中小企業の生命保険活用法! 

2018年9月12日
中小企業経営者で生命保険について理解しているかたは意外と多くありません。今回はそんな保険の入り方についてです。

 中小企業経営者で生命保険の入り方について理解しているかたは意外と多くありません。今回は保険について少しお話をさせていただきます。
 
 一番に認識すべきなのは、保険は「金融商品」であるということです。法人加入の法人保険は、特に金融商品としての役割が非常に大きいことが前提になります。
 
 テレビをつけると、生命保険CMが色々な商品を勧めてきますが・・・

 保険に入るその前に人間ドックを毎年受けることが実は最も重要です。中小企業にとって一番重大な役割をもつ経営者が健康を害していると会社が立ちいかなくなるからです。

 自動車には車検制度があり、皆さんも自動車をしっかり車検を通すことでメンテナンスしているはずです。中小企業にとって経営者は大事な大事なエンジンです、そのエンジンが動かなくなると考えるだけでも恐ろしくなります。「人間ドックの費用がもったいない」などといっていると、取り返しのつかない事態を引き起こしかねません。
 
 話がそれました。生命保険に話を戻しましょう。
 
 まず、会社ではなく経営者個人の保険についてから始めてください。保険をかけることによって、現在の自己貯金でまかなえないリスクを、お金の面で万が一に備えるという使い方をすべきです。そうすることで身内に迷惑をかけることを回避するのです。(そう考えると、だれも扶養していない新卒の会社員が高額の死亡保険にはいる必要なんて本当はないのです。)
 
 周りの人々にとって金銭的に最も重くのしかかるのは、寝たきりになることだと思います。言い方は何ですが、ぽっくり逝ってしまえば必要なのは葬式費用ぐらです。

 寝たきりのリスクとして高いのが三大疾病とよくいわれます、そのため入院保険等で三大疾病に対応できるものについては加入しておくことが必要です、掛け捨て型で十分だと思います。(保険料が割高な貯蓄型や健康お祝い金が出るようなタイプはお勧めしません。)
 
 死亡保険を考える場合は、ご家族に借入が残らないように住宅ローン等の借入をおこし、保険で不慮の事態をカバーするのがいいと、私はよくアドバイスをしています。(実は住宅ローンの裏側には死亡保険がセットされていることが多く、契約者の死亡で借入が全額保険でカバーされている場合も多くあります。)
 
 では、会社としての保険加入はどうすればいいのでしょうか。ここでは、会社の資産づくりや節税といったように個人の保険とは全く別の考え方が必要になってきます。

 会社でどうしても保険に入っておかないといけない理由ってなんでしょう?

 保険をかけることがビジネスを回す手段のひとつになっている会社はありません。保険に入っておかないといけない理由って実はないのでは? とも思えてきます。

 とはいえ、将来発生する役員への退職金手当や経営者の不慮の事故等のリスクに備えるために保険を考えることは決して悪いことではありません。
 
 会社として借入をおこしたら、是非、同額の貯蓄型保険への加入を考えてください。借入をおこして新規投資をする初期段階では、仮に借入した経営者にもしもの事態が生じたら借入負担が大きなリスクになります。

 借入返済が進み、事業拡大で従業員も多くなると、その責任も大きくなります。借入に対するリスクは軽減していますが、その他のリスクは増えているでしょう。しかし保険でカバーできている余力もありますし、保険積立金が積み上がり、それを会社の資産形成として考えることもできるようになります。
 
 役員の退職金手当のために保険を使う場合には、月々積み立てる代わりに別に保険を積み立てるので、金融商品としての役割が大きくなります。保険料が高い安いではなく、ご自身が退職して退職金を受け取りたい年齢前後に最大の返戻率のある商品にするのが一番合理的です。それはお付き合いや人的関係で決めるものではありません。

 節税効果という話もよく耳にします。しかし保険を解約した際には解約金に税金が発生します。同時に退職金等の支払で税金が発生しないようにしっかりと計画する必要があります。そうしないと「こんなはずじゃなかったのに・・・」ということになりかねません。
 
 保険を契約する際には、毎期の節税の効果、経営者自身の退職時の報奨金、会社の長期計画までのスケジュール等を、ぜひしっかりと計画してください。

★おすすめ記事

  • 経営は、毎日、毎月、コツコツと。

    経営者が現場で陣頭指揮を取り、肌感覚で対応できるのは成長前の初期段階だけです。会社が成長するにつれ、経営者は日々の数字を確認していくことが求められます。

  • 会計ってなんだろう?

    4月から新年度の企業さんも多いかと思います。これを機に「会計ってなんなんだろう?」をあらためて考えてみてはいかがでしょうか。

執筆者: 李 日生 - プレジデントタイム株式会社 代表
慶應義塾大学経済学部卒業後、公認会計士試験合格、監査法人トーマツ国際部に入社・配属。国際企業(商社・通信事業会社・運輸会社等)の連結会計やM&Aを担当、中小企業の経営コンサルティングも数百社経験する。現在はプレジデントタイム株式会社、神宮前アカウンティングファーム株式会社、株式会社H HOLINGS、有限会社ルーベ、神宮前会計を主宰。会計・税務・経営・飲食・不動産等、実際の経営者として代表取締役視点で多岐に及ぶ経験を重ねている(「頭でっかちの机上の空論が大っ嫌い」を自認)。近刊に『忙しい社長を救う経理改革の教科書』(幻冬舎)がある。

コラム新着記事