地方は雪国でありながら、これまで全天候型の遊戯施設はありませんでした。もちろん地元のパブリックコメントとして要望は根強くありました。僕たちのスタート地点は「大人と子ども」です。スイデンテラスと同時に子どもの交流施設についても考えていました。エンターテインメント型のカテゴリーではなくて、児童館や学童保育という地元の生活に密着した、その延長にソライはあります。「地域の交際環境をどう変えるか」という観点で子どもの交流施設を作りたい、民間で力を尽くすので行政も協力してほしい、と鶴岡市に依頼し、ソライのプロジェクトが始まりました。

ーーオープンまでには数々の模索があったと聞きました。

サイエンスパークには託児所があるのですが、慶應大学の教職員の子どもしか入れないんです。同じパーク内にはUIターンもいるし慶應の卒業生も働いているのですが、大学という枠組みがあってダメなんです。そこで「近くで保育園をつくってもらいたい」という要望が出てきたのです。

でも特定の人々のための保育園をつくるのは危険だと思ったんです。実は待機児童はこの地域にはいません。つまりサイエンスパークと地元との間に溝や距離が生まれてしまう可能性が高い。では「地域と子ども」というテーマで僕たちにできることはなにか? 新しい施設は地元全体に開かれている、そのなかの一部として保育園があるという整理にしました。それなら誰もが応援したいと思うはずです。地元の子どもにとって一番有意義な遊び場と学びの場、放課後の時間を豊かにする施設をつくってやろうと決めた瞬間でした。

いま、子どもの放課後は塾か学童保育の二つの選択肢しかありません。ソライが提案するのは、詰め込み式の塾でも学童でもない、第3の軸と呼べるものです。その原点は児童館にあります。子どもの天性が発揮できる、遊びながら学べる空間が児童館だと思うのです。

ーーソライの名前は荻生徂徠から来ています。

山形庄内には素晴らしい伝統があります。徂徠学をベースとした藩校「致道館」の教育です。温故知新はどの地域でも変わりません。地元の皆さんが応援したくなるのは土地に根付いたやり方です。致道館の教育方針は「天性重視個性伸長」「自学自習」「会業の重視」です。これは現代に置き換えても最先端の考えです。その内容にほれたということと地元へのリスペクト。この二つが重なり、名前は「ソライ」以外はないだろうと決めました。

(左)ソライの内部イメージ図。丘のように起伏のある床面と空が見える天井、自然にそのまま屋根をかけたような空間だ (右)ソライの空間イメージ図。構想したのは山中さん自身。「子供が自分でリスクを考える、子どもが自分を解放できる。そんな空間にしようと思いました」

ーーソライの空間イメージは山中さんが作ったとか。

子どもにとって「よりよい遊びの環境」とはなんだろう? めちゃくちゃ勉強しました。そこで浮かんだテーマは「大人も楽しめる場所」でした。大人が童心に帰れるような場所をつくらないと意味がない。なにより子どもは子ども扱いされるのを一番嫌います。子供を喜ばせようと意識したものはよくありません。子どもが自分でリスクを考えるような、登ったり滑ったり、隠れることができたり・・・。子どもが自分を発散できる、解放できる。そんな空間にしようと思いました。

デザインを描くときはめちゃくちゃ楽しかった。僕たちは民設民営で、建物のオーナーでありソフトの運営者でもある。自由に発想して形にすることができます。ならばと、天井も全部遊び場にしてしまいました。

ーー子どもにはどう育ってもらいたいですか?

こうあってほしいというのは大人のエゴに過ぎません。日頃、これはダメだということから解放してあげて、自分の目で見ることを大事にしたい。子どもは本当に危険なことは自分で理解します。好きなものは何かをストレートに感じられる場所。何かに熱中できる場所。長所、好きなものと出会える場所。それがソライです。

ーーまずは子どもの反応ですね。

狂喜乱舞すると思いますよ。子どもだけでなく大人も(笑)。

山中さんは1985年生まれ。「山形庄内で次世代に繋ぐ街をデザインする」をミッションにヤマガタデザイン を立ち上げた

  • 地元が主役の“強烈”なまちおこし、山形・庄内で進化中!【後編】

    もしまちづくりを成功させるもう一つの可能性があるとしたら? その問いに対する答えを出したのが、山形県鶴岡市で民間企業としてまちづくりを行っている「ヤマガタデザイン株式会社」です。9月19日には、山形県庄内地方の魅力を体現する施設がオープン、そこに至る道筋をたどります。キーとなったのは「完全地域主導」のまちづくりでした。

★おすすめ記事

  • 小売業から観光業へ進出!地元と連携し、新たな観光づくり

    京都丹後エリアでリゾート事業を展開する株式会社にしがきは7月、新感覚の体験型リゾートを謳う「シエナヒルズ」をオープンさせました。ここを拠点として、これまでなかった「地域ぐるみ」の観光開発で地域活性化、地方創生につなげようとするプロジェクトです。こうした試みが日本の新たなリゾートのモデルとなり得るのか注目されます。

  • スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

    かつてスラム化した街が新たなビジネスモデルで再生。憧れの対象に生まれ変わった街があります。戦後、米軍基地が置かれた埼玉県入間市、多くの米軍ハウスが建設されましたが、その町並みを維持、街区はその世界観を残していた一角での復興の話です。

  • ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    「日本遺産」というネーミングは、「〇〇銀座」のような二番感、バッタものの匂いが否めません。ブランティングで重要なことは、コンセプト。日本遺産の最大の価値とは何か、それはこれまで埋もれていた魅力ある地域資源の発掘であり、その情報が提供されることです。

  • 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

    様々な場面で地域間の格差が拡大しています。自治体の規模や財政もさることながら、地域の活性・不活性に直結する地域間競争を勝ち抜く力の差、その基礎となる意識や意欲の面でも差は目に見えるかたちで表れてきています。今回はこの地域観光行政の格差について考えます。

執筆者: 加藤陽之 - HANJO HANJO 編集長
コンピュータ関連の出版社からキャリアを始め、カルチャー雑誌などの編集長を歴任。これまで数多くの著名人をインタビューしてきた経験を活かし、HANJO HANJOでは中小企業経営者の深く掘り下げた話を引き出し続ける取材の日々。

インタビュー新着記事

  • ローカルビジネスの活性化で日本を元気にする! 個店のマーケティングをまとめて解決するITの力

    「ローカルビジネス」という言葉をご存知でしょうか? 飲食店をはじめ地域で店舗ビジネスを行っている業態の総称です。これまで総体として考えてこなかった、ある意味では遅れていた領域だったかもしれません。そんななか、日本の経済を活性化させるためにはローカルビジネスが鍵を握る、という思いをもって起業したベンチャーがあります。いま話題のEATech(イーテック)で、誰でもがすぐに個店のマーケティングを行える仕組みを提供する株式会社CS-Cです。

    2018年12月7日

    インタビュー

  • 「自動車整備工場」の二代目女性社長という生き方

    町工場を思い描く時、脳裏に浮かぶ代表的な業種のひとつが自動車整備工場です。どこの地域にもあり、油まみれで働く工員の姿が“勤勉な日本の労働者”をイメージさせるのでしょう。そんな日本の高度経済成長を支えた会社を事業承継し、新たな時代に向けて活力を与えようとする女性社長がいます。横浜の町の一角で昭和39年に創業した「雨宮自動車工業株式会社」代表取締役の小宮里子さんです。

    2018年11月26日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【後編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。後編では代表取締役・杉山智行さんの現在のビジネスに至るストーリーをお送りします。

    2018年11月22日

    インタビュー

  • 21世紀の金融を革新する! 投資型クラウドファンディングが世界を変える【前編】

    世界中を震撼させた2008年のリーマンショックは、お金について私たちに再考を余儀なくさせる世界史的出来事となりました。果たしてお金とは、金融とは何なのか? その問いに対して徹底的に考え抜き、新たな手法で金融に革新を起こそうというベンチャー企業が日本から生まれました。投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット株式会社です。金余りの国・日本から資金を必要とする発展途上国へとお金の流れをつくる「インパクト投資」がいま、国内外で大きな注目を集めています。金融の新しい波とは何か? クラウドクレジット代表取締役の杉山智行さんに前後編の2回で話を聞きます。

    2018年11月20日

    インタビュー

  • 移住者への事業承継を積極推進! 七尾市の地域創生はここが違う

    地方の中小企業において最重要といってもいいのが「事業承継」です。後継者不足が「黒字なのに廃業を選ぶ」という事態を招いています。中小企業がなくなることはそのまま地域の衰退につながるため、それを食い止めなければ地方創生も危うくなります。その課題に官民ネットワークという手法で解決しようというプロジェクトが石川県七尾市で始まりました。「家業を継ぐ」という家族経営的な風土を排し、首都圏の移住者からも後継者を募るという試みです。

    2018年10月26日

    インタビュー

  • 社長業は突然に。経営破綻をV時回復させた「ひとり親方」の覚悟

    いま、東京近郊では2020年に向けた鉄道関連の工事が盛んに行われています。電車の中から窓越しに見える風景で印象的なのは、狭い場所ながら太い鉄の杭を打ち込むダイナミックな重機の姿です。そんな特殊な条件をものともせず、日本の建設・土木業の優秀さを示す仕事を50年にわたって続けてきたのが、横浜にある「恵比寿機工株式会社」です。しかし、創業者の晩年に会社が経営不振に陥り、倒産寸前まできてしまいました。その窮状を救ったのは職人たちのリーダーであるひとりの職長でした。

    2018年10月15日

    インタビュー

  • 「水素水」をもっと日本の企業、事業所へ!〜 ウォーターライフケアという新発想

    昨年、東京都健康長寿医療センター研究所がガイドライン「健康長寿のための12か条」を発表しました。そのエビエンスブックでとりあげられたもののひとつが「水素水」です。病気の予防領域において水素の有効性が認められつつあることで、今、その存在に改めて光が当たっています。今回、紹介するのは、水素を安く簡単に提供する装置、水素水サーバーを開発・販売する「株式会社 ドクターズ・マン」です。

    2018年10月9日

    インタビュー

  • 「横浜のストーリー」を練りこんだ「あられ」「柿の種」は、なぜこんなに美味しく感じられるのか?

    ナポリタン味のあられ「横浜ナポリタン」やビールにピッタリの柿ピーの「横濱ビア柿」をご存知でしょうか。これらユニークな商品を製造・販売しているのが、横浜で創業89年になる「株式会社美濃屋あられ製造本舗」です。ビール、ナポリタン、BARなど横浜が発祥とされるものをモチーフにした、どこにもない横浜オリジナルの米菓子は、どのような背景から生まれたのでしょうか。

    2018年10月1日

    インタビュー